お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のWIT研究会 / 次のWIT研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 

★福祉情報工学研究会(WIT)
専門委員長 井野 秀一 (産総研)  副委員長 布川 清彦 (東京国際大)
幹事 和田 親宗 (九工大), 酒向 慎司 (名工大), 若月 大輔 (筑波技大)
幹事補佐 雨宮 智浩 (NTT), 伊藤 尚 (富山高専), 梶谷 勇 (産総研)

★音声研究会(SP)
専門委員長 川端 豪 (関西学院大)  副委員長 北岡 教英 (名大)
幹事 戸田 智基 (奈良先端大), 岩野 公司 (東京都市大)
幹事補佐 大庭 隆伸 (NTT), 能勢 隆 (東北大)

★聴覚研究会(ASJ-H)
委員長 赤木 正人 (北陸先端大)  副委員長 入野 俊夫 (和歌山大)
幹事 宮内 良太 (北陸先端大), 程島 奈緒 (東海大), 森本 隆司

日時 2014年 6月19日(木) 13:30~18:10
   2014年 6月20日(金) 10:25~15:50

会場 近江町交流プラザ(石川県金沢市青草町88.JR金沢駅より徒歩17分.http://www4.city.kanazawa.lg.jp/22045/oumicho.html.北陸先端科学技術大学院大学 宮内良太.076-260-6722(会場))

議題 聴覚,福祉,音声一般

6月19日(木) 午後 システム・デバイス (13:30~15:40)

(1) 13:30 - 13:55
統計ソフトRを使った触知グラフ作成ソフトウェアの開発
○荒木康輔・渡辺哲也(新潟大)・南谷和範(大学入試センター)

(2) 13:55 - 14:20
タブレット端末を用いたボタンインタフェースにおける最適操作ボタン数の推定
○伊藤 尚(富山高専)・谷 賢太朗・前田義信(新潟大)

(3) 14:20 - 14:45
擬音語の触覚呈示に関する官能評価と表在感覚ディスプレイの基礎設計
○近井 学(産総研)・三宅 仁(長岡技科大)・井野秀一(産総研)

(4) 14:45 - 15:10
情報システムI-ReCSSによる見守り活動の中間報告と高齢者の生活リズムの解析手法の提案
○高橋伸輔・坂本泰伸・松澤 茂・武田敦志・松本章代(東北学院大)

(5) 15:10 - 15:35
分娩監視装置からの心音データを用いた胎児の心拍RR時間のリアルタイム計測システムの試作
森 幹男・西島浩二・浅井竜哉・小越康宏・白井治彦・谷口秀次・○荒木睦大(福井大)

--- フリーディスカッション(5分)---

−−− 休憩 ( 20分 ) −−−

6月19日(木) 午後 音声分析・合成 (16:00~18:10)

(6) 16:00 - 16:25
Instantaneous amplitude and phase restoration using Kalman filter for speech enhancement
○Yang Liu・Naushin Nower・Masashi Unoki(JAIST)

(7) 16:25 - 16:50
統計的音源予測に基づく電気式人工喉頭制御法のシミュレーションによる評価
○田中 宏・戸田智基・Graham Neubig・Sakriani Sakti・中村 哲(奈良先端大)

(8) 16:50 - 17:15
スパース辞書学習による構音障害者の話者性を維持した声質変換
○相原 龍・滝口哲也・有木康雄(神戸大)

(9) 17:15 - 17:40
Adaptive Speech Analysis Method Using Multivariate Empirical Mode Decomposition in Frequency Domain
○Surasak Boonkla・Masashi Unoki(JAIST)

(10) 17:40 - 18:05
Comparison of perceived results of emotional states on Valence-Activation space among multi-languages
○Xiao Han・Reda Elbarougy・Masato Akagi(JAIST)・Junfeng Li(IOA CAS)

--- フリーディスカッション(5分)---

6月20日(金) 午前 認識・識別システム (10:25~11:45)

(11) 10:25 - 10:50
同時発話の高性能な音声認識 ~ スペクトル減算による分離の高速化と分離音を用いた音響モデル学習 ~
○出木浦悠人・松本哲也・竹内義則・工藤博章・大西 昇・北岡教英・武田一哉(名大)

(12) 10:50 - 11:15
Accurate phoneme segmentation method using combination of HMM and Fuzzy Inference system
○Liang Dong・Reda Elbarougy・Masato Akagi(JAIST)

(13) 11:15 - 11:40
手話動作の3要素に基づく実時間手話認識
○波多野美歌・酒向慎司・北村 正(名工大)

--- フリーディスカッション(5分)---

−−− 昼休憩 ( 75分 ) −−−

6月20日(金) 午後 オーガナイズドセッション: 音以外の手段で音を伝える --- 聴覚障碍者・高齢者のための音インタフェース (招待講演) (13:00~14:15)

(14) 13:00 - 14:00
[招待講演]情報を伝える聴導犬
○水越みゆき(聴導犬普及協会)

◎音声研究会 2013年度研究奨励賞表彰式(14:00~14:15)

−−− 休憩 ( 15分 ) −−−

6月20日(金) 午後 実験・評価 (14:30~15:50)

(15) 14:30 - 14:55
音訳支援システムDaisyRings(TM)を用いたDAISYコンテンツ作成実証実験
○黒田由加・布目光生・水岡良彰・芦川 平・森田眞弘(東芝)

(16) 14:55 - 15:20
視覚障害者にとってのスマートフォン・タブレットの利点と問題点 ~ ICT機器利用状況調査結果の分析 ~
○渡辺哲也・山口俊光(新潟大)・南谷和範(大学入試センター)

(17) 15:20 - 15:45
認知症高齢者に向けた回想法における親しい人の声の有効性に関する一考察 ~ 長久手市「愛知たいようの杜」における実証実験 ~
○浜口祐子・三矢勝司・加藤昇平・酒向慎司(名工大)

--- フリーディスカッション(5分)---

一般講演:発表 20 分 + 質疑応答 5 分
招待講演:発表 50 分 + 質疑応答 10 分

◆IEEE Signal Processing Society Japan Chapter 協賛

◎19日研究会終了後,懇親会を予定していますのでご参加ください.


☆WIT研究会今後の予定 [ ]内発表申込締切日

9月12日(金)~13日(土) 神戸大学 楠地区キャンパス [7月15日(火)] テーマ:福祉情報工学、一般

【問合先】
伊藤 尚(富山高専)
E-mail: ito.nao [at] nc-toyama.ac.jp

☆SP研究会今後の予定 [ ]内発表申込締切日

7月24日(木)~26日(土) ホテル花巻 [5月14日(水)] テーマ:認識,理解,対話,一般
8月 休会
9月 休会

【問合先】
大谷 大和 (東芝)
E-mail: yamato.ohtani [at] toshiba.co.jp

☆ASJ-H研究会

【問合先】
程島 奈緒(東海大学)
E-mail: hodoshima [at] tokai-u.jp


Last modified: 2014-04-18 07:18:36


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[SP研究会のスケジュールに戻る]   /   [ASJ-H研究会のスケジュールに戻る]   /   [WIT研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のWIT研究会 / 次のWIT研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会