お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のSR研究会 / 次のSR研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 

★ソフトウェア無線研究会(SR)
専門委員長 上原 一浩 (NTT)  副委員長 眞田 幸俊 (慶大), 阪口 啓 (東工大)
幹事 藤井 威生 (電通大), 梅林 健太 (東京農工大)
幹事補佐 宮本 剛 (NICT), 花岡 誠之 (日立), 亀田 卓 (東北大)

日時 2010年 5月20日(木) 10:00~17:20
   2010年 5月21日(金) 10:00~14:40

会場 慶應義塾大学 理工学部 日吉キャンパス 来往舎2階 大会議室(〒223-8552 神奈川県横浜市港北区日吉3-14-1.東急東横線 日吉駅徒歩1分.http://www.keio.ac.jp/ja/access/hiyoshi.html.電子工学科 眞田幸俊.045-566-1427)

議題 国際標準化,国際ワークショップ,一般

5月20日(木) 午前 一般講演 (10:00~11:40)

(1) 10:00 - 10:25
Fractional Sampling-OFDM受信機のサンプル点選択における周波数領域の解像度低減による計算量削減法
○酒井英佑・西村晴輝・稲森真美子・眞田幸俊(慶大)・Mohammad Ghavami(キングスカレッジ)

(2) 10:25 - 10:50
屋内通信路におけるFS-OFDMプリコーディング送信パスダイバーシチ技術の特性
○西村晴輝・稲森真美子・眞田幸俊(慶大)・Mohammad Ghavami(キングスカレッジ)

(3) 10:50 - 11:15
Fractional Samplingを用いたマルチユーザMIMO-OFDMシステムにおけるユーザ/サンプル点選択アルゴリズム
○江口賢太・樋口春希・眞田幸俊(慶大)

(4) 11:15 - 11:40
Dual-stage Detection Scheme for Ultra-wideband Detect and Avoid
○Wensheng Zhang・Yukitoshi Sanada(Keio Univ.)

−−− 昼食 ( 95分 ) −−−

5月20日(木) 午後 一般講演 (13:15~14:30)

(5) 13:15 - 13:40
Simultaneous Multistandard Base Stations
-- A Software-Defined Multicore Approach --
○Kambiz Homayounfar・Bijan Rohani・Khoo Kiak Wei(PHYBIT)

(6) 13:40 - 14:05
Software-Defined In-Vehicle Infotainment
-- An Architecture based on Atom Processor --
○Kambiz Homayounfar・Bijan Rohani・Khoo Kiak Wei(PHYBIT)

(7) 14:05 - 14:30
Software-Defined Wireless Protocol Stacks
-- Review of Design Methods and Tools --
○Kambiz Homayounfar・Khoo Kiak Wei(PHYBIT)

−−− 休憩 ( 15分 ) −−−

5月20日(木) 午後 国際ワークショップ (14:45~16:15)

(8) 14:45 - 15:30
Presentation from Wireless Innovation Forum
○Lee Pucker (Wireless Innovation Forum)

(9) 15:30 - 16:15
Studies on Spectrum Sharing between IMT-Advanced and Fixed
Satellite Service -Overview of a Technical Examination Service-
○藤井啓正(NTTドコモ)

−−− 休憩 ( 15分 ) −−−

5月20日(木) 午後 フェロー受賞記念講演 (16:30~17:20)

(10) 16:30 - 17:20
フェロー受賞記念講演
○春山真一郎(慶応大)

5月21日(金) 午前 一般講演 (10:00~11:40)

(11) 10:00 - 10:25
A Study on Detection Method of Low SNR Nodes in Cooperative Spectrum Sensing
○Hung Vu Le・Mai Ohta・Kei Inage・Takeo Fujii(Univ. of Electro-Comm.)・Kazushi Muraoka・Masayuki Ariyoshi(NEC)

(12) 10:25 - 10:50
A Study on Interference Suppression Technique by Partitioned Frequency- and Time-domain Processing for Dynamic Spectrum Access
○Yasunori Futatsugi・Masayuki Ariyoshi(NEC)

(13) 10:50 - 11:15
アウトバンドパイロットチャネルによる規制情報の通知と環境情報の端末間共有
○石津健太郎・村上 誉・フィリン スタニスラブ・原田博司(NICT)

(14) 11:15 - 11:40
レイリーフェージングを考慮した通信容量保持率に基づく送信電力制御手法の解析的評価
○稲毛 契・藤井威生(電通大)・村岡一志・有吉正行(NEC)

−−− 昼食 ( 80分 ) −−−

5月21日(金) 午後 一般講演 (13:00~14:40)

(15) 13:00 - 13:25
950MHz帯におけるコグニティブ無線ノードの開発
○黒澤崇浩・水谷圭一(東工大)・笹生拓児・有坂憲行(ドルフィンシステム)・宮本健宏(日本電業工作)・阪口 啓・荒木純道(東工大)

(16) 13:25 - 13:50
バンドパスフィルタ適用型エネルギー検出機における通過帯域幅と検出精度の関係についての一検討
○長谷川博哉・田久 修・楳田洋太郎(東京理科大)

(17) 13:50 - 14:15
マルチチャネル無線アクセスにおけるチャネル占有率を利用したチャネル共通化手法の検討
○田久 修・木下和樹(東京理科大)・藤井威生(電通大)・楳田洋太郎(東京理科大)

(18) 14:15 - 14:40
ヒルベルト変換器の周波数特性によるマルチモード受信機の特性劣化とその補償法
○本間寛明・田野 哲(京大)・古野辰男(NTTドコモ)・守倉正博(京大)

一般講演:発表 20 分 + 質疑応答 5 分

◎5/20(木)研究会終了後,懇親会を予定しております(来往舎地下1F ファカルティラウンジ,一般:3,500円,学生:2,000円).皆様ご参加下さい.


☆SR研究会今後の予定 [ ]内発表申込締切日

7月29日(木)~30日(金) ATR (京都) [5月24日(月)] テーマ:技術展示,リコンフィギャブルハードウェア,一般

【問合先】
花岡 誠之(日立)
TEL: 042-323-1111 (内線3547), FAX: 042-327-7868
E-mail: ikw

◎最新情報はソフトウェア無線研究会のホームページをご覧下さい.
http://www.ieice.org/cs/sr/jpn/


Last modified: 2010-05-13 16:58:22


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[SR研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のSR研究会 / 次のSR研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会