お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のSANE研究会 / 次のSANE研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 

★宇宙・航行エレクトロニクス研究会(SANE)
専門委員長 齋藤 宏文 (JAXA)  副委員長 福島 荘之介 (電子航法研)
幹事 辻 政信 (JAXA), 灘井 章嗣 (NICT)
幹事補佐 木寺 正平 (電通大), 牧 謙一郎 (JAXA)

日時 2014年 1月23日(木) 13:00~17:15
   2014年 1月24日(金) 10:30~16:10

会場 長崎県美術館(〒850-0862 長崎市出島町2番1号.◎路面電車/「出島」電停より徒歩3分,「市民病院前」電停より徒歩2分◎バス/長崎新地ターミナルより徒歩5分,長崎市コミュニティバスらんらん「長崎市美術館」下車◎JR/JR長崎駅より徒歩15分◎フェリー/大波止ターミナルより徒歩10分.http://www.nagasaki-museum.jp/.長崎大学 工学部 電気電子工学科 小菅 義夫.095-819-2704)

議題 測位・航法及び一般

1月23日(木) 午後 (13:00~17:15)

(1) 13:00 - 13:25
市販のコンクリートレーダを利用した鉄筋の位置推定に関する研究
○遠江一仁・久々宮健太・田中俊幸・竹中 隆・森山敏文(長崎大)

(2) 13:25 - 13:50
等価時間サンプリング符号変調CW方式における目標検出性能改善法
○新田大輔・渡辺優人・秋田 学・稲葉敬之(電通大)

(3) 13:50 - 14:15
車載マルチスタティックレーダにおける送信シーケンスおよび信号処理法に関する一検討
○山下 遼・秋田 学・稲葉敬之(電通大)

−−− 休憩 ( 15分 ) −−−

(4) 14:30 - 14:55
車載レーダにおける複数目標追尾に関する検討
○若杉博幸・小菅義夫(長崎大)・松波 勲(北九州市大)

(5) 14:55 - 15:20
2種類の符号系列を用いたレーダの2次エコー抑圧法
○加藤万莉絵・酒巻 洋・平田和史(三菱電機)

(6) 15:20 - 15:45
位置・速度を観測値とする目標追尾法
○松尾健太・小菅義夫(長崎大)

−−− 休憩 ( 15分 ) −−−

(7) 16:00 - 16:25
複数レーダ用α-β-γフィルタの過渡応答性能評価
○匂梅和也・小菅義夫(長崎大)

(8) 16:25 - 16:50
TOA測位における各種追尾フィルタの比較
○呂 楠・小菅義夫(長崎大)

(9) 16:50 - 17:15
パッシブレーダ向けサブバンド分割型不要波抑圧法CRISPの検討
○高橋龍平・平田和史・岡村 敦(三菱電機)

1月24日(金) 午前 (10:30~16:10)

(10) 10:30 - 10:55
サンプリング間隔不定の場合の線形最小自乗フィルタによるレーダ追尾
○李 勁・小菅義夫(長崎大)・古賀 禎(電子航法研)

(11) 10:55 - 11:20
測定距離を利用した広域マルチラテレーション測位方式の評価結果
○島田浩樹・宮崎裕己・古賀 禎・角張泰之・二瓶子朗(電子航法研)

(12) 11:20 - 11:45
ADS-B Based Radar Registration Technology for High-assurance Air Traffic Surveillance
○Xiaodong Lu・Tadashi Koga(ENRI)

−−− 昼食 ( 75分 ) −−−

(13) 13:00 - 13:25
TDOA測位における基準局の選択
○宮崎裕己・島田浩樹(電子航法研)・田中俊幸・小菅義夫(長崎大)

(14) 13:25 - 13:50
SSRモードSトランスポンダによる情報配信について
○古賀 禎(電子航法研)

(15) 13:50 - 14:15
空域監視情報のインテグリティ測定のための試行回数
○小瀬木 滋・古賀 禎・大津山卓哉・本田純一・住谷泰人(電子航法研)

−−− 休憩 ( 15分 ) −−−

(16) 14:30 - 14:55
航空機対のPropensity指標の計算方法に関する一検討
○長岡 栄・ブラウン マーク(電子航法研)

(17) 14:55 - 15:20
レーダ測定値による航空機運航速度モデル推定
○白川昌之・瀬之口 敦・平林博子・福田 豊(電子航法研)

(18) 15:20 - 15:45
ILSローカライザマルチパス誤差のモーメント法利用による予測精度の改善
○川田輝雄(AVITEC)

(19) 15:45 - 16:10
飛行実験によるGLSとILSのコース・デビエイションに関する比較
○齊藤真二・福島荘之介(電子航法研)

一般講演:発表 20 分 + 質疑応答 5 分

◆IEEE AES Society Japan Chapter共催

◎23日(木)研究会終了後,懇親会を予定していますので御参加ください.


☆SANE研究会今後の予定 [ ]内発表申込締切日

2月20日(木)~21日(金) ホテルかめ福(山口市) [12月9日(月)] テーマ:衛星応用技術及び一般
4月25日(金) 機械振興会館 [2月10日(月)] テーマ:リモートセンシング, EW技術及び一般

【問合先】
灘井章嗣(情報通信研究機構)
TEL 042-327-6496
E-mail: ni

辻 政信(宇宙航空研究開発機構)
TEL 050-3362-7646
E-mail: bujaxa


Last modified: 2013-11-15 12:43:19


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[SANE研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のSANE研究会 / 次のSANE研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会