お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のICM研究会 / 次のICM研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


情報通信マネジメント研究会(ICM) [schedule] [select]
専門委員長 桐葉 佳明 (NEC)
副委員長 瀬社家 光 (NTT), 阿多 信吾 (阪市大)
幹事 菅内 公徳 (日立), 吉原 貴仁 (KDDI研)
幹事補佐 増田 健 (NTT)

日時 2012年 3月15日(木) 09:40 - 18:00
2012年 3月16日(金) 09:20 - 18:20
議題 エレメント管理、管理機能、理論・運用方法論、および一般 
会場名 沖縄県男女共同参画センター てぃるる 
住所 〒900-0036 沖縄県那覇市西3丁目11番1号
交通案内 http://www.tiruru.or.jp/
お知らせ ◎3月15日(木)午後より情報通信マネジメントワークショップが開催されますので、あわせてご参加ください(参加費等詳細はICM研究会ホームページをご覧ください)
◎3月15日(木)ワークショップ終了後、隣接のパシフィックホテル沖縄にて懇親会を開催予定です

3月15日(木) 午前 
09:40 - 10:40
(1) 09:40-10:00 大規模L2SW網におけるEMSによる装置負荷低減機能に関する一検討 ○稲垣麻美・鈴木将行・井ノ上 攻・深野隆行(NTTコムウェア)
(2) 10:00-10:20 大規模災害時におけるNE監視方式の提案 ○高田 久・田村宏直・古谷雅典・高橋和秀(NTTドコモ)
(3) 10:20-10:40 EMSにおけるサブネットワークオーダ投入方式 ○加藤能史・木村辰幸・笹山浩二・大塚祥広(NTT)
  10:40-10:50 休憩 ( 10分 )
3月15日(木) 午前 
10:50 - 12:00
(4) 10:50-11:10 サービスオーダーシステムの構成法に関する一考察 ○清水雅史・中里彦俊・西尾 学・藤原正勝(NTT)
(5) 11:10-11:30 TMF SID適用に関する一考察 ○西尾 学・武 直樹・清水雅史・藤原正勝・瀬社家 光(NTT)
(6) 11:30-12:00 [特別講演]TMF Management World Americas 2011報告 ○蒋 海鷹・北井 敦(NTTコムウェア)
  12:00-13:00 昼休み ( 60分 )
3月15日(木) 午後  ICMワークショップ
13:00 - 18:00
(7) 13:00-18:00 **********************************************************
2012年情報通信マネージメントワークショップ

テーマ: 物と物とのコミュニケーションとその管理

詳細は以下をご覧下さい。
http://www.ieice.org/~icm/jpn/icmws/icmws201203.html
**********************************************************
3月16日(金) 午前 
09:20 - 10:40
(8) 09:20-09:40 データセンタ運用設計支援手法の提案 ○鹿野裕明・朝家真知子・山本淳二・齊藤達也・大田俊介・上原敬太郎(日立)
(9) 09:40-10:00 テナント構成パターンを用いたデータセンタネットワークプロビジョニング方式の検討 ○小澤洋司・古泉聡洋・保田淑子・肥村洋輔(日立)
(10) 10:00-10:20 異なるサービス品質を提供するクラウドコンピューティング環境における最適複数資源同時割当て方式の提案 粟野勇輝・○栗林伸一(成蹊大)
(11) 10:20-10:40 クラウドコンピューティング環境における省エネならびにサービス品質向上対策の提案 ○亀屋俊介・栗林伸一(成蹊大)
  10:40-10:50 休憩 ( 10分 )
3月16日(金) 午前 
10:50 - 11:50
(12) 10:50-11:10 SaaS提供システムを監視するための基本データ形式の定義 ○吉澤政洋・直野 健・佐藤竜也・親松昌幸(日立)
(13) 11:10-11:30 改造を要しない既存Webプロキシ・サーバの負荷軽減アーキテクチャの構築と評価 ○駄竹栄太(電通大)・田中淳裕(NEC)・中山泰一(電通大)
(14) 11:30-11:50 Blackout Monitoring and Analysis at Buildings in India ○J.Godwin Ponsam・K. Venkatesh・Mohit Garg・K. Navin・S. Rajendran(SRM Univ.)・Yumi Hirano・Atsuhiro Tanaka(NEC)
  11:50-12:50 昼休み ( 60分 )
3月16日(金) 午後 
12:50 - 14:10
(15) 12:50-13:10 システム更改における総合試験効率化に関する一検討 ○阿部政浩・久野友也・南方伸哉・古谷雅典・高橋和秀(NTTドコモ)
(16) 13:10-13:30 多重化されたシステムにおける複数障害の発生を対象にした障害原因解析 ○村瀬香緒里・名倉正剛・永井崇之・菅内公徳・星野和義・竹松進也(日立)
(17) 13:30-13:50 複数宅間ICTサービス実現のための機器管理手法の検討 ○小池幸生・高田英明・箕浦大祐・佐藤 敦(NTT)
(18) 13:50-14:10 IPTVの視聴行動に基づく料金設計 ○矢守恭子(朝日大)・手塚一貴・田中良明(早大)
  14:10-14:20 休憩 ( 10分 )
3月16日(金) 午後 
14:20 - 15:20
(19) 14:20-14:40 ユーザの主観品質に基づく経路選択手法に関する一考察 ○近江貴晴・山崎公義・渡邉岳彦・蒋 海鷹・山田洋一(NTTコムウェア)
(20) 14:40-15:00 フロー制御技術を用いたネットワーク品質の全体最適化手法 ○山崎公義・近江貴晴・渡邉岳彦・蒋 海鷹・山田洋一(NTTコムウェア)
(21) 15:00-15:20 レイヤ2ネットワーク間接続におけるフロー単位の経路制御を利用したループ障害の抑止 ○明石和陽・吉田 寛(NTT)
  15:20-15:30 休憩 ( 10分 )
3月16日(金) 午後 
15:30 - 16:50
(22) 15:30-15:50 フレキシブル仮想光トランスポート制御技術 ○植松芳彦・増田暁生・宮村 崇・平松 淳(NTT)
(23) 15:50-16:10 管理型自己組織化仮想網制御のためのリソース管理モデル ○島崎大作・磯貝彰則・鎌村星平・増田暁生・宮村 崇・植松芳彦・塩本公平・平松 淳(NTT)
(24) 16:10-16:30 ネットワーク制御を一元化したサービス提供プラットフォームのプロトタイプ実装と評価 ○山崎公敬・廣田悠介・木下和彦(阪大)・戸出英樹(阪府大)・村上孝三(阪大)
(25) 16:30-16:50 分散データ駆動型アーキテクチャを用いたサービス監視用OSSの実現性検討 ○青山晋也・岩見早紀・村松宏基・藤部秀樹・浪江聡志・高橋和秀(NTTドコモ)
  16:50-17:00 休憩 ( 10分 )
3月16日(金) 午後 
17:00 - 18:20
(26) 17:00-17:20 マルコフ過程に基づくコマンドシナリオ定義最適化スキームの提案 ○坂田浩亮・古賀脩太・横田智久・木村辰幸・大塚祥広(NTT)
(27) 17:20-17:40 端末操作自動化ソフトUMSの概要と適用事例 ○横瀬史拓・田中宏幸・豊田貴広・堀田健太郎・井上 晃・杉本 悟(NTT)
(28) 17:40-18:00 構成変更のための設計誤りリスク定量化技術の提案と評価 ○佐藤竜也・吉澤政洋・鈴木芳生・直野 健(日立)
(29) 18:00-18:20 システム操作の画面履歴を利用した頻出パターンマイニング ○西川健一・増田 健(NTT)・陸 進(復旦大)・高橋郁也(NTT)

講演時間
一般講演発表 15 分 + 質疑応答 5 分
特別講演発表 20 分 + 質疑応答 10 分

問合先と今後の予定
ICM 情報通信マネジメント研究会(ICM)   [今後の予定はこちら]
問合先 ICM 研究会 幹事
E-:icm-n
http://www.ieice.org/~icm/jpn/ 


Last modified: 2012-01-23 23:38:26


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[ICM研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のICM研究会 / 次のICM研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会