電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のSANE研究会 / 次のSANE研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


宇宙・航行エレクトロニクス研究会(SANE) [schedule] [select]
専門委員長 齋藤 宏文 (JAXA)
副委員長 福島 荘之介 (電子航法研)
幹事 辻 政信 (JAXA), 灘井 章嗣 (NICT)
幹事補佐 木寺 正平 (電通大)

日時 2013年 6月20日(木) 10:20 - 18:30
2013年 6月21日(金) 10:20 - 18:05
議題 宇宙応用シンポジウム 
会場名 JAXA(筑波宇宙センター)総合開発推進棟2階 中会議室 
住所 〒305-8505 茨城県つくば市千現2-1-1
交通案内 つくばエクスプレス線「つくば駅」下車→タクシー(約10分)または関鉄バス「荒川沖駅」行き「物質研究所」下車 徒歩1分。または、JR常磐線荒川沖駅下車、つくばセンター方面バスで宇宙センター前下車。
http://www.jaxa.jp/about/centers/tksc/traffic_j.html
会場世話人
連絡先
谷島 正信
050-3362-7573
他の共催 ◆IEEE AES Society Japan Chapter共催
お知らせ ◎参加をご予定のJAXA外の方は、可能な限り、ご所属とお名前を事前に会場世話人(谷島様: bujaxa)までご連絡下さい。ご協力をよろしくお願いします。

6月20日(木) 午後 
10:20 - 18:30
(1) 10:20-10:45 陸域観測技術衛星2号(ALOS-2)搭載Lバンド合成開口レーダ(PALSAR-2)の開発状況 ○勘角幸弘・大澤右二・鈴木新一(JAXA)
(2) 10:45-11:10 ALOS PRISMによる数値標高モデル(DSM)の広域整備に関する検討 ○田殿武雄(JAXA)・高久淳一(リモート・センシング技術センター)・島田政信(JAXA)
(3) 11:10-11:35 L-band SARを用いた災害域検出 ○渡邉 学・島田政信(JAXA)
(4) 11:35-12:00 100Kg級の衛星に搭載可能なマイクロ波合成開口レーダ ○齋藤宏文・冨木淳史・プリランド リスキ アクバル・大谷 崇・西城邦俊(JAXA)・ヨサファット テトォコ スリ スマンティヨ(千葉大)・広川次郎・安藤 真(東工大)
  12:00-13:00 昼食 ( 60分 )
(5) 13:00-13:25 地球観測衛星用Ka帯高速データ伝送システムの検討 ~ LDPC符号、VCM/ACMの検討 ~ ○田島成将・稲岡和也・荒木智宏・島田政明・谷島正信(JAXA)
(6) 13:25-14:15 [招待講演]天文学におけるイメージング技術 ○岡村定矩(法政大)
  14:15-14:30 休憩 ( 15分 )
(7) 14:30-14:55 GCOM-W1/AMSR2の運用状況と初期軌道上性能 ○笠原希仁・佐々木俊崇・伊藤徳政・杢野正明(JAXA)
(8) 14:55-15:20 AMSR2輝度温度プロダクトの評価 ○今岡啓治・前田 崇・奥山 新・笠原希仁(JAXA)
(9) 15:20-15:45 GCOM-W「しずく」による世界の水問題解決への取り組み ○沖 大幹(東大)
(10) 15:45-16:10 AMSR-E・MODIS・AVNIR-2を用いた凍土域における積雪推定手法の考案 ○筒井浩行・小池俊雄(東大)
  16:10-16:25 休憩 ( 15分 )
(11) 16:25-16:50 陸面データ同化手法を用いたカンボジアにおける土壌水分推定手法の検討 ○玉川勝徳・小池俊雄・モハメド ラスミー・辻本久美子・会田健太郎(東大)
(12) 16:50-17:15 EarthCARE/CPRの開発および検証準備 ○岡田和之・富田英一・木村俊義・中塚大貴・會田芳久・関 義広・飯出芳弥・門崎 学(JAXA)
(13) 17:15-17:40 GPM主衛星搭載 二周波降水レーダ(DPR)の開発状況 ○百束泰俊・小嶋正弘・古川欣司・三浦健史・石切孝之・改井洋樹(JAXA)・井口俊夫・花土 弘・中川勝弘(NICT)
(14) 17:40-18:05 GPM/DPR降水レーダのレベル1処理アルゴリズムの開発と校正 ○正木岳志・久保田拓志・沖 理子・可知美佐子・木田智史・金子有紀・小嶋正弘・古川欣司・三浦健史・改井洋樹(JAXA)・井口俊夫・花土 弘(NICT)・吉田直文・東上床智彦(リモート・センシング技術センター)
(15) 18:05-18:30 GOSATの4年間の運用で得られた成果 久世暁彦・塩見 慶・○境澤大亮・須藤洋志・竹田 亨・中島正勝(JAXA)
6月21日(金) 午前 
10:20 - 18:05
(16) 10:20-10:45 小型科学衛星を用いた長距離無線送電技術実証実験の検討 ○田中孝治・牧 謙一郎・冨木淳史・佐々木 進・上土井大助・牧野克省・池田 人・藤田辰人・後藤大亮・大橋一夫・SPS WG(JAXA)
(17) 10:45-11:10 宇宙太陽光発電システム用発送電一体型パネルの試作試験 ○安達信雄(アルモテック)・上土井大助・牧野克省(JAXA)
(18) 11:10-11:35 宇宙機搭載リチウムイオン電池の開発状況 川瀬 誠・○内藤 均・小島哲也・艸分宏昌(JAXA)
(19) 11:35-12:00 小型観測衛星の技術的課題 ○前田惟裕(東大)
  12:00-13:00 昼食 ( 60分 )
(20) 13:00-13:25 膜展開式デオービット機構 ○桒原聡文・冨岡義弘・橋本達明(東北大)
(21) 13:25-14:15 [特別講演]ソーラー電力セイルによるトロヤ群小惑星探査 ○森 治(JAXA)・船瀬 龍(東大)・白澤洋次・津田雄一・佐伯孝尚・松浦周二・矢野 創(JAXA)・中村良介(産総研)・米徳大輔(金沢大)
  14:15-14:30 休憩 ( 15分 )
(22) 14:30-14:55 SDS-4システムの開発と運用成果 ○森下拓往・井上浩一・中村揚介・大谷 崇(JAXA)
(23) 14:55-15:20 SDS-4搭載平板型ヒートパイプの開発と軌道上実証成果 ○安藤麻紀子・岡本 篤・前田真克・杉田寛之(JAXA)
(24) 15:20-15:45 衛星搭載船舶自動識別実験1(SPAISE)の実験結果について ○篠原季次・宮下直樹・平原大地・吉本引正・山川史郎(JAXA)
(25) 15:45-16:10 衛星舶自動識別システムにおける伝搬遅延特性 ○平原大地(JAXA)・大日方保広(メビウス)・冨木淳史・吉本弘正・篠原季次(JAXA)
  16:10-16:25 休憩 ( 15分 )
(26) 16:25-16:50 準天頂衛星システムのLEX信号を用いたPPP実証実験 ○吉川和宏・河手香織・三吉基之・小暮 聡(JAXA)・佐田達典(日大)・高須知二(東京海洋大)・平原康孝(NEC)
(27) 16:50-17:15 スプーフィングを対象とした民生用衛星測位システムの脆弱性軽減方法の開発 ○千野孝一・Dinesh Manandhar・柴崎亮介(東大)
(28) 17:15-17:40 A-Trainからの雲観測 ○中島 孝・永尾 隆(東海大)
(29) 17:40-18:05 超低高度衛星の今後の展開 ○此上一也・今村俊介・佐藤洋平・川崎春夫・高畑博樹(JAXA)

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分
特別講演発表 40 分 + 質疑応答 10 分
招待講演発表 40 分 + 質疑応答 10 分

問合先と今後の予定
SANE 宇宙・航行エレクトロニクス研究会(SANE)   [今後の予定はこちら]
問合先 冨木 淳史(宇宙航空研究開発機構)
TEL 050-3362-6575
E-: ajaxa

灘井章嗣(情報通信研究機構)
TEL 042-327-6496
E-: ni 


Last modified: 2013-05-10 15:13:18


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[SANE研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のSANE研究会 / 次のSANE研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会