電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


通信方式研究会(CS) [schedule] [select]
専門委員長 横谷 哲也 (金沢工大)
副委員長 中里 秀則 (早大)
幹事 谷口 友宏 (NTT), 牟田 修 (九大)

光通信システム研究会(OCS) [schedule] [select]
専門委員長 平野 章 (NTT)
副委員長 森田 逸郎 (KDDI研)
幹事 小林 孝行 (NTT), 山本 義典 (住友電工)

日時 2017年 1月19日(木) 13:00 - 18:15
2017年 1月20日(金) 09:20 - 14:20
議題 コア・メトロシステム,海底伝送システム,光アクセスシステム・次世代PON,イーサネット,光伝達網(OTN),伝送監視制御,光伝送システム設計・ツール,モバイル光連携,一般 
会場名 九州産業大学 2号館 国際文化学部 E棟 3F 2E309教室 
住所 〒813-8503 福岡県福岡市東区松香台2-3-1
交通案内 JR九産大前駅から構内まで徒歩1分
http://www.kyusan-u.ac.jp/guide/map/access.html
会場世話人
連絡先
工学部 電気情報工学科 織田一弘 教授
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費(CS研究会)についてはこちらをご覧ください.

1月19日(木) 午後 
座長: 大柴 小枝子(京都工繊大)
13:00 - 15:10
  13:00-13:05 開会の挨拶 ( 5分 )
(1)
CS
13:05-13:30 CAN FDにおけるバイポーラNRZ符号化アーキテクチャとその特性評価 ○宍戸建之・松下達貴・梅原大祐・若杉耕一郎(京都工繊大)
(2)
CS
13:30-13:55 モバイルフロントホールNW実現に向けた10Gbps級CPRI信号へのAMCC信号重畳による影響評価 ○中川剛二・曽根恭介(富士通)・吉田節生・小田祥一朗(富士通研)・滝澤基行・廣瀬佳生(富士通)・星田剛司(富士通研)
(3)
CS
13:55-14:20 TDD-based Mobile Fronthaulと他サービスの同一TDM-PON収容の提案と評価 ○久野大介・島田達也・王 寛・小林孝行・中山 悠・寺田 純・大高明浩(NTT)
(4)
CS
14:20-14:45 TDM-PONシステムのMFH適用に向けた上りフレーム遅延低減方式の一検討 ○平野幸男・西谷隆志・名倉健一・小崎成治(三菱電機)
(5)
CS
14:45-15:10 5Gモバイルの無線リソース割当て最適化のためのハードウェアアクセラレーション技術 ○有川勇輝・鵜澤寛之・坂本 健・木村俊二(NTT)
  15:10-15:20 休憩 ( 10分 )
1月19日(木) 午後 
座長: 中村 守里也(明治大)
15:20 - 16:35
(6)
OCS
15:20-15:45 OCDMAにおけるQD-SOAで構成した干渉抑圧 ○西野真弘・細谷 剛・八嶋弘幸(東京理科大)
(7)
OCS
15:45-16:10 モバイルトラフィック変動を考慮したスモールセル基地局のスリープモード制御によるMBHネットワークにおける省電力効果の検証 ○曽根恭介(富士通研)・Inwoong Kim・Xi Wang(FLA)・青木泰彦・関 宏之(富士通)
(8)
OCS
16:10-16:35 5G光収容向け100GコヒーレントPONシステムにおけるAMCC信号を用いた自動波長割当によるONU登録制御機能の検証 ○田野文彦・吉間 聡・勝又隆晶・三浦浩志・野口由比多・長沢明子・鈴木巨生・野田雅樹(三菱電機)
  16:35-16:45 休憩 ( 10分 )
1月19日(木) 午後 
座長: 寺田 純(NTT)
16:45 - 18:15
(9)
CS
16:45-17:30 [特別招待講演]第5世代セルラネットワークにおける無線アクセス技術と光伝送技術への期待 ○三瓶政一(阪大)
(10)
CS
17:30-18:15 [特別招待講演]光アクセスシステムの仮想化・部品化技術および標準化動向 ~ サービスへの即応性と経済化に向けて ~ ○浅香航太・原田拓弥・氏川裕隆・吉野 學・太田憲行・可児淳一・鈴木謙一・大高明浩(NTT)
1月20日(金) 午前 
座長: 栖川 淳(日立製作所)
09:20 - 10:10
(11)
CS
09:20-09:45 固定長周期重畳図を用いたPLCの通信特性の解析 ○上野大二郎・喜田健司・佐野勇司・木本伊彦(東洋大)・石川博康(日大)・篠永英之(東洋大)
(12)
CS
09:45-10:10 超多チャネルIPブロードキャスト配信に向けた冗長構成の検討 ○藤原稔久・笠原康信・結城直彦・清水秀和・須川智規(NTT)
  10:10-10:20 休憩 ( 10分 )
1月20日(金) 午後 
座長: 吉間 聡(三菱電機)
10:20 - 12:00
(13)
OCS
10:20-10:45 直接検波システムにおける4値/7値符号化の適用によるPAM4信号の帯域制限耐力及び波長分散耐力の向上 ○増田 陽・山本秀人・河原光貴・曽根由明・河合伸悟・福徳光師(NTT)
(14)
OCS
10:45-11:10 光パス到達性を向上させるSimplified Optical Cross Connect の帯域狭窄特性改善 ○谷田部 漠・松山友理恵・竹下仁士・藤澤慎介・中田武志・田島章雄・小熊健史(NEC)
(15)
OCS
11:10-11:35 帯域可変大容量インタフェースにおける中間帯域リンクの高信頼化に向けた一検討 ○桑原世輝・田中貴章・乾 哲郎・山田義朗・小林正啓(NTT)
(16)
OCS
11:35-12:00 4サブキャリア連携光周波数制御を適用した400Gスーパーチャネル信号の実験検討 小玉崇宏・○野口由比多・佐野勇人・吉田 剛・鈴木巨生(三菱電機)
  12:00-13:00 昼食 ( 60分 )
1月20日(金) 午後 
座長: 牟田 修(九州大学)
13:00 - 14:20
(17)
CS
13:00-13:25 励起光強度最適化によりEDFAの過渡応答を抑圧したバースト光増幅中継方式 ○益本佳奈・中川雅弘・松田俊哉・保米本 徹・片山 勝・行田克俊(NTT)
(18)
CS
13:25-13:50 容量可変なOFDMA-PON向けサブキャリア割当切替動作の実証 ○栖川 淳・若山浩二・菊池信彦(日立)
(19)
CS
13:50-14:15 1G,10G,NG-PON2,及び映像配信システム共存下における線形/非線形クロストークの影響検討 ○原 一貴・田口勝久・谷口友宏・西原 晋・浅香航太・鈴木謙一・新居丈司・大高明浩(NTT)
  14:15-14:20 閉会の挨拶 ( 5分 )

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分
特別招待講演発表 40 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
CS 通信方式研究会(CS)   [今後の予定はこちら]
問合先 谷口 友宏(NTT)
牟田 修(九大)
E-: n2015n 
お知らせ ◎最新情報は,CS研究会ホームページを御覧下さい.
http://www.ieice.org/cs/cs/jpn/
OCS 光通信システム研究会(OCS)   [今後の予定はこちら]
問合先 小林 孝行 (NTT)
TEL: 046-859-4373 FAX: 046-859-5541
E-: ba

山本 義典 (住友電工)
TEL: 045-853-7172 FAX: 045-851-1565
E-: oinfoi 
お知らせ ◎OCS Webページ:http://www.ieice.org/~ocs/jpn-new/index.php
◎OCS研究会では、2007年より「光通信システム研究会 奨励賞」および「光通信システム研究会 論文賞」を設立しました。毎年9月~翌年8月のOCS研究会に投稿・発表された講演を対象に選考し、翌年12月の光通信システムシンポジウムにて表彰します。詳しくはOCS Webページをご覧下さい。


Last modified: 2017-01-06 12:32:08


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[CS研究会のスケジュールに戻る]   /   [OCS研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会