電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のEA研究会 / 次のEA研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


応用音響研究会(EA) [schedule] [select]
専門委員長 苣木 禎史 (熊本大)
副委員長 岩谷 幸雄 (東北学院大), 羽田 陽一 (電通大)
幹事 水町 光徳 (九工大), 島内 末廣 (NTT)
幹事補佐 堀内 俊治 (KDDI研)

日時 2014年 8月19日(火) 13:00 - 16:50
2014年 8月20日(水) 10:00 - 12:00
議題 応用/電気音響,音楽音響,聴覚,一般 
会場名 東北学院大学 多賀城キャンパス1号館3階 
住所 〒985-8537 多賀城市中央一丁目13-1
交通案内 JR仙石線「多賀城駅」下車徒歩7分 または JR東北本線「国府多賀城駅」下車徒歩15分
http://www.tohoku-gakuin.ac.jp/access/tagajo.html
会場世話人
連絡先
岩谷 幸雄 先生
022-368-7196
他の共催 ◆日本音響学会電気音響研究会、音楽音響研究会、聴覚研究会共催
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

8月19日(火) 午後 
13:00 - 16:50
(1) 13:00-13:30 インテリジェント拡声システムにおけるタイミング制御に与える誤差要因の検討 EA2014-12 小野口 平村上 弾苣木禎史熊本大
(2) 13:30-14:00 ロングパスエコー下を想定した文章了解度評価法と伝送パラメータを用いない推定の基礎検討 EA2014-13 小林洋介都城高専)・高橋憲敬近藤和弘山形大
(3) 14:00-14:30 ITU-T P.563標準の特徴量を用いた音声了解度客観推定の検討 EA2014-14 近藤和弘阪野俊洋山形大)・小林洋介都城高専
  14:30-14:50 休憩 ( 20分 )
(4) 14:50-15:20 楽曲中における音源位置と音量の変化に対する音像知覚の調査 EA2014-15 大谷健登名大)・西野隆典三重大)・武田一哉名大
(5) 15:20-15:50 低次HRTFモデルを用いたトランスオーラル再生 EA2014-16 松井健太郎NHK/慶大)・中山靖茂NHK)・菅谷真帆足立修一慶大
(6) 15:50-16:20 Measurement of interaural localization cues in a sound field reproduction system EA2014-17 Jorge TrevinoTohoku Univ.)・Nicolas EpainCraig JinUniv. of Sydney)・Shuichi SakamotoYo-iti SuzukiTohoku Univ.
(7) 16:20-16:50 Self-Tuned Auxiliary-Noise-Power Scheduling with Matching Step-Size for Online Acoustic Feedback Path Mitigation in Active Noise Control EA2014-18 Shakeel AhmedUniv. of Electro-Comm.)・Muhammad Tahir AkhtarTokyo Inst. of Tech.)・Xi ZhangUniv. of Electro-Comm.
8月20日(水) 午前 
10:00 - 12:00
(8) 10:00-10:30 Comparison in frequencies of spectral peaks and notches and anthropometric of pinnae between HRTF databases EA2014-19 Yan XuezhiJilin Univ)・Kazuhiro Iida・○Yohji IshiiChiba Inst. of Tech.
(9) 10:30-11:00 3番目の音源が先行音効果の振る舞いに与える影響に関する実験的検討 EA2014-20 安倍幸治佐々木崇紘高根昭一佐藤宗純渡邉貫治秋田県立大
(10) 11:00-11:30 単語間ポーズがロングパスエコー環境下の単語了解度に及ぼす影響 EA2014-21 宮下知理崔 正烈坂本修一森本政之鈴木陽一東北大
(11) 11:30-12:00 GPGPUによる聴覚機能モデルを用いた覚醒ネコ第一次聴覚野の神経細胞応答模擬 ~ 持続性細胞、一過性細胞を用いた検証 ~ EA2014-22 佐野和行森勢将雅小澤賢司佐藤 悠地本宗平山梨大

講演時間
一般講演発表 25 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
EA 応用音響研究会(EA)   [今後の予定はこちら]
問合先 研究会幹事
島内 末廣 (NTT)
E-: shimauchi.suehiro[at]lab.ntt.co.jp 


Last modified: 2014-06-20 22:00:31


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[EA研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のEA研究会 / 次のEA研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会