お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のET研究会 / 次のET研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


教育工学研究会(ET) [schedule] [select]
専門委員長 渡辺 健次 (広島大)
副委員長 藤原 康宏 (兵庫医科大)
幹事 三好 康夫 (高知大), 立岩 佑一郎 (名工大)
幹事補佐 山元 翔 (近畿大), 加納 徹 (東京理科大)

日時 2021年 9月10日(金) 10:30 - 16:15
議題 データサイエンス・情報教育/一般 
会場名 オンライン開催 
他の共催 ◆IEEE Education Society Japan Chapter協賛
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費(ET研究会)についてはこちらをご覧ください.

  10:30-10:40 委員長挨拶 ( 10分 )
9月10日(金) 午前  ET (1)
座長: 三好康夫(高知大学)
10:40 - 11:55
(1) 10:40-11:05 ソーシャルメディアからの情報に基づいたレコメンド機能のコース紹介モジュールへの実装 ○飯高敏和(熊本学園大)
(2) 11:05-11:30 オンライン授業のための注釈充実化教材の開発 ○岩井憲一(滋賀大)
(3) 11:30-11:55 教育的説明性を有する自動リーダビリティ判定に向けて ~ 語彙・概念学習支援の観点から ~ ○江原 遥(学芸大)
  11:55-13:15 昼食 ( 80分 )
9月10日(金) 午後  ET (2)
座長: 立岩佑一郎(名古屋工業大学)
13:15 - 14:55
(4) 13:15-13:40 Predicting Code Reading Test Answers by Using Eye Movement Features ○YUE YAN・Minoru Nakayama(Tokyo Tech)
(5) 13:40-14:05 レポート文書特徴と学習者特性との関連に関する一検討 ○中山 実(東工大)・菊池 聡・山本洋雄(信州大)
(6) 14:05-14:30 ゲーミフィケーションにおけるタスクの時間長が作業の意欲と効率に与える影響 ○上野達也・上野秀剛(奈良高専)
(7) 14:30-14:55 教員志望者と現職教員の授業観察における違いについての分析 ○大井 翔(阪工大)・後藤壮史(王寺小)
  14:55-15:15 開催校挨拶・休憩 ( 20分 )
9月10日(金) 午後  ライトニングトークセッション
座長: 立岩佑一郎(名古屋工業大学)
15:15 - 16:15
  - ライトニングトーク
◎教育工学研究会では,研究会参加者間の交流を深めるため,気軽に発表&質疑応答するためのライトニングトークセッションを試行します.懇親会での交流が難しい中で,研究発表とは一味違った情報交換をしていただければ幸いです.

講演時間
一般講演発表 17 分 + 質疑応答 7 分

問合先と今後の予定
ET 教育工学研究会(ET)   [今後の予定はこちら]
問合先 立岩 佑一郎 (名古屋工業大学)
E-: i 
お知らせ ◎第1著者として、1回の研究会で1件まで発表できます。
◎原稿締め切り日までに原稿がアップロードされない場合には、自動的に発表キャンセルとなります。原稿がない発表は認めておりませんのでご注意ください。
◎原稿は、4ページ、または6ページで作成してください。
◎本研究会の取り組みについては、教育工学研究会ホームページ(http://www.ieice.org/iss/et/)もご覧ください。
◎当日の発表時間は、進捗により多少ずれることがあります。予めお含みおき下さい。


Last modified: 2021-09-10 16:10:26


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[ET研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のET研究会 / 次のET研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会