お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のNLP研究会 / 次のNLP研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


非線形問題研究会(NLP) [schedule] [select]
専門委員長 浅井 秀樹 (静岡大)
副委員長 太田 有三 (神戸大)
幹事 丹治 裕一 (香川大), 久門 尚史 (京大)
幹事補佐 関屋 大雄 (千葉大), 鳥飼 弘幸 (阪大)

日時 2007年12月19日(水) 13:00 - 18:20
2007年12月20日(木) 10:00 - 15:05
議題 一般 
会場名 福井工業大学福井キャンパス F.U.T.タワー15階 多目的ホール 
住所 〒910-8505 福井市学園3-6-1
交通案内 JR福井駅前京福バス4番のりば学園線乗車、金井学園前下車(所要時間約10分)
http://www.fukui-ut.ac.jp/com/14-03.html
会場世話人
連絡先
福井工業大学 松本 忠,福井大学 茂呂 征一郎
0776-29-2563
お知らせ ◎計測自動制御学会「多様な非線形ダイナミクスを生かした次世代制御調査研究会」との共催です.
◎「非線形システムの制御の新展開」は上記研究会のオーガナイズ・セッションです.
◎19日研究会終了後,懇親会を予定していますのでご参加下さい.
◎20日11:40~13:00に研究専門委員会を開催します.

12月19日(水) 午後 
13:00 - 14:15
(1) 13:00-13:25 多次元時系列データからの位相方程式の推定 ○徳田 功(北陸先端大)
(2) 13:25-13:50 声帯麻痺患者の異常声帯振動データに対する非対称二質量モデルの係数推定 ○永沼 宙・徳田 功(北陸先端大)・木村美和子・今川 博(東大医学部附属病院)・榊原健一(北海道医療大)・田山二朗(国立国際医療センター)
(3) 13:50-14:15 CMOS LC発振器の相互インダクタ結合による多相発振 ○川成俊寛・茂呂征一郎(福井大)
  14:15-14:25 休憩 ( 10分 )
12月19日(水) 午後  非線形システムの制御の新展開(その1)
14:25 - 16:30
(4) 14:25-14:50 非線形制御系のハミルトン・ヤコビ方程式に対する大域域的な摂動法 ○矢ヶ崎一幸(岐阜大)・坂本 登(名大)・平田吉博(石井研)
(5) 14:50-15:15 リー群および主ファイバー束上のシステムの制御 ○石川将人(京大)
(6) 15:15-15:40 Synchronization in Unidirectional Ring Network of Chaotic Systems with Delay-coupling ○Toshiki Oguchi(Tokyo Metropolitan Univ.)・Thijs Kniknie・Henk Nijmeijer(Eindhoven Univ. of Tech.)
(7) 15:40-16:05 同期状態にあるカオス系の制御 ○内藤一敏・坂本 登(名大)・小口俊樹(首都大東京)・鈴木雅康(名大)
(8) 16:05-16:30 A Lyapunov Approach to A Necessary Condition for Circadian Oscillations ○Hiroshi Ito(Kyushu Inst. of Tech.)
  16:30-16:40 休憩 ( 10分 )
12月19日(水) 午後  非線形システムの制御の新展開(その2)
16:40 - 18:20
(9) 16:40-17:05 ある不連続制御系のロバスト性解析 ○都築卓有規(島根大)・山下 裕(北大)
(10) 17:05-17:30 Markov過程の量子化を用いた確率的Lyapunov関数の構築 ○西村悠樹・山下 裕(北大)
(11) 17:30-17:55 ピグー補助金と人頭税を課した社会システムのレプリケータダイナミクス ○福本靖彦・金澤尚史・潮 俊光(阪大)
(12) 17:55-18:20 不確かな非線形システムに対する与えられた領域内における最大安定領域の推定 ○太田有三・田口貴昭(神戸大)
12月20日(木) 午前 
10:00 - 11:40
(13) 10:00-10:25 MPIを用いた実数値遺伝的アルゴリズムの並列実現 ○川野貴志・丹治裕一(香川大)
(14) 10:25-10:50 周波数依存効果を含めたプレーン等価回路モデルと効率的解析手法 ○石川直志(静岡大)・渡邉貴之(静岡県立大)・浅井秀樹(静岡大)
(15) 10:50-11:15 非線形パラメータ励振系におけるカオスと散逸エネルギー ~ 中性点反転現象をモデルとして ~ ○小松高廣・由良文孝・上野嘉夫(公立はこだて未来大)・上田よし亮(早大)
(16) 11:15-11:40 Discussion on Synchronization Phenomena in Star-Coupled Oscillators using Distorted Wave Theory ○Seiichiro Moro(Univ. of Fukui)・Tadashi Matsumoto(Fukui Univ. of Tech.)
  11:40-13:00 昼食,研究専門委員会開催 ( 80分 )
12月20日(木) 午後 
13:00 - 15:05
(17) 13:00-13:25 (m+1)次の写像関数が生成するカオスの非線形量子化解析と予測可能性I ○董 際国(電通大)・山田孝子(関西学院大)・庄野克房
(18) 13:25-13:50 スパイクノイズが状態・時刻混合型断続動作特性を有する系に与える影響 ○鈴木 匠・高坂拓司(大分大)
(19) 13:50-14:15 状態依存型断続動作特性を有する非自律系にみられる分岐現象について ○朝長伸吾(大分大)・馬 躍(京大)・高坂拓司(大分大)
(20) 14:15-14:40 自己組織化マップによる地点分類とBlock Shift操作を用いた非対称巡回セールスマン問題の解法 ○橘 俊宏・安達雅春(東京電機大)
(21) 14:40-15:05 リカレントSOMと独立成分分析を用いた脳磁界解析 ○早坂侑一郎・安達雅春(東京電機大)

問合先と今後の予定
NLP 非線形問題研究会(NLP)   [今後の予定はこちら]
問合先 丹治 裕一(香川大学工学部信頼性情報システム工学科)
E-: neng-u
TEL +81-87-864-2235, FAX +81-87-864-2262
久門 尚史(京都大学大学院工学研究科電気工学専攻)
E-: eek-u
TEL 075-383-2248, FAX 075-383-2248 


Last modified: 2007-10-24 19:09:09


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[NLP研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のNLP研究会 / 次のNLP研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会