お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のMBE研究会 / 次のMBE研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


MEとバイオサイバネティックス研究会(MBE) [schedule] [select]
専門委員長 木内 陽介
副委員長 井出 英人
幹事 内田 雅文, 長篠 博文
幹事補佐 田中 久弥, 芥川 正武

日時 2005年 5月13日(金) 13:00 - 17:30
議題  
会場名 富山大学工学部管理棟大会議室 
住所 〒930-8555 富山市五福3190
交通案内 富山駅より富山大方面行きバスまたは市電で大学前下車,徒歩15分.
http://www.toyama-u.ac.jp/jp/Outline/access/
会場世話人
連絡先
佐々木和男
076-445-6719
他の共催 ◆日本エム・イー学会, IEEE Japan Chapter of EMBS共催
お知らせ ◎研究会終了後、懇親会を予定しておりますので多数ご参加下さい。

5月13日(金) 午後 
13:00 - 17:30
(1) 13:00-13:25 リアルタイム目検出のための自動カメラ制御システム 吉田喜晴・○橋本憲明高野博史中村清実富山県立大
(2) 13:25-13:50 実写映像と同じ動きベクトルを持つシミュレーション映像による動きベクトル成分の映像酔いへの影響評価 内山絵里木竜 徹飯島淳彦板東武彦新潟大
(3) 13:50-14:15 手術中における外科医のストレス評価の試み ~ 自律神経活動と血圧変化 ~ 堀口寛子静岡大)・鈴木一也浜松医科大)・沖田善光静岡大)・長谷川敏彦浜松医科大)・平田 寿木村元彦静岡大)・数井輝久浜松医科大)・杉浦敏文静岡大
(4) 14:15-14:40 自律顎運動シミュレータJSN/2Bにおける基準下顎位の自動設定 小島正樹林 豊彦中村康雄宮嶋晃子新潟大)・中嶋新一新潟工科大)・小林 博山田好秋新潟大
  14:40-14:50 休憩 ( 10分 )
(5) 14:50-15:15 パワーアシスト付自転車における生体情報を考慮した制御をめざして 本多直孝山形 潤木竜 徹新潟大
(6) 15:15-15:40 若年女性を対象とした睡眠時胃電図の解析 松浦康之横山清子名古屋市大)・高田宗樹宮尾 克名大
(7) 15:40-16:05 新生児脳内温度分布無侵襲計測用5周波マイクロ波ラジオメータシステムの改良 ~ アンテナを用いた校正実験と信頼区間推定 ~ 星野修平河野 裕平田 寿沖田善光木村元彦杉浦敏文静岡大
  16:05-16:15 休憩 ( 10分 )
(8) 16:15-16:40 携帯電話端末で機能をカスタマイズできる健康増進サービス 山下一樹王 質輝木竜 徹新潟大
(9) 16:40-17:05 フィールドにおける運動機能評価のためのユビキタスサービスをめざして 千明 剛牛山幸彦木竜 徹新潟大
(10) 17:05-17:30 細胞内Ca2+イメージングによるラット視床下部内側視索前野ニューロンに対するオレキシンの作用 高綱将史渡辺孝治郎中島一樹佐々木和男富山大

問合先と今後の予定
MBE MEとバイオサイバネティックス研究会(MBE)   [今後の予定はこちら]
問合先 内田雅文(電気通信大学電子工学科)
〒182-8585調布市調布ヶ丘1-5-1
TEL/FAX. 0424-43-5173 ueec
---
5月28日からの専門委員長、副委員長、幹事、幹事補佐
専門委員長 井出英人 副委員長 村山伸樹
幹事 林田祐樹・内田雅文 幹事補佐 伊賀崎伴彦・田中久弥 


Last modified: 2005-03-25 09:26:11


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[MBE研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のMBE研究会 / 次のMBE研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会