お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のCOMP研究会 / 次のCOMP研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 

★コンピュテーション研究会(COMP)
専門委員長 和田 幸一 (法政大)  副委員長 増澤 利光 (阪大)
幹事 亀井 清華 (広島大), 古賀 久志 (電通大)

日時 2015年 3月 9日(月) 09:40~17:00

会場 立命館大学 朱雀キャンパス1F 多目的室(〒604-8520 京都市中京区西ノ京朱雀町1.交通案内はURLをご覧下さい。多目的室は、建物の正面玄関から入られて左手の奥です。http://www.ritsumei.jp/accessmap/accessmap_suzaku_j.html.山下 茂 先生(立命館大学))

議題 (立命館大学共催)

3月9日(月) 午前 (09:40~11:40)

(1) 09:40 - 10:10
グリッド上でのLargeサイズファットロボットの集合について
○伊藤佳進・片山喜章(名工大)・和田幸一(法政大)

(2) 10:10 - 10:40
A Note on Irreversible 2-Conversion Sets in Subcubic Graphs
○Asahi Takaoka・Shuichi Ueno(Tokyo Tech)

(3) 10:40 - 11:10
複数の基準ノードを用いたノードの重なり回避
○阿部 昇・王 弘明・井上洸平(阪電通大)

(4) 11:10 - 11:40
ハイパーグラフにおける極大独立集合列挙のためのZDD構築手法
○菅谷輝治(放送大)・戸田貴久(電通大)・湊 真一(北大)

−−− 昼食 ( 80分 ) −−−

3月9日(月) 午後 (13:00~14:00)
座長: 招待講演

(5) 13:00 - 14:00
[招待講演]ナチュラルコンピューティングのアルゴリズム:生命活動の仕組を用いた並列厳密解法と最適化手法
○藤原暁宏(九工大)

−−− 休憩 ( 15分 ) −−−

3月9日(月) 午後 (14:15~17:00)

(6) 14:15 - 14:45
需要供給ネットワークの最大供給率と最小供給量増加率
○吉原広徳・西関隆夫(関西学院大)

(7) 14:45 - 15:15
パラメトリック需要供給木ネットワークの効率的アルゴリズム
○高橋直暉・西関隆夫(関西学院大)

(8) 15:15 - 15:45
可逆回路内の縮退故障と短絡故障を検出するための最小検査入力集合を求める問題のNP困難性
○高倉 響・山田敏規(埼玉大)

−−− 休憩 ( 15分 ) −−−

(9) 16:00 - 16:30
2近似葉最多全域木構築自己安定アルゴリズムについて
○岡本圭祐・片山喜章(名工大)

(10) 16:30 - 17:00
Tangleとイデアル
○山崎浩一(群馬大)

一般講演:発表 25 分 + 質疑応答 5 分


☆COMP研究会今後の予定 [ ]内発表申込締切日

4月23日(木) 東北大学 [2月16日(月)] テーマ:(東北大学大学院情報科学研究科共催)
6月12日(金)~13日(土) 定山渓ビューホテル [4月10日(金)]

【問合先】
古賀 久志
〒182-8585 東京都調布市調布ヶ丘1-5-1
電気通信大学 大学院 情報システム学研究科
E-mail: isc


Last modified: 2015-01-16 10:47:44


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[COMP研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のCOMP研究会 / 次のCOMP研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会