お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のICTSSL研究会 / 次のICTSSL研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 

★安全・安心な生活とICT研究会(ICTSSL)
専門委員長 不破 泰 (信州大)  副委員長 田村 裕 (中大), 和田 友孝 (関西大)
幹事 佐藤 大輔 (NTT), 大塚 晃 (事業創造大)
幹事補佐 横山 俊一 (防災科学技術研)

日時 2019年 7月16日(火) 15:00~16:40
   2019年 7月17日(水) 10:00~11:40

会場 青森県観光物産館 アスパム(〒030-0803 青森県青森市安方一丁目1番40号.JR青森駅東口」から徒歩で8分程度。http://www.aomori-kanko.or.jp/web/access.html.防災科学技術研究所 横山俊一.029-863-7250)

議題 防災,一般

7月16日(火) 午後 (15:00~16:40)
座長: 不破泰(信州大学)

(1) 15:00 - 15:25
災害時ツイートにおける注目地域の分析と可視化
○山田実俊・宇津圭祐・内田 理・長 幸平(東海大)

(2) 15:25 - 15:50
時空間マッシュアップによる2018年大阪北部地震の実態再現と分析
○井ノ口宗成(富山大)・田村圭子(新潟大)・濱本両太(ESRIジャパン)

(3) 15:50 - 16:15
地震災害における生活再建支援業務マネジメントツールを活用した罹災証明書発行業務解析
○田村圭子(新潟大)・井ノ口宗成(富山大)・堀江 啓(インターリスク総研)

(4) 16:15 - 16:40
臨時災害放送局を利用した防災教育について
○横山俊一(防災科学技研)・不破 泰・菊地 聡(信州大)

7月17日(水) 午前 (10:00~11:40)
座長: 佐藤大輔(NTT)

(5) 10:00 - 10:25
LPWAと5Gを活用した山岳登山者見守りシステム
○不破 泰(信州大)・野口浩平・中村治彦・長曽我部嘉博(サーキットデザイン)・國澤和義(ファルコン)・甘利大斗・アサノ デービッド(信州大)

(6) 10:25 - 10:50
グラフの点数や辺数が最小となるGrundy Number の実現(第2報)
○田村 裕・松本 峻(中大)・中野敬介(新潟大)

(7) 10:50 - 11:15
複数の宛先領域における情報フローティングの開始手法について
○室田雅貴・宮北和之・中野敬介(新潟大)

(8) 11:15 - 11:40
情報フローティングによる誘導における誘導経路と性能の関係について
○大野有輝・宮北和之・中野敬介(新潟大)

一般講演:発表 20 分 + 質疑応答 5 分


☆ICTSSL研究会今後の予定 [ ]内発表申込締切日

10月17日(木)~18日(金) 別府国際コンベンションセンター B-ConPlaza [8月14日(水)] テーマ:サイバー攻撃対策、災害対策・障害対策、BCP・レジリエンス、スマートグリッド、省エネルギー、データ分析、及び一般※※※ 本研究会は電気学会スマートファシリティ研究会との連催です。※※※

【問合先】
横山 俊一(防災科研)
TEL: 029-863-7250
E-mail: shunboi

◎懇親会のご案内
(会員,非会員,発表者,聴講者等研究会参加の方全員参加可能)
日時:2019年7月16日 17:30~
場所:海鮮酒房 壱乃助 https://tabelog.com/aomori/A0201/A020101/2007430/dtlmap/
会費:5000円


Last modified: 2019-07-09 12:58:41


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[ICTSSL研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のICTSSL研究会 / 次のICTSSL研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会