お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のVLD研究会 / 次のVLD研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


VLSI設計技術研究会(VLD) [schedule] [select]
専門委員長 若林 一敏 (NEC)
副委員長 高橋 篤司 (東工大)
幹事 河野 一郎 (ルネサステクノロジ), 戸川 望 (早大)

電子部品・材料研究会(CPM) [schedule] [select]
専門委員長 上村 喜一 (信州大)
副委員長 安井 寛治 (長岡技科大)
幹事 清水 英彦 (新潟大), 大庭 直樹 (NTT)
幹事補佐 竹村 泰司 (横浜国大), 今井 欽之 (NTT)

集積回路研究会(ICD) [schedule] [select]
専門委員長 松澤 昭 (東工大)
副委員長 内山 邦男 (日立)
幹事 永田 真 (神戸大), 藤島 実 (東大)
幹事補佐 広瀬 佳生 (富士通研), 鈴木 弘明 (ルネサステクノロジ)

コンピュータシステム研究会(CPSY) [schedule] [select]
専門委員長 末吉 敏則 (熊本大)
副委員長 坂井 修一 (東大), 三木 良雄 (日立)
幹事 久我 守弘 (熊本大), 安里 彰 (富士通研)
幹事補佐 入江 英嗣 (東大)

ディペンダブルコンピューティング研究会(DC) [schedule] [select]
専門委員長 相京 隆 (半導体理工学研究センター)
副委員長 米田 友洋 (NII)
幹事 北神 正人 (千葉大), 中尾 教伸 (ルネサステクノロジ)

リコンフィギャラブルシステム研究会(RECONF) [schedule] [select]
専門委員長 天野 英晴 (慶大)
副委員長 梶原 信樹 (NEC), 名古屋 彰 (岡山大)
幹事 飯田 全広 (熊本大), 泉 知論 (立命館大)
幹事補佐 堀 洋平 (産総研)

システムLSI設計技術研究会(IPSJ-SLDM) [schedule] [select]
主査 木村 晋二 (早大)
幹事 田宮 豊 (富士通研), 石原 亨 (九大), 青木 孝 (NTT)

{INFOMESITEM}
日時 2008年11月17日(月) 13:00 - 17:05
2008年11月18日(火) 09:00 - 16:20
2008年11月19日(水) 10:00 - 17:00
議題 デザインガイア2008 ―VLSI設計の新しい大地― 
会場名 北九州学術研究都市 
住所 〒808-0135 北九州市若松区ひびきの2-1
交通案内 JR折尾駅西口から市営バスで学研都市ひびきのバス停まで15分
http://www.ksrp.or.jp/access/index.html
会場世話人
連絡先
北九州市立大学 国際環境工学部 情報メディア工学科 高島康裕
093-695-3729
お知らせ ◎下記の通り懇親会を予定しております。
ご参加の方は、会場受付(産学連携センター2階)にて申込みください。
■日時: 11月18日(火)18:00 - 20:00
■場所: イベントホール
■当日登録会費: 学生3,000円/一般6,000円
■事前(~11/3)登録会費: 学生2,500円/一般5,500円
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

11月17日(月) 午後  テスト生成(中会議室2)
座長: 井上 智生(広島市立大)
13:00 - 14:40
(1)
DC
13:00-13:25 ドントケア抽出を用いた縮退故障テストの遷移故障検出率向上手法 VLD2008-60 DC2008-28 濱崎和光細川利典日大
(2)
DC
13:25-13:50 An Integer Programming Formulation for Generating High Quality Transition Tests VLD2008-61 DC2008-29 Tsuyoshi IwagakiMineo KanekoJapan Advanced Institute of Science and Technology
(3)
DC
13:50-14:15 実速度スキャンテストにおけるキャプチャセーフテスト生成手法について VLD2008-62 DC2008-30 高嶋敦之大和勇太古川 寛宮瀬紘平温 暁青梶原誠司九工大
(4)
DC
14:15-14:40 TEGチップを用いたオープン故障の解析 VLD2008-63 DC2008-31 堤 利幸・○刈谷泰由紀山崎浩二明大)・橋爪正樹四柳浩之徳島大)・高橋 寛樋上喜信高松雄三愛媛大
  14:40-15:00 休憩 ( 20分 )
11月17日(月) 午後  演算器最適化(中会議室2)
座長: 中村 祐一(NEC)
15:00 - 16:40
(5)
VLD
15:00-15:25 Area Efficient Multipliers Utilizing the Sum of Operands VLD2008-64 DC2008-32 Hirotaka KawashimaNaofumi TakagiNagoya Univ.
(6)
VLD
15:25-15:50 Hardware Algorithm for Division in GF(2^m) Based on the Extended Euclid's Algorithm Accelerated with Parallelization of Modular Reductions VLD2008-65 DC2008-33 Katsuki KobayashiNaofumi TakagiNagoya Univ.
(7)
VLD
15:50-16:15 高効率列処理演算器によるマルチレート対応高スループットイレギュラーLDPC復号器の実装と評価 VLD2008-66 DC2008-34 長島諒侑今井優太戸川 望柳澤政生大附辰夫早大
(8)
VLD
16:15-16:40 歩行者向けデフォルメ地図生成のための並列処理ハードウェアエンジンの設計 VLD2008-67 DC2008-35 荒幡 明奈良竜太戸川 望柳澤政夫大附辰夫早大
11月17日(月) 午後  暗号処理設計(大研修室)
座長: 石原 亨(九大)
13:00 - 14:15
(9)
VLD
13:00-13:25 周辺回路を含むAES-LSIへのスキャンベース攻撃 VLD2008-68 DC2008-36 奈良竜太戸川 望柳澤政生大附辰夫早大
(10)
VLD
13:25-13:50 暗号回路における動的に構造変化するセキュアスキャンアーキテクチャ VLD2008-69 DC2008-37 跡部浩士奈良竜太史 又華戸川 望柳澤政生大附辰夫早大
(11)
VLD
13:50-14:15 クロスバスイッチを用いたS-Box切替によるAES暗号処理回路のパワーマスキング手法 VLD2008-70 DC2008-38 川畑伸幸奈良竜太戸川 望柳澤政生大附辰夫早大
  14:15-14:30 休憩 ( 15分 )
11月17日(月) 午後  レイアウト(大研修室)
座長: 田中 正和(パナソニック)
14:30 - 15:20
(12)
VLD
14:30-14:55 アナログIC設計における排他的近接対称配置制約を考慮した配置手法の研究 VLD2008-71 DC2008-39 浅野晋平藤吉邦洋東京農工大
(13)
VLD
14:55-15:20 CAFE router:障害物を含む領域における連結度を考慮した複線配線手法 VLD2008-72 DC2008-40 小平行秀高橋篤司東工大
  15:20-15:40 休憩 ( 20分 )
11月17日(月) 午後  ディペンダブル設計(大研修室)
座長: 川口 博(神大)
15:40 - 16:55
(14)
DC
15:40-16:05 柔軟な信頼性を実現する粗粒度再構成可能アーキテクチャの検討 VLD2008-73 DC2008-41 高 永勲Dawood Alnajjar密山幸男橋本昌宜尾上孝雄阪大/JST
(15)
IPSJ-SLDM
16:05-16:30 タイミングエラーの予報を目的とするカナリアFFの挿入位置限定 國武勇次九大)・佐藤寿倫福岡大/九大/JST)・山口誠一郎九大)・安浦寛人九大/JST
(16)
VLD
16:30-16:55 高信頼セルによる回路の信頼性評価 VLD2008-75 DC2008-43 堀田敬一中田 尚中西正樹山下 茂中島康彦奈良先端大
11月17日(月) 午後  リコンフィギャラブルアーキテクチャ (中会議室1)
座長: 名古屋 彰 (岡山大)
13:00 - 14:40
(17)
RECONF
13:00-13:25 反転・非反ダイナミック転光再構成アーキテクチャのエミュレーション試験 RECONF2008-38 加藤進一渡邊 実静岡大
(18)
RECONF
13:25-13:50 光再構成型ゲートアレイのホログラム部の組み立て精度について RECONF2008-39 森田裕宣渡邊 実静岡大
(19)
RECONF
13:50-14:15 低エネルギーを目的とした大規模リコンフィギャラブルプロセッサアレイSMAの予備評価 RECONF2008-40 天野英晴慶大)・金 均東東大)・松谷宏紀Tunbungheng Vasutan安田好宏慶大)・近藤正章電通大)・中村 宏東大)・宇佐美公良芝浦工大
(20)
RECONF
14:15-14:40 マルチコンテキスト型リコンフィギャラブルプロセッサにおけるデータ並列タスクの処理法 RECONF2008-41 荒木光一佐藤幸紀井口 寧北陸先端大
  14:40-15:00 休憩 ( 20分 )
11月17日(月) 午後  チップ間通信,ルーティング,インターコネクト (中会議室1)
座長: 梶原 信樹 (NEC)
15:00 - 17:05
(21)
RECONF
15:00-15:25 粒度可変論理セル向けローカルインタコネクト構造の提案と評価 RECONF2008-42 井上万輝尼崎太樹飯田全広末吉敏則熊本大
(22)
RECONF
15:25-15:50 Turnモデルに基づく二次元トーラス網の適応ルーティング RECONF2008-43 的山和也三浦康之渡辺重佳湘南工科大
(23)
RECONF
15:50-16:15 階層型相互結合網における適応型ルーティングのハードウェア実装コストの検討 RECONF2008-44 金子昌弘三浦康之渡辺重佳湘南工科大
(24)
RECONF
16:15-16:40 FPGAのスイッチマトリクスを対象とするソフトエラー対策 RECONF2008-45 洪 勇基中西正樹山下 茂中島康彦奈良先端大
(25)
RECONF
16:40-17:05 高性能差分法計算のためのFPGAアレイにおけるFPGA間通信機構の検討 RECONF2008-46 王 陸洲佐野健太郎初田義明山本 悟東北大
11月18日(火) 午前  コンピュータシステムの設計・検証技術および一般(中会議室1)
座長: 三木 良雄 (日立)
10:00 - 11:15
(1)
CPSY
10:00-10:25 ループ構造を考慮したパスベーススレッド分割手法の検討 CPSY2008-37 小川大仁大津金光横田隆史馬場敬信宇都宮大
(2)
CPSY
10:25-10:50 ループパスに基づいたプログラムの挙動解析 CPSY2008-38 矢野目秀人大津金光横田隆史馬場敬信宇都宮大
(3)
CPSY
10:50-11:15 広域情報を用いた迂回ルーティング手法の検討 CPSY2008-39 森 裕貴横田隆史大津金光馬場敬信宇都宮大
  11:15-12:35 休憩 ( 80分 )
11月18日(火) 午後  コンピュータシステムの設計・検証技術および一般(中会議室1)
座長: 安里 彰(富士通)
12:35 - 13:50
(4)
CPSY
12:35-13:00 サーバ仮想化機構に向けた命令デコードスキップの実装と評価 CPSY2008-40 森木俊臣服部直也對馬雄次大岩栄一郎日立
(5)
CPSY
13:00-13:25 サーバ仮想化機構におけるメモリ仮想化処理の高速化手法 CPSY2008-41 服部直也森木俊臣對馬雄次早川典充日立
(6)
CPSY
13:25-13:50 MXコアにおけるMIMD型PE間データ通信の一最適化手法 CPSY2008-42 兒玉章宏溝上雄太中野光臣飯田全広末吉敏則熊本大
11月18日(火) 午前  システムレベル設計(中会議室2)
座長: 吉田 浩章(東大)
10:30 - 11:20
(7)
VLD
10:30-10:55 組み込みシステムの2階層キャッシュとスクラッチパッドメモリのシミュレーション手法 VLD2008-76 DC2008-44 東條信明戸川 望柳澤政夫大附辰夫早大
(8)
VLD
10:55-11:20 配線遅延を考慮した回路モデル上でのハードウェアアルゴリズムの評価 VLD2008-77 DC2008-45 長瀬哲也高木一義高木直史名大
  11:45-13:00 昼食 ( 75分 )
11月18日(火) 午後  高位検証(中会議室2)
座長: 河野 一郎(ルネサステクノロジ)
13:00 - 13:50
(9)
IPSJ-SLDM
13:00-13:25 内部等価点の推定によるルールベース高位検証の高精度化 吉田浩章藤田昌宏東大/JST
(10)
IPSJ-SLDM
13:25-13:50 反例を利用した網羅性の高いプロパティ集合生成手法 松本剛史李 蓮福吉田浩章東大)・余宮尚志東芝)・藤田昌宏東大
11月18日(火) 午前  テスト容易化設計(大研修室)
座長: 堤 利幸(明大)
10:30 - 11:45
(11)
DC
10:30-10:55 [ポスター講演]テストデータ削減のための必須割当に基づくテストポイント挿入法 VLD2008-80 DC2008-48 平本和子吉川祐樹市原英行井上智生広島市大
(12)
DC
10:55-11:20 [ポスター講演]伝搬支配性に着目した遅延テストのためのハイブリッドスキャン設計 VLD2008-81 DC2008-49 怒和友美吉川祐樹市原英行井上智生広島市大
(13)
DC
11:20-11:45 マルチクロック・ドメイン・コアテストのための再構成可能ラッパーの一構成法 VLD2008-82 DC2008-50 吉田宜司米田友和藤原秀雄奈良先端大
11月18日(火) 午前  新しいシステムLSIの展望(メインホール)
座長: 天野 英晴 (慶大)
09:00 - 10:40
(14)
RECONF
09:00-09:50 [招待講演]The End of Moore`s Law and the Future of Computing Systems, Probably RECONF2008-47 Krishna V. PalemRice Univ.
(15)
RECONF
09:50-10:40 [招待講演]CベースプログラマブルHWコア「STPエンジン」の現状と展望 RECONF2008-48 本村真人NECエレクトロニクス
11月18日(火) 午前  高性能プロセッサ・システムLSIの実装設計(メインホール)
座長: 池永 剛(早大)
11:00 - 11:45
(16)
共通
11:00-11:45 [招待講演]高速・高性能プロセッサボードの開発と評価 CPM2008-89 ICD2008-88 佐藤雄一大溝 孝東芝
  11:45-13:00 昼食 ( 75分 )
11月18日(火)   高性能プロセッサ・システムLSIの実装設計(メインホール)
座長: 柴田 貴行(デンソー)
13:00 - 14:30
(17)
共通
13:00-13:45 [招待講演]高性能プロセッサの実装設計における電源系の最適化 CPM2008-90 ICD2008-89 住永 伸日本IBM
(18)
共通
13:45-14:30 [招待講演]スーパーコンピューターSXにおける熱設計およびオンチップ温度観測 CPM2008-91 ICD2008-90 梶田幹浩實吉永典野瀬浩一水野正之NEC
  14:30-14:50 休憩 ( 20分 )
11月18日(火)   高性能プロセッサ・システムLSIの実装設計(メインホール)
座長: 高橋 博(日本TI)
14:50 - 16:20
(19)
共通
14:50-15:35 [招待講演]LSI,PCB協調解析技術 CPM2008-92 ICD2008-91 佐藤敏郎富士通アドバンストテクノロジ
(20)
共通
15:35-16:20 [招待講演]高性能プロセッサ・システムLSIの実装設計 ~ EMC設計 ~ CPM2008-93 ICD2008-92 市川浩司デンソー
11月18日(火) 午後  リコンフィギャラブル応用 (大研修室)
座長: 堀 洋平 (産総研)
13:00 - 14:15
(21)
RECONF
13:00-13:25 書換え可能な二変数関数の数値計算回路について RECONF2008-49 永山 忍広島市大)・笹尾 勤九工大)・Jon T. Butler海軍大
(22)
RECONF
13:25-13:50 An Adaptive Pattern Recognition hardware with On-chip Dynamic and Partial Reconfiguration RECONF2008-50 Hiroyuki KawaiYoshiki YamaguchiMoritoshi YasunagaTsukuba Univ.)・Kyrre GletteJim ToressenOslo Univ.
(23)
RECONF
13:50-14:15 A Novel Network Optimization Method using On-Chip Virtual Network on Dynamically Reconfigurable Processor DAPDNA-2 RECONF2008-51 Shan GaoTaku KiharaSho ShimizuYutaka ArakawaNaoaki YamanakaKeio University)・Kosuke ShibaIPFlex Inc
  14:15-14:30 休憩 ( 15分 )
11月18日(火) 午後  ツール (大研修室)
座長: 泉 知論 (立命大)
14:30 - 15:45
(24)
RECONF
14:30-14:55 An improvement of Black-Diamond compiler for representing target dynamically reconfigurable architecture RECONF2008-52 Vasutan TunbunhengHideharu AmanoKeio Univ.
(25)
RECONF
14:55-15:20 DRP向け拡張C言語を使用した画像処理回路自動生成実験 ~ DAPDNA用ハードウェア自動生成言語DFC - その課題と対策 ~ RECONF2008-53 山田和雄内藤孝雄富士ゼロックス)・吉村光正岩井二郎アイピーフレックス
(26)
RECONF
15:20-15:45 サイドチャネル攻撃に対する標準評価ボードとツールの開発 RECONF2008-54 堀 洋平片下敏宏坂根広史戸田賢二佐藤 証産総研)・今井秀樹中大
11月19日(水) 午前  高位合成(中会議室1)
座長: 高木 一義(名大)
10:00 - 11:40
(27)
VLD
10:00-10:25 不定サイクル演算を考慮した高位合成の可変スケジューリング・バインディング VLD2008-83 DC2008-51 戸田勇希石浦菜岐佐曽根康介関西学院大
(28)
VLD
10:25-10:50 レジスタ分散型アーキテクチャを対象としたフロアプラン指向高位合成のためのマルチプレクサ削減手法 VLD2008-84 DC2008-52 遠藤哲弥大智 輝戸川 望柳澤政生大附辰夫早大
(29)
VLD
10:50-11:15 Delay Variability-Aware Datapath Synthesis Based on Safe Clocking for Setup and Hold Timing Constraints VLD2008-85 DC2008-53 Keisuke InoueMineo KanekoTsuyoshi IwagakiJapan Advanced Institute of Science and Technology
(30)
VLD
11:15-11:40 スキュー最適化を前提とするデータパス合成におけるスケジュール可能解空間の拡大 VLD2008-86 DC2008-54 小畑貴之金子峰雄北陸先端大
11月19日(水) 午前  遅延・電源ノイズ解析(中会議室2)
座長: 今井 雅(東大)
10:00 - 11:40
(31)
VLD
10:00-10:25 Walk共用法と初期値戻り法とによるRandom Walk法の高速化、高精度化 VLD2008-87 DC2008-55 三輪 仁鈴木五郎北九州市大
(32)
VLD
10:25-10:50 確率過程を用いた遅延解析手法の検討 VLD2008-88 DC2008-56 堀 和輝鈴木五郎北九州市大
(33)
VLD
10:50-11:15 線形計画法を用いた電源ノイズ解析高速化手法の検討 VLD2008-89 DC2008-57 胡摩窪 武鈴木五郎北九州市大
(34)
VLD
11:15-11:40 マルチ閾値電圧トランジスタを用いた2線2相式非同期式回路のリーク電力削減 VLD2008-90 DC2008-58 高田幸永今井 雅中村 宏南谷 崇東大
11月19日(水) 午前  電源ノイズ(大研修室)
座長: 廣瀬 哲也(神戸大)
10:50 - 11:40
(35)
ICD
10:50-11:15 容量充電モデルによるプロセッサ電源雑音解析の高速化手法 CPM2008-94 ICD2008-93 岩佐福一澤田卓也深澤光弥永田 真神戸大
(36)
ICD
11:15-11:40 電流容量比を用いたデカップリング容量分配手法 CPM2008-95 ICD2008-94 小林 進土居直史NECエレクトロニクス
11月19日(水) 午後  2025年半導体デバイスの進化予測(メインホール)
座長: 藤島 実(東大)
13:00 - 14:00
(37)
共通
13:00-13:30 [招待講演]2050年の技術を考える CPM2008-96 ICD2008-95 唐津治夢SRIインターナショナル
(38)
共通
13:30-14:00 [招待講演]新時代のユビキタスネットワーク CPM2008-97 ICD2008-96 市川晴久電通大)・坂本仁明NTT)・川喜多佑介鈴木悦子電通大
  14:00-14:15 休憩 ( 15分 )
11月19日(水)   2025年半導体デバイスの進化予測(メインホール)
座長: 甲斐 康司(パナソニック)
14:15 - 17:00
(39)
共通
14:15-14:45 [招待講演]BOPに向けたビジネス戦略 CPM2008-98 ICD2008-97 安浦寛人九大
(40)
共通
14:45-15:15 [招待講演]垂直統合と垂直非統合のビジネス戦略 CPM2008-99 ICD2008-98 王 淑珍北大
  15:15-15:30 休憩 ( 15分 )
(41)
共通
15:30-17:00 [パネル討論]2025年半導体デバイスの進化予測 ~ 集積回路研究会主催「LSIの未来を考える石垣ワークショップ」からの提言 ~ CPM2008-100 ICD2008-99 安浦寛人九大)・唐津治夢SRIインターナショナル)・市川晴久電通大)・王 淑珍北九州市大)・甲斐康司パナソニック)・藤島 実東大

問合先と今後の予定
VLD VLSI設計技術研究会(VLD)   [今後の予定はこちら]
問合先 河野 一郎 (ルネサステクノロジ)
E-: his
TEL: 042-312-5873 
お知らせ ◎VLD研究会ホームページもご覧下さい.
http://www.ieice.org/~vld/
CPM 電子部品・材料研究会(CPM)   [今後の予定はこちら]
問合先 清水英彦(新潟大学)
TEL 025-262-6811, FAX 025-262-6811
E-: engi-u

竹村 泰司(横浜国立大学)
TEL 045-339-4151, FAX 045-339-4151
E-: y 
ICD 集積回路研究会(ICD)   [今後の予定はこちら]
問合先 広瀬 佳生 (富士通研究所)
TEL 044-754-2783,FAX 044-754-2744
E-:y 
CPSY コンピュータシステム研究会(CPSY)   [今後の予定はこちら]
問合先 久我 守弘(熊本大)
TEL 096-342-3647, FAX 096-342-3599
E-: -u 
DC ディペンダブルコンピューティング研究会(DC)   [今後の予定はこちら]
問合先 北神正人
〒263-8522 千葉市稲毛区弥生町1-33
千葉大学大学院融合科学研究科
TEL/FAX 043-290-3254
E-:fultyba-u 
RECONF リコンフィギャラブルシステム研究会(RECONF)   [今後の予定はこちら]
問合先 産業技術総合研究所 情報技術研究部門
堀 洋平
E-: yaist
TEL: 029-861-5080 (内線)55459
FAX: 029-861-5909 
IPSJ-SLDM システムLSI設計技術研究会(IPSJ-SLDM)   [今後の予定はこちら]
問合先 九州大学システムLSI研究センター
石原 亨
E: islrckshu-u
TEL: 092-847-5188
FAX: 092-847-5190 
お知らせ ◎SLDMのページもご覧下さい。
http://www.ipsj.or.jp/sig/sldm/


Last modified: 2008-11-14 11:44:02


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[VLD研究会のスケジュールに戻る]   /   [CPM研究会のスケジュールに戻る]   /   [ICD研究会のスケジュールに戻る]   /   [CPSY研究会のスケジュールに戻る]   /   [DC研究会のスケジュールに戻る]   /   [RECONF研究会のスケジュールに戻る]   /   [IPSJ-SLDM研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のVLD研究会 / 次のVLD研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会