お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のRECONF研究会 / 次のRECONF研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 

★リコンフィギャラブルシステム研究会(RECONF)
専門委員長 本村 真人 (東工大)
副委員長 柴田 裕一郎 (長崎大), 佐野 健太郎 (理研)
幹事 谷川 一哉 (広島市大), 三好 健文 (イーツリーズ・ジャパン)
幹事補佐 小林 悠記 (NEC), 中原 啓貴 (東工大)

日時 2019年 5月 9日(木) 12:35~18:10
   2019年 5月10日(金) 10:00~15:55

会場 東京工業大学 東工大蔵前会館(〒152-0033 目黒区大岡山2丁目12-1 東工大蔵前会館.http://www.somuka.titech.ac.jp/ttf/index.html.中原 啓貴)

議題 リコンフィギャラブルシステム,一般

5月9日(木) 午後 アーキテクチャ (12:35~13:50)
座長: 柴田 裕一郎 (長崎大)

(1) 12:35 - 13:00
RISC-Vソフトプロセッサの効率的な命令フェッチアーキテクチャ
○宮崎広夢・三浦順也・吉瀬謙二(東工大)

(2) 13:00 - 13:25
RDMAを用いた密結合FPGAクラスタのメモリ間通信性能
○上野知洋・佐野健太郎(理研)・土方康平・滝沢寛之(東北大)

(3) 13:25 - 13:50
ステンシル計算を対象としたメモリアクセスを最適化するラインバッファ自動挿入手法の検討
○谷川一哉・石崎大智・窪田昌史・弘中哲夫(広島市大)

5月9日(木) 午後 リコンフィギュラブルロジック (14:10~15:00)
座長: 小林 悠記 (NEC)

(4) 14:10 - 14:35
3Dフラッシュメモリの製造技術を用いた新しい積層型論理回路の設計法
○鈴木章矢・渡辺重佳(湘南工科大)

(5) 14:35 - 15:00
メモリ利用効率の良い自己動的再構成機構の検討
○福井頌太・川俣裕一・柴田裕一郎(長崎大)

5月9日(木) 午後 協調設計 (15:20~17:00)
座長: 谷川 一哉 (広島市大)

(6) 15:20 - 15:45
RubyベースCPU+FPGAコデザインフレームワークにおける再帰記述の高位合成
○山下遼太・照屋大地・中條拓伯(東京農工大)

(7) 15:45 - 16:10
関数型言語Elixirを設計言語とするハードウェア設計環境の構想
○高瀬英希(京大/JSTさきがけ)・松井健太郎(京大)・上野嘉大(デライトシステムズ)・森 正和(カラビナテクノロジー)・山崎 進(北九州市大)

(8) 16:10 - 16:35
電波望遠鏡用デジタル分光器向け 畳込みニューラルネットワークを用いた識別機に関して
○中原啓貴・佐藤真平(東工大)

(9) 16:35 - 17:00
ストリーミングによるデータフィルタリング処理のFPGA実装事例
中川裕貴・堤 泰卓・○久我守弘・尼崎太樹・飯田全広・末吉敏則(熊本大)

5月9日(木) 午後 招待講演 (17:20~18:10)
座長: 本村 真人 (東工大)

(10) 17:20 - 18:10
[招待講演]エンジニア・科学者の生きる道
○首藤一幸(東工大)

5月10日(金) 午前 アプリケーション(1) (10:00~11:40)
座長: 佐野 健太郎 (理研)

(11) 10:00 - 10:25
マルチパス構造を持つ意味的領域分割モデルのFPGA実装
○佐田悠生・下田将之・佐藤真平・中原啓貴(東工大)

(12) 10:25 - 10:50
2次元拡散方程式のヤコビ法陰解法ソルバの高位合成によるストリーム実装
坂本洋平・○長名保範(琉球大)

(13) 10:50 - 11:15
OpenCLを用いた津波シミュレーションの時間方向並列化によるFPGA実装
○河野郁也(神戸大)・中里直人(会津大)

(14) 11:15 - 11:40
FPGA/CPU混載型SoCを用いたソフトウェア・ハードウェア協調システムの開発事例 ~ Ultra96を用いたJulia set explorerの実装 ~
○佐藤健太・佐藤幸紀(豊橋技科大)

5月10日(金) 午後 ディープニューラルネットワーク (13:30~14:45)
座長: 船崎智義 (デンソー)

(15) 13:30 - 13:55
Dither NN: 画像処理から着想を得た組込み向け量子化ニューラルネットワークの精度向上手法
○安藤洸太・植吉晃大・大羽由華・廣瀬一俊・工藤 巧・池辺将之・浅井哲也・高前田伸也(北大)・本村真人(東工大)

(16) 13:55 - 14:20
演算精度を考慮したDNN設計フレームワークの開発
○木山真人・尼崎太樹・飯田全広(熊本大)

(17) 14:20 - 14:45
無効ニューロン予測によるDNN計算効率化手法
○植吉晃大・池田泰我・安藤洸太・廣瀬一俊・浅井哲也・高前田伸也(北大)・本村真人(東工大)

5月10日(金) 午後 アプリケーション(2) (15:05~15:55)
座長: 高前田 伸也 (北大)

(18) 15:05 - 15:30
パイプライン型Wave-Front-FetchグラフカットシステムのFPGA実装
○吉永直史・釜坂 僚・柴田裕一郎・小栗 清(長崎大)

(19) 15:30 - 15:55
特徴マップを空間分割したCNNのFPGAにおける小メモリ実装について
○神宮司明良・下田将之・中原啓貴(東工大)

一般講演:発表 20 分 + 質疑応答 5 分

◎一日目5月9日のプログラム終了後に懇親会を行います.参加は
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSf-gySK96DCTjN51upvln_gDnFBkasHUih4dFkz81cpuyXw1Q/viewform より登録をお願いします.参加費: 5000円(社会人),4500円(学生)
◎二日目5月10日の昼休みに専門委員会を開催いたします.


☆RECONF研究会

【問合先】
◎研究会全体に関するお問い合わせ
本村 真人(北海道大学)
E-mail: motomura@ist.hokudai.ac.jp

◎RECONF研究会ホームページもご覧下さい.
http://www.ieice.org/~reconf/


Last modified: 2019-05-09 14:36:32


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[RECONF研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のRECONF研究会 / 次のRECONF研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会