お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のSR研究会 / 次のSR研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 

★スマート無線研究会(SR)
専門委員長 藤井 威生 (電通大)  副委員長 梅林 健太 (東京農工大), 有吉 正行 (NEC)
幹事 田久 修 (信州大), 石津 健太郎 (NICT)
幹事補佐 矢野 一人 (ATR), 稲森 真美子 (東海大), 芝 宏礼 (NTT), Gia Khanh Tran (東工大)

日時 2016年 1月21日(木) 13:00~20:00
   2016年 1月22日(金) 09:15~15:10

会場 五島市立 福江文化会館(〒853-0018 長崎県五島市池田町1-2.福江空港からの距離:約4.1 km(所要時間:車で約9分/徒歩で約47分).http://www.city.goto.nagasaki.jp/contents/living/detail.php?content_id=2243.矢野 一人.0774-95-1578)

議題 コグニティブ無線ネットワーク、異種無線融合型ネットワーク、クロスレイヤ無線技術、SDN、一般

1月21日(木) 午後 一般講演1 (13:00~13:50)

(1) 13:00 - 13:25
周波数利用観測のための低コストなWelch FFTセグメントサイズ選択法の解析
○岩田大輝・梅林健太(東京農工大)・ヤンネ レホトマキ(オウル大)・鈴木康夫(東京農工大)

(2) 13:25 - 13:50
周波数利用率に基づくスペクトルセンシングの閾値設定の一検討
○林 和広・梅林健太(東京農工大)・Janne Lehtomaki(オウル大)・鈴木康夫(東京農工大)

−−− 休憩 ( 5分 ) −−−

1月21日(木) 午後 招待講演 (13:55~14:40)

(3) 13:55 - 14:40
[招待講演]Mobile Edge Computingの動向とNECにおける取り組み
○竹内俊樹・岩井孝法・池川将夫(NEC)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

1月21日(木) 午後 特別講演 (14:50~16:20)

(4) 14:50 - 15:35
[特別講演]ベースバンド無線:研究への夢と希望と現実と ~ 究極のワイヤレス情報通信をめざして ~
○唐沢好男(電通大)

(5) 15:35 - 16:20
[特別講演]アレーアンテナによる空間軸上での適応信号処理
○鈴木康夫(東京農工大)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

1月21日(木) 午後 特別招待講演 (16:30~17:15)

(6) 16:30 - 17:15
[特別招待講演]通信技術の原理とその数学表現について
○赤岩芳彦

1月21日(木) 午後 イブニングセッション (18:00~20:00)

五島コンカナ王国で行います。

1月22日(金) 午前 一般講演2 (09:15~11:55)

(7) 09:15 - 09:40
学習型占有率測定法における空きチャネル発見率を高めるチャネルアクセス割合の検討
○木村 匠・田久 修(信州大)・藤井威生(電通大)・太田真衣(福岡大)・笹森文仁・半田志郎(信州大)

(8) 09:40 - 10:05
未知信号に対するスペクトラムセンシングのためのFFT利用と誤警報削減手法の一検討
○太田真衣・太郎丸 真(福岡大)・藤井威生(電通大)・田久 修(信州大)

(9) 10:05 - 10:30
Auxiliary Update of Primary Exclusive Region for Database-driven Spectrum Sharing
○Shota Yamashita・Koji Yamamoto・Takayuki Nishio・Masahiro Morikura(Kyoto Univ.)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

(10) 10:40 - 11:05
符号化ALOHAに基づく路車間通信に関する一検討
○尾形 駿・石橋功至(電通大)

(11) 11:05 - 11:30
An experimental study of multipath TCP
○Kien Nguyen・Gabriel Villardi・Kentaro Ishizu・Fumihide Kojima(NICT)

(12) 11:30 - 11:55
混合ベータ分布を用いたDuty Cycleのモデル化の一検討
○小林雅直・玉木義孝・梅林健太・鈴木康夫(東京農工大)

−−− 昼食 ( 60分 ) −−−

1月22日(金) 午後 一般講演3 (12:55~15:10)

(13) 12:55 - 13:20
大規模ネットワークにおけるチャネル分布情報を用いたエナジーハーベスティング中継端末選択法のアウテージ確率解析
○川畑大樹・石橋功至(電通大)・ヴッパラ サティアナラヤナ(エジンバラ大)・アブレウ ジュゼッペ(ジェイコブズ大)

(14) 13:20 - 13:45
QZSSショートメッセージSS-CDMA通信:予告チャネルを用いたランダムアクセス制御手法における公平性の検討
○大屋 慶・高橋智英・亀田 卓(東北大)・小熊 博(富山高専)・平 明徳・末松憲治・高木 直・坪内和夫(東北大)

(15) 13:45 - 14:10
3.5GHz帯スモールセル屋内→屋外伝搬環境における通信距離の実測評価
○福留秀基・秋元浩平・亀田 卓・末松憲治・高木 直・坪内和夫(東北大)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

(16) 14:20 - 14:45
周波数利用観測のための誤警報除去法のパラメータ設計に関する一検討
○水知 力・梅林健太(東京農工大)・Janne Lehtomaki(Univ. of Oulu)・Miguel Lopez-Benitez(リヴァプール大)・鈴木康夫(東京農工大)

(17) 14:45 - 15:10
シンガポールのテレビ帯ホワイトスペースを利用したIEEE 802.11af準拠システムによる屋内通信実験
○松村 武・Hoang Vinh Dien・村上 誉・石津健太郎・児島史秀(NICT)

一般講演:発表 20 分 + 質疑応答 5 分

◎招待講演、特別講演、招待特別講演は発表40分+質疑5分
◎イブニングセッション・宿泊予約の案内は12月上旬に掲載予定


☆SR研究会今後の予定 [ ]内発表申込締切日

3月2日(水)~4日(金) 東京工業大学 [1月7日(木)] テーマ:移動通信ワークショップ

【問合先】
芝 宏礼
TEL 046-240-5151
E-mail: ba

◎最新情報はソフトウェア無線研究会のホームページをご覧下さい.
http://www.ieice.org/cs/sr/jpn/


Last modified: 2016-11-23 21:45:29


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[SR研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のSR研究会 / 次のSR研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会