お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 

★非線形問題研究会(NLP)
専門委員長 土居 伸二 (京大)  副委員長 堀尾 喜彦 (東京電機大)
幹事 徳田 功 (北陸先端大), 安達 雅春 (東京電機大)
幹事補佐 山末 耕平 (東北大), 松浦 隆文 (東京理科大)

★ニューロコンピューティング研究会(NC)
専門委員長 酒井 宏 (筑波大)  副委員長 岡田 真人 (東大)
幹事 山内 康一郎 (中部大), 花沢 明俊 (九工大)
幹事補佐 酒井 裕 (玉川大), 三浦 健一郎 (京大)

★バイオ情報学研究会(IPSJ-BIO)


日時 2010年 6月18日(金) 13:00~18:15
   2010年 6月19日(土) 09:30~17:40

会場 (▲▲幹事さんへ▲▲ 会場情報をご登録ください ▲▲)

議題 機械学習によるバイオデータマインニング, 生命現象の非線形性, 一般

6月18日(金) 午後 企画セッション:生命現象の非線形性 (13:00~15:35)

(1)/NLP 13:00 - 13:25
On the Chaos Associative Memory with Tchebycheff Activation Function
○Masahiro Nakagawa(Nagaoka Univ. of Tech.)

(2)/NC 13:25 - 13:50
運動分散の前向き制御による抑制モデル
○藤田昌彦(法政大)

(3)/NLP 13:50 - 14:15
嗅球における確率同期現象と二状態間遷移
○紅林 亘・池口 徹(埼玉大)

(4)/NLP 14:15 - 14:40
多本腕バンディット問題に対する綱引きモデルについて ~ 非局所的に相関した並列サーチのための生物からヒントを得た計算手法 ~
○金 成主・青野真士・原 正彦(理研)

(5)/NC 14:40 - 15:05
非線形振動子場における局在振動の研究
○宮田龍太・倉田耕治(琉球大)

(6) 15:05 - 15:30
Inference of microRNA transfection via target gene expression
○Y-h. Taguchi(Chuo Univ.), Jun Yasuda(Tohoku Univ.)

−−− 休憩 ( 5分 ) −−−

6月18日(金) 午後 一般(A) (15:35~17:15)

(7)/NC 15:35 - 16:00
選択的不感化ニューラルネットを用いた表面筋電位信号からの手の動作識別
○川田浩史(筑波大)・末光厚夫(北陸先端大)・森田昌彦(筑波大)

(8)/NC 16:00 - 16:25
SOM Canonicaへの試み ~ 多様なモデル集合を扱う学習基盤を目指して ~
○大久保貴之・古川徹生(九工大)

(9)/NLP 16:25 - 16:50
n次元空間における自由移動物体の挙動に関する複雑性解析 ~ ノルム累積法による局所的フラクタル次元の算出 ~
松本教久・○上條賢一(東洋大)

(10)/NLP 16:50 - 17:15
学習データの与え方を改良した勾配学習アルゴリズムを用いたニューラルネットワークの学習に関する研究
○阿部俊和・坂下善彦・二宮 洋(湘南工科大)

6月18日(金) 午後 一般(B) (15:35~17:15)

(11)/NC 15:35 - 16:00
複層Markov確率場と線形劣化変換に対するBayes超解像
○勝木孝行・鳥居 英・井上真郷(早大)

(12)/NLP 16:00 - 16:25
セルラニューラルネットワークを用いた画像の階層的可逆符号化
○竹之内星矢・青森 久(東京理科大)・大竹 敢(玉川大)・田中 衞(上智大)・松田一朗・伊東 晋(東京理科大)

(13)/NLP 16:25 - 16:50
拡張Duffing方程式に基づくカオスニューロンモデルのSC積分回路による実装
○新井昌樹・堀尾喜彦(東京電機大)・日浦悦正(中国職能開発大)・田中稔次朗(健康環境イノベーション)

(14)/NLP 16:50 - 17:15
Inhibitory Connected Pulse Coupled Neural Networkの同期発火集団の形成における抑制性結合の影響
吉原正裕・米川雅人・○黒川弘章(東京工科大)

−−− 休憩 ( 15分 ) −−−

6月18日(金) 午後 特別セッション (17:30~18:15)

(15) 17:30 - 18:15
Why is a dendritic bifurcation planar?(仮)
Prof De Schutter

6月19日(土) 午前 企画セッション:機械学習によるバイオデータマインニング (09:30~13:00)

(16) 09:30 - 09:55
Computational identification of discriminating features of pathogenic and symbiotic Type III secreted effector proteins
○矢原 耕史(久留米大), 姜 英, 柳川 尭

(17) 09:55 - 10:20
Zipf事前分布を用いたマウス核内受容体遺伝子発現制御ネットワーク予測アルゴリズムのモンテカルロ法による実装
北村 悠輔(早大), 君和田 友美(国立精神神経センター), 丸山 隼(早大), ○鏑木 崇史(学習院大), 松本 隆(早大), 和田 圭司(国立精神神経センター)

(18) 10:20 - 10:45
計量学習による酵素活性部位予測
○加藤 毅(東大), 諏訪 和大(ドットランプ), 長野 希美(産総研),

(19) 10:45 - 11:10
複数生物種ネットワークの同時推定:半教師つき学習によるアプローチ
○鹿島 久嗣(東大), 山西 芳裕(Mines ParisTech), 加藤 毅(東大), 杉山 将(東工大), 津田 宏治(産総研)

(20) 11:10 - 11:35
ウェブアプリケーションによるクリアランス経路予測
○堀田駿(東工大), 年本広太(東工大), 池田和史(東工大), 草間真紀子(東大), 前田和哉(東大), 杉山雄一(東大), 秋山泰(東工大)

−−− 昼食 ( 85分 ) −−−

6月19日(土) 午後 一般(C) (13:00~14:40)

(21)/NLP 13:00 - 13:25
環状構造を有するカオスニューロン結合系における同期現象の解析
○眞貝剛史・安達雅春(東京電機大)

(22)/NLP 13:25 - 13:50
周期的に動作するスイッチで結合された自励発振器に対するシューティング法の提案
○辻 繁樹(大分高専)・古川寛人・高坂拓司(大分大)

(23)/NLP 13:50 - 14:15
リズム素子の揺らぎの効果を取り入れた確率的な位相記述
○秦 重史(京大)・新井賢亮(理研)・中尾裕也(京大)

(24)/NLP 14:15 - 14:40
ノイズを受ける振動子の位相縮約
○吉村和之(NTT)

−−− 休憩 ( 5分 ) −−−

6月19日(土) 午後 一般(D) (14:45~16:50)

(25)/NLP 14:45 - 15:10
ホップフィールドニューラルネットワークによる空間的に一様でないセルラニューラルネットワークの設計法
○上田康弘・川原雅一・井上貴志・西尾芳文(徳島大)

(26)/NLP 15:10 - 15:35
ネットワーク構造が決定論的PSOに及ぼす影響
○神野健哉(日本工大)

(27)/NLP 15:35 - 16:00
敏感なアリと鈍いアリによるアントコロニー最適化
○下村 将・杉本雅樹・原口 卓(徳島大)・松下春奈(法政大)・西尾芳文(徳島大)

(28)/NLP 16:00 - 16:25
成長型差分進化の基本特性について
○半田 斎・黒須智博・斎藤利通(法政大)

(29)/NLP 16:25 - 16:50
粒子群最適化法に基づく多チャネル適応エコーキャンセラ
○成田崇修・木許雅則・神野健哉(日本工大)

6月19日(土) 午後 一般(E) (13:00~15:05)

(30) 13:00 - 13:25
GPUによるDNA断片配列の高速マッピング
○鈴木脩司(東工大), 石田貴士, 秋山泰

(31) 13:25 - 13:50
Prediction of protein folding rates from structural topology and complex network properties
Jiangning Song(Kyoto U.), ○Kazuhiro Takemoto(JST PRESTO), Hongbin Shen(SJTU), Hao Tan(Monash U.), M. Michael Gromiha(CBRC, AIST), Tatsuya Akutsu(Kyoto U.)

(32) 13:50 - 14:15
RNA-RNA interaction prediction using integer programming with threshold cut
○加藤 有己(京大), 佐藤 健吾(東大), 浜田 道昭(みずほ情報総研), 渡邊 芳英(同志社大), 浅井 潔(東大、CBRC), 阿久津 達也(京大)

(33) 14:15 - 14:40
条件付き確率及び統計的指標を用いた発現量データからの組合せ的なタンパク質相互作用の推定
○藤木 生聖(和歌山大学大学院システム工学研究科),井上 悦子(和歌山大学システム工学部), 吉廣 卓哉(和歌山大学システム工学部), 中川 優(和歌山大学システム工学部)

(34) 14:40 - 15:05
単純ベイズ確率モデルの導入による天然変性蛋白質領域予測の改良
○石田 貴士(東工大), 秋山 泰

−−− 休憩 ( 5分 ) −−−

6月19日(土) 午後 一般(F) (15:10~17:40)

(35)/NLP 15:10 - 15:35
マルチコンピュータシステムにおける確率的故障診断法
○小林 学・高畠俊徳・天野真家(湘南工科大)・平澤茂一(サイバー大)

(36)/NLP 15:35 - 16:00
理想的に動作しないPWM-1で制御された合成力学系の定性的性質
○田崎顕一・麻原寛之・高坂拓司(大分大)

(37)/NLP 16:00 - 16:25
スイッチト・キャパシタスケール付β写像に基づくA/D変換回路の個別部品による実装
○中村光宏・堀尾喜彦(東京電機大)・香田 徹(九大)・合原一幸(東大)

(38)/NLP 16:25 - 16:50
並列化DC/DCコンバータの同期動作の安定化
○松本貴暁・斎藤利通(法政大)

(39)/NLP 16:50 - 17:15
スイッチト・キャパシタカオスニューロン回路による適応的フィードバックカオス制御の回路実験
谷田部春樹・○堀尾喜彦(東京電機大)・安東弘泰(理研)

(40)/NLP 17:15 - 17:40
帯域拡大された半導体レーザカオスを用いた超高速物理乱数生成実験
○内田淳史・山崎泰基・森勝進一朗・奥村 悠・会田裕貴(埼玉大)・吉村和之・原山卓久・ピーター ディビス(NTT)

一般講演:発表 20 分 + 質疑応答 5 分

◆日本神経回路学会;IEEE Computational Intelligence Society Japan Chapter共催


☆NLP研究会今後の予定 [ ]内発表申込締切日

7月12日(月)~13日(火) 石川県文教会館 [5月21日(金)] テーマ:一般
8月2日(月)~3日(火) 鳴門教育大学 [6月18日(金)] テーマ:一般

【問合先】
堀尾 喜彦 (東京電機大学 工学部 電気電子工学科)
E-mail: oeeedeni
TEL 03-5280-3362, FAX 03-5280-3565

☆NC研究会今後の予定 [ ]内発表申込締切日

7月27日(火) 京都大学 [5月28日(金)] テーマ:脳活動の計測と解析,一般

【問合先】
幹事団の担当者を記入のこと

☆IPSJ-BIO研究会


Last modified: 2010-04-23 19:29:47


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[NLP研究会のスケジュールに戻る]   /   [NC研究会のスケジュールに戻る]   /   [IPSJ-BIO研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会