電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


アンテナ・伝播研究会(A・P) [schedule] [select]
専門委員長 陳 強 (東北大)
副委員長 黒川 悟 (産総研)
幹事 深沢 徹 (三菱電機), 有馬 卓司 (東京農工大)
幹事補佐 飴谷 充隆 (産総研)

宇宙・航行エレクトロニクス研究会(SANE) [schedule] [select]
専門委員長 灘井 章嗣 (NICT)
副委員長 山田 寛喜 (新潟大), 田中 真 (東海大)
幹事 秋田 学 (電通大), 網嶋 武 (三菱電機)
幹事補佐 夏秋 嶺 (東大), 山梨 正人 (三菱スペース・ソフトウエア), 二ッ森 俊一 (電子航法研)

衛星通信研究会(SAT) [schedule] [select]
専門委員長 山下 史洋 (NTT)
副委員長 筋誡 久 (NHK), 石川 博康 (日大)
幹事 柴山 大樹 (NTT), 小島 政明 (NHK)
幹事補佐 難波 忍 (KDDI総合研究所), 大倉 拓也 (NICT)

日時 2019年 7月17日(水) 10:00 - 17:55
2019年 7月18日(木) 09:00 - 17:35
2019年 7月19日(金) 09:00 - 17:10
議題 地下電磁計測,衛星通信,電波伝搬,一般 
会場名 国立大学法人東北大学 片平さくらホール 2階 会議室 
住所 〒980-8577 宮城県仙台市青葉区片平2-1-1 (片平キャンパス内)
交通案内 仙台駅西口より徒歩約15分, 仙台市地下鉄南北線五橋駅北2・北4口より徒歩約10分
https://www.tohoku.ac.jp/map/ja/print.html?f=KH_E01
会場世話人
連絡先
東北大学 今野 佳祐
022-217-4905
他の共催 ◆IEEE AES Society Japan Chapter共催,IEEE AP-S Tokyo Chapter,URSI-F
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費(AP研究会, SANE研究会, SAT研究会)についてはこちらをご覧ください.

7月17日(水) 午前  A・P研
座長: 袁 巧微 (仙台高専)
10:00 - 11:15
(1)
A・P
10:00-10:25 超広帯域FDTD法による人体近傍アンテナ設計 ○チャカロタイ ジェドヴィスノプ(NICT)
(2)
A・P
10:25-10:50 高分解能 Wバンド雲レーダ FALCON-I による雨滴生成の計測 ○鷹野敏明・樋川恵祐・新井智大・森田日向・笛田 亮・河村洋平・大矢浩代・中田裕之(千葉大)
(3)
A・P
10:50-11:15 マイクロストリップラインによる機械制御型誘電体移相器の設計 ○長江眞平・佐藤弘康・陳 強(東北大)・加賀谷 修・佐山稔貴(AGC)
  11:15-11:25 休憩 ( 10分 )
7月17日(水) 午前  A・P研
座長: チャカロタイ ジェドヴィスノプ (NICT)
11:25 - 12:15
(4)
A・P
11:25-11:50 義歯内蔵式UHF帯RFIDタグアンテナの設計 ○シュー ジュンイ・佐藤弘康・本良瑞樹・末松憲治(東北大)・安井一仁(コスモテックス)・陳 強(東北大)
(5)
A・P
11:50-12:15 市販の無線LANを用いたMIMOチャネルサウンダの構築 ○百瀬秀亮・安川 悟・金 ミンソク(新潟大)
  12:15-13:10 休憩 ( 55分 )
7月17日(水) 午後  SANE研
座長: 國森裕生(NICT)
13:10 - 14:00
(6)
SANE
13:10-13:35 航空機SARによるX-band海面後方散乱断面積の計測 ~ 空間平均の影響 ~ ○灘井章嗣(NICT)
(7)
SANE
13:35-14:00 Pi-SAR2インターフェロメトリーデータを用いた都市域の高さ変化検出 ○森山敏文・小川恭平(長崎大)
  14:00-14:10 休憩 ( 10分 )
7月17日(水) 午後  A・P研 電波伝搬オーガナイズドセッション 「新たな研究領域を切り開く電波伝搬の研究」 (オーガナイザ:齋藤 健太郎 (東工大))
座長: 中林 寛暁 (千葉工大)
14:10 - 15:50
(8)
A・P
14:10-14:35 [依頼講演]ミリ波帯屋内電波伝搬実験による多重波トモグラフィーイメージング(RTI)法の検証 ○田嵜威司・山川 慧・金 ミンソク(新潟大)
(9)
A・P
14:35-15:00 [依頼講演]低基地局における基地局側垂直面電波到来角度特性の測定解析 ○佐藤彰弘・表 英毅(ソフトバンク)
(10)
A・P
15:00-15:25 [依頼講演]隊列走行V2V通信におけるドップラースペクトルに関する考察 芹澤弘一・豊見本和馬・宮下真行・○山口 良(ソフトバンク)
(11)
A・P
15:25-15:50 [依頼講演]在空機測定に基づく1090MHz帯民間航空監視信号の狭帯域モデル化 ○長縄潤一・宮崎裕己(電子航法研)
  15:50-16:00 休憩 ( 10分 )
7月17日(水) 午後  SAT/SANE研 合同セッション
座長: 森山敏文(長崎大学)
16:00 - 17:15
(12)
共通
16:00-16:25 小型衛星RISESAT搭載1㎏級光通信器(VSOTA)実験のための光地上局設備 ○國森裕生・竹中秀樹・久保岡俊宏・布施哲治・豊嶋守生(NICT)・桒原聡文・藤田伸哉・冨尾蓮花(東北大)
(13)
共通
16:25-16:50 Preliminary Results and Status of Very Small Optical Transmitter (VSOTA) on Microsatellite RISESAT ○Hannah Tomio・Shinya Fujita・Toshinori Kuwahara(Tohoku Univ.)・Hiroo Kunimori・Hideki Takenaka・Toshihiro Kubooka・Tetsuharu Fuse・Morio Toyoshima(NICT)
(14)
共通
16:50-17:15 線形・非線形歪みを同時補償する適応等化方式の性能評価 ○能田康義・上橋俊介・谷 重紀・内田 繁・有賀 博(三菱電機)
  17:15-17:25 休憩 ( 10分 )
7月17日(水) 午後  SAT研特別講演
座長: 山下 史洋(NTT)
17:25 - 17:55
(15)
SAT
17:25-17:55 [特別講演]HTS (High Throughput Satellite)の最新動向と次世代通信衛星に期待される技術 ○粟野穰太・谷島正信(JAXA)
7月18日(木) 午前  地下電磁計測ワークショップ
座長: 佐藤 源之(東北大学)
09:00 - 10:15
(16)
SANE
09:00-09:25 アレイ型地中レーダ「やくも」を用いた舗装体の高精度誘電率水平分布推定 ○菊田和孝・佐藤源之(東北大)
(17)
SANE
09:25-09:50 加振レーダ法による振動変位とコンクリートの弾性係数依存性 ○山田玲央・三輪空司・小澤満津雄(群馬大)
(18)
SANE
09:50-10:15 ハンドドリル先端モニタリングのためのRCドップラレーダの開発 ○高根沢彰兵・三輪空司(群馬大)
  10:15-10:25 休憩 ( 10分 )
7月18日(木) 午前  地下電磁計測ワークショップ
座長: 佐藤 源之(東北大学)
10:25 - 11:40
(19)
SANE
10:25-10:50 Antenna Design of a Passive Cooperative Target For concrete temperature monitoring ○Jiyu Guo・Weike Feng・Motoyuki Sato(TU)
(20)
SANE
10:50-11:15 折返し構造を有する地中探査レーダ用ボウタイアンテナの小型化に関する検討 ○瀧澤 洸・松林一也・道下尚文・森下 久(防衛大)
(21)
SANE
11:15-11:40 Application of Cross -Bowtie Antenna to Detection of Buried Pipes by GPR ○N. I. Medhat・Anwar Sayed・佐藤 源之(Tohoku Univ.)
  11:40-12:40 休憩 ( 60分 )
7月18日(木) 午後  SAT/A・P研合同セッション
座長: 有馬 卓司 (農工大)
12:40 - 13:55
(22)
共通
12:40-13:05 BS/CS受信アンテナのイメージ妨害抑圧比の測定 ○正源和義(放送衛星システム)・田島慶一(スカパーJSAT)・花土 弘(NICT)・島崎智拓・小島政明(NHK)・田中祥次(放送衛星システム)・橋本明記・横畑和典・浜中太郎(NHK)
(23)
共通
13:05-13:30 ドローン搭載用短波帯アンテナシステムに関する検討 ○大倉拓也・辻 宏之(NICT)・川端紘平・新井宏之(横浜国大)
(24)
共通
13:30-13:55 2次元漏れ波伝送路給電パッチアンテナアレーに関する研究 ○目黒巧巳・陳 強・澤谷邦男(東北大)・根岸毅人・平野義明(帝人)
  13:55-14:05 休憩 ( 10分 )
7月18日(木) 午後  A・P研 電波伝搬オーガナイズドセッション 「新たな研究領域を切り開く電波伝搬の研究」 (オーガナイザ:齋藤 健太郎 (東工大))
座長: 市坪 信一 (九工大)
14:05 - 15:45
(25)
A・P
14:05-14:30 [依頼講演]深層学習の入力データにレイトレース法の結果を考慮した伝搬損失推定の検討 ○岩﨑 慧・チン ギルバート シー・リキセニア ルキタ・岡村 航・吉敷由起子(構造計画研)
(26)
A・P
14:30-14:55 [依頼講演]ミリ波帯屋内超高速無線アクセス回線における電波伝搬路モデルの開発 ○岸本 悟・山川慧士・金 ミンソク(新潟大)
(27)
A・P
14:55-15:20 [依頼講演]混雑環境における4.7GHzと26.4GHz帯の到来角度ごとの付加損失 ○中村光貴・山田 渉・佐々木元晴・守山貴庸・鷹取泰司(NTT)
(28)
A・P
15:20-15:45 [依頼講演]28 GHz帯におけるL字型廊下でのアンテナ指向性による伝搬特性 ○芳野真弓・杉村独歩・萩原弘樹・工藤友章・小林敏幸(日本電業工作)
  15:45-15:55 休憩 ( 10分 )
7月18日(木) 午後  AP研チュートリアル講演
座長: 陳 強 (東北大)
15:55 - 16:45
(29)
A・P
15:55-16:45 [チュートリアル講演]地表設置型合成開口レーダ(GB-SAR)の技術と展望 ○佐藤源之(東北大)
  16:45-16:55 休憩 ( 10分 )
7月18日(木) 午後  IEEE AP-S Tokyo Chapter特別講演
座長: 高橋 応明 (千葉大)
16:55 - 17:35
(30)
A・P
16:55-17:35 [特別講演](口頭発表)テラヘルツ波って何?(その応用と特色) ○水野皓司(東北大)
7月19日(金) 午前  A・P研
座長: 佐藤 弘康 (東北大)
09:00 - 10:40
(31)
A・P
09:00-09:25 導波管システムを利用した損失性液剤の複素誘電率測定法の提案 ○石井 望・青木佑弥(新潟大)・清水悠斗・長岡智明・和氣加奈子・渡辺聡一(NICT)
(32)
A・P
09:25-09:50 MIMO Antenna Array for GB-SAR ○Anwer S. Abd El-Hameed・Yuya Akiyama・Motoyuki Sato(Tohoku Univ.)
(33)
A・P
09:50-10:15 フレネルゾーンを考慮した圧縮センシングによる対象位置推定精度の評価 ○鈴木賢梧・本間尚樹・村田健太郎(岩手大)
(34)
A・P
10:15-10:40 DODとRSSI Rangingを組み合わせた屋内位置推定法の実験的評価 ○北村大地・本間尚樹・成毛一史・村田健太郎(岩手大)・菅原雄介・三浦 淳(イーアールアイ)
  10:40-10:50 休憩 ( 10分 )
7月19日(金) 午前  SAT研
座長: 筋誡 久(NHK)
10:50 - 11:40
(35)
SAT
10:50-11:15 環境波を用いたバックスキャッタ通信における多値変調方式の特性評価 ○森島 佑(東北学院大)
(36)
SAT
11:15-11:40 最大誤差推定方式に基づく無人航空機を用いた位置検出手法の特性評価 ○堀川裕貴・石川博康(日大)
  11:40-12:40 休憩 ( 60分 )
7月19日(金) 午後  地下電磁計測ワークショップ
座長: 菊田 和孝(東北大学)
12:40 - 13:55
(37)
SANE
12:40-13:05 土木工事における合成開口レーダを用いた動態観測の検討 ○中谷匡志・井ノ口拓郎・山本浩之(安藤ハザマ)・佐藤源之(東北大)
(38)
SANE
13:05-13:30 Integration of GB-SAR and Spatial Data Processing for Real-Time Landslide Monitoring ○Delima Canny Valentine・Motoyuki Sato(Tohoku Univ.)
(39)
SANE
13:30-13:55 MIMOレーダのアジマス分解能評価 ○秋山祐也・佐藤源之(東北大)
  13:55-14:05 休憩 ( 10分 )
7月19日(金) 午後  地下電磁計測ワークショップ
座長: 菊田 和孝(東北大学)
14:05 - 14:55
(40)
SANE
14:05-14:30 人道的地雷除去のための地中レーダALISの開発 ○佐藤源之・森田義帝・菊田和孝(東北大)
(41)
SANE
14:30-14:55 2D Interpolation of GPR Common Midpoint Profile by Using Radial Basis Function Neural Networ k ○Changyu Zhou・Motoyuki Sato(Tohoku-dai)
  14:55-15:05 休憩 ( 10分 )
7月19日(金) 午後  A・P研 電波伝搬オーガナイズドセッション 「新たな研究領域を切り開く電波伝搬の研究」 (オーガナイザ:齋藤 健太郎 (東工大))
座長: 齋藤 健太郎 (東工大)
15:05 - 17:10
(42)
A・P
15:05-15:30 [依頼講演]30~100GHzの電波と可視光における都市部クラッター損失の検討 ○石本克月・市坪信一(九工大)・表 英毅(ソフトバンク)・藤井輝也(東工大)
(43)
A・P
15:30-15:55 [依頼講演]大規模FDTD解析を用いた4.4GHz帯WAICシステムのための機外観測面における伝搬特性推定 ○関口徹也・日景 隆・山本 学・野島俊雄・大宮 学(北大)・二ッ森俊一・森岡和行・河村暁子・米本成人(電子航法研)
(44)
A・P
15:55-16:20 [依頼講演]都市内セルラ通信環境における支配的な伝搬経路の物理的検討に基づく伝搬損失推定式 川崎翔平・杉本智哉・○岩井誠人・笹岡秀一・衣斐信介(同志社大)
(45)
A・P
16:20-16:45 [依頼講演]機械学習を活用した伝搬損失の端末高特性推定法 ○久野伸晃・山田 渉・佐々木元晴・中村光貴・守山貴庸・鷹取泰司(NTT)
(46)
A・P
16:45-17:10 [依頼講演]Multi-path Cluster characteristics in Indoor Environments at 28 GHz Band ○Panawit Hanpinitsak・Kentaro Saito(Tokyo Tech)・Wei Fan(AAU)・Johannes Hejselbaek(Nokia)・Jun-ichi Takada(Tokyo Tech)・Gert F. Pedersen(AAU)

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分
特別講演(SAT)発表 25 分 + 質疑応答 5 分
特別講演(IEEE AP-S Tokyo Chapter)発表 35 分 + 質疑応答 5 分
チュートリアル講演発表 45 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
AP アンテナ・伝播研究会(A・P)   [今後の予定はこちら]
問合先 有馬 卓司(東京農工大)
E-: _-cry 
SANE 宇宙・航行エレクトロニクス研究会(SANE)   [今後の予定はこちら]
問合先 毛塚 敦(電子航法研)
TEL: 0422-41-3191
E-: en

秋田 学(電通大)
TEL: 042-443-5171
E-: abuc 
SAT 衛星通信研究会(SAT)   [今後の予定はこちら]
問合先 SAT研究会幹事:t_-c
高橋 卓(NICT)
柴山 大樹(NTT)
小島 政明(NHK) 


Last modified: 2019-07-15 13:19:40


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[AP研究会のスケジュールに戻る]   /   [SANE研究会のスケジュールに戻る]   /   [SAT研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会