電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のASN研究会 / 次のASN研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


知的環境とセンサネットワーク研究会(ASN) [schedule] [select]
専門委員長 東條 弘 (NTT)
副委員長 関屋 大雄 (千葉大), 岡田 啓 (名大), 山野 悟 (NEC)
幹事 塩川 茂樹 (神奈川工科大), 清水 芳孝 (NTT)
幹事補佐 五十嵐 悠一 (日立), 内藤 克浩 (愛知工大), 服部 聖彦 (NICT), 藤田 裕志 (富士通研), 米澤 拓郎 (慶大)

日時 2017年 5月25日(木) 10:00 - 11:40
2017年 5月26日(金) 09:30 - 17:30
議題 知的環境, センサネットワーク, スマート建築, スマートシティ, 構造モニタリング, ゼロエネルギービルディング, 社会基盤センシング, BIM/CIM, 国土基盤モデル, 一般

建築学会・スマート建築モニタリング応用小委員会後援, 土木学会・土木情報学委員会後援 
会場名 東京大学駒場リサーチキャンパス 生産技術研究所S棟プレゼンテーションルーム 
住所 〒153-8505 東京都目黒区駒場4-6-1
交通案内 小田急線・東京メトロ千代田線/代々木上原駅より徒歩12分。
https://www.iis.u-tokyo.ac.jp/ja/access/
会場世話人
連絡先
富士通研究所 藤田 裕志
他の共催 ◆日本建築学会・スマート建築モニタリング応用小委員会後援,土木学会・土木情報学委員会後援
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費(ASN研究会)についてはこちらをご覧ください.

5月25日(木) 午前  一般セッション(S棟プレゼンテーションルーム)
座長: 松井進(大阪工大)
10:00 - 11:40
(1) 10:00-10:25 広域車々間通信による渋滞緩和運転支援手法の性能評価 ASN2017-1 森野博章渡邊拓哉芝浦工大
(2) 10:25-10:50 無人航空機を用いた災害時臨時通信ネットワークにおける飛行モデルの一検討 ASN2017-2 前島悠人・○岡田 啓名大)・間瀬憲一新潟大)・小林健太郎片山正昭名大
(3) 10:50-11:15 赤潮発生予測のための海域情報報告アプリケーションのマルチプラットフォーム化 ASN2017-3 遠藤慶一楠野和也藤橋卓也黒田久泰樋上喜信小林真也愛媛大
(4) 11:15-11:40 動的再構成デバイスを用いたセンサネットワークシステムの開発 ASN2017-4 横田裕介日本女子大
5月26日(金) 午前  一般セッション(S棟プレゼンテーションルーム)
座長: 間博人(同志社大)
09:30 - 10:20
(5) 09:30-09:55 Evaluation of Binary Sensing with Adaptive Thresholds in Spiking Wireless Sensor Networks ASN2017-5 Ferdinand PeperKenji LeibnitzTetsuya ShimokawaNICT)・Junnosuke TeramaeOsaka Univ.)・Akifumi KasamatsuShukichi TanakaNICT)・Naoki WakamiyaOsaka Univ.
(6) 09:55-10:20 地震加速度の周波数スペクトルを考慮した圧縮センシングに関する一考察 ASN2017-6 藤原孝洋東海林智也河合博之函館高専
  10:20-10:30 休憩 ( 10分 )
5月26日(金) 午前  企画セッション(S棟プレゼンテーションルーム)
座長: 東條弘(日本電信電話)
10:30 - 11:50
(7) 10:30-11:10 [招待講演]世界遺産構造物のモニタリングと維持管理 ~ 軍艦島とアンコールワット ~ ASN2017-7 倉田成人筑波技大
(8) 11:10-11:50 [招待講演]建築物の構造ヘルスモニタリングの現状と将来展望 ASN2017-8 白石理人清水建設
5月26日(金) 午後  IoTスマート建築と知的環境シンポジウム(S棟プレゼンテーションルーム)
13:00 - 14:30
(9) 13:00-13:10 趣旨説明:山邊友一朗(神戸大学)
(10) 13:10-13:50 講演 IoTスマート建築を実現する通信プラットフォーム[仮題] 松下享平 (株式会社ソラコム)
(11) 13:50-14:30 講演 IoTによるゼロエネルギー住宅[仮題] 秋元孝之(芝浦工業大学)
5月26日(金) 午後  ポスターセッション(S棟プレゼンテーションルーム)
14:30 - 15:30
(12) 14:30-15:30 [ポスター講演]環境発電による無線ネットワークにおける時刻同期の実装 ASN2017-9 河越 基菅野正嗣阪府大
(13) 14:30-15:30 [ポスター講演]高品質・省電力・ロバストな橋梁モニタリングシステムの開発と評価 ASN2017-10 鈴木 誠長山智則大原壮太郎神野響一森川博之東大
(14) 14:30-15:30 [ポスター講演]OSHWと赤外線通信モジュールを用いた室内環境制御システムの構築 ASN2017-11 漆原健太・○山邊友一郎谷 明勲神戸大
5月26日(金) 午後  IoTスマート建築と知的環境シンポジウム(S棟プレゼンテーションルーム)
座長: 倉田成人(筑波技術大学)
15:30 - 17:30
(15) 15:30-16:10 講演 IoTによる地震健康診断システム[仮題] 山田有孝(白山工業)
(16) 16:10-16:50 講演 ゼロエネルギー建築とICT 丹 康雄(北陸先端科学技術大学院大学、ASN研究会)
(17) 16:50-17:20 討論
(18) 17:20-17:30 まとめ 谷明勲(神戸大学)

講演時間
一般講演発表 18 分 + 質疑応答 7 分

問合先と今後の予定
ASN 知的環境とセンサネットワーク研究会(ASN)   [今後の予定はこちら]
問合先 asn-c 
お知らせ ◎技術研究報告(予稿集)の当日価格は,開催日が近づきますと,下記URLより参照頂けます.
http://db.ieice.org/jpn/books/gihou-list.php


Last modified: 2017-05-23 20:49:38


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[ASN研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のASN研究会 / 次のASN研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会