お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のSANE研究会 / 次のSANE研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 

★宇宙・航行エレクトロニクス研究会(SANE)
専門委員長 小菅 義夫 (長崎大)  副委員長 川西 登音夫 (JAROS)
幹事 岡村 敦 (三菱電機), 福田 盛介 (JAXA)
幹事補佐 高瀬 浩史 (日本工大)

日時 2007年12月21日(金) 13:00~16:15

会場 日本工業大学 LCセンター(百年記念館) 1F マルチメディア教室(〒345-8501 埼玉県南埼玉郡宮代町学園台4-1.東武伊勢崎線東武動物公園下車,西口より徒歩約15分(タクシー約5分).http://lcc.nit.ac.jp.情報工学科 神力正宣.0480-34-4111)

議題 レーダとその応用,及び一般

12月21日(金) 午後 (13:00~16:15)

−−− 開会挨拶 ( 5分 ) −−−

(1) 13:05 - 13:30
埋設地雷離隔探知方式に関する基礎的検討
○布施行規・荒木 完(防衛省)

(2) 13:30 - 13:55
UWB用球型モノポールアンテナの製作実験
○山田紘敏・鈴木俊達・ソンブーン ティーラウィシッポン・森田 登(日本工大)

(3) 13:55 - 14:20
DDS素子を用いたレーダRF信号発生源
○三好壮人(富士通システム統合研)・春田朋広・小林弘一(富士通)

(4) 14:20 - 14:45
月着陸機搭載用C帯パルスレーダの速度測定におけるドップラ周波数への地形の影響に関する検討
○佐藤哲平(東京理科大)・岸本健児(明大)・坂井智彦・福田盛介・水野貴秀(JAXA)

−−− 休憩 ( 15分 ) −−−

(5) 15:00 - 15:25
新しいパルス圧縮フィルタを適用した2相幅広コンプリメンタリ符号系列
○濱田和崇・神力正宣(日本工大)

(6) 15:25 - 15:50
チャープパルス圧縮の距離シフトを用いた速度補正を行うパルス間コヒーレント積分法による検出確率と測速度性能の改善
○影目 聡・原 照幸・関口高志(三菱電機)

(7) 15:50 - 16:15
日本におけるVHF帯航空移動通信トラヒックの解析
○北折 潤・松久保裕二(電子航法研)・小園 茂(千葉工大)


◆IEEE AES Society Japan Chapter共催

◎研究会終了後,以下のように見学会と懇親会を予定していますので御参加ください.
見学会 16:15~16:45 LCセンターの見学
懇親会 17:00~18:30 LCセンター カフェテリア


☆SANE研究会今後の予定 [ ]内発表申込締切日

2008年1月24日(木)~25日(金) 長崎県美術館 [11月13日(火)] テーマ:測位・航法,及び一般
2008年2月28日(木)~29日(金) NICT鹿島宇宙通信センタ [12月12日(水)] テーマ:衛星応用技術、及び一般

【問合先】
岡村 敦(三菱電機)
TEL:0467-41-2062 / FAX:0467-41-2419
E-mail:OAbcMibiElectc

福田 盛介(宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部)
TEL/FAX:042-759-8343
E-mail:isjaxa


Last modified: 2007-12-05 21:15:45


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[SANE研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のSANE研究会 / 次のSANE研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会