お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のTL研究会 / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


思考と言語研究会(TL) [schedule] [select]
専門委員長 佐野 洋 (東京外国語大)
副委員長 近藤 公久 (工学院大), 竹内 和広 (阪電通大)
幹事 森下 美和 (神戸学院大), 坪田 康 (京都工繊大)
幹事補佐 神長 伸幸 (ミイダス), 高田 明典 (フェリス女学院大), 石川 彰夫 (KDDI総合研究所)

日時 2020年 3月22日(日) 09:55 - 16:50
議題 テーマ(1):e-learningにおける学習対話デザイン テーマ(2):通訳・翻訳・言語相対性仮説とホスピタリティーコミュニケーション テーマ(3):意味の創発・場の共創・創発とイノベーション 
会場名 大阪電気通信大学 寝屋川駅前キャンパス 
住所 〒572-0837 大阪府寝屋川市早子町12-16
交通案内 https://www.osakac.ac.jp/institution/campus/access/
会場世話人
連絡先
情報通信工学部 竹内和広
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費(TL研究会)についてはこちらをご覧ください.

3月22日(日) 午前  午前セッション
09:55 - 13:30
  09:55-10:00 開会の挨拶 ( 5分 )
(1) 10:00-10:30 日本人英語学習者のリテリングにおける言語産出に関する一考察:概要・要点、産出構造、語彙の観点から 濱田真由横川博一神戸大
(2) 10:30-11:00 翻訳との比較による同時通訳における順送り方略の活用の分析 蔡 仲煕名大)・笠 浩一朗三重短大)・松原茂樹名大
(3) 11:00-11:30 連体節の従属節A類・B類・C類への換言 ~ 連体/連用の互換性 ~ 佐良木 昌明大
(4) 11:30-12:30 [招待講演]人工知能と機械翻訳 井佐原 均豊橋技科大
  12:30-13:30 休憩 ( 60分 )
3月22日(日) 午後  午後第1セッション
13:30 - 14:45
(5) 13:30-14:30 [招待講演]言語の場面性 ~ いま・ここ・現実・私たち ~ 定延利之京大
  14:30-14:45 休憩 ( 15分 )
3月22日(日) 午後  午後第2セッション
14:45 - 16:50
(6) 14:45-15:15 保育の質向上のためのリフレクション支援システムの開発 ~ 保育士の「気になる場面」とリフレクション時の思考プロセス ~ 村田知佐恵産総研)・大塚裕子公立はこだて未来大)・大森隆司山田徹志宮田真宏玉川大
(7) 15:15-15:45 レゴを使った目的指向の多人数・異文化会話コーパスにおけるスタンスの表明 谷村 緑京都外国語大)・竹内和広阪電通大)・吉田悦子三重大)・仲本康一郎山梨大)・山口征孝神戸市外国語大
(8) 15:45-16:15 小学校英語教育のための重要bigram/trigramの抽出 ~ 小学校教科書コーパスと中学校教科書コーパスの比較から ~ 石田麻衣子神戸大
(9) 16:15-16:45 ビジネス通訳クラスにおける効果的指導法とは ~ ふりかえりとピアレヴューにもとづく一考察 ~ 森下美和神戸学院大
  16:45-16:50 閉会の挨拶 ( 5分 )

講演時間
一般講演発表 25 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
TL 思考と言語研究会(TL)   [今後の予定はこちら]
問合先  


Last modified: 2020-01-18 22:50:40


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[TL研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のTL研究会 / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会