お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のIMQ研究会 / 次のIMQ研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


イメージ・メディア・クオリティ研究会(IMQ) [schedule] [select]
専門委員長 堀田 裕弘 (富山大)
副委員長 杉山 賢二 (成蹊大), 中口 俊哉 (千葉大)
幹事 前田 充 (キヤノン), 工藤 博章 (名大)
幹事補佐 齊藤 新一郎 (ソニー), 土田 勝 (NTT)

日時 2015年11月27日(金) 14:15 - 17:20
議題 ヒューマンインターフェースとIMQ一般 
会場名 京都工芸繊維大学 松ヶ崎キャンパス 
住所 〒606-8585 京都市左京区松ヶ崎橋上町
交通案内 京都駅より市営地下鉄烏丸線「国際会館」行きに乗車(約18分)「松ヶ崎駅」下車、徒歩約8分
http://www.kit.ac.jp/uni_index/access/
会場世話人
連絡先
情報工学・人間科学系 桑原 教彰
075-724-7014(代表)
お知らせ ◎研究会終了後、大学近くで懇親会を予定しています。
是非、ご参加ください。
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

11月27日(金) 午後  60周年記念会館 2F大セミナー室
14:15 - 17:20
(1) 14:15-14:40 高精度動き推定に基づく高フレームレート画像の統合による高空間解像度画像の合成 IMQ2015-20 松崎 哲菅井男也浜本隆之東京理科大
(2) 14:40-15:05 前景・背景を考慮した静止画像符号化法の検討 IMQ2015-21 宮山雄太稲積泰宏柴田啓司堀田裕弘富山大
(3) 15:05-15:30 GrabcutとInpaintingを用いたSeam Carvingの品質改善 IMQ2015-22 グェン カク フン稲積泰宏柴田啓司堀田裕弘富山大
  15:30-15:40 休憩 ( 10分 )
(4) 15:40-16:05 着物画像から受けるはんなり感と輝度との関連性の検討 IMQ2015-23 小溝久美子桑原教彰森本一成京都工繊大
(5) 16:05-16:30 雰囲気メガネのもたらす注意変化の基礎的検討 IMQ2015-24 斎藤雄太丸山大岳浦壁沙綾真塩 武飯塚 岳山田光穗東海大
(6) 16:30-16:55 観視距離と視聴位置による視線と頭部の分析 IMQ2015-25 望月信哉渡邉怜奈高比良英朗山田光穗東海大
(7) 16:55-17:20 口唇動作による英語発話学習の評価法の検討 IMQ2015-26 菅沼美由起山村知生星野祐子山田光穗東海大

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
IMQ イメージ・メディア・クオリティ研究会(IMQ)   [今後の予定はこちら]
問合先 中口俊哉(千葉大)
E-gufultyba-u 
お知らせ ◎イメージ・メディア・クオリティ研究専門委員会ホー ムページ(http://imqa.jp/)もご覧下さい.


Last modified: 2015-09-29 06:39:33


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[IMQ研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のIMQ研究会 / 次のIMQ研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会