お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-12-16 13:10
P2Pネットワークのピア選択における動的グループ化法の提案
安岡秀之舟阪淳一石田賢治広島市大
抄録 (和) Tit-For-Tat戦略を用いたP2Pシステムでファイルを共有する場合,ピアをランダムに選択し接続させると低速ピアは貢献が低いと判断されファイルの取得を遅らされる,高速ピアはその性能を十分に発揮できない,という問題が生じる.これらの問題を解決する方法として,各ピアの転送速度によるグループ分けを用いたピア選択法が提案されている.この従来方式は,グループ内に存在する転送速度の近いピア同士を接続させることでピア間の性能差を小さくし,前述のランダム選択における問題を解消しようとしている.しかし,接続しているピアの性能が変化した場合,1)グループの再構成に時間がかかる,2)グループの再構成をしても接続しているピアを切り替える方法が導入されていない,という問題が残っている.そこで,本稿ではこれらの問題を克服することを目指して接続しているピアの性能が低下した場合,即座にグループを再構成して,ピアの接続を切り替える方法を提案する.そして,従来方式と提案方式とをTit-For-Tat戦略を持つP2Pシステムの中で注目されているBitTorrentを用いてシミュレーション実験により比較評価する.性能が低下するピアの接続の切り替えに重点をおいて,全ピアのダウンロード時間及び性能が低下するピアのダウンロード時間を評価した結果,提案方式が従来方式よりも全体的に高速でファイルを配布可能であることが分かった. 
(英) When sharing a file on P2P systems that adopt the Tit-For-Tat exchange strategy, the random peer selection has a problem that each peer cannot download the file enough efficiently. The peer selection adopting peer grouping according to transfer rate of each peer has been proposed to solve this problem. This traditional method is supposed to be able to alleviate the difference in performance among peers by connecting a peer to another in a group. However, when the performance of connected peers decreases suddenly, some problems are emerging, such as 1) it takes a long time for the traditional method to reconfigure groups; 2) switching immediately from a degraded peer to another has not been taken into account. Therefore, we propose a method that reconfigures groups once a peer notices the performance of connected peers decreases. The proposed method is evaluated through simulation experiments using BitTorrent as an instance of the Tit-For-Tat strategy. The download time of all peers and that of the peer with performance deterioration are estimated focusing on the effect of switching a degraded peer to another immediately. As a result, we confirm that our proposal can distribute files among all peers faster than the traditional method.
キーワード (和) P2Pシステム / ピア選択 / グループ化 / Tit-For-Tat戦略 / BitTorrent / / /  
(英) P2P system / Peer Selection / Grouping / Tit-For-Tat strategy / BitTorrent / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 472, IN2005-125, pp. 91-96, 2005年12月.
資料番号 IN2005-125 
発行日 2005-12-08 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IN  
開催期間 2005-12-15 - 2005-12-16 
開催地(和) 広島市立大学 
開催地(英) Hiroshima City Univ. 
テーマ(和) インターネットの測定・性能評価技術および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2005-12-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) P2Pネットワークのピア選択における動的グループ化法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal of dynamic grouping method for selecting peers on P2P networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) P2Pシステム / P2P system  
キーワード(2)(和/英) ピア選択 / Peer Selection  
キーワード(3)(和/英) グループ化 / Grouping  
キーワード(4)(和/英) Tit-For-Tat戦略 / Tit-For-Tat strategy  
キーワード(5)(和/英) BitTorrent / BitTorrent  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 安岡 秀之 / Hideyuki Yasuoka / ヤスオカ ヒデユキ
第1著者 所属(和/英) 広島市立大学大学院 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 舟阪 淳一 / Junichi Funasaka / フナサカ ジュンイチ
第2著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 石田 賢治 / Kenji Ishida / イシダ ケンジ
第3著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-12-16 13:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2005-125 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.472 
ページ範囲 pp.91-96 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2005-12-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会