電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のAP研究会 / 次のAP研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


アンテナ・伝播研究会(A・P) [schedule] [select]
専門委員長 堀 俊和
副委員長 牧野 滋
幹事 山田 寛喜, 岩井 誠人
幹事補佐 榊原 久二男

衛星通信研究会(SAT) [schedule] [select]
専門委員長 梅比良 正弘
副委員長 篠永 英之, 若菜 弘充
幹事 小林 聖, 石川 博康

日時 2007年 7月19日(木) 09:00 - 18:35
2007年 7月20日(金) 09:00 - 17:00
議題 衛星,移動通信におけるアンテナ・伝搬技術,一般 
会場名 第一滝本館 (Tel:0143-84-3322) 
住所 北海道登別市登別温泉町55番地
交通案内 http://www.takimotokan.co.jp/
会場世話人
連絡先
苫小牧工業高等専門学校 村本充
0144-67-8035
他の共催 ◆IEEE AP-S Japan Chapter (Chair 森下久), URSI- F委員会(委員長 山口芳雄), 共催
お知らせ ◎1日目(7/19)終了後、懇親会を予定していますので奮ってご参加下さい。
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

7月19日(木) 午前  AP
09:00 - 12:30
(1)
A・P
09:00-09:20 反射板付き葉形ボウタイアンテナによるインパルス伝送時の波形歪みの評価 AP2007-42 飴谷充隆伊藤禎宣山本 学野島俊雄北大
(2)
A・P
09:20-09:40 UWB用単一指向性葉形ボウタイアンテナの2次元アレー化に関する基礎検討 AP2007-43 伊藤禎宣飴谷充隆山本 学野島俊雄北大
(3)
A・P
09:40-10:00 短絡型非対称ボウタイアンテナの放射特性 AP2007-44 浅沼健一奥本剛史横田悠一前田忠彦立命館大
(4)
A・P
10:00-10:20 クラスターフィードによる誘電体レンズアンテナのビーム走査時の利得向上 AP2007-45 但馬陽介山田吉英防衛大
(5)
A・P
10:20-10:40 球面鏡アンテナの鏡面修整法 AP2007-46 岡田尚樹浦崎修治広島工大
  10:40-10:50 休憩 ( 10分 )
(6)
A・P
10:50-11:10 Body Area Network用キャビティ付スロットアンテナの基本的特性 AP2007-47 羽賀 望高橋応明伊藤公一千葉大
(7)
A・P
11:10-11:30 多層基板で構成された広帯域マイクロストリップ線路・導波管変換器のミリ波帯試作特性 AP2007-48 廣野真人榊原久二男菊間信良平山 裕名工大
(8)
A・P
11:30-11:50 給電用マイクロストリップ線路を用いた周波数共用プリントモノポールアンテナのインピーダンス整合について AP2007-49 木村泰子今井哲朗NTTドコモ
(9)
A・P
11:50-12:10 シート状の導波路の構成法とその応用について AP2007-50 新井宏之厳 槿宣横浜国大
(10)
A・P
12:10-12:30 Wideband free access mat for short range wireless access AP2007-51 Kunsun EomHiroyuki Araiyokohama nat'l. univ.
  12:30-13:20 昼休み ( 50分 )
7月19日(木) 午後  AP
13:20 - 16:50
(11)
A・P
13:20-13:40 広帯域対せき形フェルミアンテナを用いた散乱導体のリアルタイム位置推定 AP2007-52 小野康博佐藤弘康澤谷邦男東北大
(12)
A・P
13:40-14:00 Analysis of Dielectric Body by Using Volume Integral Equation Combined with Multi-region Iterative Method AP2007-53 Huiqing ZhaiTohoku Univ.)・Qiaowei YuanTUAT)・Qiang ChenKunio SawayaTohoku Univ.
(13)
A・P
14:00-14:20 反射係数の大きさに着目した改良型Wheeler法における放射効率の落込み回避法の提案 AP2007-54 片桐康男石井 望村山 隆宮川道夫新潟大
(14)
A・P
14:20-14:40 バランを省略した筐体上ダイポールの測定結果 AP2007-55 深沢 徹大橋英征大塚昌孝小西善彦牧野 滋三菱電機
(15)
A・P
14:40-15:00 損失性媒質近傍における無給電素子付きダイポールアンテナの放射特性 AP2007-56 山田亜希子大舘紀章桧垣 誠大石崇文庄木裕樹尾林秀一関根秀一東芝)・諸岡 翼東芝リサーチ
  15:00-15:10 休憩 ( 10分 )
(16)
A・P
15:10-15:30 車体モデルによるアンテナ放射パタンへの影響に関する一検討 AP2007-57 庄司知史村本 充苫小牧高専)・日景 隆大宮 学北大
(17)
A・P
15:30-15:50 エリア自動成形における水平面アンテナ指向性制御法の一検討 AP2007-58 井上祐樹長 敬三NTTドコモ
(18)
A・P
15:50-16:10 相関と放射効率を評価関数とするGAによるマルチアンテナの自動設計 AP2007-59 丸山珠美長 敬三NTTドコモ
(19)
A・P
16:10-16:30 変調プローブアレーを用いたアンテナ放射効率の高速測定法 AP2007-60 陳 強水上 透澤谷邦男東北大)・羽部友浩蓮見亮一デバイス
(20)
A・P
16:30-16:50 Simulation Study on the Beam Scanning of a Partially Driven Phased Array Antenna AP2007-61 Damri RadenamadUniv. of Tokyo)・Tadashi TakanoISAS/JAXA)・Akira HiroseUniv. of Tokyo
  16:50-17:00 休憩 ( 10分 )
7月19日(木) 午後  IEEE AP-S 特別講演
17:00 - 17:45
(21)
共通
17:00-17:45 [特別講演]IP通信トラヒックの統計的特性(口頭発表) 奈須野 裕苫小牧高専
  17:45-17:50 休憩 ( 5分 )
7月19日(木) 午後  SAT研 特別講演
17:50 - 18:35
(22)
共通
17:50-18:35 [特別講演]技術者教育プログラムの質の保証について(口頭発表) 伊藤精彦苫小牧高専
7月20日(金) 午前  SAT
09:00 - 11:50
(23)
SAT
09:00-09:20 非静止衛星を用いた陸上移動体からのKu帯画像データ通信システム SAT2007-12 川上陽一井上誠也三菱電機)・市枝正博三菱電機特機システム)・増田宏禎三菱電機)・雨谷 純浜 真一NICT
(24)
SAT
09:20-09:40 多地点集信型衛星通信システムにおけるトラフィック変動に対応した高効率回線制御方式 SAT2007-13 中平勝也小林 聖大幡浩平NTT
(25)
SAT
09:40-10:00 高度BSデジタル放送用多値変調方式への非線形増幅の影響 SAT2007-14 小島政明鈴木陽一橋本明記田中祥次正源和義NHK
(26)
SAT
10:00-10:20 技術試験衛星VIII型(ETS-VIII:きく8号)搭載用パケット交換機の軌道上初期性能 SAT2007-15 平良真一山本伸一小園晋一NICT)・米田誠良NEC東芝スペースシステム
  10:20-10:30 休憩 ( 10分 )
(27)
SAT
10:30-10:50 ETS-VIII搭載BFN2の軌道上特性 ~ 初期チェックアウトにおけるアンテナパターン測定結果 ~ SAT2007-16 今泉 豊鈴木義規大幡浩平NTT
(28)
SAT
10:50-11:10 降雨量から降雨減衰量の計算方法と21GHz帯衛星放送への適用 SAT2007-17 中澤 進田中祥次・○正源和義NHK
(29)
SAT
11:10-11:30 無着雪カバー付LuneQアンテナを使用した地上デジタル放送・衛星再送信方式の伝搬特性評価 SAT2007-18 初田 健岩森靖卓北海道工大)・佐々木 学対馬義行吉村憲民JSAT)・座光寺孝明河崎憲一郎スカイパーフェクト・コミュニケーションズ)・黒田昌利今井克之SEIハイブリッド
(30)
SAT
11:30-11:50 Ku帯固定衛星業務でのサテライトダイバーシティー方式と時間遅延ダイバーシティ方式の特性比較 SAT2007-19 岩森靖卓初田 健北海道工大)・佐々木 学対馬義行吉村憲民JSAT)・座光寺孝明河崎憲一郎スカイパーフェクト・コミュニケーションズ)・黒田昌利今井克之SEIハイブリッド)・前川泰行阪電通大
  11:50-12:40 昼休み ( 50分 )
7月20日(金) 午後  AP
12:40 - 17:00
(31)
A・P
12:40-13:00 Ku帯およびKa帯衛星回線降雨減衰のサテライトダイバーシティ特性の方位角依存性 AP2007-62 前川泰之阪電通大)・初田 健北海道工大
(32)
A・P
13:00-13:20 無線LANシステムにおける漏洩同軸ケーブルの長尺化 AP2007-63 杉山智則松下尚弘東芝テック)・明石 悟勝又俊和東京電力
(33)
A・P
13:20-13:40 屋内伝搬環境における交差偏波特性に関する検討 AP2007-64 竹下昌宏多賀登喜雄関西学院大)・今井哲朗NTTドコモ
(34)
A・P
13:40-14:00 時変パス遮蔽モデルによる狭帯域レベル変動推定に関する一検討 AP2007-65 柏木一平多賀登喜雄関西学院大)・今井哲朗NTTドコモ
  14:00-14:10 休憩 ( 10分 )
(35)
A・P
14:10-14:30 時変動環境下でのマルチユーザMIMOダウンリンクにおける、拡張簡易最尤推定法(ES-MLD) AP2007-66 山田知之姜 聞杰鷹取泰司工藤理一太田 厚久保田周治NTT
(36)
A・P
14:30-14:50 Generalized Approximation of Largest Eigenvalue Distribution in MIMO Rayleigh Channels AP2007-67 Tetsuki TaniguchiShen ShaYoshio KarasawaUniv. of Electro-Comm.
(37)
A・P
14:50-15:10 Configuration of Terminal Antennas for Indoor MIMO systems AP2007-68 Yongming GeUniversity of Fukui, Beijing University of Chemical Technology)・Mitoshi FujimotoToshikazu HoriUniv. of Fukui
(38)
A・P
15:10-15:30 免疫アルゴリズムを用いた到来方向推定の特性について AP2007-69 大島功三旭川高専)・小川恭孝北大
  15:30-15:40 休憩 ( 10分 )
(39)
A・P
15:40-16:00 UWB MIMOチャネルにおける方位角および仰角方向のAOA/AOD推定法の比較 AP2007-70 高橋正樹岩切直彦小林岳彦東京電機大
(40)
A・P
16:00-16:20 実測データにもとづく信号モデルを用いたUWBチャネル推定 AP2007-71 岩切直彦小林岳彦東京電機大
(41)
A・P
16:20-16:40 DOA推定のための仮想素子を用いたアレー校正法の効果 AP2007-72 内藤 孝山田寛喜山口芳雄新潟大
(42)
A・P
16:40-17:00 独立成分分析による分離信号を利用したアレー校正手法 AP2007-73 島田裕平山田寛喜山口芳雄新潟大

講演時間
一般講演発表 15 分 + 質疑応答 5 分
特別講演発表 40 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
AP アンテナ・伝播研究会(A・P)   [今後の予定はこちら]
問合先 岩井誠人 (同志社大)
TEL:0774-65-6267,FAX:0774-65-6801
E-:_-cry 
SAT 衛星通信研究会(SAT)   [今後の予定はこちら]
問合先 SAT研究会幹事:t_-c
小林聖(NTT)
TEL:046-859-2777,FAX:046-855-1752
石川博康(KDDI研究所)
TEL:049-278-7856,FAX:049-278-7510 


Last modified: 2007-05-25 12:55:45


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[AP研究会のスケジュールに戻る]   /   [SAT研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のAP研究会 / 次のAP研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会