電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のIBISML研究会 / 次のIBISML研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 

★情報論的学習理論と機械学習研究会(IBISML)
専門委員長 山西 健司 (東大)  副委員長 上田 修功 (NTT), 樋口 知之 (統計数理研)
幹事 杉山 将 (東工大), 井手 剛 (日本IBM)
幹事補佐 持橋 大地 (NTT), 大羽 成征 (京大)

日時 2011年11月 9日(水) 13:00~18:45
   2011年11月10日(木) 09:00~18:45
   2011年11月11日(金) 09:00~16:45

会場 奈良女子大学 講堂, 記念館(〒630-8506 奈良市北魚屋西町.近鉄奈良駅から徒歩約5分.http://www.nara-wu.ac.jp/campus.html.IBIS2011事務局.ibis2011@ibisml.org)

議題 第14回情報論的学習理論ワークショップ

11月9日(水) 午後 企画セッション1 (13:00~15:30)

大規模最適化およびリスク指向最適化の最新解法 (オーガナイザ: 比戸将平[IBM])

11月9日(水) 午後 ポスターセッションA (15:45~18:45)

(1) 15:45 - 18:45
Decoding an Unknown Channel with Correlated Signals
○Jian-Qin Liu(NICT)・Teruya Yamanishi(Fukui Univ. of Tech.)・Haruhiko Nishimura(Univ. of Hyogo)・Hiroaki Umehara(NICT)

(2) 15:45 - 18:45
変分ベイズ学習の局所解の構造について
○中村文士・渡辺澄夫(東工大)

(3) 15:45 - 18:45
各成分の分散値が異なるランダム行列の漸近固有値分布
○新里 隆(秋田県立大)

(4) 15:45 - 18:45
クラスタ構造を有するグラフィカル・ガウシアン・モデルの構造推定
○原 聡・鷲尾 隆(阪大)

(5) 15:45 - 18:45
Relative Density-Ratio Estimation for Robust Distribution Comparison
○Makoto Yamada(Tokyo Inst. of Tech.)・Taiji Suzuki(Univ. of Tokyo)・Takafumi Kanamori(Nagoya Univ.)・Hirotaka Hachiya・Masashi Sugiyama(Tokyo Inst. of Tech.)

(6) 15:45 - 18:45
補助変数法に対する適応的マルコフ連鎖モンテカルロ法とその交換モンテカルロ法への応用
○荒木貴光・竹之内高志・池田和司(奈良先端大)

(7) 15:45 - 18:45
Approximate Reduction from AUC Maximization to 1-norm Soft Margin Optimization
○Daiki Suehiro・Kohei Hatano・Eiji Takimoto(Kyushu Univ.)

(8) 15:45 - 18:45
Kernel and Feature Search in Kernel PCA
○Alam Md. Ashad(SOKENDAI)・Kenji Fukumizu(ISM)

(9) 15:45 - 18:45
サンプル間の相関を考慮した主成分分析とカーネル関数による共分散行列の推定
○林 浩平(奈良先端大)・川喜田雅則(九大)・池田和司(奈良先端大)

(10) 15:45 - 18:45
状態遷移の推定に基づく能動的価値関数推定法
○幸島匡宏(東工大)

(11) 15:45 - 18:45
神経細胞の膜電位時系列から時間変動する入力信号と隠れ変数のダイナミクスを推定する
○小林亮太(立命館大)・Lansky Petr(チェコ科学アカデミー)・篠本 滋(京大)

(12) 15:45 - 18:45
カーネル法に基づく行列あるいはテンソル補完
○林 浩平・竹之内高志(奈良先端大)・冨岡亮太・鹿島久嗣(東大)

(13) 15:45 - 18:45
Modified Newton Approach to Policy Search
○Hirotaka Hachiya(Tokyo Inst. of Tech.)・Tetsuro Morimura(IBM Japan)・Takaki Makino(Univ. of Tokyo)・Masashi Sugiyama(Tokyo Inst. of Tech.)

(14) 15:45 - 18:45
An Accuracy Analysis of Latent Variable Estimation with the Maximum Likelihood Estimator
○Keisuke Yamazaki(Tokyo Inst. of Tech.)

(15) 15:45 - 18:45
離散DC計画問題のためのプリズム法とその応用
○河原吉伸・鷲尾 隆(阪大/JST)

(16) 15:45 - 18:45
ガウス性に基づくマルチカーネル学習
○日野英逸・村田 昇(早大)

(17) 15:45 - 18:45
カラーチャンネル間の相関を考慮したGaussian FoEモデル
○村山竜太・安田宗樹・和泉勇治・田中和之(東北大)

(18) 15:45 - 18:45
事象間の共起関係を考慮したクラスタリングによる燃料電池の損傷パターン抽出
○稲場大樹・福井健一(阪大)・佐藤一永・水崎純一郎(東北大)・沼尾正行(阪大)

(19) 15:45 - 18:45
圧縮センシングにおけるレプリカ対称性の破れ
○竹田晃人・樺島祥介(東工大)

(20) 15:45 - 18:45
Generalization of Matrix Factorization for Robust PCA
○Shinichi Nakajima(Nikon)・Masashi Sugiyama(Tokyo Inst. of Tech.)・Derin Babacan(Illinois Univ.)

(21) 15:45 - 18:45
再正規化最尤符号を用いたクラスタリング構造変化の検出
○平井 聡・山西健司(東大)

(22) 15:45 - 18:45
POS prediction using collaborative filtering
Tor Andre Myrvoll(SINTEF)・○Tomoko Matsui(ISM)

(23) 15:45 - 18:45
疎でないマルチプルカーネル学習の速い収束レートおよび最適な正則化に関して
○鈴木大慈(東大)

11月10日(木) 午後 企画セッション2 (09:00~11:00)

関係データとテンソル分解 (オーガナイザ: 冨岡亮太[東大])

11月10日(木) 午後 特別招待講演 (11:00~12:30)

Computational Challenges in Graph Mining
講演者 Karsten M. Borgwardt (Max Planck Institute, Germany)

−−− 昼休み ( 60分 ) −−−

11月10日(木) 午後 企画セッション 3 (13:30~15:30)

次世代DNAシーケンサ技術が求める知的情報処理技術 (オーガナイザ: 大羽成征[京大])

11月10日(木) 午後 ポスターセッションB (15:45~18:45)

(24) 15:45 - 18:45
分割表の独立性に基づく二値データ生成過程の推定法
○稲積孝紀・鷲尾 隆・清水昌平・鈴木 譲(阪大)・山本章博(京大)・河原吉伸(阪大)

(25) 15:45 - 18:45
Resetting分布を用いた動的モデル選択
○櫻井瑛一(産総研)・山西健司(東大)

(26) 15:45 - 18:45
スイッチング状態空間モデルと変分ベイズ法を用いた画像の修復と領域分割
○長谷川亮太(関西大)・瀧山 健・岡田真人(東大)・三好誠司(関西大)

(27) 15:45 - 18:45
変分ベイズ法とMCMCを用いた画像の修復と領域分割
○萱野健太(関西大)・永田賢二・岡田真人(東大)・三好誠司(関西大)

(28) 15:45 - 18:45
Dirichlet過程と変分Bayes法による交叉率推定
○蓬田裕菜・村田 昇・井上真郷(早大)

(29) 15:45 - 18:45
Change-Point Detection in Time-Series Data by Relative Density-Ratio Estimation
○Song Liu・Makoto Yamada・Masashi Sugiyama(Tokyo Inst. of Tech.)

(30) 15:45 - 18:45
逐次的なネットワーク構造変化検出手法と広告効果測定への応用
○早矢仕 裕・山西健司(東大)

(31) 15:45 - 18:45
離散データの因果の同定 ~ 2値から、多値への一般化について ~
○鈴木 譲・清水昌平・鷲尾 隆(阪大)

(32) 15:45 - 18:45
Computationally Efficient Multi-Label Classification by Least-Squares Probabilistic Classifier
○Hyunha Nam・Hirotaka Hachiya・Masashi Sugiyama(Tokyo Inst. of Tech.)

(33) 15:45 - 18:45
局所変分法を用いたTotal Variationの近似とノイズ除去
○庄野 逸(電通大)・岡田真人(東大)

(34) 15:45 - 18:45
混合モデルとしての複層Gauss-Markov確率場による画像の修復と領域分割
○勝木孝行・井上真郷(早大)

(35) 15:45 - 18:45
クラウドソーシングを用いた教師付き学習の凸最適化による定式化
○梶野 洸・鹿島久嗣(東大)

(36) 15:45 - 18:45
メトロポリス法における平均採択率の挙動について
○永田賢二(東大)・岡田真人(東大/理研)

(37) 15:45 - 18:45
混合分布のノンパラメトリック推定と最小ダイバージェンス法
○渡辺一帆(奈良先端大)・池田思朗(統計数理研)

(38) 15:45 - 18:45
マルチカーネルを用いた半教師付きドメイン適応
○岡田拓之・上原邦昭(神戸大)

(39) 15:45 - 18:45
「ハブの出現しやすさ」から見たラプラシアンベースカーネル
○鈴木郁美(奈良先端大)・原 一夫(国立遺伝学研)・新保 仁・松本裕治(奈良先端大)

(40) 15:45 - 18:45
パラメトリック計画法を用いた分類と回帰における外れ値検出とロバスト学習
○竹内一郎(名工大)

(41) 15:45 - 18:45
学習機械間の動作により言語を生成する ~ 自然言語発生のモデル化 ~
○柳川誠介(オブティッド)

(42) 15:45 - 18:45
予測尤度最大化に基づく誤分類サンプルの検出
○藤野昭典・岩田具治・永田昌明(NTT)

(43) 15:45 - 18:45
2項分布に基づく基底関数による混合回帰モデル
○中潟 弦・井上真郷(早大)

(44) 15:45 - 18:45
部分パスに基づいた線形時間木カーネル
○木村大翼・鹿島久嗣(東大)

(45) 15:45 - 18:45
階層Dirichlet過程を用いた3次元計測データのクラスタリングと行動計画
○下斗米貴之・岡田浩之・大森隆司(玉川大)

−−− 懇親会 ( 120分 ) −−−

11月11日(金) 午前 企画セッション4 (09:00~12:00)

物理計測とベイズ的方法 (オーガナイザ: 池田思朗[統数研])

−−− 昼休み ( 60分 ) −−−

11月11日(金) 午後 企画セッション5 (13:00~14:30)

CV/PRで独自の進化を遂げる学習・最適化技術 (オーガナイザ: 木村昭悟[NTT])

11月11日(金) 午後 企画セッション6 (14:45~16:45)

オンライン予測 (オーガナイザ: 畑埜晃平[九大])


◆共催:大阪大学産業科学研究所、統計数理研究所、奈良女子大学

◎詳細はWebサイト http://ibisml.org/ibis2011/ で発表します.


☆IBISML研究会


Last modified: 2011-09-22 17:47:06


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[IBISML研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のIBISML研究会 / 次のIBISML研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会