お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のISEC研究会 / 次のISEC研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


情報セキュリティ研究会(ISEC) [schedule] [select]
専門委員長 林 彬
副委員長 川村 信一, 森井 昌克
幹事 藤岡 淳, 廣瀬 勝一
幹事補佐 土井 洋

情報理論研究会(IT) [schedule] [select]
専門委員長 岡 育生
副委員長 松嶋 敏泰
幹事 和田山 正, 渋谷 智治

ワイドバンドシステム研究会(WBS) [schedule] [select]
専門委員長 太刀川 信一
副委員長 小林 岳彦, 松藤 信哉
幹事 中瀬 博之, 大内 浩司
幹事補佐 宮嶋 照行, 浜村 昌則

日時 2005年 3月17日(木) 13:00 - 17:25
2005年 3月18日(金) 09:55 - 17:10
議題 一般 
会場名 京都大学吉田キャンパス本部構内工学部3号館 電気系総合館 
住所 〒606-8501 京都市左京区吉田本町
交通案内 http://www.kyoto-u.ac.jp/access/kmap/map6r_y.htm
会場世話人
連絡先
廣瀬勝一
0776-27-9738 (15日まで), 075-753-5316 (16日以降)
お知らせ ◎17日研究会終了後,懇親会を予定していますので御参加ください.
◎電気系総合館の場所は,http://www.kuee.kyoto-u.ac.jp/maps/maps-j.html をご参照下さい.

3月17日(木) 午後  A会場
13:00 - 15:05
(1) 13:00-13:25 従来方式の安全性欠陥を解消するグループ署名方式と安全性定義の改良 寺西 勇NEC
(2) 13:25-13:50 新たなRSA型リング署名方式の提案とその安全性評価 星野隼人中村勝洋千葉大
(3) 13:50-14:15 Randomized Partial Checking Mixの一考察 花谷嘉一・○稗圃泰彦サントソ バグス國廣 昇太田和夫電通大
(4) 14:15-14:40 無効化端末数変更可能な鍵無効化方式について 池田智孝四方順司松本 勉横浜国大
(5) 14:40-15:05 ID情報秘匿の安全性定義に関する検討 今本健二櫻井幸一九大
  15:05-15:20 休憩 ( 15分 )
3月17日(木) 午後  A会場
15:20 - 17:25
(6) 15:20-15:45 Several Proposals on Public-Key Cryptosystems
-- Construction of a New Class of PKC along with a Modulus Conversion of RSA Cryptosystem --
Masao KasaharaOsaka Gakuin Univ.
(7) 15:45-16:10 SEEDに対するキャッシュ攻撃の一考察 池田尚隆市川武宜金子敏信東京理科大
(8) 16:10-16:35 FMS攻撃に耐性のあるWEP実装に対する選択IV攻撃 大東俊博徳島大)・白石善明近畿大)・森井昌克徳島大
(9) 16:35-17:00 CPUボード上のブロック暗号に対するサイドチャネル攻撃 高橋芳夫NTTデータ)・福永利徳大塚浩昭神田雅透NTT
(10) 17:00-17:25 固定ハミングウェイト表現によるSPA対策法 間宮英世宮地充子北陸先端大
3月17日(木) 午後  B会場
13:00 - 15:05
(11) 13:00-13:25 タナーグラフの次数分布を用いたLDPC符号の設計 宮本新也笠井健太坂庭好一東工大
(12) 13:25-13:50 An algebraic method for constructing efficiently encodable irregular LDPC codes Hachiro Fujita・○Maki OhataKohichi SakaniwaTokyo Inst. of Tech.
(13) 13:50-14:15 LDPC符号のエラーフロアの解消 市川知行笠井健太坂庭好一東工大
(14) 14:15-14:40 復号順序制御を行うSum-Product復号法の特性評価その2 山口和彦栗原吉広ブライアン クルカスキー小林欣吾電通大
(15) 14:40-15:05 sum-product復号法を用いたIntegrated Interleaving 加藤大統鎌部 浩岐阜大
  15:05-15:20 休憩 ( 15分 )
3月17日(木) 午後  B会場
15:20 - 17:25
(16) 15:20-15:45 プリエンファシスと適応予測フィルタを用いたオーディオデータの可逆圧縮 黒住隆行北陸先端大)・植松友彦東工大)・赤木正人北陸先端大
(17) 15:45-16:10 Performance Evaluation of Turbo Code over Class A Noise Channel Daisuke UmeharaYoshiteru MorihiroKyoto Univ.
(18) 16:10-16:35 リードソロモン符号のテーブル参照軟判定復号法の検討 清水隆史笹岡秀一同志社大
(19) 16:35-17:00 APDを用いたM値EWO-MPSC光CDMAシステムに関する一考察 櫛引 理長尾 剛職能開発大)・落合 昇コンピュータシステムエンジニアリング)・松嶋智子寺町康昌職能開発大
(20) 17:00-17:25 EWO-MPSC方式を用いた光同期CDMAシステムのAPD雑音と熱雑音を含む性能の解析 長尾 剛職能開発大)・落合 昇コンピュータシステムエンジニアリング)・○櫛引 理松嶋智子寺町康昌職能開発大
3月18日(金) 午前  A会場
09:55 - 12:00
(21) 09:55-10:20 光通信量子暗号(Y-00)への攻撃は真に攻撃か?Part1 広田 修玉川大/JST/中大
(22) 10:20-10:45 量子秘密分散に関する検討 佐々木 賢早稲田篤志双紙正和宮地充子北陸先端大
(23) 10:45-11:10 情報理論的に安全なグループ署名方式について 清藤武暢黄瀬和之四方順司松本 勉横浜国大
(24) 11:10-11:35 盗聴通信路において通信路容量を達成する安全な多重符号化 小林大祐山本博資小川朋宏東大
(25) 11:35-12:00 On Coding Theorems for a General Wiretap Channel Hiroki KogaNaoki SatoUniv. of Tsukuba
3月18日(金) 午前  B会場
09:55 - 12:00
(26) 09:55-10:20 可変長拡散モバイル通信システムのための信号設計 韓 承鎬末広直樹筑波大
(27) 10:20-10:45 Acquisition of Markovian SS Codes in Chip-Asynchronous DS/CDMA Sytems Yutaka JitsumatsuTohru KohdaKyushu Univ.
(28) 10:45-11:10 Code Acquisition in Asynchronous DS/CDMA Systems M. Tahir Abbas KhanKyushu Univ.)・Nobuoki EshimaOita Univ.)・Yutaka JitsumatsuTohru KohdaKyushu Univ.
(29) 11:10-11:35 4種類のUWB波源から狭帯域伝送システムへの干渉のシミュレーション イドゥニン パシャ冨木淳史小林岳彦東京電機大
(30) 11:35-12:00 バーストの両端にパイロットシンボルを配置したCOFDM伝送におけるメトリック比較を用いたフェージング補償法に関する検討 吉田晴人前原文明高畑文雄早大
3月18日(金) 午後  A会場
13:15 - 15:15
(31) 13:15-14:15 [招待講演]RFIDプライバシ保護技術の最新動向 木下真吾NTT
(32) 14:15-15:15 [招待講演]高電力消費高速通信から低電力消費低速通信へ ~ 難しさはどこにあるのか? ~ 原 晋介阪大
  15:15-15:30 休憩 ( 15分 )
3月18日(金) 午後  A会場
15:30 - 17:10
(33) 15:30-15:55 Universal Re-encryptionに付随する電子署名技術に関する一考察 鑪 講平櫻井幸一九大
(34) 15:55-16:20 Implementation of a Security Protocol Analyzer based on Provable Security Shinsaku KiyomotoHaruki OtaToshiaki TanakaKDDI Labs.
(35) 16:20-16:45 複数のDNSキャッシュサーバを利用した安全な名前解決手法 堀 正義中野 学松本 勉横浜国大
(36) 16:45-17:10 バイオメトリクスにおける生体検知と登録失敗 ~ 静脈認証に関する速報 ~ 松本 勉鉢蝋拓二田辺壮宏森下朋樹佐藤健二横浜国大
3月18日(金) 午後  B会場
15:30 - 16:45
(37) 15:30-15:55 推測盗聴者と相関情報源を伴うシャノン暗号システムに対する符号化定理 林 裕山本博資東大
(38) 15:55-16:20 算術演算を用いたデータ可変長暗号化 藤内 剛鈴木 寿中大
(39) 16:20-16:45 局所平均除去フィルタを用いた相関型透かし方式の一検討 安藤亮一小田 弘阪田省二郎電通大

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分
招待講演発表 50 分 + 質疑応答 10 分

問合先と今後の予定
ISEC 情報セキュリティ研究会(ISEC)   [今後の予定はこちら]
問合先 廣瀬勝一(京都大学情報学研究科)
TEL075-753-5316,FAX075-753-4982
E-: ic-c(幹事,幹事補佐宛) 
IT 情報理論研究会(IT)   [今後の予定はこちら]
問合先 和田山正(名工大)
TEL052-735-5087,FAX052-735-5503
E-: 
WBS ワイドバンドシステム研究会(WBS)   [今後の予定はこちら]
問合先 中瀬博之(東北大・電気通信研究所)
仙台市青葉区片平2-1-1
TEL022-217-5531,FAX022-217-5533
E-:ec 


Last modified: 2005-03-08 19:25:58


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[IT研究会のスケジュールに戻る]   /   [ISEC研究会のスケジュールに戻る]   /   [WBS研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のISEC研究会 / 次のISEC研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会