電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のCQ研究会 / 次のCQ研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 

★コミュニケーションクオリティ研究会(CQ)
専門委員長 矢守 恭子 (朝日大)  副委員長 林 孝典 (NTT), 下西 英之 (NEC)
幹事 松田 崇弘 (阪大), 久保 亮吾 (慶大)
幹事補佐 アベセカラ ヒランタ (NTT), 福元 徳広 (KDDI研)

★通信方式研究会(CS)
専門委員長 横谷 哲也 (金沢工大)  副委員長 中里 秀則 (早大)
幹事 谷口 友宏 (NTT), 牟田 修 (九大)

日時 2017年 4月20日(木) 13:00~17:00
   2017年 4月21日(金) 08:50~16:00

会場 千歳科学技術大学 研究実験棟2階F203教室(〒066-8655 北海道千歳市美々758番地65.新千歳空港よりJRで南千歳駅下車, そこより、シャトルバスで研究実験棟前で下車.https://www.chitose.ac.jp/)

議題 ネットワークサービス,サービス品質,SDN(Software-Defined Networking),NFV(Network Functions Virtualization),ネットワーク仮想化,クラウド,コンテンツ配信,一般

4月20日(木) 午後 CS(1) (13:00~13:50)
座長: 原 一貴 (NTT)

(1)/CS 13:00 - 13:25
ハード・ソフト連携QoS制御アーキテクチャの性能評価
○北田敦史・西村和人・朝永 博(富士通研)

(2)/CS 13:25 - 13:50
超コンフィギュラブルパケットスイッチにおけるテーブル検索抽象化機能の検討および評価
○廣田正樹・西村和人・朝永 博(富士通研)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

4月20日(木) 午後 招待講演 (14:00~15:20)
座長: 下西 英之 (NEC)

(3)/共通 14:00 - 14:40
[招待講演]OpenStack NFV 及びコンテナ技術を活用したエッジコンピューティング
○杉山秀次(レッドハット)

(4)/共通 14:40 - 15:20
[招待講演]モバイルネットワークへの仮想化技術の適用
○深江誠司(NTTドコモ)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

4月20日(木) 午後 特別招待講演 (15:30~17:00)
座長: 牟田 修 (九大)

(5)/共通 15:30 - 16:15
[特別招待講演]10GBASE-Tの技術 ~ 電気ペアケーブルEthernet伝送技術の発展 ~
○上田裕巳(東京工科大)

(6)/共通 16:15 - 17:00
[特別招待講演]ホワイトボックス10G-EPONを用いた実践的ONOS実装の試み ~ オープンvOLHTAに関する議論 ~
○草野俊彦(オリバーソリューションズ)・吉本直人(千歳科技大)

4月21日(金) 午前 CS(2) (08:50~10:05)
座長: 谷口 友宏 (NTT)

(7)/CS 08:50 - 09:15
IoTデバイスにおけるパケット処理方式と試作評価
清水章博・佐々木裕也・田代雅稔・○横谷哲也(金沢工大)

(8)/CS 09:15 - 09:40
モバイルフロントホールにおける低遅延レイヤ2スイッチアーキテクチャの検討
○西村和人・北田敦史・廣田正樹・朝永 博(富士通研)

(9)/CS 09:40 - 10:05
FASAにおける高信頼化に関する検討
○吉野 學・原田拓弥・氏川裕隆・鈴木謙一・大高明浩(NTT)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

4月21日(金) 午前 CQ(1) (10:15~11:55)
座長: 福元 徳広 (KDDI総合研究所)

(10)/CQ 10:15 - 10:40
IoTセンサデータトラフィックに対するSDNによる細粒度な制御方式の検討
○山中広明(NICT)

(11)/CQ 10:40 - 11:05
LED可視光通信によるワンタイムパスワード送受信システム
○井戸千晴・大柴小枝子(京都工繊大)

(12)/CQ 11:05 - 11:30
瑞穂市における水害時避難支援のためのナビゲーションアプリの開発
藤澤英和・○矢守恭子(朝日大)

(13)/CQ 11:30 - 11:55
H.265/HEVCビデオ・音声IP伝送におけるビデオ出力方式がQoEに及ぼす影響
○布目敏郎・熊崎結也(名工大)

−−− 休憩 ( 65分 ) −−−

4月21日(金) 午後 招待講演 (13:00~13:40)
座長: 矢守 恭子 (朝日大)

(14)/共通 13:00 - 13:40
[招待講演]離島の地域医療支援 ~ 遠隔妊婦健康診査の適用 ~
○新見隆彦・辰巳治之(札幌医科大)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

4月21日(金) 午後 特別招待講演 (13:50~14:35)
座長: 横谷 哲也 (金沢工大)

(15)/共通 13:50 - 14:35
[特別招待講演]通信トラヒック工学におけるモデル化と解析事例
○吉野秀明(日本工大)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

4月21日(金) 午後 CQ(2) (14:45~16:00)
座長: アベセカラ ヒランタ (NTT)

(16)/CQ 14:45 - 15:10
Evaluation of the Robustness of Influence Maximization Algorithms against Random Perturbations to Influence Spread Probability
○Sho Tsugawa(Univ. of Tsukuba)・Hiroyuki Ohsaki(Kwansei Gakuin Univ.)

(17)/CQ 15:10 - 15:35
遅延時系列データのスパースなスペクトル構造を用いたモバイルネットワークトモグラフィ
○田行里衣(NTT)・金正英朗(阪大)・池上大介(NTT)・松田崇弘(阪大)・林 孝典(NTT)・滝根哲哉(阪大)

(18)/CQ 15:35 - 16:00
Economic Analysis of Carrier-grade Wirless Local Area Network Deployment
○Cheng Zhang(Waseda Univ.)・Bo Gu(Kogakuin Univ.)・Zhi Liu(Shizuoka Univ.)・Kyoko Yamori(Asahi Univ.)・Yoshiaki Tanaka(Waseda Univ.)

一般講演(25分):発表 20 分 + 質疑応答 5 分
招待講演(40分):発表 35 分 + 質疑応答 5 分
特別招待講演(45分):発表 40 分 + 質疑応答 5 分


☆CQ研究会今後の予定 [ ]内発表申込締切日

5月29日(月)~30日(火) ホテルメリージュ(宮崎) [3月13日(月)] テーマ:無線伝送効率,無線伝送品質,MIMO・ダイバーシチ・マルチプレキシング,無線リソース割当,クロスレイヤ技術,一般
7月27日(木)~28日(金) 神戸大学 [5月15日(月)] テーマ:QoEとQoSの評価・計測・制御,一般

【問合先】
松田 崇弘(大阪大学)
TEL 06-6879-7741, FAX 06-6875-5901
E-mail: cq_-n
久保 亮吾(慶應義塾大学)
TEL 045-566-1763. FAX 045-566-1529
E-mail: cq_-n

◎最新情報は,コミュニケーションクオリティ研究会ホームページをご覧下さい.
http://www.ieice.org/cs/cq/jpn/

☆CS研究会今後の予定 [ ]内発表申込締切日

5月 休会
6月 休会
7月27日(木)~28日(金) 福江文化会館 [5月15日(月)] テーマ:次世代ネットワーク,アクセスネットワーク,ブロードバンドアクセス方式,電力線通信,無線通信方式,符号化方式,一般

【問合先】
谷口 友宏(NTT)
牟田 修(九大)
E-mail: n2015n

◎最新情報は,CS研究会ホームページを御覧下さい.
http://www.ieice.org/cs/cs/jpn/


Last modified: 2017-04-14 19:27:15


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[CS研究会のスケジュールに戻る]   /   [CQ研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のCQ研究会 / 次のCQ研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会