電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のPN研究会 / 次のPN研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 

1日目のセッション終了後にPNワークショップを開催いたします.詳しくは,PN研webページのご案内を御覧ください.



フォトニックネットワーク研究会(PN) [schedule] [select]
専門委員長 大木 英司 (電通大)
副委員長 長谷川 浩 (名大), 釣谷 剛宏 (KDDI研), 大越 春喜 (古河電工)
幹事 古川 英昭 (NICT), 廣田 悠介 (阪大)
幹事補佐 中川 雅弘 (NTT)

日時 2015年 8月31日(月) 12:15 - 17:40
2015年 9月 1日(火) 09:00 - 12:05
議題 フォトニックネットワーク関連技術,一般 
会場名 旭岳万世閣ホテルベアモンテ 
住所 〒071-1472 北海道上川郡東川町旭岳温泉
交通案内 いで湯バス停 旭岳(ロープウェイ山麓駅前)から徒歩3分または旭川空港からタクシーで約45分
http://www.bearmonte.jp/access/index.php
会場世話人
連絡先
0166-97-2321(会場)

8月31日(月) 午後 
12:15 - 13:55
(1) 12:15-12:40 W帯MIMO-RoF伝送の通信路容量に関する一検討 高見侑宏吉田悠来北山研一阪大
(2) 12:40-13:05 L帯EDFAにおける利得変動抑制法の検討 白岩雅輝NICT)・Ray ManAmonics)・Benjamin J. Pattnum淡路祥成和田尚也NICT
(3) 13:05-13:30 ZrO2-SiO2 PLCの特性と応用 山崎慎太郎内田泰芳高橋正典長谷川淳一古河電工
(4) 13:30-13:55 モードをラベルとして用いた光パケットスイッチング 林 雅浩Diamantopoulous Nikolaos Panteleimon吉田悠来丸田章博阪大)・丸山 遼桑木伸夫竹永勝宏植村 仁松尾昌一郎フジクラ)・北山研一阪大
  13:55-14:05 休憩 ( 10分 )
8月31日(月) 午後  招待講演
14:05 - 15:35
(5) 14:05-14:50 [招待講演]ポリマー導波路を用いた光電子集積パッケージ基板の25G伝送動作 天野 建光電子融合基盤技研/産総研
(6) 14:50-15:35 [招待講演]空間分割多重(SDM)技術の趨勢 淡路祥成坂口 淳ベンジャミン パットナムルーベン ルイスホゼ マニュエル デルガド メンディニュエタクラウス ヴェルナー和田尚也NICT
  15:35-15:50 休憩・WS受付 ( 15分 )
8月31日(月) 午後  PNワークショップ
15:50 - 17:40
  15:50-17:40 ◆ PNワークショップ ( 110分 )
9月1日(火) 午前 
09:00 - 10:40
(7) 09:00-09:25 機械学習制御に基づくルータの低消費電力化 川瀬弘嗣森 洋二郎長谷川 浩佐藤健一名大
(8) 09:25-09:50 エラスティック光ネットワークにおけるトラヒック変動幅予測に基づく適応的サブキャリア割り当て 千野光礼宮崎貴博慶大)・大木英司電通大)・岡本 聡慶大/電通大)・山中直明慶大
(9) 09:50-10:15 An Approach to Emergency Multi-layer Networks Construction in Disaster Recovery with Efficient Multi-vendor Interconnection Sugang XuNICT)・Noboru YoshikaneKDDI R&D Lab.)・Masaki ShiraiwaNICT)・Takehiro TsuritaniKDDI R&D Lab.)・Hiroaki HaraiYoshinari AwajiNaoya WadaNICT
(10) 10:15-10:40 Grouped Routing仮想光リンクを導入した大規模光パスネットワークの動的コントロール 伊東優作森 洋二郎長谷川 浩佐藤健一名大
  10:40-10:50 休憩 ( 10分 )
9月1日(火) 午前 
10:50 - 12:05
(11) 10:50-11:15 光パケット・光パス統合ノードを用いたバースト信号伝送の実証 古川英昭原井洋明品田 聡和田尚也NICT
(12) 11:15-11:40 光L2スイッチネットワークにおける帯域利用効率向上のためのタイムスロット制御タイミング切り替え方式の提案 服部恭太保米本 徹中川雅弘松田俊哉片山 勝行田克俊NTT
(13) 11:40-12:05 インサービスライブマイグレーション仮想エッジ方式の提案 三澤 明望月このみ土屋英雄中川雅弘服部恭太片山 勝可児淳一NTT

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分
招待講演発表 40 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
PN フォトニックネットワーク研究会(PN)   [今後の予定はこちら]
問合先 古川 英昭 (情報通信研究機構)
TEL 042-327-5694, FAX 042-327-6680
E:
廣田 悠介 (大阪大学)
TEL 06-6879-4547, FAX 06-6879-4549
E: ist-u 
お知らせ ◎最新情報は,PN研究会ホームページを御覧下さい.http://www.ieice.org/~pn/jpn/
◎Japan Photonic Network Model (JPN Model)を公開中です.詳しくはPN研ホームページを御覧下さい.


Last modified: 2015-06-22 09:48:51


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[PN研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のPN研究会 / 次のPN研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会