電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のTL研究会 / 次のTL研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 

★思考と言語研究会(TL)
専門委員長 鈴木 雅実 (KDDI研)  副委員長 久保村 千明 (山野美容芸術短大)
幹事 富田 英司 (愛媛大), 森下 美和 (神戸学院大)
幹事補佐 坪田 康 (京大), 神長 伸幸 (早大)

日時 2016年 7月23日(土) 10:50~18:30
   2016年 7月24日(日) 10:00~16:00

会場 早稲田大学 西早稲田キャンパス 55号館第3会議室(https://www.waseda.jp/top/access/nishiwaseda-campus.早稲田大学理工学術院 酒井弘.MAPLL2016@list.waseda.jp)

議題 人間の言語処理と学習

−−− オープニング ( 10分 ) −−−

7月23日(土) 午前 (11:00~12:00)

(1) 11:00 - 11:30
事態把握の違いを用いた語学学習法(2)
○佐野 洋(東京外国語大)

(2) 11:30 - 12:00
BCCWJ-EyeTracking ~ 『現代日本語書き言葉均衡コーパス』に対する読み時間アノテーション ~
○浅原正幸(国立国語研)・小野 創(津田塾大)・宮本 エジソン 正(筑波大)

−−− 昼食 ( 90分 ) −−−

7月23日(土) 午後 招待講演 1 (13:30~14:30)

(3) 13:30 - 14:30
[招待講演]TBA
○Arild Hestvik(Univ. Delaware)

−−− 休憩 ( 15分 ) −−−

7月23日(土) 午後 特別セッション (14:45~15:45)

(4) 14:45 - 15:15
Illicit object drop by Japanese-speaking learners of English
-- A performance account --
○Koichi Otaki・Yuki Kanazawa(Kanazawa Gakuin Univ.)

(5) 15:15 - 15:45
Theoretical linguistics, psycho-linguistics, and foreign-language learning
-- A model of their knowledge cycle --
○Toshiyuki Yamada(Gunma Univ.)

−−− 休憩 ( 15分 ) −−−

7月23日(土) 午後 招待講演 2 (16:00~17:00)

(6) 16:00 - 17:00
[招待講演]TBA
○Yasutada Sudo(UCL)

7月23日(土) 午後 ポスターセッション (17:00~18:30)

(7) 17:00 - 18:30
Japanese children's scope interpretation revisited
○Natsumi Shibata(U. of Tokyo)

(8) 17:00 - 18:30
Mora Effects and the Sound Symbolism of Speed
○Mei Yoshimoto・Hajime Ono(Tsuda)

(9) 17:00 - 18:30
Locality Effect on the Processing of Gap-Filler Dependency: An On-Line Study of Japanese Relative Clauses
○Shoko Yanagino(JustSystems)・Hajime Ono(Tsuda College)

(10) 17:00 - 18:30
The bi-directionality and the graded nature of aspectual coercion
-- An eye-tracking study --
○So Ishii・Kiyoshi Ishikawa(Hosei Univ.)

(11) 17:00 - 18:30
語彙判断における2種類の頻度効果の検討
○神長伸幸・藤倉将平(早大)

7月24日(日) 午前 (10:00~11:00)

(12) 10:00 - 10:30
A CHILDES analysis of mental state verbs in Japanese and English
○Jun Nomura(Kyoto Women's Univ.)・Takaaki Suzuki(Kyoto Sangyo Univ.)

(13) 10:30 - 11:00
Is Chinese Tone 3 Sandhi a sufficient prosodic cue to lexical processing?
-- A Visual-World Paradigm Study --
○Tzu-Yin Chen・Yuki Hirose・Takane Ito(Tokyo Univ.)

−−− 休憩 ( 15分 ) −−−

7月24日(日) 午前 招待講演 3 (11:15~12:15)

(14) 11:15 - 12:15
[招待講演]TBA
○Yaling Hsiao(Oxford Univ.)

−−− 昼食 ( 90分 ) −−−

7月24日(日) 午後 (13:45~14:45)

(15) 13:45 - 14:15
Computational modeling of hierarchical morphological structures
○Yohei Oseki・Alec Marantz(NYU)

(16) 14:15 - 14:45
Unconscious translation from Japanese kanji to Chinese hanzi by Chinese-Japanese bilinguals: An ERP investigation
○Yunzhu Wang・Yingyi Luo(Waseda Univ.)・Shota Momma(UMD)・Hiromu Sakai(Waseda Univ.)

−−− 休憩 ( 15分 ) −−−

7月24日(日) 午後 招待講演 4 (15:00~16:00)

(17) 15:00 - 16:00
[招待講演]TBA
○Patrick Sturt(Univ. of Edinburgh)

−−− クロージング ( 10分 ) −−−

一般講演:発表 20 分 + 質疑応答 10 分

◆MAPLL2016; 早稲田大学理工学術院英語教育センター


☆TL研究会今後の予定 [ ]内発表申込締切日

10月9日(日) 神戸学院大学ポートアイランドキャンパスD号館アクティブスタジオ [8月12日(金)] テーマ:『思考と身体と言語』・『感情と認知と言語』・『思考と言語一般』


Last modified: 2016-05-24 10:08:35


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[TL研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のTL研究会 / 次のTL研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会