お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のHWS研究会 / 次のHWS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


ハードウェアセキュリティ研究会(HWS) [schedule] [select]
専門委員長 川村 信一 (東芝)
副委員長 池田 誠 (東大), 島崎 靖久 (ルネサスエレクトロニクス)
幹事 国井 裕樹 (セコム), 小野 貴継 (九大)

VLSI設計技術研究会(VLD) [schedule] [select]
専門委員長 戸川 望 (早大)
副委員長 福田 大輔 (富士通研)
幹事 小平 行秀 (会津大), 桜井 祐市 (日立)
幹事補佐 池田 一樹 (日立)

日時 2020年 3月 4日(水) 09:30 - 17:40
2020年 3月 5日(木) 09:30 - 17:15
2020年 3月 6日(金) 09:30 - 17:40
2020年 3月 7日(土) 10:30 - 14:40
議題 システムオンシリコンを支える設計技術, ハードウェアセキュリティ, 一般 
会場名 沖縄県青年会館 
住所 〒900-0033 沖縄県那覇市久米2-15-23
交通案内 http://www.okiseikan.or.jp/
お知らせ ◎新型コロナウイルスの感染拡大防止のため本研究会は開催を中止します
◎この開催は中止となりました(技報は発行されます)
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費(HWS研究会, VLD研究会)についてはこちらをご覧ください.

3月4日(水) 午前  VLD-1: 最適化手法
座長: 高島 康裕 (北九州市大)
09:30 - 10:20
(1) 09:30-09:55 インデックス生成関数の行シフト分解における分解可能性判定法 ○常定京一郎・永山 忍・稲木雅人・若林真一(広島市大)
(2) 09:55-10:20 集合対間配線における配線長差削減を考慮した端子対間配線手法 ○和田邦彦・佐藤真平・高橋篤司(東工大)
  10:20-10:30 休憩 ( 10分 )
3月4日(水) 午前  VLD-2: 回路設計技術
座長: 齋藤 寛 (会津大)
10:30 - 11:45
(3) 10:30-10:55 EVBDDに基づく初等関数回路の設計検証 ○福原浩人・永山 忍・稲木雅人・若林真一(広島市大)
(4) 10:55-11:20 複数プロセッサを用いた通信効率の良い行列ベクトル積演算の自動一般化手法 ○合田瑛洋・藤田昌宏(東大)
(5) 11:20-11:45 Via-Switch FPGAを対象とする算術演算アプリケーション回路の実装方式検討 ○今川隆司(立命館大)・劉 載勲(東工大)・橋本昌宜(阪大)・越智裕之(立命館大)
  11:45-13:00 昼食 ( 75分 )
3月4日(水) 午後  VLD-3: 低電力化技術
座長: 新谷 道広 (奈良先端大)
13:00 - 14:15
(6) 13:00-13:25 2電源を用いた不揮発性フリップフロップの提案と評価 ○秋葉爽輔・宇佐美公良(芝浦工大)
(7) 13:25-13:50 非同期式RTLモデルに対するラッチ挿入による動的電力最適化手法の検討 ○仙波翔吾・齋藤 寛(会津大)
(8) 13:50-14:15 LSIの最大消費電力を削減するスタック構造スタンダードセルライブラリ ○今井祐貴(埼玉大)・西澤真一(福岡大)・伊藤和人(埼玉大)
  14:15-14:30 休憩 ( 15分 )
3月4日(水) 午後  VLD-4: 高信頼性設計(1)
座長: 増田 豊 (名大)
14:30 - 15:45
(9) 14:30-14:55 フリップフロップの記憶保持特性とIDDQテストを組み合わせたプロセスばらつき推定 ○西澤真一(福岡大)・伊藤和人(埼玉大)
(10) 14:55-15:20 製造後遅延調整における遅延調整素子のゲートサイジング手法 ○室井孝太・小平行秀(会津大)
(11) 15:20-15:45 2グラフ制約表現による温度依存クロック・スキュー・スケジュール ○金子峰雄(北陸先端大)
  15:45-16:00 休憩 ( 15分 )
3月4日(水) 午後  VLD-5: リソグラフィ
座長: 多和田 雅師 (早大)
16:00 - 17:40
(12) 16:00-16:25 ラグランジュ緩和法と境界Flippingによるプロセスばらつきを考慮したピクセルベースマスク最適化手法 ○東 梨奈・小平行秀(会津大)・松井知己・高橋篤司(東工大)・児玉親亮(キオクシア)
(13) 16:25-16:50 機械学習を用いたリソグラフィホットスポット検出手法と評価に関して ○高橋秀和・佐藤真平・高橋篤司(東工大)
(14) 16:50-17:15 リソグラフィホットスポット検出用既存訓練データの修正による訓練データの追加生成 ○片岡 岳・稲木雅人・永山 忍・若林真一(広島市大)
(15) 17:15-17:40 リソグラフィホットスポット検出のための画像スペクトルに基づく特徴量についての一検討 ○稲木雅人・片岡 岳・永山 忍・若林真一(広島市大)
3月5日(木) 午前  VLD-6: アルゴリズム
座長: 稲木 雅人 (広島市大)
09:30 - 10:20
(16) 09:30-09:55 ドローンによる配送計画問題に対するモンテカルロ木探索手法 ○岩﨑宏太・高島康裕(北九州市大)
(17) 09:55-10:20 HCP: History-based Congestion Prediction Algorithm for Network-on-Chip ○Zhenyu Hu・Michael Conrad Meyer(Waseda Univ.)・Xin Jiang(NITKIT)・Takahiro Watanabe(Waseda Univ.)
  10:20-10:30 休憩 ( 10分 )
3月5日(木) 午前  VLD-7: 高信頼性設計(2)
座長: 西澤 真一 (福岡大)
10:30 - 11:45
(18) 10:30-10:55 電流兆候解析に基づくDCモーターのオンライン故障検知 ○大窄直樹(関西学院大)・神原弘之(京都高度技研)・石浦菜岐佐(関西学院大)
(19) 10:55-11:20 チェックサムとオンラインテストによるメモリスタニューラルネットワークの耐故障設計 ○石坂 守・新谷道広・井上美智子(奈良先端大)
(20) 11:20-11:45 遅延故障に起因する回路寿命分布の確率的高速推定手法 ○富山葉月・増田 豊・石原 亨(名大)
  11:45-13:00 昼食 ( 75分 )
3月5日(木) 午後  VLD-8: 設計開発環境
座長: 今川 隆司 (立命館大)
13:00 - 14:15
(21) 13:00-13:25 プログラマブルSoCにおけるErlangからのハードウェア制御 ○若林秀和・石浦菜岐佐(関西学院大)
(22) 13:25-13:50 Neural Programmer-Interpreters による実行形式の生成を目指した研究 ○津山雅彦・宮本龍介(明大)
(23) 13:50-14:15 システムリソースを有効活用したH/W-S/W協調設計支援手法 ○輕部文利・立見駿介・岡田尚也・山本 亮・小川吉大(三菱電機)・ゴールドスミス アブラハム・クリネン リエン(MERL)
  14:15-14:30 休憩 ( 15分 )
3月5日(木) 午後  VLD-9: 記念講演
座長: 高木 一義 (三重大)
14:30 - 15:45
(24) 14:30-14:55 [記念講演]Small-Area and Low-Power FPGA-Based Multipliers using Approximate Elementary Modules ○Yi Guo・Heming Sun・Shinji Kimura(Waseda Univ.)
(25) 14:55-15:20 [記念講演]A Tuning-Free Hardware Reservoir Based on MOSFET Crossbar Array for Practical Echo State Network Implementation ○Yuki Kume・Song Bian・Takashi Sato(Kyoto Univ.)
(26) 15:20-15:45 [記念講演]Workload-aware Data-eviction Self-adjusting System of Multi-SCM Storage to Resolve Trade-off between SCM Data-retention Error and Storage System Performance ○Reika Kinoshita・Chihiro Matsui・Atsuya Suzuki・Shouhei Fukuyama・Ken Takeuchi(Chuo Univ.)
  15:45-16:00 休憩 ( 15分 )
3月5日(木) 午後  VLD-10: 近似・ストカスティック計算
座長: 富岡 洋一 (会津大)
16:00 - 17:15
(27) 16:00-16:25 Approximate Floating Point Multiplier based on Shifting Addition Using Carry Signal from Second-Highest-Bit ○Jie Li・Yi Guo・Shinji Kimura(Waseda Univ.)
(28) 16:25-16:50 直近計算結果に基づくApproximate Computingを用いた画像のエッジ検出手法の提案と有効性評価 ○尾地 肇・宇佐美公良(芝浦工大)
(29) 16:50-17:15 乱数化関数を用いた乱数生成回路を共有するストカスティック数生成器 ○多和田雅師・戸川 望(早大)
3月6日(金) 午前  VLD-11: イジングマシン
座長: 小平 行秀 (会津大)
09:30 - 10:20
(30) 09:30-09:55 イジングマシンを用いたアミューズメントパークの経路最適化手法 ○武笠陽介・若泉朋弥・田中 宗・戸川 望(早大)
(31) 09:55-10:20 イジング計算機による3次元直方体パッキング問題の解法 ○金丸 翔・寺田晃太朗・川村一志・田中 宗(早大)・富田憲範(富士通研)・戸川 望(早大)
  10:20-10:30 休憩 ( 10分 )
3月6日(金) 午前  VLD-12: 応用事例
座長: 山本 亮 (三菱電機)
10:30 - 11:45
(32) 10:30-10:55 Isolation Forestによる異常検知の効率化に関する検討 ○池田 翼・永山 忍・稲木雅人・若林真一(広島市大)
(33) 10:55-11:20 選択的な低処理遅延データ圧縮による高バンド幅相互結合網 ○丹羽直也(慶大)・平澤将一・鯉渕道紘(NII)・天野英晴(慶大)
(34) 11:20-11:45 ハードウェアアクセラレータ内蔵仮想化対応トラフィック監視システムの開発 ○池田奈美子・右近祐太・大輝晶子・吉田周平・新田高庸(NTT)
  11:45-13:00 昼食 ( 75分 )
3月6日(金) 午後  HWS-1
座長: 吉川 雅弥(名城大)
13:00 - 14:15
(35) 13:00-13:25 順序回路への故障注入に起因した不均一な頻度分布を持つ誤り出力を用いた故障利用解析 ○岡本拓実・藤本大介(奈良先端大)・崎山一男・李 陽(電通大)・林 優一(奈良先端大)
(36) 13:25-13:50 無線通信ICに対するサイドチャネル攻撃の基礎検討 ○一ノ瀬竜矢・坂本純一・松本 勉(横浜国大)
(37) 13:50-14:15 Fp256楕円曲線暗号の高速化に向けた設計空間探索 ○池田健人・池田 誠(東大)
  14:15-14:30 休憩 ( 15分 )
3月6日(金) 午後  VLD-13: テスト・暗号化・ハードウェアトロイ
座長: 新田 高庸 (NTT)
14:30 - 15:45
(38) 14:30-14:55 パーシャルMAX-SATを用いた抵抗性オープン故障に対するテスト生成法 ○山崎紘史・石山悠太・松田竜馬・細川利典(日大)・吉村正義(京都産大)・新井雅之(日大)・四柳浩之・橋爪正樹(徳島大)
(39) 14:55-15:20 アフィン変換を用いた論理暗号化手法の評価 ○松永裕介(九大)
(40) 15:20-15:45 トリガ回路の性質にもとづく特徴量を利用したニューラルネットワークによるハードウェアトロイ識別 ○井上智貴・長谷川健人・戸川 望(早大)
  15:45-16:00 休憩 ( 15分 )
3月6日(金) 午後  VLD-14: ニューラルネットワーク実装
座長: 桜井 祐市 (日立)
16:00 - 17:40
(41) 16:00-16:25 ゼロビットスキップ機能付きビットシリアル内積回路を用いた畳み込み演算の高速化に関する一検討 ○磯部 宙・富岡洋一(会津大)
(42) 16:25-16:50 制御機器におけるDeep Neural NetworkのFPGA向け回路アーキテクチャの検討 ○山本 亮・岩河秀知・小川吉大(三菱電機)
(43) 16:50-17:15 2つのMOSFETリザバー用いたエコーステートネットワークの性能評価 ○久米祐貴・辺 松・名倉健太・佐藤高史(京大)
(44) 17:15-17:40 ニューラルネットワークの集積ナノフォトニクス実装に適した回路構造探索 ○服部直樹・増田 豊・石原 亨(名大)・塩見 準(京大)・新家昭彦・納富雅也(NTT)
3月7日(土) 午前  HWS-2
座長: 山本 弘毅(ソニーLSIデザイン)
10:30 - 11:45
(45) 10:30-10:55 Non-IID PUFのエントロピー低下要因とエントロピー見積もり手法 (1) ○汐﨑 充(立命館大)・堀 洋平(産総研)・大倉俊介・白畑正芳・藤野 毅(立命館大)
(46) 10:55-11:20 Non-IID PUFのエントロピー低下要因とエントロピー見積もり手法 (2) ○汐﨑 充(立命館大)・堀 洋平(産総研)・大倉俊介・白畑正芳・藤野 毅(立命館大)
(47) 11:20-11:45 車線検出機能に対する色調改変攻撃 ○宮園史規・吉田直樹・松本 勉(横浜国大)
  11:45-13:00 昼食 ( 75分 )
3月7日(土) 午後  HWS-3
13:00 - 14:40
(48) 13:00-13:25 誘導インパルス型の瞬時自己破壊回路を利用した検知後対処に基づく物理攻撃対策 ○多田 捷・松田航平・永田 真(神戸大)・﨑山一男(電通大)・三浦典之(神戸大)
(49) 13:25-13:50 ICチップレベル電源雑音シミュレーションによる暗号モジュールのサイドチャネル漏洩評価 ○安田一樹・門田和樹・月岡暉裕・三浦典之・永田 真(神戸大)・カシーク スリニバサン・シャン ワン・ラン リン・イン シュン リー・ノーマン チャン(アンシス)
(50) 13:50-14:15 暗号回路における基板電流検出型レーザー故障注入攻撃対策の軽量設計法 ○山下憂記・松田航平・永田 真・三浦典之(神戸大)
(51) 14:15-14:40 完全準同型暗号のハードウェア向けアルゴリズムとアーキテクチャ設計 ○杉山昇太郎・池田 誠(東大)

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
HWS ハードウェアセキュリティ研究会(HWS)   [今後の予定はこちら]
問合先 三浦典之(神戸大), 国井裕樹(セコム)
E-:hws-c 
VLD VLSI設計技術研究会(VLD)   [今後の予定はこちら]
問合先 小平 行秀 (会津大)
E-: u-ai 
お知らせ ◎VLD研究会ホームページもご覧下さい.
http://www.ieice.org/~vld/


Last modified: 2020-02-27 11:25:43


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[VLD研究会のスケジュールに戻る]   /   [HWS研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のHWS研究会 / 次のHWS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会