お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のTL研究会 / 次のTL研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 

★思考と言語研究会(TL)
専門委員長 佐野 洋 (東京外国語大)
副委員長 近藤 公久 (工学院大), 竹内 和広 (阪電通大)
幹事 森下 美和 (神戸学院大), 坪田 康 (京都工繊大)
幹事補佐 神長 伸幸 (ミイダス), 高田 明典 (フェリス女学院大), 石川 彰夫 (KDDI総合研究所)

日時 2019年 9月29日(日) 13:00~16:55

会場 独立行政法人国立高等専門学校機構 函館工業高等専門学校(〒042-0953 北海道函館市戸倉町14−1.https://www.hakodate-ct.ac.jp/guidance/access.下郡 啓夫)

議題 テーマ(1):芸術と言語 テーマ (2):場の言語学・意味の創発・場の共創 テーマ(3):思考と言語一般

−−− 冒頭挨拶 ( 5分 ) −−−

9月29日(日) 午後 第1セッション (13:05~15:20)

(1) 13:05 - 14:05
[招待講演]人工知能と芸術
○迎山和司(公立はこだて未来大)

(2) 14:05 - 14:35
対照語関係の識別に寄与する語の分散表現における位置関係の調査
○奥村雄輝(阪電通大)・廣川佐千男(九大)・竹内和広(阪電通大)

(3) 14:35 - 15:05
単語の分散表現とトピックモデルを利用した隠語の検出
○ギ イツリン・労 瑛瑩・韓 東力(日大)

−−− 休憩 ( 15分 ) −−−

9月29日(日) 午後 第2セッション (15:20~16:55)

(1) 15:20 - 15:50
芸術思考の評価指標の開発
○下郡啓夫(函館高専)・有賀三夏(東北芸工大)・原田康也(早大)

(2) 15:50 - 16:20
推論の帰納的形式が日本語の段落記述に与える影響
○佐野 洋(東京外国語大)

(3) 16:20 - 16:50
芸術思考による創造性育成ワークショップの開発
有賀三夏(東北芸工大)・阪井和男(明大)・國藤 進(北陸先端大)・○下郡啓夫(函館高専)・永井由佳里(北陸先端大)

−−− 挨拶 ( 5分 ) −−−

一般講演:発表 25 分 + 質疑応答 5 分


☆TL研究会今後の予定 [ ]内発表申込締切日

12月22日(日) 愛媛大学 〒790‐8577 松山市文京町3番 −1 [11月7日(木)] テーマ:テーマ: (1) 人間の心的特性に寄り添った学習環境のデザイン, (2) 言語表現と心的内面の関係, (3) 思考と言語一般


Last modified: 2019-08-06 15:04:13


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[TL研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のTL研究会 / 次のTL研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会