電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のCCS研究会 / 次のCCS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 

★複雑コミュニケーションサイエンス研究会(CCS)
専門委員長 若宮 直紀 (阪大)  副委員長 長谷川 幹雄 (東京理科大), 成瀬 誠 (NICT)
幹事 寺前 順之介 (阪大), 中野 秀洋 (東京都市大)
幹事補佐 高野 知佐 (広島市立大), 島田 尚 (東大), 鈴木 智也 (茨城大), 高橋 亮 (愛知工科大)

日時 2018年 3月26日(月) 10:00~17:55
   2018年 3月27日(火) 09:30~16:35

会場 東京理科大学 森戸記念館(〒162-8601 東京都新宿区神楽坂1-3.JR総武線、東京メトロ有楽町線・東西線・南北線、都営大江戸線「飯田橋」駅下車、徒歩3分.https://www.tus.ac.jp/info/access/kagcamp.html.長谷川幹雄.03-3260-4271)

議題 自然計算,一般

3月26日(月) 午前 (10:00~17:55)

(1) 10:00 - 10:25
Generative Adversarial NetsにおけるMode Collapseの抑制
○比田井真也・中野秀洋・宮内 新(東京都市大)

(2) 10:25 - 10:50
Coherent Ising Machineを用いたIEEE802.11無線LANアクセスポイントの最適化手法
○村田侑雄・大薮悠平・黒田佳織(東京理科大)・合原一幸(東大)・長谷川幹雄(東京理科大)

(3) 10:50 - 11:15
フラクタル性を有する仮想ネットワークトポロジー構成法
○坂本昂輝・荒川伸一・村田正幸(阪大)

−−− 休憩 ( 15分 ) −−−

(4) 11:30 - 12:20
[招待講演]大規模ソーシャルデータから観測される流行現象のモデル化
○山田健太(NII)

−−− 昼食 ( 90分 ) −−−

(5) 13:50 - 14:15
(NI-1)
「自然知能とは何か?」 金成主(慶應大)

(6) 14:15 - 14:40
(NI-2)
「負の自己相関を持つカオスを用いた最適化」 長谷川幹雄(東京理科大)

(7) 14:40 - 15:05
(NI-3)
「簡素な意思決定戦略の推定」 黒川弘章(東京工科大)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

(8) 15:15 - 15:40
(NI-4)
「アリの活動頻度・時間の解析による集団運動と個体運動の関係」 白石允梓(広島大)

(9) 15:40 - 16:05
(NI-5)
「植物器官の形の頑健性:力学的弱点を時空間的に緩和するメカニズム」 津川暁(理研)

(10) 16:05 - 16:30
(NI-6)
「アメーバ計算と化学反応」 青野真士(慶應大)

(11) 16:30 - 16:55
(NI-7)
「南方熊楠の科学論,その圏論的解釈」 鈴木泰博(名古屋大)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

(12) 17:05 - 17:55
(NI-8) [基調講演]
「散逸構造論これから」 相澤洋二(早稲田大)

3月27日(火) 午前 (09:30~16:35)

(13) 09:30 - 09:55
時間遅れフィードバック法を用いた決定論的拡散制御
○小林 幹(立正大)

(14) 09:55 - 10:20
興奮性媒質にもとづく3次元情報処理モデルにおけるパターン生成
○蜷川 繁・岩井勇人(金沢工大)

(15) 10:20 - 10:45
高次マルコフ連鎖の逐次ベイズフィルタによる位相時系列アンラッピング
○梅原広明(NICT)・岡田真人(東大)・成瀬 康(NICT)

(16) 10:45 - 11:10
集団追跡・逃走モデルにおける怠けの効用
○島田 尚(東大)

−−− 休憩 ( 15分 ) −−−

(17) 11:25 - 12:15
[招待講演]新規性の発生則と成長則 ~ Yule-Simon過程を基礎にして ~
○橋本康弘(東大)

−−− 昼食 ( 90分 ) −−−

(18) 13:45 - 14:35
(NI-9) [招待講演]
「量子ウォークとは何か?」 今野紀雄(横浜国大)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

(19) 14:45 - 15:10
(NI-10)
「量子ウォークの定常性・局在性」 小松尭 (横浜国大)

(20) 15:10 - 15:35
(NI-11)
「不均一環境下における非平衡非定常状態の数理」 秋元琢磨(東京理科大)

(21) 15:35 - 16:00
(NI-12)
「生体分子の生体膜上における異常拡散」 山本詠士(慶應大)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

(22) 16:10 - 16:35
(NI-13) [招待講演]
「金融市場は自然知能の研究対象となりうるか?」 尹煕元(CMDラボ)

一般講演:発表 20 分 + 質疑応答 5 分

◎26日研究会終了後、懇親会を予定していますので御参加ください。
本研究会は自然知能研究グループとの合同開催となります。
下記プログラムもあわせてご覧ください。
https://sites.google.com/site/naturalintelligencejp/home/ni-ccs2
(予稿集はCCS研究会の発表のみに対して発行されます)


☆CCS研究会今後の予定 [ ]内発表申込締切日

6月8日(金)~10日(日) (予定) 京都テルサ [4月16日(月)] テーマ:同期,ネットワーク,一般

【問合先】
CCS研究会幹事団:c-c

◎最新情報は,CCS研究会ホームページをご覧ください。http://www.ieice.org/~ccs/


Last modified: 2018-03-08 06:44:05


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[CCS研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のCCS研究会 / 次のCCS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会