電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のCS研究会 / 次のCS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


通信方式研究会(CS) [schedule] [select]
専門委員長 葉玉 寿弥 (防衛大)
副委員長 坪井 利憲 (東京工科大)
幹事 梅原 大祐 (京都工繊大), 寺田 純 (NTT)

日時 2013年 7月 4日(木) 09:00 - 17:50
2013年 7月 5日(金) 08:50 - 11:30
議題 次世代ネットワーク,アクセスネットワーク,ブロードバンドアクセス方式,電力線通信,無線通信方式,符号化方式,一般 
会場名 与那国町複合型公共施設 
住所 〒907-1801 沖縄県八重山郡与那国町与那国437-17
交通案内 与那国空港から車で7分
会場世話人
連絡先
与那国町観光協会
0980-87-2402
お知らせ ◎7/4研究会終了後,懇親会を予定していますのでご参加ください.
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.

7月4日(木) 午前  CS (1)
座長: 鈴木 謙一 (NTT)
09:00 - 10:40
(1) 09:00-09:25 再構成超解像の周波数解析 ○合志清一(工学院大)
(2) 09:25-09:50 3次畳み込み補間に関する一考察 ○上田裕巳(東京工科大)
(3) 09:50-10:15 MMTを利用したNSCW伝送方式の検討 ○仲地孝之・外村喜秀・藤井竜也(NTT)
(4) 10:15-10:40 ファジィ数を用いたSIRMsファジィ推論法 ○三石貴志(流通科学大)・本間利通(阪経済大)・島田奈美(流通科学大)
  10:40-10:50 休憩 ( 10分 )
7月4日(木) 午前  CS (2)
座長: 黒田 康之 (OFN)
10:50 - 12:05
(5) 10:50-11:15 上位レイヤの再送を考慮したONU Deep Sleepの検討 ○氏川裕隆・鈴木謙一・吉本直人(NTT)
(6) 11:15-11:40 PONのスループットを向上させるSRTF方式帯域割当の提案 ○竹本裕太・西谷隆志・向井宏明・水落隆司(三菱電機)
(7) 11:40-12:05 マルチビットレートかつマルチチップレートな光直交符号に関する検討 ○辻岡哲夫(阪市大)
  12:05-13:30 昼食 ( 85分 )
7月4日(木) 午後  招待講演 (1)
座長: 梅原 大祐 (京都工繊大)
13:30 - 14:30
(8) 13:30-14:00 [招待講演]アクセスNWにおけるレイヤ2ルーティング適用時のユーザ間帯域重み付き公平化手法 ○中山 悠・太田憲行(NTT)
(9) 14:00-14:30 [招待講演]kHz帯PLC用N-PE伝送方式の実地試験結果 ○吉澤幸晃・都築伸二・山田芳郎(愛媛大)
  14:30-14:40 休憩 ( 10分 )
7月4日(木) 午後  招待講演 (2)
座長: 坪井 利憲 (東京工科大)
14:40 - 16:10
(10) 14:40-15:10 [招待講演]Network Coding Cache in Information-Centric Networks ○Dinh Nguyen・Hidenori Nakazato(Waseda Univ.)
(11) 15:10-15:40 [招待講演]波長可変型WDM/TDM-PONを用いた広域フォトニックアグリゲーション技術の省電力効果及び適用領域の検討 ○妹尾由美子・金子 慎・吉田智暁・木村俊二・吉本直人(NTT)
(12) 15:40-16:10 [招待講演]光ファイバ融合UWBインパルス無線通信システム ○大柴小枝子・小原友里・三浦浩志(京都工繊大)
  16:10-16:20 休憩 ( 10分 )
7月4日(木) 午後  特別招待講演
座長: 葉玉 寿弥 (防衛大)
16:20 - 17:50
(13) 16:20-17:05 [特別招待講演]小規模離島におけるブロードバンドの整備と利活用 ○升屋正人(鹿児島大)
(14) 17:05-17:50 [特別招待講演]南西諸島における救急災害医療への情報通信の活用 ~ 広大な海域に離島を持つ沖縄県でのニーズとシーズ ~ ○久木田一朗(琉球大)
7月5日(金) 午前  CS (3)
座長: 高橋 賢 (広島市大)
08:50 - 10:05
(15) 08:50-09:15 MIMO伝送を利用したCollision detection ~ 多重伝送とアグリゲーションによるスループット特性/伝送効率の評価 ~ ○森野善明・平栗健史(日本工大)・西森健太郎・川原理彰・堅岡良知(新潟大)・大田健紘・吉野秀明(日本工大)
(16) 09:15-09:40 符号を用いた通信フレームヘッダ削減方法の一検討 ○進藤卓也(日本工大)・岸田 朗(NTT)・平栗健史(日本工大)・西森健太郎(新潟大)・木村貴幸・神野健哉(日本工大)・鵜澤史貴(NHK)
(17) 09:40-10:05 様々な形状を有する電力ネットワークにおける電力融通のための最適制御手法 ○木村佳佑・木村貴幸・平栗健史・神野健哉(日本工大)
  10:05-10:15 休憩 ( 10分 )
7月5日(金) 午前  CS (4)
座長: 辻岡 哲夫 (阪市大)
10:15 - 11:30
(18) 10:15-10:40 マルチホップ無線メッシュネットワーク環境における高効率データ配信方法 ○飯島昌平・大塚義浩・大塚 晃・曽我部靖志(三菱電機)
(19) 10:40-11:05 イベント駆動型インピーダンス整合機能を適用した短パルスCANの検討 ○高橋朋宏・梅原大祐・若杉耕一郎(京都工繊大)・石河伸一・坪内利康(オートネット技研)
(20) 11:05-11:30 サブキャリヤ受信によるISDB-T地上ディジタルテレビ方式での緊急警報検出 ○高橋 賢(広島市大)

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分
招待講演発表 25 分 + 質疑応答 5 分
特別招待講演発表 40 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
CS 通信方式研究会(CS)   [今後の予定はこちら]
問合先 梅原 大祐 (京都工繊大)
TEL 075-724-7471, FAX 075-724-7400
寺田 純 (NTT)
E-: n2013n 
お知らせ ◎最新情報は,CS研究会ホームページを御覧下さい.
http://www.ieice.org/cs/cs/jpn/


Last modified: 2013-09-20 00:29:29


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[CS研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のCS研究会 / 次のCS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会