お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のHIP研究会 / 次のHIP研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


ヒューマン情報処理研究会(HIP) [schedule] [select]
専門委員長 蒲池 みゆき (工学院大)
副委員長 坂本 修一 (東北大), 和田 有史 (立命館大)
幹事 坂野 雄一 (NICT), 望月 理香 (NTT), 清河 幸子 (名大)
幹事補佐 和田 充史 (NICT), 金谷 英俊 (立命館大), 山田 祐樹 (九大)

{INFOMESITEM}
日時 2019年10月30日(水) 13:10 - 17:20
2019年10月31日(木) 09:45 - 16:25
議題 眼球運動(調節,瞳孔を含む),空間知覚(奥行き知覚・運動知覚等),およびヒューマン情報処理一般 
会場名 京都テルサ 視聴覚研修室 
住所 〒601-8047 京都市南区東九条下殿田町70番地(新町通九条下ル 京都府民総合交流プラザ内)
交通案内 JR京都駅(八条口西口)より南へ徒歩約15分,または近鉄東寺駅より東へ徒歩約5分,または地下鉄九条駅4番出口より西へ徒歩約5分
http://www.kyoto-terrsa.or.jp
会場世話人
連絡先
情報通信研究機構 坂野雄一
070-4538-4213(坂野);075-692-3400(京都テルサ)
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費(HIP研究会)についてはこちらをご覧ください.

10月30日(水) 午後  一般講演
座長: 水科晴樹(徳島大)
13:10 - 14:25
(1) 13:10-13:35 内受容感度による表情推定の個人差 ○前川 亮・吉岡大輝・乾 敏郎(追手門学院大)
(2) 13:35-14:00 顔の記憶におけるプロトタイプ効果と負の示唆性効果 ~ 処理の流暢性からの考察 ~ ○加藤 隆(関西大)・向田 茂(北海道情報大)
(3) 14:00-14:25 把持対象物体の視覚的特徴が箸操作及び手指把持動作に及ぼす影響 ○長谷川 滉・福井隆雄(首都大東京)
  14:25-14:35 休憩 ( 10分 )
10月30日(水) 午後  一般講演
座長: 坂野雄一(NICT)
14:35 - 16:15
(4) 14:35-15:00 周辺視野におけるβ運動とフリッカーにおける知覚現象 ○梶原康平・鉄谷信二・井ノ上寛人(東京電機大)
(5) 15:00-15:25 周辺視野の垂直視差が中心視野の水平視差による奥行き弁別閾値に与える影響 ○劉 勁冬・久方瑠美・金子寛彦(東工大)
(6) 15:25-15:50 オクルージョンのある実物体と黒に近い低輝度の実物体の奥行き知覚を変化可能な実物DFD表示 ○岩本生宮・水科晴樹・陶山史朗(徳島大)
(7) 15:50-16:15 RGB-Dカメラによるインテグラルフォトグラフィの生成 ○矢野澄男・小山裕也(島根大)・Min-Chul Park(KIST)
  16:15-16:25 休憩 ( 10分 )
10月30日(水) 午後  招待講演
座長: 根岸一平(金沢工大)
16:25 - 17:20
(8) 16:25-17:20 [招待講演]コンピュータビジョン・VRを活用した注視行動分析 ○満上育久(広島市大)
10月31日(木) 午前  一般講演
座長: 金子寛彦(東工大)
09:45 - 10:35
(9) 09:45-10:10 上下反転と左右反転の逆さメガネへの適応過程の違い ○根岸一平・村田啓輔(金沢工大)
(10) 10:10-10:35 自己運動中の移動物体知覚特性の計測と計算論的考察 ○成田侑毅・佐藤俊治(電通大)
  10:35-10:45 休憩 ( 10分 )
10月31日(木) 午前  一般講演
座長: 根岸一平(金沢工大)
10:45 - 11:35
(11) 10:45-11:10 歩きスマートフォン操作が及ぼすVORパフォーマンスへの影響 ○寺本智貴(中部大)・山本雅也(愛知工科大)・平田 豊(中部大)
(12) 11:10-11:35 視覚探索タスクが眼球運動に与える影響 ○竹本あゆみ(オムロン)・中澤篤志(京大)・木下航一・長谷川友紀(オムロン)・熊田孝恒(京大)
  11:35-13:45 昼食休憩 ( 130分 )
10月31日(木) 午後  一般講演
座長: 坂野雄一(NICT)
13:45 - 15:00
(13) 13:45-14:10 周辺視野領域に呈示した振動刺激が注視行動に与える影響の検討 ○上野貴大・中山 実(東工大)
(14) 14:10-14:35 カードゲームにおける報酬期待の眼球情報への影響に関する一検討 ○中山 実・正田孝平(東工大)
(15) 14:35-15:00 How do different stimulus properties in multiple attentional foci affect pupillary response? ○Hu Xiaofei・Hisakata Rumi・Kaneko Hirohiko(Tokyo Tech)
  15:00-15:10 休憩 ( 10分 )
10月31日(木) 午後  一般講演
座長: 水科晴樹(徳島大)
15:10 - 16:25
(16) 15:10-15:35 眼鏡のテンプル部に固定したカメラを用いた簡易眼球運動計測 ○疋田真一・橋田慎吾(阪電通大)
(17) 15:35-16:00 見えないターゲットへのサッカード眼球運動 ~ 知覚系と眼球運動制御系への逆行性マスキングの効果 ~ ○荒木拓人・玉田靖明・佐藤雅之(北九州市大)・内川惠二(神奈川工科大)
(18) 16:00-16:25 サッカード変位抑制におけるブランク効果 ~ ブランクの長さと開始時刻の影響 ~ ○玉田靖明・原 一矢・北野 健・佐藤雅之(北九州市大)

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分
招待講演発表 45 分 + 質疑応答 10 分

問合先と今後の予定
HIP ヒューマン情報処理研究会(HIP)   [今後の予定はこちら]
問合先 情報通信研究機構 坂野雄一(i
お知らせ ◎1日目(10/30)プログラム終了後に懇親会を予定しております。
懇親会への参加を希望される場合には、10月16日(水)までに会場世話人の坂野までメールでお申し込みください。なお、発表申し込み時に既に懇親会への参加を表明されている方は申し込み不要です。


Last modified: 2019-10-10 14:28:26


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[HIP研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のHIP研究会 / 次のHIP研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会