お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のICD研究会 / 次のICD研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


集積回路研究会(ICD) [schedule] [select]
専門委員長 山村 毅 (富士通研)
副委員長 藤島 実 (広島大)
幹事 松岡 俊匡 (阪大), 渡辺 理 (東芝)
幹事補佐 大内 真一 (産総研), 吉田 毅 (広島大), 土谷 亮 (京大), 範 公可 (電通大)

情報センシング研究会(ITE-IST) [schedule] [select]
委員長 須川 成利 (東北大)
副委員長 高柳 功 (アプティナ)
担当幹事 池辺 将之 (北大)

{INFOMESITEM}
日時 2013年 7月 4日(木) 09:30 - 18:30
2013年 7月 5日(金) 09:15 - 18:30
議題 アナログ、アナデジ混載、RF及びセンサインタフェース回路 
会場名 サン・リフレ函館 
住所 〒040-0034 函館市大森町2番14号
交通案内 函館空港から7km 車で20分, JR函館駅から約1km 徒歩15分, 市電松風町停留所から700m 徒歩10分, 函館バス サン・リフレ函館前停留所から 徒歩1分
http://www.city.hakodate.hokkaido.jp/keizai/roudou/s-refre/access/address.html
会場世話人
連絡先
公立はこだて未来大学 システム情報科学部 情報アーキテクチャ学科 佐藤 生馬
0138-23-2556 (会場)
他の共催 ◆IEEE SSCS Japan/Kansai Chapter 共催, 電気学会電子回路研究会 併催( http://ieej.vlsi.ee.noda.tus.ac.jp/ect/ectp/index.html )
お知らせ ◎初日研究会終了後,懇親会を予定していますので御参加ください

7月4日(木) 午前 
09:30 - 12:25
(1)
ICD
09:30-09:55 自動パワーゲーティングと多段インバータを用いた0.7V、9.2uW、39MHz水晶発振回路 ○井口俊太(東大)・齋藤 晶(半導体理工学研究センター)・鄭 雲飛(東大)・渡辺和紀(半導体理工学研究センター)・桜井貴康・高宮 真(東大)
(2)
ICD
09:55-10:20 TDC一体型DLLを用いた高速ロック・低消費電力完全デジタルCDR回路 ○浦野雄貴・尹 元柱・小平 薫・徐 照男・黒田忠広・石黒仁揮(慶大)
(3)
ICD
10:20-10:45 共振周波数と独立にクロック周波数を設定可能な間欠型共振クロック分配技術 ○更田裕司(東大)・野村昌弘(半導体理工学研究センター)・高宮 真・桜井貴康(東大)
  10:45-10:55 休憩 ( 10分 )
(4)
ICD
10:55-11:40 [招待講演]データ補間回路を用いた2-tap DFE付32Gb/sデータ受信器 ○土肥義康・柴崎崇之・檀上 匠・ウィン チャイヴィパース・橋田拓志(富士通研)・宮岡弘樹(富士通セミコンダクター)・星野正格(富士通マイクロソリューションズ)・小柳洋一(富士通研)・山本拓司(富士通米国研)・塚本三六・田村泰孝(富士通研)
(5)
ICD
11:40-12:25 [招待講演]低電力近距離無線通信LSIとそのインターフェース ~ Bluetooth Smartによるワイヤレスセンサノードの開発 ~ ○野田光彦・村上 肇(ラピスセミコンダクタ)
  12:25-13:50 昼食 ( 85分 )
7月4日(木) 午後 
13:50 - 18:30
(6)
ICD
13:50-14:35 [招待講演]パナソニックのエネルギーマネージメントへの取組みとHEMSにおけるマイコン応用 ○本間義久(パナソニック)
(7)
ICD
14:35-15:20 [招待講演]車載半導体の進化の方向性 ~ コンピューティングとセンシングの観点から ~ ○石原秀昭(デンソー)
  15:20-15:30 休憩 ( 10分 )
(8)
ICD
15:30-16:15 [招待講演]超低消費電力マイコンMSP430アナログ・ペリフェラルの解説と応用例の紹介 岩田佳英・○菅原 仁(日本テキサス・インスツルメンツ)
(9)
ICD
16:15-17:00 [招待講演]低電圧不揮発メモリデバイス技術とシステム応用 ~ ゼロスタンドバイLSIの実現に向けて ~ ○林越正紀(ルネサス エレクトロニクス)
  17:00-17:10 休憩 ( 10分 )
(10)
ICD
17:10-18:30 [パネル討論]増々アナログインタフェース機能を拡充するマイコン ○濱崎利彦(広島工大)・本間義久(パナソニック)・石原秀昭(デンソー)・岩田佳英(日本テキサス・インスツルメンツ)・林越正紀(ルネサス エレクトロニクス)・野田光彦(ラピスセミコンダクタ)・土肥義康(富士通研)
7月5日(金) 午前 
09:15 - 11:50
(11) 09:15-10:00 [招待講演]「部品」としてのマイコン・半導体
○秋田純一(金沢大)
(12)
ICD
10:00-10:25 送信機能内蔵低消費電力EEGセンサー用ASICの設計 ○鎌田隆嗣・王 軍(阪大)・岡田隆志(プロアシスト)・大原賢治(阪大)・宮田愛子(プロアシスト)・松岡俊匡(阪大)
  10:25-10:35 休憩 ( 10分 )
(13) 10:35-11:00 メタマテリアルアンテナを用いた低電力小型送信モジュール
○平石一貴・和田敏輝・久保圭史・大津雄太郎・池辺将之・佐野栄一(北大)
(14)
ICD
11:00-11:25 3D Imaging LADAR用アレイROICの開発 ○平井暁人・堤 恒次・小竹論季・辻 秀伸・今城勝治・亀山俊平・谷口英司・平野嘉仁(三菱電機)
(15)
ICD
11:25-11:50 センサネットワーク電源用0.5V起動フィードフォワード制御による1入力2出力オンチップ昇圧DC-DCコンバータ ○中瀬泰伸・井戸康弘・大石 司・熊本敏夫・清水 徹(ルネサス エレクトロニクス)
  11:50-13:15 昼食 ( 85分 )
7月5日(金) 午後 
13:15 - 18:30
(16)
ICD
13:15-14:00 [招待講演]連続時間型ΔΣ変調器の高性能化手法 ~ 高効率と高SN比の実現に向けたLSI開発の取り組みを振り返って ~ ○道正志郎(パナソニック)
(17)
ICD
14:00-14:25 A Voltage Scaling 0.25-1.8 V Delta-Sigma Modulator with Inverter-Opamp Self-Configuring Amplifier ○Kentaro Yoshioka・Yousuke Toyama・Teruo Jyo・Hiroki Ishikuro(Keio Univ.)
(18)
ICD
14:25-14:50 A 1.0-V 12-bit Digitally Calibrated SAR ADC Using Hybrid DAC Technique ○Masanori Furuta・Hirotomo Ishii・Tomohiko Sugimoto・Toru Okawa・Masazumi Shiochi・Tetsuro Itakura(Toshiba)
  14:50-15:00 休憩 ( 10分 )
(19) 15:00-15:25 複数位相型TDC付きシングルスロープADCの動作タイミングによる低電力化
○内田大輔・染谷槙人・池辺将之・本久順一・佐野栄一(北大)
(20)
ICD
15:25-15:50 1-GHz, 8 bitサブレンジング型AD変換器(1) ~ 低電力化技術 ~ ○岩元雅太郎・吉村 渉・下薗 太・田平大基・大畠賢一(鹿児島大)
(21)
ICD
15:50-16:15 1-GHz, 8-bitサブレンジング型AD変換器(2) ~ 評価結果と不良解析 ~ ○吉村 渉・岩元雅太郎・下薗 太・田平大基・大畠賢一(鹿児島大)
  16:15-16:25 休憩 ( 10分 )
(22)
ICD
16:25-16:50 最適オンオフ制御を用いた磁界結合パルス通信用間欠動作LNA ○徐 照男・小平 薫・浦野雄貴・黒田忠広・石黒仁揮(慶大)
(23)
ICD
16:50-17:15 Independent-Double-Gate-FinFETの1/fノイズ特性に関する研究 ○坂井秀男(慶大)・大内真一・遠藤和彦・松川 貴・柳 永シュン・石川由紀・塚田順一・中川 格・関川敏弘・小池帆平・昌原明植(産総研)・石黒仁揮(慶大)
(24)
ICD
17:15-17:40 高周波能動素子における基板結合の評価とモデリング ○東 直矢・永田 真(神戸大)
(25)
ICD
17:40-18:05 低電源電圧におけるフリップフロップの故障モードの解析 ○藤田隆史・川島潤也・廣本正之(京大)・筒井 弘(北大)・越智裕之(立命館大)・佐藤高史(京大)
(26)
ICD
18:05-18:30 2V有機トランジスタを集積化した義手の制御向け1um厚の表面筋電位測定シート ○更田裕司・吉岡和顕・篠塚康大・石田光一・横田知之・松久直司・井上雄介・関野正樹・関谷 毅・高宮 真・染谷隆夫・桜井貴康(東大/JST)

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分
招待講演発表 40 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
ICD 集積回路研究会(ICD)   [今後の予定はこちら]
問合先 吉田 毅 (広島大学)
TEL 082-424-7643,FAX 082-424-7643
E-:tdsl-u 
ITE-IST 情報センシング研究会(ITE-IST)   [今後の予定はこちら]
問合先 池辺 将之 (北海道大学)
TEL 011-706-7689
E-:ibeisti 


Last modified: 2013-04-17 08:13:50


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[ICD研究会のスケジュールに戻る]   /   [ITE-IST研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のICD研究会 / 次のICD研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会