お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のSWIM研究会 / 次のSWIM研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 

★ソフトウェアインタプライズモデリング研究会(SWIM)
専門委員長 宮西 洋太郎 (仙台ソフトウェアセンター)  副委員長 堀米 明 (フィジオ)
幹事 片岡 信弘 (東海大), 黒瀬 晋 (NEC)
幹事補佐 須栗 裕樹 (宮城大), 野地 保 (東海大)

日時 2011年 2月25日(金) 10:40~16:50

会場 機会振興会館 地下3階2号室(〒105-0011東京都港区芝公園3-5-8.東京メトロ日比谷線神谷町駅下車 徒歩8分,JR浜松町駅下車 徒歩15分.http://www.jspmi.or.jp/kaikan.htm.片岡信弘.03-3434-8216~7)

議題 次世代経営情報技術、一般

2月25日(金) 午前 (10:40~16:50)

(1) 10:40 - 10:45
委員長開会挨拶

(2) 10:45 - 11:10
医療診断用イメージング装置の仮想化とクラウドによるイメージング処理の提案
○結城 修・峰野博史・水野忠則(静岡大)

(3) 11:10 - 11:35
情報システム開発におけるトレーサビリティの特質と管理モデルの考察
○宇田川佳久(東京工芸大)

(4) 11:35 - 12:00
企業フォーメーションシステムの分析 ~ 初期モデル-プロトタイプ ~
○長 香奈恵

−−− 昼食 ( 60分 ) −−−

(5) 13:00 - 13:25
大学教育における情報システム構築の要求定義演習についての提案
○石野正彦(福井工大)・工藤 司(静岡理工科大)・五月女健治(法政大)・片岡信弘(東海大)

(6) 13:25 - 13:50
UMLアクティビティ図からSPINモデル検査用コードの自動生成とWebアプリケーション設計への適用
○山田 豊・和崎克己(信州大)

(7) 13:50 - 14:50
[基調講演]サービスエンジニアリングの動向
○秋吉政徳(阪大)

−−− 休憩 ( 15分 ) −−−

(8) 15:05 - 15:30
CPNによるUMLモデル間整合性検証
○野村将人・安田佳宏・新川芳行(龍谷大)

(9) 15:30 - 15:55
CPNによるトランザクションモデルの表現と検証
田中一樹・○山内一馬・新川芳行(龍谷大)

(10) 15:55 - 16:20
SaaS環境クラウドコンピューティング上へのPDMの試作
○坂下善彦・平 雄祐(湘南工科大)

(11) 16:20 - 16:45
2010年度クラウドコンピューティングトライアルプロジェクトの総括
○宮西洋太郎(アイエスイーエム)・廣瀬 修(エクスウェア)・坂下善彦(湘南工科大)・梶 功夫・須栗裕樹(宮城大)・片岡信弘(東海大)

(12) 16:45 - 16:50
副委員長閉会挨拶

一般講演:発表 20 分 + 質疑応答 5 分
基調講演:発表 50 分 + 質疑応答 10 分


☆SWIM研究会

【問合先】
片岡信弘 東海大学
9i-u

◎研究会終了後懇親会を予定しております.


Last modified: 2010-12-16 10:51:32


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[SWIM研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のSWIM研究会 / 次のSWIM研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会