電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


集積回路研究会(ICD) [schedule] [select]
専門委員長 山村 毅 (富士通研)
副委員長 藤島 実 (広島大)
幹事 渡辺 理 (東芝)
幹事補佐 吉田 毅 (広島大), 高宮 真 (東大), 土谷 亮 (京大), 範 公可 (電通大)

シリコン材料・デバイス研究会(SDM) [schedule] [select]
専門委員長 大野 裕三 (筑波大)
副委員長 国清 辰也 (ルネサス エレクトロニクス)
幹事 黒田 理人 (東北大)
幹事補佐 山口 直 (ルネサス エレクトロニクス)

日時 2014年 8月 4日(月) 09:00 - 18:45
2014年 8月 5日(火) 09:00 - 17:35
議題 低電圧/低消費電力技術、新デバイス・回路とその応用 
会場名 北海道大学情報教育館3階多目的ホール 
住所 札幌市北区北17条西8丁目
交通案内 地下鉄北18条駅から徒歩8分またはJR札幌駅より徒歩21分
http://www.hokudai.ac.jp/introduction/campus/campusmap/131113sapporo-map.pdf
他の共催 ◆共催:IEEE SSCS Japan/Kansai Chapter

8月4日(月)  
09:00 - 18:45
(1) 09:00-09:50 [招待講演]A Perpetuum Mobile 32bit CPU with 13.4pJ/cycle, 0.14μA Sleep Current using Reverse-Body-Bias Assisted 65nm SOTB CMOS Technology Koichiro IshibashiUEC)・Nobuyuki SugiiLEAP)・Kimiyoshi UsamiSIT)・Hideharu AmanoKU)・Kazutoshi KobayashiKIT)・Cong-Kha PhamUEC)・Hideki MakiyamaYoshiki YamamotoHirofumi ShinoharaToshiaki IwamatsuYasuo YamaguchiHidekazu OdaTakumi HasegawaShinobu OkanishiHiroshi YanagitaLEAP
(2) 09:50-10:40 [招待講演]ワイヤレスセンサネットワーク向け超低消費電力2ステップウェイクアップ受信機 阿部敬之佐藤多俊中村重紀堀内陽一郎今村幸司パナソニック
  10:40-10:50 休憩 ( 10分 )
(3) 10:50-11:15 2GHz CPUと低電力1GHz CPUを有する28nm High-k/MGプロセスを用いたヘテロジーニアス型マルチコアモバイルアプリケーションプロセッサ 五十嵐満彦植村俊文森 涼岸部浩司谷口正明若原康平齋藤俊治藤ヶ谷誠希福岡一樹新居浩二片岡 健服部俊洋ルネサス エレクトロニクス
(4) 11:15-11:40 積層前TSVテスト回路及び1GHzフルデジタルノイズモニタを用いた12.8GB/s Wide IO DRAMコントローラのテスト容易化 野村隆夫森 涼高柳浩二落合俊彦福岡一樹木田 剛新居浩二森田貞行ルネサス エレクトロニクス
(5) 11:40-12:05 車載LAN向け非接触コネクタ及び高ノイズ耐性送受信回路 岡田 晃小菅敦丈石塚 秀慶大)・劉 楽昌九大)・田口眞男石黒仁揮黒田忠広慶大
  12:05-13:05 昼食 ( 60分 )
(6) 13:05-13:55 [招待講演]急峻スイッチング素子の研究動向とTFETにおけるオン電流向上策 森 貴洋森田行則右田真司水林 亘福田浩一宮田典幸安田哲二昌原明植太田裕之産総研
(7) 13:55-14:45 [招待講演]混載メモリ適用に向けたスピン注入型MRAMの開発 杉井寿博射場義久青木正樹能代英之角田浩司畑田明良中林正明山崎裕一高橋 厚吉田親子超低電圧デバイス技研組合
  14:45-14:55 休憩 ( 10分 )
(8) 14:55-15:45 [招待講演]待機電力重視アプリケーション向け90nm三端子MRAM混載不揮発マイクロコントローラ 崎村 昇辻 幸秀根橋竜介本庄弘明森岡あゆ香石原邦彦NEC)・木下啓藏深見俊輔東北大)・三浦貞彦NEC)・笠井直記遠藤哲郎大野英男羽生貴弘東北大)・杉林直彦NEC
(9) 15:45-16:35 [招待講演]180nm結晶性酸化物半導体トランジスタを用いた1.5-clock backup/2.5-clock restoreとゼロ・スタンバイ・パワーを実現する32bit CPU 小山 潤磯部敦生田村 輝加藤 清王丸拓郎上杉 航石津貴彦大嶋和晃鈴木康太筒井直昭熱海知昭塩野入 豊前橋幸男半導体エネルギー研)・藤田昌宏東大)・山崎舜平半導体エネルギー研
  16:35-16:45 休憩 ( 10分 )
(10) 16:45-18:45 パネルディスカッション「トリリオンセンサー・ユニバースを実現するデバイス・回路技術とは?」
[オーガナイザー]石橋 孝一郎(電通大)、[モデレーター]吉本 雅彦(神戸大)
[パネリスト]藁科 克彦(D-CLUE)、崎村 昇(NEC)、小山 潤(半エネ研)、阿部 敬之(パナソニック)、昌原 明植(産総研)、杉井 信之(LEAP)、藤田 忍 (東芝)、羽生 貴弘(東北大)
8月5日(火)  
09:00 - 17:35
(11) 09:00-09:50 [招待講演]しきい値電圧自己調整MOSトランジスタおよびSRAMセルの超低電圧(0.1V)動作 平本俊郎上田晃頌鄭 承旻水谷朋子更屋拓哉東大
(12) 09:50-10:15 完全空乏型Silicon-on-Thin-BOX (SOTB) SRAMセルにおける最低動作電圧 (Vmin) の統計的解析 水谷朋子東大)・山本芳樹槇山秀樹山下朋弘尾田秀一蒲原史朗杉井信之超低電圧デバイス技研組合)・平本俊郎東大
  10:15-10:25 休憩 ( 10分 )
(13) 10:25-10:50 待機時のデータ保持と待機時消費電力の低減を両立した1電源6-Tr CMOS SRAMの開発 伊藤隆祐中大)・小林伸彰長岡技科大)・榎本忠儀中大
(14) 10:50-11:15 40 nm Flash混載プロセスを使用した170℃動作可能な超低電力SRAM 横山佳巧石井雄一郎小嶋英充宮西篤史辻橋良樹朝山 忍柴 和利田中浩二福田達哉新居浩二柳沢一正ルネサス エレクトロニクス
(15) 11:15-12:05 [招待講演]MONOSフラッシュの混載技術と書き込み手法の開発による低消費電力かつ高速な不揮発FPGA 財津光一郎辰村光介松本麻里小田聖翔藤田 忍安田心一東芝
  12:05-13:05 昼食 ( 60分 )
(16) 13:05-13:55 [招待講演]配線層中形成した酸化物半導体トランジスタ 砂村 潤古武直也齋藤 忍成広 充林 喜宏ルネサス エレクトロニクス
(17) 13:55-14:20 プローブ圧力によるトランジスタ特性変動評価と圧力抽出手法 岡垣 健長谷川拓実高篠裕行藤井理子津田敦志渋谷宏治出口善宣横田美穂小野沢和徳ルネサス エレクトロニクス
(18) 14:20-14:45 ダブルゲートMOS型トランジスタを用いた論理回路の検討 嘉藤淳紀渡辺重佳二宮 洋小林 学三浦康之湘南工科大
  14:45-14:55 休憩 ( 10分 )
(19) 14:55-15:20 65nmSOTBプロセスで試作したリングオシレータを用いたアンテナダメージによる初期発振周波数劣化の測定と評価 大島 梓岸田 亮籔内美智太郎小林和淑京都工繊大
(20) 15:20-15:45 時間計測アプリケーションに向けた超低電力弛張発振回路 椿 啓志廣瀬哲也尾崎年洋黒木修隆沼 昌宏神戸大
(21) 15:45-16:10 アレイ発振器の共有による低電力、小面積磁界通信用周波数キャリブレーション技術 北沢直紀徐 照男石黒仁揮慶大
(22) 16:10-16:35 ソース電圧シフトによるコンパレータの動的閾値制御を用いたSAR型ADCの小型、低電力化 米倉正樹吉岡健太郎石黒仁揮慶大
  16:35-16:45 休憩 ( 10分 )
(23) 16:45-17:35 [招待講演]有機エレクトロニクスの研究動向と最新事例: 有機トランジスタを集積化したワイヤレス尿漏れ検出センサシート 更田裕司吉岡和顕横田知之雪田和歌子小泉真里関野正樹東大/JST)・関谷 毅東大/阪大/JST)・高宮 真染谷隆夫桜井貴康東大/JST

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
ICD 集積回路研究会(ICD)   [今後の予定はこちら]
問合先 鈴木 弘明(日本写真印刷)
TEL:(075)823-5327
E-:h-ss 
SDM シリコン材料・デバイス研究会(SDM)   [今後の予定はこちら]
問合先 諸岡 哲(東芝)
TEL:(044)549-2870
E-: ba 


Last modified: 2014-07-04 13:42:47


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[ICD研究会のスケジュールに戻る]   /   [SDM研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会