お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のASN研究会 / 次のASN研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


知的環境とセンサネットワーク研究会(ASN) [schedule] [select]
専門委員長 岡田 啓 (名大)
副委員長 塩川 茂樹 (神奈川工科大), 中澤 仁 (慶大), 山野 悟 (NEC)
幹事 大和田 泰伯 (NICT), 萬代 雅希 (上智大)
幹事補佐 間 博人 (同志社大), 大田 知行 (広島市立大), 菊月 達也 (富士通研), 中野 亮 (日立), 堀田 善文 (三菱電機)

高信頼制御通信研究会(RCC) [schedule] [select]
専門委員長 原 晋介 (阪市大)
副委員長 林 和則 (阪市大), 三浦 龍 (NICT)
幹事 石井 光治 (香川大), 小林 孝一 (北大)
幹事補佐 加川 敏規 (NICT), 小林 健太郎 (名大)

ネットワークシステム研究会(NS) [schedule] [select]
専門委員長 戸出 英樹 (阪府大)
副委員長 岡崎 義勝 (NTT)
幹事 塚本 和也 (九工大), 松井 健一 (NTT)
幹事補佐 橿渕 健一 (NTT)

無線通信システム研究会(RCS) [schedule] [select]
専門委員長 村田 英一 (京大)
副委員長 眞田 幸俊 (慶大), 福田 英輔 (富士通研), 須山 聡 (NTTドコモ)
幹事 旦代 智哉 (東芝), 西村 寿彦 (北大)
幹事補佐 山本 哲矢 (パナソニック), 石原 浩一 (NTT), 村岡 一志 (NEC), 衣斐 信介 (阪大), 西本 浩 (三菱電機)

スマート無線研究会(SR) [schedule] [select]
専門委員長 梅林 健太 (東京農工大)
副委員長 有吉 正行 (NEC), 亀田 卓 (東北大)
幹事 石津 健太郎 (NICT), 矢野 一人 (ATR)
幹事補佐 稲森 真美子 (東海大), 芝 宏礼 (NTT), Gia Khanh Tran (東工大), 成枝 秀介 (明石高専)

日時 2017年 7月19日(水) 08:50 - 16:50
2017年 7月20日(木) 08:50 - 18:00
2017年 7月21日(金) 08:50 - 16:50
議題 無線分散ネットワーク,M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),一般 
会場名 北海道大学 フロンティア応用科学研究棟(会場A: 2階レクチャーホール, 会場B: 2階セミナー室2, 会場C: 1階セミナー室1, 会場D: 2階ホワイエ) 
住所 〒060-8628 札幌市北区13条西8丁目
交通案内 キャンパスマップ: https://www.ieice.org/cs/ns/jpn/hokudai-campus-map-201707.pdf
http://www.eng.hokudai.ac.jp/access/
会場世話人
連絡先
北海道大学 情報基盤センター 飯田勝吉
お知らせ ◎ポスターに関するお知らせ
ポスター用パネルのサイズは横1160mm×縦1760mmです。
ポスター自体のサイズに指定はありませんので、上記パネルに収まるようにご準備願います。
またパネルへは画鋲留めとなりますが、画鋲は研究会で用意いたしますので、ご持参いただく必要はございません。
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費(NS研究会, ASN研究会, RCS研究会, SR研究会)についてはこちらをご覧ください.

7月19日(水) 午前  ASN1(会場A)
座長: 松井 進(大阪工大)
08:50 - 10:05
(1)
ASN
08:50-09:15 成功優先CSMA/CAにおけるコンテンションウィンドウの特性評価 ○山本拓真・梅原大祐・若杉耕一郎(京都工繊大)
(2)
ASN
09:15-09:40 稠密無線LANにおけるダウンリンク帯域割当のためのアクセス制御の数理モデル ○片山雄斗・梅原大祐・若杉耕一郎(京都工繊大)
(3)
ASN
09:40-10:05 インフラ監視における無線センサネットワークの開発 ~ 無線ネットワークの全端末同期式スリープ制御 ~ ○八木章好(三菱電機)
7月19日(水) 午前  NS1(会場B)
座長: 谷川 陽祐 (阪府大)
08:50 - 10:05
(4)
NS
08:50-09:15 アダプティブストリーミングにおけるQoEの特徴に基づいたクオリティ選択 ○溝口 侑・黒坂拓巳・萬代雅希(上智大)
(5)
NS
09:15-09:40 マルチフローを考慮した明示的なレート通知とホップバイホップのウィンドウ制御を用いたNDNのための輻輳制御方式 ○加藤尭彦・萬代雅希(上智大)
(6)
NS
09:40-10:05 モバイルエッジコンピューティングを用いたP2P双方向ストリーミング ○中山太地郎・朝香卓也(首都大東京)
7月19日(水) 午前  SR1(会場C)
座長: 太田真衣(福岡大)
08:50 - 10:05
(7)
SR
08:50-09:15 IEEE 802.22規格に準拠したテレビ帯ホワイトスペース広域移動通信システムのためのチャネル推定方式 ○松村 武・上野宏樹・Ruiting Ouyang・水谷圭一・原田博司(京大)
(8)
SR
09:15-09:40 Network sharing and spectrum sharing scenarios for future 5G networks ○Stanislav Filin・Homare Murakami・Kentaro Ishizu・Fumihide Kojima(NICT)
(9)
SR
09:40-10:05 1-bit BP-DSM方式デュアルバンド変調器における非対称波形成分を考慮したひずみ抑圧法 ○前畠 貴(住友電工)・亀田 卓・末松憲治(東北大)
  10:05-10:15 休憩 ( 10分 )
7月19日(水) 午前  WDN1(会場A)
10:15 - 12:20
(10)
共通
10:15-10:40 電子レンジ干渉信号に対する適応無線通信方式による効果の実証 ○本池遥乃・渡辺正浩(東京工科大)
(11)
共通
10:40-11:05 無線干渉信号に対する適応無線通信方式による効果の実証 ○栗崎晴輝・渡辺正浩(東京工科大)
(12)
共通
11:05-11:30 N対1通信における適応バックオフ制御方式の実証と考察 ○モハマド ハニフ・渡辺正浩(東京工科大)
(13)
共通
11:30-11:55 24GHz帯ドップラレーダによる呼吸速度検知特性の実証 ○菅谷幸太・渡辺正浩(東京工科大)
(14)
共通
11:55-12:20 A Pool Control Method for Adaptive Group Testing with Boolean Compressed Sensing ○Yujia Lu(Kyoto Univ.)・Kazunori Hayashi(Osaka City Univ.)
  12:20-13:20 昼食 ( 60分 )
7月19日(水) 午後  RCS1(会場A)
座長: 村上 誉(NICT)
13:20 - 15:00
(15)
RCS
13:20-13:45 複素変調信号のベクトル分解に基づく複数アンテナ送信と空間ベクトル合成受信を用いたOFDM伝送方式の検討 ○竹岡達成・笹岡秀一・岩井誠人(同志社大)
(16)
RCS
13:45-14:10 LDPC符号化BICM-OFDMシステムにおける適応変調アルゴリズムの最適化 ○松本裕稀・堀 勇太・落合秀樹(横浜国大)
(17)
RCS
14:10-14:35 マルチパス低遅延環境運用を志向したUTW-DFTs-OFDM方式 ○泉 直樹・児玉洋介・栗木寛斗・水谷圭一・松村 武・原田博司(京大)
(18)
RCS
14:35-15:00 フェージング変動に基づく秘密鍵共有方式における独立な時系列の標本化法の検討と秘密鍵容量の評価 ○黒柳啓太・笹岡秀一・岩井誠人(同志社大)
7月19日(水) 午後  RCC1(会場B)
13:20 - 15:00
(19)
RCC
13:20-13:45 Development and Field Experiments of Autonomous D2D Networks for Information Sharing Service ○Lin Shan・Huan-Bang Li・Ryu Miura・Fumihide Kojima(NICT)
(20)
RCC
13:45-14:10 端末間連携による省電力通信方式のスマートフォンへの実装と評価 ○天間克宏(NICT)・服部聖彦(NICT/埼玉工大)・単 麟・趙 欧(NICT)
(21)
RCC
14:10-14:35 上り回線多元接続方式SCMAにおけるコードブックの基礎検討 ○大堂雅之・滝沢賢一・森山雅文・手塚隼人・表 昌佑・石津健太郎・村上 誉・児島史秀(NICT)
(22)
RCC
14:35-15:00 多数デバイスを収容する携帯電話網に関する高効率通信方式 ~ 伝搬路推定技術及び端末間干渉抑圧・除去技術に関するハードウェア実証 ~ ○手塚隼人・森山雅文・滝沢賢一・大堂雅之・表 昌佑・村上 誉・石津健太郎・児島史秀(NICT)
7月19日(水) 午後  NS2(会場C)
座長: 内田 真人 (早大)
13:20 - 15:00
(23)
NS
13:20-13:45 Information Centric Networkingにおける複数キャッシュ方式の最適配置に関する考察 ○吉原秀人・黛 拓朗・近藤賢郎・金子晋丈・寺岡文男(慶大)
(24)
NS
13:45-14:10 参加型センシングにおけるDTNを用いたデータ収集と欠損データ補間による広域データ収集法 ○大西 裕・朝香卓也(首都大東京)
(25)
NS
14:10-14:35 仮想化技術に基づくモバイルアクセスネットワークの解析的性能評価 ○山﨑里奈・長谷川 剛・村田正幸(阪大)
(26)
NS
14:35-15:00 複数無線LANが相互干渉する環境における同時伝送の可否判定に基づく伝送スループット向上法 ○谷川陽祐・上田一貴・大森康平・戸出英樹(阪府大)
  15:00-15:10 休憩 ( 10分 )
7月19日(水) 午後  SR2(会場A)
座長: 矢野 一人(ATR)
15:10 - 16:50
(27)
SR
15:10-16:00 [招待講演]確率分布を用いたIEEE802.11無線LANのスループット推定手法の高速化に関する研究 ○高野知佐(広島市大)・濱本 亮(NEC)・小畑博靖・石田賢治(広島市大)
(28)
SR
16:00-16:50 [招待講演]通信行動 ~ トラヒックを生み出す行動の分析 ~ ○新井田 統・縄田秀一・鈴木理基・小頭秀行(KDDI総合研究所)
7月19日(水) 午後  ASN2(会場B)
座長: 萬代 雅希(上智大)
15:10 - 16:50
(29)
ASN
15:10-15:35 コンテンツ指向型無線センサネットワークにおける効率的なキャッシング手法に関する一検討 ○森 慎太郎(福岡大)
(30)
ASN
15:35-16:00 スクリーンカメラ通信における通信距離を考慮した符号化方式 ○山本純也・萬代雅希(上智大)
(31)
ASN
16:00-16:25 Coded Slotted ALOHAを用いたAll-to-allのブロードキャスト通信 ○稲毛俊英・萬代雅希(上智大)
(32)
ASN
16:25-16:50 端末間通信による情報拡散のための仮想セル構築方法に関する検討 ○古谷透音・川本雄一・西山大樹・加藤 寧(東北大)
7月19日(水) 午後  RCS2(会場C)
座長: 須山 聡(NTTドコモ)
15:10 - 16:50
(33)
RCS
15:10-15:35 二重選択性フェージング環境の通信路容量 [III] ~ 環境適応型ベースバンド無線を想定した ~ ○唐沢好男
(34)
RCS
15:35-16:00 遅延・角度領域におけるマルチパス分離を用いたチャネル予測手法に関する検討 ○奥村香菜子・小川恭孝・西村寿彦・大鐘武雄(北大)
(35)
RCS
16:00-16:25 量子化誤差と空間相関を含む端末共同干渉キャンセラの性能評価 ○佐伯理英子・梅原大祐(京都工繊大)・村田英一(京大)・田野 哲(岡山大)
(36)
RCS
16:25-16:50 端末共同干渉キャンセラのための移動端末デュアルバンドアンテナの開発 ○北山嗣也・梅原大祐(京都工繊大)・村田英一(京大)・田野 哲(岡山大)
7月20日(木) 午前  ASN3(会場A)
座長: 梅原 大祐(京都工繊大)
09:15 - 10:55
(37)
ASN
09:15-09:40 エッジコンピューティングを用いた映像トラヒック削減方式 ○塩田 純・吉田雅裕・中田亮太・森 航哉・高橋紀之・田中裕之(NTT)
(38)
ASN
09:40-10:05 組込みPCを用いたIoT向けNerveNetの試作 ○大和田泰伯・井上真杉・天間克宏・佐藤剛至(NICT)
(39)
ASN
10:05-10:30 磁界結合した受電器の楕円近似を用いた三次元位置推定 ○美和 武・宮路祐一・上原秀幸(豊橋技科大)
(40)
ASN
10:30-10:55 漁業ICTのためのセンサーボックス試作と評価 ○服部聖彦・天間克宏(NICT)
7月20日(木) 午前  RCS3(会場B)
座長: 岡田 啓(名古屋大)
08:50 - 10:55
(41)
RCS
08:50-09:15 MIMO伝送における空間変調技術を用いた光無線中継通信 ○北村育也・水澤佑樹・周 虹・熊本和夫(阪工大)・延 鳳平(北京交通大)
(42)
RCS
09:15-09:40 Improved Channel Hopping Algorithm-for Heterogeneous Cognitive Radio Networks ○Aohan Li・Tomoaki Ohtsuki(Keio Univ.)
(43)
RCS
09:40-10:05 An IoT Monitoring Prototype System for Smart Farm Using Zigbee and Raspberry Pi Module ○Hong Quy Vo・Tri Dinh Nguyen(HUSC)・Thi Hong Tran(NAIST)・Xuan Vinh Dang(HUSC)・Yasuhiko Nakashima(NAIST)
(44)
RCS
10:05-10:30 エナジーハーベスティングセンサーネットワークの実現に向けた受信機駆動型MACプロトコルの実装と実験的評価 ○川口達広・田邉 稜・石橋功至(電通大)
(45)
RCS
10:30-10:55 Investigating the LoRa Receiver Performance under Mutual Interference ○Guibing Zhu・Chun-Hao Liao・Makoto Suzuki・Yoshiaki Narusue・Hiroyuki Morikawa(Univ. of Tokyo)
  10:55-11:05 休憩 ( 10分 )
7月20日(木) 午前  WDN2(ポスターセッション;会場D)
11:05 - 12:35
(46)
共通
11:05-12:35 [ポスター講演]自律分散クラスタリングに基づく無線二階層ネットワークを用いた情報配信のためのモバイルコアネットワークの負荷軽減手法とその実験的評価 ○寺見俊一・大田知行・角田良明(広島市大)
(47)
共通
11:05-12:35 [ポスター講演]オンデマンド型無線センサネットワークにおける宛先起動状態に応じたウェイクアップ制御法 ○田村直樹・四方博之(関西大)
(48)
共通
11:05-12:35 [ポスター講演]大量運動ノード群からのバイタルデータ収集におけるモビリティ・通信モデル構築とデータ収集特性評価 ○山口慎太郎・新野 淳(関西大)・小倉裕史(阪市大)・四方博之(関西大)・宮本龍介(明大)・原 晋介(阪市大)・河端隆志(関西大)
(49)
共通
11:05-12:35 [ポスター講演]IEEE802.11ac準拠の機器におけるチャネルボンディング機能の性能評価 ○藤井一樹・田村 瞳(福岡工大)・野林大起・塚本和也(九工大)
(50)
共通
11:05-12:35 [ポスター講演]多数デバイスを収容する携帯電話網に関する高効率通信方式 ~ ユーザ端末間干渉抑圧除去処理に関する一検討 ~ ○滝沢賢一・森山雅文・大堂雅之・表 昌佑・手塚隼人・村上 誉・石津健太郎・児島史秀(NICT)
(51)
共通
11:05-12:35 [ポスター講演]低信頼中継局におけるMIMOプレコーダを利用した安全な情報共有法 ○野口哲也・田久 修(信州大)・藤井威生(電通大)・大槻知明(慶大)・笹森文仁・半田志郎(信州大)
(52)
共通
11:05-12:35 [ポスター講演]D2D アンダーレイ Massive MIMO におけるグラフ彩色を用いた到来角と距離に基づくパイロット再利用 ○越後春陽・大槻知明(慶大)
(53)
共通
11:05-12:35 [ポスター講演]有線・無線協調ネットワーク復旧システムのMACレベルスループット特性 ○丸田一輝(千葉大)・中山 悠(東大)・堤 卓也(京大)
(54)
共通
11:05-12:35 [ポスター講演]信号区間推定機能を備えた簡易なIEEE 802.11adミリ波信号電力測定システムの実現 ○香田優介・山本高至・西尾理志・守倉正博(京大)
(55)
共通
11:05-12:35 [ポスター講演]Cooperative Wavelet based Compressive Wideband Spectrum Sensing over Frequency-selective Channels ○Osama Elnahas(Kyushu Univ.)・Maha Elsabrouty(E-JUST)・Osamu Muta・Hiroshi Furukawa(Kyushu Univ.)
(56)
共通
11:05-12:35 [ポスター講演]効率的な時間軸からの決定論的-確率論的周波数利用のモデル化 ○梅林健太・小林雅直(東京農工大)・Miguel Lopez Bentez(UOL)
(57)
共通
11:05-12:35 [ポスター講演]マッシブ無線センサを用いた電波漏洩モニタリングの検討 ○今井俊介・田久 修(信州大)
(58)
共通
11:05-12:35 [ポスター講演]位置情報を用いた異種無線システムのネットワーク選択手法 ~ 空間補間によるマップ情報生成手法の検討 ~ ○亀田 卓・福留秀基・末松憲治(東北大)
(59)
共通
11:05-12:35 [ポスター講演]マルチバンド方式における非線形歪雑音電力制御による伝送効率改善効果 ○音地純平・冨里 繁・上原一浩(岡山大)
(60)
共通
11:05-12:35 [ポスター講演]一括集約型無線センサネットワークにおける高精度データ分離を実現する送信制御法 ○福田恭佑・田久 修・白井啓一郎(信州大)・太田真衣(福岡大)・藤井威生(電通大)・笹森文仁・半田志郎(信州大)
(61)
共通
11:05-12:35 [ポスター講演]SDRを利用したMAD-SS受信器の試作 ○瀬川典久(京都産大)・矢澤正人(数理設計研)
  12:35-13:35 昼食 ( 60分 )
7月20日(木) 午後  WDN3(会場A)
座長: 山本 高至(京都大)
13:35 - 15:15
(62)
共通
13:35-14:00 汎用動画カメラを用いたOFDM可視光通信 ○嶋田祥太(北大)・秋山尚之(総研大)・橋爪宏達(NII)・杉本雅則(北大)
(63)
共通
14:00-14:25 空間分割多重化による汎用動画カメラを用いた高速可視光通信 ○雨夜将吾・嶋田祥太(北大)・秋山尚之(総研大)・橋爪宏達(NII)・杉本雅則(北大)
(64)
共通
14:25-14:50 ユーザ端末を活用するM2M無線アクセスにおけるアクセスポイント数削減のためのM2M端末収容アルゴリズムの一検討 ○納谷麻衣子・宗 秀哉・藤田隆史・清水敬司(NTT)
(65)
共通
14:50-15:15 U-Bus Airにおけるクラウド連携による端末経路冗長性削減手法 ○眞田裕史(電通大)・相澤礼奈・川田拓也(東京ガス)・藤井威生(電通大)
  15:15-15:25 休憩 ( 10分 )
7月20日(木) 午後  招待講演1(会場A)
座長: 戸出 英樹 (阪府大)
15:25 - 16:10
(66)
共通
15:25-16:10 [招待講演]第5世代移動通信システムとモバイルコア運用管理への展望 水谷亮太・臼井 健・○北辻佳憲(KDDI総合研究所)
  16:10-16:20 休憩 ( 10分 )
7月20日(木) 午後  招待講演2(会場A)
16:20 - 17:05
(67)
共通
16:20-17:05 [招待講演]IoT/M2Mのためのシステム制御理論 ○小林孝一(北大)
  17:05-17:15 休憩 ( 10分 )
7月20日(木) 午後  招待講演3(会場A)
座長: 梅林 健太(農工大)
17:15 - 18:00
(68)
共通
17:15-18:00 [招待講演]超スマート社会を支える無線ネットワーキング技術 ~ IoT時代に必要な要素技術 ~ ○渡辺 尚(阪大)
7月21日(金) 午前  ASN4(会場A)
座長: 藤原 孝洋(函館高専)
08:50 - 10:30
(69)
ASN
08:50-09:15 Wi-Fiルータ電力値を利用した在室判定方式 ○越後和也・ティン ペトロヴィッチ・森川博之(東大)
(70)
ASN
09:15-09:40 Analysis of Classification Accuracy and Distinguishability for Subsampling in Active Sensing ○Tin Petrovic・Hiroyuki Morikawa(Univ. of Tokyo)
(71)
ASN
09:40-10:05 クラウドセンシングによるBluetoothを用いた人流把握の検討 ○北里知也・伊藤昌毅・瀬崎 薫(東大)
(72)
ASN
10:05-10:30 自ノード残電量参照によるフラッディング制御の適用効果 ~ 半二重と全二重の特性比較 ~ 内山 仁・○山崎悟史(沼津高専)・猿渡俊介(阪大)・水野秀樹(東海大)
7月21日(金) 午前  SR3(会場B)
座長: 亀田 卓(東北大)
08:50 - 10:30
(73)
SR
08:50-09:15 スムージング法を用いたオーバーラップFFTフィルタバンクの設計と特性 ○田辺素洋・梅比良正弘・武田茂樹(茨城大)
(74)
SR
09:15-09:40 V2Vネットワーク信頼性向上のためのマルチアンテナ逐次干渉除去に関する研究 ○右手達也・渡辺裕太・佐藤光哉・藤井威生(電通大)・清水崇之・アルトゥンタシュ オヌル(トヨタIT開発センター)
(75)
SR
09:40-10:05 複数受信アンテナによるスペクトルセンシングの演算量削減法の検討 ○成枝秀介(明石高専)
(76)
SR
10:05-10:30 占有率測定によるアクセスチャネルを推定する学習型占有率測定法によるランデブチャネル法の改良 ○征矢隼人・田久 修・白井啓一郎(信州大)・太田真衣(福岡大)・藤井威生(電通大)
  10:30-10:40 休憩 ( 10分 )
7月21日(金) 午前  RCS4(会場A)
座長: 矢野 一人(ATR)
10:40 - 12:20
(77)
RCS
10:40-11:05 独立成分分析を用いたブラインドMIMO方式の特性評価と秘密情報伝送への応用 ○桐野悟至・笹岡秀一・岩井誠人(同志社大)
(78)
RCS
11:05-11:30 A Study on PAPR Reduction for MU-MIMO using Blind Selected Mapping ○Amnart Boonkajay・Fumiyuki Adachi(Tohoku Univ.)
(79)
RCS
11:30-11:55 高周波数帯を用いた無線エントランスシステムにおける低相関指向性形成のためのアンテナ構成法 ○太田 厚・田中 健・白戸裕史・菅 瑞紀・後藤和人・飯塚正孝(NTT)
(80)
RCS
11:55-12:20 5Gにおける高SHF帯・広帯域Massive MIMO実現に向けた28GHz帯見通し環境下の電波伝搬実験 ○中川兼治・内田 繁・石岡和明・中村浄重・岡崎彰浩(三菱電機)・佐藤 圭・須山 聡・増野 淳・奥村幸彦(NTTドコモ)・岡村 敦(三菱電機)
7月21日(金) 午前  RCC2(会場B)
10:40 - 12:20
(81)
RCC
10:40-11:05 複数無線方式冗長送信を用いた高信頼・低遅延無線アクセスの他システム干渉下における遅延特性評価 ○宗 秀哉・納谷麻衣子・藤田隆史・吉澤健人・清水敬司(NTT)
(82)
RCC
11:05-11:30 IEEE 802.15.4ビーコンモードを用いた複数機器無線制御における制御品質に基づく多元接続方式切り替え手法 ○植松悠至・小林健太郎・岡田 啓・片山正昭(名大)
(83)
RCC
11:30-11:55 無線フィードバック制御における状態オブザーバの誤差共分散に基づいた適応誤り訂正符号化手法 ○三輪洋祐・小林健太郎・岡田 啓・片山正昭(名大)
(84)
RCC
11:55-12:20 低遅延・高信頼制御通信のための符号化OFDMに基づく上りリンク非直交アクセス方式のMU-MIMO拡張 ○堀 勇太・落合秀樹(横浜国大)
  12:20-13:20 昼食 ( 60分 )
7月21日(金) 午後  WDN4(会場A)
座長: 丸田 一輝(千葉大)
13:20 - 15:25
(85)
共通
13:20-13:45 LPWA(CSS変調方式)の復調方法とマルチホップ方法の検討 ~ CSSパケット衝突の回避と転送方法の提案 ~ ○竹内嘉彦(日本無線)・廖 椿豪・鈴木 誠・森川博之(東大)
(86)
共通
13:45-14:10 セルラネットワークの確率幾何解析の基礎 ○山本高至(京大)
(87)
共通
14:10-14:35 Mixture of Half-duplex and Full-duplex Wireless Network Considering Hidden Terminal Problem ○Minh Dat Nguyen・Yuto Lim・Yasuo Tan(JAIST)
(88)
共通
14:35-15:00 直線状無線全二重通信マルチホップネットワークにおけるスループット解析 ○藤村 力・眞田耕輔・森 香津夫(三重大)
(89)
共通
15:00-15:25 全二重WLANにおけるバイナリバックオフを考慮したスループット解析 ○眞田耕輔・森 香津夫(三重大)
  15:25-15:35 休憩 ( 10分 )
7月21日(金) 午後  NS3(会場A)
座長: 國頭 吾郎 (NTTドコモ)
15:35 - 16:50
(90)
NS
15:35-16:00 モバイルエッジコンピューティング環境に適したタスクスケジューリングの一検討 ○菅原大輔(関西大)・柳生智彦(NEC)・山本 幹(関西大)
(91)
NS
16:00-16:25 ホームゲートウェイInternet of Thingsプラットフォームにおける処理負荷分散手法 ○岩崎陽介・松本 隼・岡本 聡・山中直明(慶大)
(92)
NS
16:25-16:50 SIPサーバへの仮想化技術の適用に関する評価 ○川口 峻・黒川恵介・佐久間美能留・菊間一宏(NTT)
7月21日(金) 午後  ASN5(会場B)
座長: 大槻 知明(慶應大)
15:35 - 16:50
(93)
ASN
15:35-16:00 ドップラーセンサを用いた瞬き長推定に関する一検討 ○山本幸平・豊田健太郎・大槻知明(慶大)
(94)
ASN
16:00-16:25 著者分析 ~ 短文からの性別と年齢層の分類 ~ ブーアジジ モンデル・ベイレリャン アンソニー・○渡辺 創・大槻知明(慶大)
(95)
ASN
16:25-16:50 センサネットワークにおける外光を考慮した屋内省電力化調光制御手法の一検討 ○佐々木健吾・岡本英二(名工大)

講演時間
一般講演(RCC, SR)発表 20 分 + 質疑応答 5 分
一般講演(NS, ASN, RCS)発表 18 分 + 質疑応答 7 分
招待講演発表 40 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
ASN 知的環境とセンサネットワーク研究会(ASN)   [今後の予定はこちら]
問合先 asn-c 
お知らせ ◎技術研究報告(予稿集)の当日価格は,開催日が近づきますと,下記URLより参照頂けます.
http://db.ieice.org/jpn/books/gihou-list.php
RCC 高信頼制御通信研究会(RCC)   [今後の予定はこちら]
問合先 rcc-c 
お知らせ http://www.ieice.org/~rcc/
NS ネットワークシステム研究会(NS)   [今後の予定はこちら]
問合先 NS研究会幹事及び幹事補佐:ns-cat
橿渕健一 (NTT)
TEL 0422-59-6458
松井健一 (NTT)
TEL 0422-59-3018 
お知らせ ◎最新情報は,NS研ホームページをご覧ください.
http://www.ieice.org/cs/ns/jpn/
◎プログラム確定後の発表キャンセルは原則できませんのでご注意下さい.
RCS 無線通信システム研究会(RCS)   [今後の予定はこちら]
問合先 旦代 智哉 (東芝)
E-:r_- 
SR スマート無線研究会(SR)   [今後の予定はこちら]
問合先 芝、E-: ba 
お知らせ ◎最新情報はソフトウェア無線研究会のホームページをご覧下さい.
http://www.ieice.org/cs/sr/jpn/


Last modified: 2017-07-18 13:20:27


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[RCC研究会のスケジュールに戻る]   /   [NS研究会のスケジュールに戻る]   /   [RCS研究会のスケジュールに戻る]   /   [SR研究会のスケジュールに戻る]   /   [ASN研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のASN研究会 / 次のASN研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会