お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のNS研究会 / 次のNS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


ネットワークシステム研究会(NS) [schedule] [select]
専門委員長 平松 淳 (NTT-AT)
副委員長 戸出 英樹 (阪府大)
幹事 橘 拓至 (福井大), 前田 英樹 (NTT)
幹事補佐 鎌村 星平 (NTT)

{INFOMESITEM}
日時 2015年10月15日(木) 10:00 - 17:20
2015年10月16日(金) 09:00 - 12:00
議題 ネットワークアーキテクチャ(オーバレイ,P2P,ユビキタスNW,スケールフリーNW,アクティブNW,NGN・新世代NW),次世代パケットトランスポート(高速Ethernet,IP over WDM,マルチサービスパケット技術,MPLS),グリッド,一般 
会場名 秋田大学 手形キャンパス ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー 2階 大セミナー室 
住所 〒010-8502 秋田市手形学園町1番1号
交通案内 JR秋田駅からバス(手形山経由大学病院線)で秋田大学前下車、または、駅東口から徒歩15分(約1.3km)
http://www.akita-u.ac.jp/honbu/access/index.html

10月15日(木) 午前  NS1
座長: 大和田 英成 (NTT西日本)
10:00 - 11:40
(1) 10:00-10:25 リソース有効活用のための自動経路集約システムと障害復旧方式の提案 ~ NetroSphere構想実現に向けて ~ ○横井俊宏・高橋 賢・吉岡弘高・岩井隆典(NTT)
(2) 10:25-10:50 レコメンド型帯域カレンダリングシステムにおける資源割当最適化法の提案 ~ NetroSphere構想実現に向けて ~ ○鎌村星平・山本 宏・伊達拓紀・林 理恵・濱野貴文・植松芳彦・源田浩一(NTT)
(3) 10:50-11:15 ネットワーク構造の諸指標とグラフスペクトルの関係 ○澤田涼介・作元雄輔(首都大東京)・高野知佐(広島市大)・会田雅樹(首都大東京)
(4) 11:15-11:40 ノード間の非対称相互作用によって生ずるネットワークダイナミクスに関する対称行列を用いたモデル化について ○会田雅樹(首都大東京)・高野知佐(広島市大)
  11:40-13:00 昼食 ( 80分 )
10月15日(木) 午後  NS2
座長: 西本 寛(東芝)
13:00 - 14:40
(5) 13:00-13:25 平均経路長を低減する強連結P2Pネットワークの自律分散構成法 ○坂本陸歩・山岡克式(東工大)
(6) 13:25-13:50 アドホックネットワークにおける近傍ノード協力形マルチキャスト方式 ○荒木涼太郎(芝浦工大)・山崎 託(早大)・山本 嶺(電通大)・三好 匠(芝浦工大)
(7) 13:50-14:15 アドホックネットワークにおけるノード次数を考慮した自律分散クラスタリング ○森田良輔(首都大東京)・高野知佐(広島市大)・会田雅樹(首都大東京)
(8) 14:15-14:40 IoT時代に向けた低遅延通信サービスのためのゲートウェイ選択方式 ○平井弘実・東條琢也・松本 実・高谷直樹(NTT)
  14:40-15:00 休憩 ( 20分 )
10月15日(木) 午後  NS3:ポスター講演
15:00 - 16:20
(9) 15:00-16:20 [ポスター講演]SDNを用いた複合形マルチキャストルーチング ○笠松琢磨・三好 匠(芝浦工大)
(10) 15:00-16:20 [ポスター講演]すれ違い通信を利用したキャラクター育成アプリの実証実験 ○畑中崇志・福野太洋・多保田耕平・鷲見恭仁・関 智広・樋口 健・橘 拓至(福井大)
(11) 15:00-16:20 [ポスター講演]Underwater Sensor Networkにおけるデータ測定領域に着目したノードの移動制御法 ○岸上 渉・谷川陽祐・戸出英樹(阪府大)
(12) 15:00-16:20 [ポスター講演]無線メッシュネットワークにおけるトラヒック分散を利用したスケジューリング手法 ○吉野ゆり子・橋本匡史・若宮直紀(阪大)
(13) 15:00-16:20 [ポスター講演]無線センサ網における周期的トラヒック間の位相を均等化する高品質なデータ収集法 ○堂村裕史・谷川陽祐・戸出英樹(阪府大)
(14) 15:00-16:20 [ポスター講演]無線アドホックネットワークにおける並列エミュレーションの因果関係改善方式の複数ホップへの拡張 ○山崎佑典・大坐畠 智・加藤聰彦(電通大)
(15) 15:00-16:20 [ポスター講演]基地局間協調送受信を考慮した周波数共用による公平性向上 ○柴田修作(阪大)・木下和彦(徳島大)・河野圭太(岡山大)・渡辺 尚(阪大)
  16:20-16:35 休憩 ( 15分 )
10月15日(木) 午後  招待講演
座長: 平松 淳 (NTT-AT)
16:35 - 17:20
(16) 16:35-17:20 [招待講演]情報セントリックネットワーキング研究の最新動向 ○長谷川 亨・小泉佑揮(阪大)
10月16日(金) 午前  NS4:一般及び技術開発講演
座長: 塚本 和也(九工大)
09:00 - 10:15
(17) 09:00-09:25 商店街の活性化を実現するすれ違い通信アプリの開発 ○関 智広・畑中崇志・田中秀樹・浦山康洋・橘 拓至(福井大)
(18) 09:25-09:50 分散システムにおけるリバランシング効率化方式の提案と性能評価 ~ NetroSphere構想実現に向けて ~ ○外山篤史(NTT)
(19) 09:50-10:15 サーバサイドレンダリングを使用するクラウド型視聴システムの試作 ○平松和茂・金子 豊・竹内真也・苗村昌秀(NHK)
  10:15-10:20 休憩 ( 5分 )
10月16日(金) 午後  NS5
座長: 三好 匠(芝浦工大学)
10:20 - 12:00
(20) 10:20-10:45 [奨励講演]Bandwidth Resource Allocation Method Based on Quality of Experience Considering Users' Situation ○Huong Pham-Thi・Takumi Miyoshi(Shibaura Inst. Tech.)
(21) 10:45-11:10 HIMALISセンサネットワークのためのネットワークモビリティ機構 福島裕介・ベド カフレ・藤川賢治・○原井洋明(NICT)
(22) 11:10-11:35 広域展開に向けたRISEアーキテクチャの検討 ○伊藤暢彦(NICT)・金海好彦・齋藤修一(NEC/NICT)・鈴木一哉(NEC)・河合栄治(NICT)・下條真司(阪大/NICT)
(23) 11:35-12:00 Cache Replacement Based on Server Distance ○Noriaki Kamiyama・Yuusuke Nakano(Osaka Univ./NTT)・Kohei Shiomoto(NTT)

講演時間
一般講演発表 18 分 + 質疑応答 7 分
招待講演発表 40 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
NS ネットワークシステム研究会(NS)   [今後の予定はこちら]
問合先 NS研究会幹事及び幹事補佐:ns-cat
鎌村星平 (NTT)
TEL 0422-59-3349
前田英樹 (NTT)
TEL 0422-59-4016 
お知らせ ◎最新情報は,NS研ホームページをご覧ください.
http://www.ieice.org/cs/ns/jpn/
◎プログラム確定後の発表キャンセルは原則できませんのでご注意下さい.


Last modified: 2015-10-09 12:30:20


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[NS研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のNS研究会 / 次のNS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会