お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のSANE研究会 / 次のSANE研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


宇宙・航行エレクトロニクス研究会(SANE) [schedule] [select]
専門委員長 小瀬木 滋 (電子航法研)
副委員長 浜 真一 (LASCOM)
幹事 冨木 淳史 (JAXA), 灘井 章嗣 (NICT)
幹事補佐 平田 和史 (三菱電機)

日時 2012年 7月27日(金) 13:00 - 17:15
議題 航法・交通管制及び一般 
会場名 電子航法研究所 
住所 〒182-0012 調布市深大寺東町7-42-23
交通案内 JR中央線三鷹駅南口より,小田急バス仙川行または杏林大学病院行で,三鷹農協前下車南へ徒歩5分.もしくはJR吉祥寺駅公園口より,小田急バス調布駅北口行または武蔵境駅南口行で三鷹農協前下車.
http://www.enri.go.jp/about/map.htm
会場世話人
連絡先
航法システム領域 福島荘之介
0422-41-3181
他の共催 ◆IEEE AES Society Japan Chapter共催

7月27日(金) 午後 
13:00 - 17:15
(1) 13:00-13:25 空港面交通管理手法の一提案 ○住谷美登里・青山久枝・マーク ブラウン・山田 泉(電子航法研)
(2) 13:25-13:50 変分ベイズ法を用いた航空機の横方向経路逸脱量分布モデル推定法 ○藤田雅人(電子航法研)
(3) 13:50-14:15 準天頂衛星LEX信号の強度評価 ○谷島 潔・前田裕昭(ライトハウステクノロジー・アンド・コンサルティング)
  14:15-14:30 休憩 ( 15分 )
(4) 14:30-15:20 [招待講演]災害に強いネットワーク構築における無人航空機の利用 ~ 無人航空機間無線リンクの検討 ~ ○滝沢賢一・辻 宏之・鈴木幹雄・三浦 龍(NICT)
(5) 15:20-15:45 76 GHz帯小電力ミリ波レーダシステムを用いた有人ヘリコプタの前方障害物探知試験 ○二ッ森俊一・河村暁子・米本成人(電子航法研)・小林啓二・奥野善則(JAXA)・桂 信生(北海道放送)
  15:45-16:00 休憩 ( 15分 )
(6) 16:00-16:25 気象用フェーズドアレイレーダの開発 ○牛尾知雄(阪大)・吉川栄一(JAXA)・水谷文彦・和田将一(東芝)
(7) 16:25-16:50 パッシブレーダにおけるレンジセル移動を考慮した短時間相互相関に基づく長時間積分方式 ○星野赳寛・諏訪 啓・中村聖平・森田晋一・高橋龍平・若山俊夫(三菱電機)
(8) 16:50-17:15 2スキャンを用いるHPRFレーダ高分解能測距法の加速度目標への適用 ○影目 聡・小幡 康・原 照幸(三菱電機)

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分
招待講演発表 40 分 + 質疑応答 10 分

問合先と今後の予定
SANE 宇宙・航行エレクトロニクス研究会(SANE)   [今後の予定はこちら]
問合先 冨木 淳史(宇宙航空研究開発機構)
TEL 050-3362-6575
E-: ajaxa

灘井章嗣(情報通信研究機構)
TEL 042-327-6496
E-: ni 


Last modified: 2012-05-23 16:26:15


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[SANE研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のSANE研究会 / 次のSANE研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会