お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のNLC研究会 / 次のNLC研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 

★言語理解とコミュニケーション研究会(NLC)
専門委員長 山本 和英 (長岡技科大)  副委員長 竹内 孔一 (岡山大), 西崎 博光 (山梨大)
幹事 金山 博 (日本IBM), 大塚 裕子 (公立はこだて未来大)
幹事補佐 橋本 泰一 (グリー), 榊 剛史 (東大/ホットリンク)

日時 2013年12月 4日(水) 13:00~17:50
   2013年12月 5日(木) 09:30~12:40

会場 グリー株式会社 (六本木ヒルズ14階)(〒106-6112 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー12階.東京メトロ日比谷線 六本木駅コンコースにて直結.http://corp.gree.net/jp/ja/corporate/location/.橋本 泰一)

議題 第5回集合知シンポジウム

12月4日(水) 午後 オープニング (13:00~13:05)

−−− 開催挨拶 ( 5分 ) −−−

12月4日(水) 午後 ツール (13:05~15:10)

(1) 13:05 - 13:30
意味内容比較による判例検索システムJUSTICEの開発
○小畑寛人・原田 実(青学大)

(2) 13:30 - 13:55
照応解析システムANASYS ~ 文の意味解析から得た意味素性に対するナイーブベイズ法によるゼロ照応解析 ~
○服部真智・原田 実(青学大)

(3) 13:55 - 14:20
TETDM (Total Environment for Text Data Mining) による Exploratory Search の実験
○徳永秀和(香川高専)

(4) 14:20 - 14:45
シンプルな用語集形式UTXとその活用 ~ ビッグ データと「グッド データ」の関連性 ~
○山本ゆうじ(AAMT)

ディスカッションタイム(10分)

−−− 休憩 ( 15分 ) −−−

12月4日(水) 午後 招待講演 (15:10~16:25)

(5) 15:10 - 16:10
[招待講演]100人マップ: 100人で作る京都地図
○荒牧英治(京大/JST)・北 雄介・仲村哲明・久保 圭・島本裕美子・臼田泰如・宮部真衣(京大)

−−− 休憩 ( 15分 ) −−−

12月4日(水) 午後 マイクロブログ (16:25~17:50)

(6) 16:25 - 16:50
2013年参議院議員選挙におけるTwitterを用いた当選者予測
○那須野 薫・松尾 豊(東大)

(7) 16:50 - 17:15
非タスク指向対話システムにおけるマイクロブログを用いたユーモア発話の自動生成
○藤倉将平・小川義人・菊池英明(早大)

(8) 17:15 - 17:40
日本語と英語のツイート末尾で多用される不読符号列の比較
○中嶋邦裕・渡辺靖彦・西村 涼・岡田至弘(龍谷大)

ディスカッションタイム(10分)

12月5日(木) 午前 文脈解析 (09:30~11:10)

(9) 09:30 - 09:55
複数料理レシピの自動要約
○難波英嗣・土居洋子・辻田美穂・竹澤寿幸(広島市大)・角谷和俊(兵庫県立大)

(10) 09:55 - 10:20
語り手と聴き手の相互作用による物語言説機構の統合物語生成システムへの導入
○秋元泰介・小方 孝(岩手県立大)

(11) 10:20 - 10:45
プロップ理論に基づくストーリー生成システムにおけるストーリーの変形技法
○今渕祥平・小方 孝(岩手県立大)

ディスカッションタイム(10分)

−−− 休憩 ( 15分 ) −−−

12月5日(木) 午前 知識 (11:10~12:40)

(12) 11:10 - 11:35
変化しないビッグデータと変化する心のためのデザイン
○谷田泰郎(シナジーM)

(13) 11:35 - 12:00
言語はこれからどのように進化していくのか ~ 誤字と誤見を訂正したうえで人類の知的ゲノムの構築を ~
○得丸公明(システムエンジニア)

(14) 12:00 - 12:25
免疫細胞の「二分法」と「二元論」の論理がヒトのデジタル音声記号言語と脳内の思考を駆動する ~ 免疫細胞はモバイルアドホックネットワーキングニューロンである ~
○得丸公明(システムエンジニア)

ディスカッションタイム(10分)

−−− クロージング ( 5分 ) −−−

一般講演:発表 20 分 + 質疑応答 5 分
招待講演:発表 50 分 + 質疑応答 10 分

◎第5回集合知シンポジウムのホームページはこちらです.
http://www.ieice.org/~nlc/cs2013.html


☆NLC研究会今後の予定 [ ]内発表申込締切日

2014年2月6日(木)~7日(金) キャンパスプラザ京都 [12月16日(月)] テーマ:第4回テキストマイニング・シンポジウム

【問合先】
本シンポジウムは以下の2名で企画・運営されています.
・橋本泰一(グリー)
・西崎博光(山梨大学9
お問合せは,2013alps- までお願いいたします.


Last modified: 2013-12-03 13:03:30


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[NLC研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のNLC研究会 / 次のNLC研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会