お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のR研究会 / 次のR研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


信頼性研究会(R) [schedule] [select]
専門委員長 海生 直人 (広島修道大)
副委員長 木村 康則 (富士通研)
幹事 木村 光宏 (法政大), 馬渡 宏泰 (NTT)
幹事補佐 安里 彰 (富士通), 田村 信幸 (防衛大)

日時 2009年11月20日(金) 13:45 - 16:00
議題 電子デバイスの信頼性,信頼性一般 
会場名 社団法人 中央電気倶楽部 
住所 〒530-0004 大阪市北区堂島浜2丁目1番25号
交通案内 JR大阪駅より徒歩12分 JR北新地駅より徒歩6分(他,ウェブページをご覧ください)
http://www.chuodenki-club.or.jp/map/annai.html
会場世話人
連絡先
オムロン株式会社 西本俊崇様
06-6345-6351(会場)
他の共催 ◆IEEE Reliability Society Japan Chapter共催,日本信頼性学会(関西支部・本部) 協賛
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

11月20日(金) 午後 
13:45 - 16:00
(1) 13:45-14:10 シリコーンによる電気接点の接触信頼性 R2009-41 森井真喜人森脇弘之オムロン
(2) 14:10-14:35 ライフ・エンド評価の一考察 ~ ステップ・タイム評価 ~ R2009-42 伊藤貞則イトケン事務所
  14:35-14:45 休憩 ( 10分 )
(3) 14:45-15:10 高速InP HBTにおけるエミッタ電極の長期通電での劣化現象と高耐熱金属導入による高信頼化 R2009-43 深井佳乃栗島賢二柏尾典秀井田 実山幡章司榎木孝知NTT
(4) 15:10-15:35 複数の観測を考慮した2状態POMDPモデルにおける最適保全方策 R2009-44 林 憲一田村信幸弓削哲史柳 繁防衛大
(5) 15:35-16:00 ソフトウェア信頼性評価のための環境係数を用いたチェンジポイントモデル R2009-45 井上真二山田 茂鳥取大

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
R 信頼性研究会(R)   [今後の予定はこちら]
問合先 木村光宏(法政大学)
TEL 042-387-6116
FAX 042-387-6126
E-: mi 


Last modified: 2009-10-18 12:17:40


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[R研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のR研究会 / 次のR研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会