お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のAP研究会 / 次のAP研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


アンテナ・伝播研究会(A・P) [schedule] [select]
専門委員長 伊藤 公一 (千葉大)
副委員長 正源 和義 (NHK)
幹事 陳 強 (東北大), 広川 二郎 (東工大)
幹事補佐 西森 健太郎 (NTT)

無線通信システム研究会(RCS) [schedule] [select]
専門委員長 佐和橋 衛 (東京都市大)
副委員長 上杉 充 (パナソニックモバイルコミュニケーションズ)
幹事 樋口 健一 (東京理科大), 岡本 英二 (名工大)
幹事補佐 原 嘉孝 (三菱電機), 石井 直人 (NEC), 田岡 秀和 (NTTドコモ), 須山 聡 (東工大)

日時 2009年11月26日(木) 09:00 - 17:45
2009年11月27日(金) 09:00 - 17:10
議題 アダプティブアンテナ,等化,干渉キャンセラ,MIMO,無線通信,一般 
会場名 東京工業大学 大岡山キャンパス (A) 西9号館2階コラボレーションルーム,(B) 南3号館2階第1会議室,(C) 本館3階第2会議室 
住所 〒152-8550 東京都目黒区大岡山2-12-1
交通案内 東急大岡山駅から徒歩1分
http://www.titech.ac.jp/about/campus/index.html
会場世話人
連絡先
大学院理工学研究科集積システム専攻 府川和彦
03-5734-3126
他の共催 ◆IEEE AP-S Japan Chapter (Chair 新井宏之)共催
お知らせ ◎26日研究会終了後,懇親会を予定していますのでご参加ください.
◎発表者のご都合によりExpressセッション (27) の発表とRCS 7セッション (34) の発表を入れ換えさせていただきます.ご注意下さい.

11月26日(木) 午前  RCS1 (A会場)
09:00 - 10:20
(1)
RCS
09:00-09:20 他ユーザに対する秘密保持容量を考慮したMIMOダウンリンクにおけるユーザ選択法 ○柳瀬雅利・大槻知明(慶大)
(2)
RCS
09:20-09:40 Further Results on The MIMO Degraded Relay Channel Undergoing Keyhole Effects ○Oussama Souihli・Tomoaki Ohtsuki(Keio Univ.)
(3)
RCS
09:40-10:00 確率伝搬に基づく符号・復号を用いた中継通信における初期尤度設定法 ○辻 尚宏・大槻知明(慶大)
(4)
RCS
10:00-10:20 Cooperative Relaying Scheme Using Turbo Compression Technique for Correlated Information Sources ○Takashi Shimizu(Kyoto Univ.)・Tadashi Matsumoto(JAIST/Univ. of Oulu)・Hidekazu Murata・Koji Yamamoto・Susumu Yoshida(Kyoto Univ.)
  10:20-10:30 休憩 ( 10分 )
11月26日(木) 午前  RCS2 (A会場)
10:30 - 11:50
(5)
RCS
10:30-10:50 双方向無線中継システムにおける送信ビーム生成 ○松谷早希子・西村寿彦・大鐘武雄・小川恭孝(北大)
(6)
RCS
10:50-11:10 Multihop Relaying with Polarization Diversity for OFDM ○Caglar Kizilirmak・Yukitoshi Sanada(Keio Univ.)
(7)
RCS
11:10-11:30 マクロセル環境における直交偏波MIMOのための伝搬路特性に関する実験的検討 ○小西洋平・マテルム ローレンス・高田潤一(東工大)・井田一郎・大石泰之(富士通)
(8)
RCS
11:30-11:50 参照周波数選択と信号部分空間射影を用いた自乗検定広帯域到来方向推定法 ○岡根利樹・大槻知明(慶大)
  11:50-13:00 昼食 ( 70分 )
11月26日(木) 午後  共通オーガナイズドセッション「局間連携および分散アンテナに関する諸技術1」 (A会場)
座長: 西森健太郎(新潟大)
13:00 - 14:40
(9)
共通
13:00-13:25 電波伝搬的視点に立った基地局協調システムの物理限界 ○唐沢好男・谷口哲樹・中嶋信生(電通大)
(10)
共通
13:25-13:50 ブロック対角化を用いた基地局連携マルチユーザMIMOの通信路容量 ○阪口 啓・草島直紀・新井麻希・荒木純道(東工大)
(11)
共通
13:50-14:15 オーバーラップされた複数セルにおける空間多重アクセスの効果 ○鷹取泰司・工藤理一・村上友規・市川武男・浅井裕介(NTT)・西森健太郎(新潟大)・溝口匡人(NTT)
(12)
共通
14:15-14:40 連携コヒーレント送信のための衛星を用いた局間キャリア周波数同期の検討 ○原 嘉孝・福井範行・久保博嗣(三菱電機)
  14:40-14:50 休憩 ( 10分 )
11月26日(木) 午後  共通オーガナイズドセッション「局間連携および分散アンテナに関する諸技術2」 (A会場)
座長: 須山聡(東工大)
14:50 - 16:05
(13)
共通
14:50-15:15 動的フェージング環境における上り回線仮想MIMOシステムの特性評価 ○伊藤達也・小川恭孝・西村寿彦・大鐘武雄(北大)
(14)
共通
15:15-15:40 アウテージ解析によるAF無線中継器の最適配置の検討 ○林 和則・酒井英昭(京大)
(15)
共通
15:40-16:05 直交偏波を用いた中継局MIMO通信の屋外実験評価 ~ 異種伝搬路を考慮したチャネル容量 ~ ○西森健太郎(新潟大)・村上友規(NTT)・本間尚樹(岩手大)・工藤理一・溝口匡人(NTT)
  16:05-16:15 休憩 ( 10分 )
11月26日(木) 午後  RCS研 招待講演(AP研共催) (A会場)
16:15 - 17:45
(16)
共通
16:15-17:00 [招待講演]LTE/LTE-Advancedにおけるマルチアンテナ技術 ○佐和橋 衛(東京都市大)・田岡秀和・岸山祥久・丹野元博(NTTドコモ)
(17)
共通
17:00-17:45 [招待講演]無線通信における等化・干渉キャンセル・MIMO伝送技術 ○鈴木 博(東工大)
11月27日(金) 午前  RCS3 (B会場)
09:00 - 10:20
(18)
RCS
09:00-09:20 A simple proof of the optimality of the running approximation in FIR filter banks Yuichi Kida(Ohu Univ.)・○Takuro Kida(Prof. Em, of Tokyo Inst. of Tech/Nihon Univ.)
(19)
RCS
09:20-09:40 広帯域OFDMチャネルにおけるチャネル推定を行ったときの制御情報の周波数ダイバーシチ効果の検討 ○田村尚隆(東京都市大)・三木信彦(NTTドコモ)・佐和橋 衛(東京都市大)
(20)
RCS
09:40-10:00 周波数ホッピングを適用した巡回シフトおよびブロック拡散CDMAにおけるチャネル符号化情報を用いる最尤検出の特性比較 ○高橋亮太(東京都市大)・川村輝雄(NTTドコモ)・佐和橋 衛(東京都市大)
(21)
RCS
10:00-10:20 屋内基地局を配置したLTE-Advancedにおける基地局間ネットワーク支援による上りリンク送信電力制御法 ○中村一尊・佐藤裕高・草野吉雅(京セラ)
  10:20-10:30 休憩 ( 10分 )
11月27日(金) 午前  RCS4 (B会場)
10:30 - 11:50
(22)
RCS
10:30-10:50 A Blind Single Antenna Interference Cancellation Algorithm for Asynchronous OFDM Communication Systems ○Zhenyu Zhou・Takuro Sato(Waseda Univ.)
(23)
RCS
10:50-11:10 ソフトレプリカによる除去残差の影響を低減するマルチパス分割ブロックICIキャンセルターボ等化 ○加藤勝也・山田良太・阿部一博・吉本貴司・窪田 稔・岡本直樹(シャープ)
(24)
RCS
11:10-11:30 既知系列とQRM-MLDを用いるシングルキャリア周波数領域ブロック信号検出 ○山本哲矢・武田一樹・安達文幸(東北大)
(25)
RCS
11:30-11:50 タイミングオフセットの影響を救済しつつ周波数ダイバーシチ効果を得るシングルキャリア周波数領域等化 ○小原辰徳・武田一樹・安達文幸(東北大)
  11:50-12:50 昼食 ( 60分 )
11月27日(金) 午後  Expressセッション (B会場)
12:50 - 13:30
(26)
RCS
12:50-13:10 3GPP LTE-Advancedにおける多地点協調(CoMP)送信の動作方法に関する検討 童 輝(松下電器研究開発(中国))・○星野正幸(パナソニック)・徐 明・張 治(松下電器研究開発(中国))・須増 淳・今村大地(パナソニック)
(27)
RCS
13:10-13:30 複数セルラシステム併用による性能改善効果の基本検討 ○鈴木利則・山口 明(KDDI研)
11月27日(金) 午後  RCS5 (B会場)
13:30 - 13:50
(28)
RCS
13:30-13:50 高密度・高トラフィック環境下における無線アドホックネットワークの通信機会公平性改善手法の提案 ○田中 塁・神谷幸宏・梅林健太・鈴木康夫(東京農工大)
  13:50-14:00 休憩 ( 10分 )
11月27日(金) 午後  RCS6 (B会場)
14:00 - 15:00
(29)
RCS
14:00-14:20 Network Coding-Based Reliable Multicast Scheme in Wireless Networks ○Zhiqiang Zhang(Tohoku Univ.)・KaiKai Chi・Xiaohong Jiang(Tohok Univ.)・Michitaka Kameyama(Tohoku Univ.)
(30)
RCS
14:20-14:40 一対多通信における階層変調を用いたハイブリッドARQ法の逐次干渉キャンセラを用いた場合の特性評価 ○高橋史典・樋口健一(東京理科大)
(31)
RCS
14:40-15:00 スペクトル重複リソースマネジメントを用いたシングルキャリアにおける伝搬路推定適用時の性能評価 ○横枕一成・高橋宏樹・中村 理・後藤淳悟・浜口泰弘(シャープ)
  15:00-15:10 休憩 ( 10分 )
11月27日(金) 午後  RCS7 (B会場)
15:10 - 16:10
(32)
RCS
15:10-15:30 A Scalable Heuristic Scheduling Technique for STDMA-based Millimeter-wave WPAN System with Directional Antennas ○Chin-Sean Sum・Mohammad Azizur Rahman・Zhou Lan・Junyi Wang・Ryuhei Funada・Tuncer Baykas・Hiroshi Harada・Shuzo Kato(NICT)
(33)
RCS
15:30-15:50 ミリ波帯シングルキャリア伝送における判定指向形位相雑音補償の実験による評価 ○宮井悠佑・須山 聡・鈴木 博・府川和彦(東工大)
(34)
RCS
15:50-16:10 簡略化マルチユーザ検出器を用いたMIMO-OFDM IDMA繰り返し受信機 ○式田 潤・須山 聡・鈴木 博・府川和彦(東工大)
11月27日(金) 午前  AP1 (C会場)
座長: 広川二郎(東工大)
09:00 - 10:15
(35)
A・P
09:00-09:25 レベルセット法に基づく構造最適化法を用いた左手系誘電体メタマテリアルの最適設計 ○山崎慎太郎・野村壮史・佐藤和夫(豊田中研)・道下尚文・山田吉英(防衛大)
(36)
A・P
09:25-09:50 非励振素子を有する超広帯域モノポールアンテナの検討 ○鈴木貴大・杉本翔太・岩崎久雄(芝浦工大)
(37)
A・P
09:50-10:15 バラクタ装荷による整合周波数制御に関する基礎検討と広帯域アンテナで電磁結合給電するチューナブルアンテナの提案 ○飯草恭一・原田博司(NICT)
  10:15-10:25 休憩 ( 10分 )
11月27日(金) 午前  AP2 (C会場)
座長: 久我宣裕(横浜国大)
10:25 - 12:05
(38)
A・P
10:25-10:50 USBメモリサイズ2.4GHz帯無線LAN・UWB共用アンテナ ○関根健太郎(芝浦工大)・松崎慶悟(日立)・岩崎久雄(芝浦工大)
(39)
A・P
10:50-11:15 PIMソースを内蔵したパッチアンテナの構成法 ○入江健治・久我宣裕(横浜国大)
(40)
A・P
11:15-11:40 ビームチルト角を制御する4ポートMIMO基地局アンテナの特性解析 ○寺竹博道・尾保手茂樹・鹿子嶋憲一(茨城大)・清水隆行・村野慎介(日立電線)
(41)
A・P
11:40-12:05 室内2×2MIMOシステムにおける第二固有値を用いた空間多重効果とダイバーシチ効果の比較検討 ○相良光毅・内田大輔・新井宏之(横浜国大)
  12:05-13:05 昼食 ( 60分 )
11月27日(金) 午後  AP3 (C会場)
座長: 尾保手茂樹(茨城大)
13:05 - 14:20
(42)
A・P
13:05-13:30 擬似雑音によるBPF付きPIアダプティブアレー干渉抑圧特性の改善 ○松田 寛・藤元美俊・堀 俊和(福井大)
(43)
A・P
13:30-13:55 サブバンド処理による超広帯域信号の高精度DOA推定 ○大波加翔平・藤元美俊・堀 俊和(福井大)
(44)
A・P
13:55-14:20 3D Unitary ESPRITにおける推定値ペアリング法の改良 ○スレシ ビジャヤラトナム・松原 隆・久保正男・黒川恭一(防衛大)
  14:20-14:30 休憩 ( 10分 )
11月27日(金) 午後  AP4 (C会場)
座長: 藤元美俊(福井大)
14:30 - 16:10
(45)
A・P
14:30-14:55 移動体通信における移動局電波到来角特性のモデル化 ○表 英毅・太田喜元・藤井輝也(ソフトバンクテレコム)
(46)
A・P
14:55-15:20 FPGAを用いたICA処理器の高速化に関する検討 ○藤尾俊輔・塩見英久・岡村康行(阪大)
(47)
A・P
15:20-15:45 GCIP(l, m)法を用いた電磁波伝搬の数値解析 ○大久保 寛・河田直樹(首都大東京)・土屋隆生(同志社大)
(48)
A・P
15:45-16:10 GPUを用いた電磁界数値解析の高速化に関する検討 河田直樹・○大久保 寛(首都大東京)・土屋隆生(同志社大)
  16:10-16:20 休憩 ( 10分 )
11月27日(金) 午後  IEEE AP-S Japan Chapter特別講演 (C会場)
16:20 - 17:10
(49)
A・P
16:20-17:10 [特別講演]アンテナ・伝搬研究を取り巻く国際状況(仮)(口頭発表) ○安藤 真(東工大)

講演時間
一般講演(RCS)発表 15 分 + 質疑応答 5 分
一般講演(AP)発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
AP アンテナ・伝播研究会(A・P)   [今後の予定はこちら]
問合先 広川 二郎 (東京工業大学)
TEL:03-5734-2567/FAX:03-5734-2901
E-: _-cry 
RCS 無線通信システム研究会(RCS)   [今後の予定はこちら]
問合先 樋口 健一(東京理科大学)
E-:r_- 


Last modified: 2009-11-14 15:55:58


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[AP研究会のスケジュールに戻る]   /   [RCS研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のAP研究会 / 次のAP研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会