お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   / 次のQIT研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


量子情報技術研究会(QIT) [schedule] [select]
専門委員長 北川 勝浩 (阪大)
幹事 西村 治道 (阪府大), 鶴丸 豊広 (三菱電機)

日時 2011年11月21日(月) 09:15 - 17:40
2011年11月22日(火) 09:00 - 17:45
議題 量子情報, 一般 
会場名 大阪大学 基礎工学研究科 国際棟 (豊中キャンパス) 
住所 〒560-8531 豊中市待兼山町1-3
交通案内 大阪モノレール柴原駅から徒歩7分 または 阪急石橋駅から徒歩20分
http://www.es.osaka-u.ac.jp/access/index.html
会場世話人
連絡先
基礎工学研究科 北川勝浩 水落憲和 根来誠, 理学研究科 藤原彰夫
06-6850-6320
他の共催 ◆応用物理学会量子エレクトロニクス研究会共催, 大阪大学基礎工学研究科

11月21日(月) 午前  開会
09:15 - 09:20
  09:15-09:20 委員長挨拶 ( 5分 )
11月21日(月) 午前  光子
座長: 水落憲和(阪大)
09:20 - 10:20
(1) 09:20-09:40 Photonic quantum interface for visible-to-telecommunication wavelength conversion ○Rikizo Ikuta・Yoshiaki Kusaka・Tsuyoshi Kitano・Hiroshi Kato・Takashi Yamamoto(Osaka Univ.)・Masato Koashi(Univ. of Tokyo)・Nobuyuki Imoto(Osaka Univ.)
(2) 09:40-10:00 Properties of a single photon generated by a solid-state emitter
-- effects of pure dephasing --
Eiki Iyoda・Takeo Kato(Tokyo Univ)・Takao Aoki(Waseda Univ)・Keiichi Edamatsu(Tohoku Univ)・○Kazuki Koshino(TMDU)
(3) 10:00-10:20 半導体ナノ粒子集団を用いた単一光子実験 ○竹内 誠・芥川嘉成・久我隆弘(東大)
  10:20-10:40 休憩 ( 20分 )
11月21日(月) 午前  量子計算・量子アルゴリズム I
座長: 山下茂(立命館大)
10:40 - 11:40
(4) 10:40-11:00 Improved Output-Sensitive Quantum Algorithms for Boolean Matrix Multiplication ○Francois Le Gall(Tokyo Univ.)
(5) 11:00-11:20 On QMA Protocols with Two Short Quantum Proofs Francois Le Gall(Univ. of Tokyo)・○Shota Nakagawa・Harumichi Nishimura(Osaka Pref. Univ.)
(6) 11:20-11:40 量子シミュレーションの計算量理論へ ○今井 浩(東大)
  11:40-13:00 昼食休憩 ( 80分 )
11月21日(月) 午後  量子測定 I
座長: 細谷暁夫(東工大)
13:00 - 14:40
(7) 13:00-13:40 [招待講演]重力波検出器における量子非破壊計測と、高感度干渉計を用いたマクロな物体の量子状態観測 ○宗宮健太郎(東工大)
(8) 13:40-14:00 量子推定理論を用いた量子測定の誤差と擾乱の不確定性関係 ○渡辺 優・上田正仁(東大)
(9) 14:00-14:20 スピン測定における不確定性原理 ○小澤正直(名大)
(10) 14:20-14:40 Statistical model for Stern-Gerlach experiment of measurement of angular momentum ○Agung Budiyono(RIKEN)
11月21日(月) 午後  ポスターセッション
14:40 - 16:20
  - ポスターセッション(ポスターはプログラムの最後に掲載)
11月21日(月) 午後  量子測定 II
座長: 小澤正直(名大)
16:20 - 17:40
(11) 16:20-16:40 実験と理論から見る、ジョセフソン分岐増幅器(JBA)を用いた超伝導量子ビット読み出し過程における位相緩和 ○中ノ勇人・角柳孝輔(NTT)
(12) 16:40-17:00 All-order evaluation of weak measurements
-- The cases of an operator ${\bf A}$ which satisfies the property ${\bf A}^{2}=1$ --
○Kouji Nakamura(NAOJ)・Atsushi Nishizawa(Kyoto Univ.)・Masa-Katsu Fujimoto(NAOJ)
(13) 17:00-17:20 弱値の増幅と量子雑音 ○西澤篤志(京大)・中村康二・藤本眞克(国立天文台)
(14) 17:20-17:40 弱測定における増幅 古池達彦・○田中 咲(慶大)
  18:00-20:00 懇親会 (大阪大学会館アセンブリー・ホール) ( 120分 )
11月22日(火) 午前  量子ゲート
座長: 根来誠(阪大)
09:00 - 10:20
(15) 09:00-09:20 幾何学的量子計算の実装法としての複合パルス法 ○市川 翼・坂東将光・近藤 康・中原幹夫(近畿大)
(16) 09:20-09:40 複合量子ゲートの複合 ○坂東将光・市川 翼・近藤 康・中原幹夫(近畿大)
(17) 09:40-10:00 Minimal Composite Gates for Two-Qubit Ising-Type Systems ○Utkan Gungordu・Tsubasa Ichikawa・Masamitsu Bando・Mikio Nakahara(Kinki Univ.)
(18) 10:00-10:20 時間最適計算理論による制御NOTゲートの解析 ~ 直線上に並べたキュービットの系での結果 ~ ○小泉 淳・古池達彦(慶大)
  10:20-10:40 休憩 ( 20分 )
11月22日(火) 午前  原子・イオン
座長: 山本俊 (阪大)
10:40 - 11:40
(19) 10:40-11:00 RFドレスト状態を用いたデコヒーレンスフリーエンタングルメント状態の生成 ○野口篤史・土師慎祐・豊田健二・占部伸二(阪大)
(20) 11:00-11:20 イオントラップを用いた量子シミュレーションに向けた動径振動モードフォノンホッピングの観測 ○土師慎祐・立石勇介・野口篤史・豊田健二・占部伸二(阪大)
(21) 11:20-11:40 Long-lived qubit from three spin-1/2 atoms Rui Han(NUS)・Niels Lorch(Heidelberg Univ.)・○Jun Suzuki(UEC)・Berthold-Georg Englert(NUS)
  11:40-12:40 昼食休憩 ( 60分 )
11月22日(火) 午後  量子計算・量子アルゴリズム II
座長: 西村治道(大阪府立大)
12:40 - 14:20
(22) 12:40-13:00 確率論的に安全なチートセンシティブ・ビットコミットメントのための量子プロトコル ○清水 薫・玉木 潔(NTT)・井元信之(阪大基礎工)
(23) 13:00-13:20 Computing on Quantum Anonymous Network Hirotada Kobayashi・Keiji Matsumoto(NII)・○Seiichiro Tani(NTT)
(24) 13:20-13:40 テンソルネットワーク状態における相関と測定に基づく量子計算 ○藤井啓祐(阪大)・森前智行(パリ東大)
(25) 13:40-14:00 位相シフトによる量子ウォークの時間反転 ○遠藤 隆・豊島耕一・平良 豊(佐賀大)
(26) 14:00-14:20 On Decoherence and Physical Realization of Discrete Time Quantum Walk ○鹿野 豊(東工大)
  14:20-14:40 休憩 ( 20分 )
11月22日(火) 午後  量子通信
座長: 井元信之(阪大)
14:40 - 16:00
(27) 14:40-15:00 スクイーズ光の量子バスによる原子間量子もつれの識別限界 ○松岡史晃・富田章久・岡本 淳(北大)
(28) 15:00-15:20 量子エルゴードチャンネルによる量子状態生成 ○湯浅一哉(早大)・Vittorio Giovannetti(SNS (Pisa))・Daniel Burgarth(Aberystwyth Univ. (UK))・中里弘道・奥出淳也・寺澤翔一郎(早大)
(29) 15:20-15:40 量子中継器ネットワークのための量子ネットワークコーディング ○佐藤貴彦・フランソワ ルガル(東大)
(30) 15:40-16:00 最大・最小量子誤り訂正問題の繰り返し最適化による解法 ○山本直樹・西澤勇紀(慶大)
  16:00-16:20 休憩 ( 20分 )
11月22日(火) 午後  量子推定・量子情報
座長: 藤原彰夫(阪大)
16:20 - 17:45
(31) 16:20-16:40 量子受信機を用いたコヒーレント光通信における標準量子限界の突破 ○辻野賢治(東京女子医科大)・福田大治(産総研)・藤井 剛(産総研/日大)・井上修一郎(日大)・藤原幹生・武岡正裕・佐々木雅英(NICT)
(32) 16:40-17:00 量子ガウス状態族に対する量子仮説検定 ○熊谷 亘(東北大)・林 正人(東北大/シンガポール国立大)
(33) 17:00-17:20 comparison of quantum statistical models ○Keiji Matsumoto(NII)・Francesco Buscemi(Nagoya U)・David Reeb(Technische Universitat Munchen)・Teiko Heinosaari(University of Turku)
(34) 17:20-17:40 古典状態のクローニングの漸近理論 ○松本啓史(NII)
  17:40-17:45 委員長挨拶 ( 5分 )
11月21日(月) 午後  ポスターセッション
14:40 - 16:20
(35) 14:40-16:20 [ポスター講演]マルチペアを含む偏光量子もつれ状態の光子数識別器による評価 ○吉澤明男・福田大治・土田英実(産総研)
(36) 14:40-16:20 [ポスター講演]A-最適基準を用いた適応的量子状態推定 ○杉山太香典・Peter S. Turner・村尾美緒(東大)
(37) 14:40-16:20 [ポスター講演]半導体ナノ粒子集団を用いた単一光子実験 ○芥川嘉成・竹内 誠・久我隆弘(東大)
(38) 14:40-16:20 [ポスター講演]エラーマージンのある三つのqubit状態の識別 ○杉本宏行・谷中裕太・林 明久(福井大)
(39) 14:40-16:20 [ポスター講演]三つのqubitの状態の識別と三角形の外心 ○谷中裕太・杉本宏行・林 明久(福井大)
(40) 14:40-16:20 [ポスター講演]A Multiprecision Matrix Calculation Library and Its Extension Library for a Matrix-Product-State Simulation of Quantum Computing ○Akira Saitoh(Kinki Univ.)
(41) 14:40-16:20 [ポスター講演]弱測定による最適な信号増幅 ○須佐友紀・鹿野 豊・細谷暁夫(東工大)
(42) 14:40-16:20 [ポスター講演]Sub-Geiger mode single-photon detector using a low-dark-current InGaAs avalanche photodiode ○Yoshito Miyamoto(Waseda Univ.)・Kenji Tsujino(Tokyo Women's Medical Univ.)・Jun Kataoka(Waseda Univ.)・Akihisa Tomita(Hokkaido Univ.)
(43) 14:40-16:20 [ポスター講演]Logic level circuit optimization for topological quantum computation ○Shigeru Yamashita(Ritsumeikan Univ.)・Simon Devitt・Kae Nemoto(NII)
(44) 14:40-16:20 [ポスター講演]PPLN導波路デバイスを用いたカスケードSHG/SPDCによる偏光量子もつれ光子対発生 ○岸本 直(OKI)・行方直人・堺谷貴秀(日大)・荒平 慎・村井 仁(OKI)・井上修一郎(日大)
(45) 14:40-16:20 [ポスター講演]端点1量子ビットに対する1試行の繰り返し観測データ列から3量子ビット鎖の相互作用定数を推定する方法 ○安藤 慧・湯浅一哉(早大)
(46) 14:40-16:20 [ポスター講演]標準量子限界を超える光位相測定感度実現方法の比較 ○小野貴史・岡本 亮・竹内繁樹(北大/阪大)
(47) 14:40-16:20 [ポスター講演]超伝導qubitと光子qubitとの間の量子もつれの生成 ○中田賢佑・富田章久・岡本 淳(北大)
(48) 14:40-16:20 [ポスター講演]Separability on the covariance matrix for two photonic families of non-Gaussian entangled states ○Ryo Namiki(Kyoto Univ.)
(49) 14:40-16:20 [ポスター講演]原子位相ロックの量子推定論的評価 ○杉山綱祐・山本直樹(慶大)・志賀信泰(JST)・竹内 誠(東大)
(50) 14:40-16:20 [ポスター講演]Ultra-low dark count Superconducting single photon detectors: Spectral dependence of detection efficiency ○Shanthi Subashchandran・Ryo Okamoto・Akira Tanaka・Masayuki Okano(Hokkaido Univ)・Labao Zhang・Lin Kang・Jian Chen・Peiheng Wu(Nanjing Univ)・Shigeki Takeuchi(Hokkaido Univ)
(51) 14:40-16:20 [ポスター講演]協調制御による連続変数クラスター状態の安定化 ○多治見 剛・山本直樹(慶大)
(52) 14:40-16:20 [ポスター講演]photon subtractionによるエンタングルメント蒸留のダイナミクス ○武田陽一郎・池田裕介・加藤 譲・山本直樹(慶大)
(53) 14:40-16:20 [ポスター講演]古典・量子状態推定における誤り確率の下界について ○久保卓也・長岡浩司(電通大)
(54) 14:40-16:20 [ポスター講演]超伝導量子ビットを用いた量子ゼノン効果 ○松崎雄一郎・齊藤志郎・角柳孝輔・仙場浩一(NTT)
(55) 14:40-16:20 [ポスター講演]強磁性絶縁体を用いたジョセフソンπ接合の理論 ○中村周平・相馬聡文・小川真人(神戸大)・川畑史郎(産総研)
(56) 14:40-16:20 [ポスター講演]フォトニック結晶結合高Q共振器列における狭帯域パラメトリック利得の観測 ○松田信幸・武居弘樹・倉持栄一・納富雅也(NTT)
(57) 14:40-16:20 [ポスター講演]Polarization-entangled photon-pair generation using a polarization-rotator-integrated silicon photonic circuit ○Hanna Le Jeannic・Nobuyuki Matsuda・Hiroki Takesue・Hiroshi Fukuda・Tai Tsuchizawa・Toshifumi Watanabe・Koji Yamada・Seiichi Itabashi・Yasuhiro Tokura(NTT)

講演時間
一般講演発表 15 分 + 質疑応答 5 分
招待講演発表 35 分 + 質疑応答 5 分
ポスター講演発表 100 分

問合先と今後の予定
QIT 量子情報技術研究会(QIT)   [今後の予定はこちら]
問合先  


Last modified: 2011-11-07 15:14:44


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[QIT研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   / 次のQIT研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会