お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のAP研究会 / 次のAP研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


アンテナ・伝播研究会(A・P) [schedule] [select]
専門委員長 長 敬三 (千葉工大)
副委員長 岩井 誠人 (同志社大)
幹事 中野 雅之 (KDDI研), 西森 健太郎 (新潟大)
幹事補佐 木村 雄一 (埼玉大)

日時 2015年10月22日(木) 09:30 - 18:00
2015年10月23日(金) 09:00 - 12:15
議題 一般 
会場名 山口県労福協会館 第1会議室 
住所 〒753-0078 山口市緑町 3-29
交通案内 JR山口駅、湯田温泉駅から車で約10分
http://www.welfareyg.jp/map.pdf
会場世話人
連絡先
中野 雅之(KDDI研)
049-278-7562
他の共催 ◆IEEE AP-S Kansai Chapter共催
お知らせ ◎22日研究会終了後,懇親会を予定していますので御参加ください.
23日の研究会終了後に,KDDIパラボラ館の見学会を予定しています。 詳しくはAP研ホームページをご覧ください.
http://www.ieice.org/cs/ap/jpn/event/201510yamaguchi/201510yamaguchi-3.html

10月22日(木) 午前  A・P研
座長: 山口 聡 (三菱電機)
09:30 - 10:20
(1) 09:30-09:55 円筒状周波数選択膜を用いた指向性調整に関する一検討 ○高野豊久・山岸 傑(住友電工)・中野雅之・林 合祐(KDDI研)
(2) 09:55-10:20 直交偏波変換機能を有する2層構造ループスロット型周波数選択板 ○半田詩郎・久世竜司・堀 俊和・藤元美俊(福井大)
  10:20-10:30 休憩 ( 10分 )
10月22日(木) 午前  A・P研
座長: 藤元 美俊 (福井大)
10:30 - 11:45
(3) 10:30-10:55 指内部の電磁応答特性を利用する指紋認証セキュリティ強度向上に関する研究 ○竹割夢之介・飯島主匡・前田忠彦(立命館大)
(4) 10:55-11:20 1-5 GHz帯域用人体等価ファントム組成設計システムの設計目標電気定数の低域への拡大 ○倉重貴規・許田新太郎・前田忠彦(立命館大)
(5) 11:20-11:45 呼吸成分を抑圧したマイクロ波心拍検出法の評価 ○米澤真也・本間尚樹(岩手大)・西森健太郎(新潟大)・恒川佳隆(岩手大)
  11:45-12:45 昼食 ( 60分 )
10月22日(木) 午後  A・P研
座長: 前田 忠彦(立命館大)
12:45 - 14:00
(6) 12:45-13:10 High Q factor characteristic of thin-film transmission line employing ML/CPW composite structure on silicon substrate ○Soo-Jeong Kim・Jang-Hyeon Jeong・Jeong-Hoon Kim・Young Yun(Korea Maritime and Ocean Univ.)
(7) 13:10-13:35 Loss characteristic of transmission line employing periodically arrayed diodes. ○Jang-Hyeon Jeong・Jeong-Hoon Kim・Soo-Jeong Kim・Young Yun(Korea Maritime and Ocean Univ.)
(8) 13:35-14:00 Propagation characteristic of transmission line employing periodical arrayed diodes ○Jeong-Hoon Kim・Jang-Hyeon Jeong・Jeong-Hoon Kim・Young Yun(Korea Maritime and Ocean Univ.)
  14:00-14:10 休憩 ( 10分 )
10月22日(木) 午後  A・P研
座長: 中本 成洋 (三菱電機)
14:10 - 15:00
(9) 14:10-14:35 電界結合形電力伝送を利用した屋内ユビキタスシステムの提案 ○常川光一・楊 程(中部大)
(10) 14:35-15:00 直交復調およびPIアルゴリズムを用いたAM変調信号ノイズ抑圧システムの検討 ○伊藤真也・藤元美俊・堀 俊和(福井大)・原田知育・服部佳晋(豊田中研)
  15:00-15:10 休憩 ( 10分 )
10月22日(木) 午後  A・P研
座長: 常川 光一 (中部大)
15:10 - 16:00
(11) 15:10-15:35 サスペンデッド線路給電直交偏波共用導波管開口アンテナサブアレーの設計 ○中本成洋・高橋 徹・大野新樹・中島正雄・大塚昌孝・宮下裕章(三菱電機)
(12) 15:35-16:00 2次元素子パターン可変アンテナを用いたスパースアレーアンテナ ○山口 聡・山本直幸・丸山貴史・大塚昌孝・宮下裕章(三菱電機)
  16:00-16:10 休憩 ( 10分 )
10月22日(木) 午後  A・P研チュートリアル講演
座長: 岩井 誠人 (同志社大)
16:10 - 17:00
(13) 16:10-17:00 [チュートリアル講演]30年間の研究生活を振り返って ~ 衛星通信、コグニティブ無線、標準化など ~ ○樫木勘四郎(KDDI研)
  17:00-17:10 休憩 ( 10分 )
10月22日(木) 午後  A・P研 特別講演
座長: 長 敬三 (千葉工大)
17:10 - 18:00
(14) 17:10-18:00 [特別講演]衛星通信の電波伝搬研究:1980年代 ~ 私の研究原点 ~ ○唐沢好男(電通大)
10月23日(金) 午前  A・P研
座長: 本間 尚樹(岩手大)
09:00 - 09:50
(15) 09:00-09:25 (Non Manuscript) Onboard Millimeter wave communication area construction considering reflection characteristics ○Feng Lu・Satoshi Imata・Katsuo Yunoki・Nobuo Suzuki・Kazunori Takeuchi(KDDI R&D Labs.)
(16) 09:25-09:50 Ultra Wide Band Frequency Selective Absorber with Asymmetric Absorbing Performance Tao Hong(Xidian Univ.)・○Qiang Chen(Tohoku UNiv.)
  09:50-10:00 休憩 ( 10分 )
10月23日(金) 午前  A・P研
座長: 石井 望 (新潟大)
10:00 - 11:15
(17) 10:00-10:25 3周波共用MIMOアンテナ ○堤 俊樹・田口光雄(長崎大)
(18) 10:25-10:50 放射パターン可変八木・宇田アンテナを用いた平面アレーアンテナ ○丸山貴史・上坂昂司・山口 聡・大塚昌孝・宮下裕章(三菱電機)
(19) 10:50-11:15 小型反響チャンバを用いたMIMOアンテナの簡易評価法 ○関 竜哉・本間尚樹・恒川佳隆(岩手大)
  11:15-11:25 休憩 ( 10分 )
10月23日(金) 午前  IEEE AP-S Kansai chapter 特別講演
座長: 多賀登喜雄 (関西学院大)
11:25 - 12:15
(20) 11:25-12:15 [特別講演](口頭発表)衛星通信地球局アンテナの発展について ○小西善彦(広島工大)

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分
特別講演発表 45 分 + 質疑応答 5 分
チュートリアル講演発表 45 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
AP アンテナ・伝播研究会(A・P)   [今後の予定はこちら]
問合先 西森 健太郎(新潟大)
E-: _-cry 


Last modified: 2015-10-07 12:01:06


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[AP研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のAP研究会 / 次のAP研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会