お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のSANE研究会 / 次のSANE研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 

★宇宙・航行エレクトロニクス研究会(SANE)
専門委員長 福島 荘之介 (電子航法研)  副委員長 森山 敏文 (長崎大), 灘井 章嗣 (NICT)
幹事 小幡 康 (三菱電機), 毛塚 敦 (電子航法研)
幹事補佐 秋田 学 (電通大), 夏秋 嶺 (東大)

日時 2017年10月 4日(水) 13:00~18:20
   2017年10月 5日(木) 09:00~17:35

会場 日仏会館(〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿3-9-25.https://www.mfjtokyo.or.jp/)

議題 地下電磁計測ワークショップ

10月4日(水) 午後 GPRによる活断層・津波堆積物調査 (13:00~18:20)
座長: 佐藤源之(東北大学)

(1) 13:00 - 13:10
趣旨説明

(2) 13:10 - 13:50
GPR measurements to assess the characteristics of active faults in Mongolia
-- GPR and active faults in Mongolia --
○Maksim Bano・Jean-Remi Dujardin・Antoine Schlupp(Strasbourg Univ.)・Nyambayar Tsend-Ayush・Ulziibat Munkhuu(NRIAG)

(3) 13:50 - 14:30
Fault Detection in the Curah Lengkong at Mt Semeru, Indonesia
-- Topographic and Ground Penetrating Radar Evidences --
○Christopher Gomez(Kobe Univ.)・Franck Lavigne(Sorbonne Univ.)・Danang Sri Hadmoko(Univ. Gadja Madah)

(4) 14:30 - 14:55
Application for GPR Survey to Faults in Mogod Earthquake in Central Mongolia
○Tsogtbaatar Amarsaikhan・Motoyuki Sato(Tohoku Univ.)

(5) 14:55 - 15:20
青森湾西岸断層帯における極浅部層構造のGPRによる解釈
○藤澤一樹・佐藤源之(東北大)

−−− 休憩 ( 20分 ) −−−

(6) 15:40 - 16:20
GPR survey for paleotsunami research
○Kazuhisa Goto・Hiraku Takeda(Tohoku Univ.)・James Goff(UNSW)・Hideaki Matsumoto(Tohoku Gakuin Univ.)・Daisuke Sugawara(Museum of Natural and Environmental History, Shizuoka)

(7) 16:20 - 17:00
Distribution of paleo-tsunami deposits in the eastern Taiwan using Ground Penetrating Radar
○Mamoru Nakamura・Masaya Sokei(Univ. of Ryukyus)・How-Wei Chen(National Central Univ.)

(8) 17:00 - 17:40
Eroded Coastal Dune and Deposits in North Sumatra (Indonesia) following the 2004 Boxing Day Tsunami
-- A Geophysical Approach --
○Christopher Gomez(Kobe Univ.)・Franck Lavigne(Sorbonne Univ.)・Patrick Wassmer(Strasbourg Univ.)

(9) 17:40 - 18:20
Delineation of Tsunami Deposites by an Array GPR System "Yakumo"
○Hai Liu(Xiamen Univ.)・Honghua Wang(Guilin Univ. of Technology)・Motoyuki Sato(Tohoku Univ.)

10月5日(木) 午前 GPR システム (09:00~10:40)
座長: 佐藤源之(東北大学)

(10) 09:00 - 09:25
建造物非破壊検査センサーの研究開発(第七報) ~ 木造家屋壁モデル内部の3D映像化実証試験 ~
○森 康成・弓井孝佳・浅野有美・土井恭二(三井造船)・クリスティアン コヤマ・飯塚 泰・高橋一徳・佐藤源之(東北大)

(11) 09:25 - 09:50
Polarimetric Imaging of Full Polarimetric GPR
○Xuan Feng・Qi Lu(Jilin Univ.)

(12) 09:50 - 10:15
Acoustic wave transducers as Ground Penetrating RADAR cooperative targets for sensing applications
○Jean-Michel Friedt(FEMTO-ST/CNEAS)・David Rabus(SENSeOR SAS)・Gilles Martin(FEMTO-ST)・Gwenhael Goavec Merou(SENSeOR SAS)・Frederic Cherioux(FEMTO-ST)・Motoyuki Sato(CNEAS)

−−− 休憩 ( 25分 ) −−−

10月5日(木) 午後 定量計測 (10:40~11:55)
座長: 秋田学(電気通信大学)

(13) 10:40 - 11:05
Preliminary Experiment of Sea Ice Thickness Measurement by Ground Penetrating Radar
○Masayoshi Matsumoto・Mitsunori Yoshimura(PASCO)・Kazuhiro Naoki・Kohei Cho(Tokai Univ.)

(14) 11:05 - 11:30
A Practical Approach for High-resolution Pavement Inspection with Multistatic Array GPR YAKUMO
○Li Yi(AIST)・Lilong Zou・Motoyuki Sato(Tohoku Univ.)

(15) 11:30 - 11:55
Nondestructive Inspection of Pavement by MIMO GPR ”YAKUMO”
○Lilong Zou・Motoyuki Sato(Tohoku Univ.)

10月5日(木) 午後 特別講演 (13:00~14:20)
座長: 夏秋嶺(東京大学)

(16) 13:00 - 13:40
Characterizing Peat Thickness Based on Common Mid Point (CMP) Ground Penetrating Radar
-- a Preliminary Result --
○Djoko Nugroho・Lena Sumargana・Syae fuddin・Galih Adinata・Sumi rah・Marina c.g. Frederik・Oni Bintoro・Agu stan(BPPT)

(17) 13:40 - 14:20
L- and S-band SAR backscatter modelling for lunar pokar buried ice detection
○Shiv Mohan(PLANEX)・R d. Shah(M.G.Science Inst.)

10月5日(木) 信号処理・モデリング (14:20~16:20)
座長: Xuan Feng(Jilin University)

(18) 14:20 - 14:45
Unsupervised Adaptive PolSAR Land Classification System Using Quaternion Neural Networks
○Hyunsoo Kim・Akira Hirose(Univ. of Tokyo)

(19) 14:45 - 15:10
2.5 Dimenstional EM and seismic wave modelling
○Jian-guo Zhao(CUPB)・Bin Xiong(Guilin)

−−− 休憩 ( 20分 ) −−−

(20) 15:30 - 15:55
Development of landmine visualization systems to deal with complex-amplitude texture based on complex-valued self-organizing map
○Akira Hirose(Univ. of Tokyo)

(21) 15:55 - 16:20
Random noise de-noising and direct wave eliminating based on SVD method for ground penetrating radar signals
○Qi Lu・Xuan Feng・Cai Liu(Jilin Univ.)

10月5日(木) 応用 (16:20~17:35)
座長: 灘井章嗣(情報通信研究機構)

(22) 16:20 - 16:45
Recent Activities on Archaeological Survey by GPR
-- Case study in Inari-yama Kofun --
○Motoyuki Sato(Tohoku Univ.)

(23) 16:45 - 17:10
地中レーダを用いた樹木の幹内部腐朽診断
○梶野 健・高橋一徳・青池邦夫・芦葉弥生・石澤伸彰(応用地質)

(24) 17:10 - 17:35
地中レーダーを使用した鉄道構造物検査 ~ トンネル覆工と鉄道路盤検査の精度向上と効率化 ~
○森島啓行(ジェイアール東日本コンサルタンツ)・窪島智樹(JR東日本)

一般講演:発表 20 分 + 質疑応答 5 分

◆IEEE AES Society Japan Chapter共催

◎1日目のセッション終了後に懇親会を開催いたします.
お申し込みは10/3までに下記までお願いいたします。
秋田学<akita.manabu@uec.ac.jp>


☆SANE研究会今後の予定 [ ]内発表申込締切日

11月23日(木)~24日(金) マレーシア(ボルネオ島) [8月31日(木)] テーマ:ICSANE2017
12月 休会
2018年1月25日(木)~26日(金) 長崎県美術館 [11月17日(金)] テーマ:測位・航法,レーダ及び一般

【問合先】
小幡 康(三菱電機)
TEL: 0467-41-2522
E-mail: ObaYadrMibiElectc

毛塚 敦(電子航法研)
TEL: 0422-41-3191
E-mail: en


Last modified: 2017-10-02 16:27:15


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[SANE研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のSANE研究会 / 次のSANE研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会