電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のSR研究会 / 次のSR研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 

★スマート無線研究会(SR)
専門委員長 阪口 啓 (阪大)
副委員長 藤井 威生 (電通大), 梅林 健太 (東京農工大)
幹事 亀田 卓 (東北大), 田久 修 (信州大)
幹事補佐 石津 健太郎 (NICT), 矢野 一人 (ATR), 稲森 真美子 (東海大), 芝 宏礼 (NTT)

日時 2015年 1月29日(木) 13:00~21:00
   2015年 1月30日(金) 09:15~14:15

会場 KKR はこだて(〒042-0932 北海道函館市湯川町2-8-14.http://www.kkrhakodate.com/access.html)

議題 コグニティブ無線ネットワーク,異種無線融合型ネットワーク, クロスレイヤ無線技術,SDN,一般

1月29日(木) 午後 一般講演 1 (13:00~14:40)
座長: タン ザカン(東工大)

(1) 13:00 - 13:25
Building a Statistical Model for Path Loss and Shadow Fading Correlation With Vehicular Sensors
○Kohsuke Nakagawa・Haris Kremo・Onur Altintas・Hideaki Tanaka(TOYOTA ITC)・Takeo Fujii(UEC)

(2) 13:25 - 13:50
クリギング補間を適用した電波環境マップに基づくプライマリユーザの確率的保護に関する検討
○佐藤光哉・藤井威生(電通大)

(3) 13:50 - 14:15
QZSSショートメッセージSS-CDMA通信における同期精度の実験的検証
○秋元浩平・三宅裕士・亀田 卓・平 明徳・末松憲治・高木 直・坪内和夫(東北大)

(4) 14:15 - 14:40
Low Computational Two-Stage Design of Multiuser MIMO System with Large Transmit Array
○Tetsuki Taniguchi・Yoshio Karasawa(UEC)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

1月29日(木) 午後 一般講演 2 (14:50~16:05)
座長: 藤井威生(電通大)

(5) 14:50 - 15:15
位置情報を用いた異種無線融合システムのネットワーク選択手法:天空率とメッシュ化処理
○則島景太・末広小夏・法土千里・小熊 博(富山高専)・窪庭純平・亀田 卓・平 明徳・末松憲治・高木 直・坪内和夫(東北大)

(6) 15:15 - 15:40
位置情報を用いた異種無線システムのネットワーク選択手法:トラヒックナビゲーションの提案
○窪庭純平・三宅裕士・亀田 卓・平 明徳(東北大)・小熊 博(富山高専)・末松憲治・高木 直・坪内和夫(東北大)

(7) 15:40 - 16:05
コグニティブ無線における通信品質の協調モニタリングを用いた通信エリア推定法の一検討
○村山達哉・笹岡秀一・岩井誠人(同志社大)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

1月29日(木) 午後 招待講演 (16:15~17:15)
座長: 阪口 啓(阪大)

(8) 16:15 - 17:15
[招待講演]スマートなダイナミックスペクトラムアクセスの実現に関する研究
○梅林健太(東京農工大)

−−− 休憩 ( 105分 ) −−−

1月29日(木) 午後 イブニングセッション (19:00~21:00)

(9) 19:00 - 21:00
KKR はこだて内で行います。

1月30日(金) 午前 一般講演 3 (09:15~10:30)
座長: 山田 貴之(NTT)

(10) 09:15 - 09:40
マルチレートアプリケーションの効率的収容に向けたQoE志向型無線LANの送信帯域制御
○関口真理子・矢野一人・有吉正行・宮坂朋宏・熊谷智明(ATR)

(11) 09:40 - 10:05
無線LAN環境におけるマルチチャネル有効利用のための学習型占有率測定法を適用したUSRPによる占有率測定評価
○後藤雅之・田久 修(信州大)・藤井威生(電通大)・太田真衣(福岡大)・笹森文仁・半田志郎(信州大)

(12) 10:05 - 10:30
方位角特性を考慮した伝搬損失推定に関する実環境データを用いた評価
○堀端研志・菅野一生・長谷川晃朗(ATR)・前山利幸(ATR/拓殖大)・武内良男(ATR)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

1月30日(金) 午前 一般講演 4 (10:40~11:55)
座長: 田久 修(信州大)

(13) 10:40 - 11:05
Adaptive Subcarrier Bandwidth for 5G GFDM Transmission
○Rohit Datta・Issei Kanno・Masayuki Ariyoshi(ATR)

(14) 11:05 - 11:30
5Gのためのミリ波帯に関する検討
○下平英和・タン ザ カン(東工大)・阪口 啓(阪大)・荒木純道(東工大)

(15) 11:30 - 11:55
第5世代移動通信システムにおける複数周波数利用に関する検討
○石津健太郎・村上 誉・児島史秀・矢野博之(NICT)

−−− 昼食 ( 65分 ) −−−

1月30日(金) 午後 一般講演 5 (13:00~14:15)
座長: 太田真衣(福岡大)

(16) 13:00 - 13:25
セルラーシステムにおけるユーザ‐基地局間距離を考慮した自律分散型スリープ制御
○下畑宏次・田久 修・笹森文仁・半田志郎(信州大)

(17) 13:25 - 13:50
コグニティブ無線を適用する広帯域公共用移動通信システムの通信品質改善方式の検討
○森山雅文・藤井威生(電通大)

(18) 13:50 - 14:15
Duty Cycle推定に適したWelch FFTのセグメントサイズ選択法
○岩田大輝・梅林健太・ティーロ サムリ(東京農工大)・Janne Lehtomaki(Univ. of Oulu)・鈴木康夫(東京農工大)

一般講演:発表 20 分 + 質疑応答 5 分

◎=========================================================
1/29(木) SR 研究会 イブニングセッション・宿泊予約のご案内
=========================================================
★申込締切: 1月13日(火)
申込先: kameda@riec.tohoku.ac.jp(亀田・東北大学)
★ご注意
懇親会と宿泊はセットです.
どちらか一方のみは基本的にはお引き受けできません.
■懇親会会場・宿泊先
KKR はこだて(函館市・湯の川温泉)
http://www.kkrhakodate.com/access.html
・函館空港よりタクシーで 10 分 もしくは バス 10 分+徒歩 5 分
・JR 函館駅から市電「湯の川」線で 40 分「湯の川温泉」駅下車,徒歩 5 分
■おおよその日程
1/29(木) 13:00~17:15 研究会
17:30~19:00 SmartCom 検討会議(専門委員のみ)
19:00~21:00 イブニングセッション
1/30(金) 9:00~14:40 研究会
■宿泊予約(含 イブニングセッション)
イブニングセッション参加費・宿泊費は以下を予定しております.
参加者人数次第で多少の変更がございます.
宿泊費: 9,000円(シングル希望の場合 +2,000円 予定)
イブニングセッション参加費:
社会人: 4,000円,学生: 2,000円(予定)
・おすすめしませんが,懇親会のみの参加希望の方は,上記イブニングセッション参加費とは別料金で承ることも可能です.亀田までご相談ください.


☆SR研究会今後の予定 [ ]内発表申込締切日

3月4日(水)~6日(金) 東京工業大学 [1月15日(木)] テーマ:移動通信ワークショップ

【問合先】
芝 宏礼
TEL 046-240-5151, FAX 046-270-2365
E-mail: shiba.hiroyuki(at)lab.ntt.co.jp (at)→@

◎最新情報はソフトウェア無線研究会のホームページをご覧下さい.
http://www.ieice.org/cs/sr/jpn/


Last modified: 2015-01-23 00:16:18


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[SR研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のSR研究会 / 次のSR研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会