電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


ネットワークシステム研究会(NS) [schedule] [select]
専門委員長 平松 淳 (NTT-AT)
副委員長 戸出 英樹 (阪府大)
幹事 橘 拓至 (福井大), 柴田 哲良 (NTT)
幹事補佐 太田 正純 (NTT), 鎌村 星平 (NTT)

情報ネットワーク研究会(IN) [schedule] [select]
専門委員長 小林 秀承 (NTT)
副委員長 山岡 克式 (東工大)
幹事 荒井 大輔 (KDDI研), 濱田 貴広 (NTT)
幹事補佐 大下 裕一 (阪大), 首藤 裕一 (NTT)

日時 2015年 3月 2日(月) 09:10 - 12:00
2015年 3月 3日(火) 09:00 - 17:00
議題 一般 
会場名 沖縄コンベンションセンター 
住所 〒901-2224 沖縄県宜野湾市真志喜4-3-1
交通案内 http://www.oki-conven.jp/access.html

3月2日(月) 午前  NS1 会場1 (会議棟B 2F 会議場B1-1)
座長: 笹部 昌弘 (奈良先端大)
09:10 - 10:30
(1)
NS
09:10-09:30 モバイルアドホックネットワークの経路安定度と送信パケットレート制御への適用評価 ○清水正明・高見一正(創価大)
(2)
NS
09:30-09:50 ノード密度が変化するアドホックネットワークへの適用性を考慮したセキュア分散データ転送のための複数経路制御手法 ○村上哲哉・河野英太郎・角田良明(広島市大)
(3)
NS
09:50-10:10 アドホックネットワークにおける固定ノードを用いた負荷分散Opportunistic Routing ○白井達也・山崎 託(早大)・山本 嶺(電通大)・三好 匠(芝浦工大)・田中良明(早大)
(4)
NS
10:10-10:30 優先転送端末と端末再送制御を用いたOpportunistic Routingの特性解析 ○山崎 託(早大)・山本 嶺(電通大)・三好 匠(芝浦工大)・朝香卓也(首都大東京)・田中良明(早大)
3月2日(月) 午前  NS2 会場2 (会議棟B 2F 会議場B1-2)
座長: 田中 昌也 (NTT)
09:10 - 10:30
(5)
NS
09:10-09:30 複数ルーティング構成法に対する消費電力とトラヒック量を考慮したリンク削除法 ○畑中崇志・橘 拓至(福井大)
(6)
NS
09:30-09:50 制限時間付き大容量ファイル転送における帯域割当を考慮した経路制御方式 ○河野史織・木下和彦(阪大)・山井成良(東京農工大)・渡辺 尚(阪大)
(7)
NS
09:50-10:10 MPLS-TP P2MP LSPを用いたマルチキャスト転送方式及び障害監視方式の検討 ○横井俊宏・高橋 賢・岩井隆典(NTT)
(8)
NS
10:10-10:30 IMS網における接続先POIへのSIPルーチング方式に関する考察 ○荒井健二郎・乗松敏雄・古川 聖(NTT)
3月2日(月) 午前  NS3 会場3 (会議棟B 2F 会議場B1-3)
座長: 上山 憲昭 (阪大/NTT)
09:10 - 10:30
(9)
NS
09:10-09:30 ネットワーク縮退アルゴリズムを用いたILPによる大規模ネットワーク設計手法 ○平 智彦・見越大樹・竹中豊文(日大)
(10)
NS
09:30-09:50 リンクメトリック変更によるトラフィック制御に対する多項式時間アルゴリズム ○栗本進矢・巳波弘佳(関西学院大)
(11)
NS
09:50-10:10 複数ノード破壊に耐性のある保護ノード決定のための多項式時間近似アルゴリズム ○松井知美・巳波弘佳(関西学院大)
(12)
NS
10:10-10:30 閉路のある仮想網におけるトラヒック量を考慮した仮想サービス資源配置法 ○小柳裕樹・橘 拓至(福井大)
3月2日(月) 午前  NS4 会場4 (会議棟B 1F 会議場B5)
座長: 高野 知佐 (広島市大)
09:10 - 10:30
(13)
NS
09:10-09:30 Construction method of service space in virtualized network system based on chemical-inspired spatial coordination model ○Shun Sakurai・Go Hasegawa・Masayuki Murata(Osaka Univ.)
(14)
NS
09:30-09:50 セマンティックP2Pネットワークにおけるスモールワールド性を有する自己組織化アルゴリズム ○鈴木貴久・見越大樹・竹中豊文(日大)
(15)
NS
09:50-10:10 データセンタの温度分布予測のためのネットワークモデルの提案 ○田代晋也・樽谷優弥・長谷川 剛・中村 泰(阪大)・松田和浩(NTT-AT)・松岡茂登(阪大)
(16)
NS
10:10-10:30 データセンタの電力削減のための機械学習法を利用した温度分布予測 ○橋本和幸・樽谷優弥・長谷川 剛(阪大)・松田和浩・田村卓三(NTT-AT)・中村 泰・松岡茂登(阪大)
3月2日(月) 午前  IN1 会場5 (会議棟B 1F 会議場B6)
座長: 村山 純一(東海大)
09:10 - 10:30
(17)
IN
09:10-09:30 劣通信環境下における情報伝達の遅延を考慮した避難誘導法 ○高山祐紀・巳波弘佳(関西学院大)
(18)
IN
09:30-09:50 DTN Routing for Inter-Vehicle Communication based on Road Map and Traffic Information ○Hiroki Hanawa・Hiroaki Higaki(Tokyo Denki Univ.)
(19)
IN
09:50-10:10 統合ネットワークを用いた情報収集システムにおけるDTNモード通信制御方式 ○池間優司・水野 修(工学院大)
(20)
IN
10:10-10:30 受信者主導型ハンドシェイク方式を用いた災害時DTN通信 ○山下諒馬・高見一正(創価大)
3月2日(月) 午前  IN2 会場6 (会議棟B 1F 会議場B7)
座長: 岩下 基(千葉工大)
09:10 - 10:30
(21)
IN
09:10-09:30 分散システムの検証・評価・反映するための障害シナリオベースシナリオ作成手法の提案 ○柏崎礼生(阪大)・西内一馬(シティネット)
(22)
IN
09:30-09:50 人為的障害の発生によるネットワークシステムの検証 ○菊池 豊・福本昌弘(高知工科大)・豊永昌彦・佐々木正人(高知大)・今井一雅(高知高専)・山田 覚・風間 裕・一色健司・名和真一・高畑貴志(高知県立大)・岡村健志(高知大)
(23)
IN
09:50-10:10 企業向けNWにおける瞬間バーストトラヒックの特性分析と一考察 ○土谷浩史(NTTコミュニケーションズ)
(24)
IN
10:10-10:30 パケットスイッチとパススイッチを組み合わせた低消費電力なネットワークオンチップ構成の提案と評価 ○池田崇栄・大下裕一・村田正幸(阪大)
3月2日(月) 午前  NS5 会場1 (会議棟B 2F 会議場B1-1)
座長: 河西 憲一 (群馬大)
10:40 - 12:00
(25)
NS
10:40-11:00 帯域制御方法に基づくトラフィック可視化方式 ○柴田剛志・星原隼人・鈴木敏明・篠原康也・小河太郎・高瀬誠由・花岡誠之(日立)
(26)
NS
11:00-11:20 複数のP2PTVアプリケーションにおけるユーザの行動特性を考慮したトラヒックフロー特性分析 ○水谷光貴・三好 匠(芝浦工大)・オリヴィエ フルモー(UPMC)
(27)
NS
11:20-11:40 通信回線の相違に対する事前期待待ち時間の分析と推定モデルの構築 ○小長谷真也・三好 匠(芝浦工大)・矢守恭子(朝日大)
(28)
NS
11:40-12:00 ユーザ体感品質に基づく環境適応形帯域割当方式 ○川嶋 誉・ファム ティ フン・三好 匠(芝浦工大)
3月2日(月) 午前  NS6 会場2 (会議棟B 2F 会議場B1-2)
座長: 山本 嶺 (電通大)
10:40 - 12:00
(29)
NS
10:40-11:00 イベント駆動型センサネットワークにおけるエッジ探索型データ収集手法のためのエッジ検出メッセージ削減手法 ○板倉重和・見越大樹・竹中豊文(日大)
(30)
NS
11:00-11:20 DTNにおける移動性の高いノードを利用した効率的なデータ検索方式 ○渡邉 充・見越大樹・竹中豊文(日大)
(31)
NS
11:20-11:40 すれ違い通信におけるUDPを用いたDTN通信の評価 ○木下峻一・植田啓文(NEC)
(32)
NS
11:40-12:00 地域活性化の実現に向けたすれ違い通信アプリに対するゲーミフィケーションの検討 ○橘 拓至・小野宏介・三井理加・関 智広(福井大)
3月2日(月) 午前  NS7 会場3 (会議棟B 2F 会議場B1-3)
座長: 三澤 明 (NTT)
10:40 - 11:40
(33)
NS
10:40-11:00 LTE-Advanced/5GネットワークにおけるLTE-WLANアグリゲーションのためのリンクレイヤ構成の提案 ○太田好明・中村道春(富士通研)・相川慎一郎・大出高義(富士通)
(34)
NS
11:00-11:20 ROD-SANにおけるチャネル利用率に基づく送信チャネル切替方式 ○日高健夫・野林大起・福田 豊・塚本和也・池永全志(九工大)・阿部憲一(NCOS)
(35)
NS
11:20-11:40 ソフトウェア開発品質におけるバグ密度特性と類似性への一考察 ○小澤 孝・高橋 徹(NTT)
3月2日(月) 午前  NS8 会場4 (会議棟B 1F 会議場B5)
座長: 本野 智治 (NTT)
10:40 - 12:00
(36)
NS
10:40-11:00 データセンタにおける空調機の消費電力を削減するための遺伝アルゴリズムに基づくタスク配置手法の性能評価 ○出口孝明・樽谷優弥・長谷川 剛・中村 泰(阪大)・田村卓三・松田和浩(NTT-AT)・松岡茂登(阪大)
(37)
NS
11:00-11:20 データセンタの省電力化に向けたガウス過程動的モデルによる温度分布予測 ○菅沼孝二(奈良先端大)・樽谷優弥・長谷川 剛・中村 泰(阪大)・浮田宗伯(奈良先端大)・松田和浩(NTT-AT)・松岡茂登(阪大)
(38)
NS
11:20-11:40 データセンタ間通信におけるピークトラヒック量制約を考慮したオーバレイマルチキャスト ○金子元紀(阪大)・笹部昌弘(奈良先端大)・滝根哲哉(阪大)
(39)
NS
11:40-12:00 WebSocketを用いたクラウド型HEMSのスケーラビリティの実験評価 ○エンヘー テムーレン・樽谷優弥・長谷川 剛(阪大)・松田和浩(NTT-AT)・村田修一郎(Acutus)・松岡茂登(阪大)
3月2日(月) 午前  IN3 会場5 (会議棟B 1F 会議場B6)
座長: 横堀 充(パナソニック)
10:40 - 12:00
(40)
IN
10:40-11:00 状態が感染的に遷移する拡張SIRモデルを用いたSNSの盛衰の検討 ○田中萌奈・作元雄輔・会田雅樹・川島幸之助(首都大東京)
(41)
IN
11:00-11:20 ラプラシアン行列の固有ベクトルを用いたネットワーク構造分析法の実験的考察 ○柴田理史・作元雄輔・会田雅樹(首都大東京)
(42)
IN
11:20-11:40 強連結P2Pネットワークの自律分散構成法が及ぼすネットワーク性能への影響 ○坂本陸歩・山岡克式(東工大)
(43)
IN
11:40-12:00 携帯キャリアの選択行動と携帯端末購買行動分析 ○齋藤瑞貴・井上明也・土屋洋平・岩下 基(千葉工大)
3月2日(月) 午前  IN4 会場6 (会議棟B 1F 会議場B7)
座長: 中村 信之(沖電気工業)
10:40 - 12:00
(44)
IN
10:40-11:00 長距離ネットワークにおける帯域利用率およびフロー間公平性を考慮した動的トラフィック制御方式 ○長谷川裕也(阪大)・馬場健一(工学院大)・下條真司(阪大)
(45)
IN
11:00-11:20 時間的/空間的省電力TEにおける転送性能解析 ○山下昌裕・川原憲治(九工大)
(46)
IN
11:20-11:40 可用帯域を指標とした複数のルーティングテーブルを用いる動的ルーティング手法の適用性評価 ○今村敬博(工学院大)・淺谷耕一(南開大)・水野 修(工学院大)
(47)
IN
11:40-12:00 モデル予測制御を用いた階層型トラヒックエンジニアリング ○大歳達也・大下裕一・村田正幸(阪大)・高橋洋介・石橋圭介・塩本公平(NTT)・橋本智明(阪大)
3月3日(火) 午前  NS9 会場1 (会議棟B 2F 会議場B1-1)
座長: 山垣 則夫 (NEC)
09:00 - 10:20
(48)
NS
09:00-09:20 CCNにおける集約Interestを用いたTCP-likeな輻輳制御手法の検討 ○横田健治・栗原 淳・田上敦士(KDDI研)
(49)
NS
09:20-09:40 マルチパスTCPにおけるUDPを考慮にいれたサブフロー制御ポリシの初期評価 ○金井智彦(東工大)・嶋村昌義(ネットワーク応用技研)・飯田勝吉(東工大)
(50)
NS
09:40-10:00 マルチパスTCPプロキシを活用したサブフロー制御ポリシ適用が可能なゲートウェイの設計と実装 ○岡田 悠(東工大)・嶋村昌義(ネットワーク応用技研)・飯田勝吉(東工大)
(51)
NS
10:00-10:20 ビデオストリーミングアプリケーションのためのTCP輻輳制御手法の検討 ○渡邊 岳・熊副和美・カベンディッシュ ジルセウ・池永全志・野林大起・尾家祐二(九工大)
3月3日(火) 午前  NS10 会場2 (会議棟B 2F 会議場B1-2)
座長: 平田 孝志 (関西大)
09:00 - 10:20
(52)
NS
09:00-09:20 広域L2/L3網を使った仮想ネットワーク構成法の提案 ○北村匡彦・君山博之・藤井竜也(NTT)・丸山 充(神奈川工科大)
(53)
NS
09:20-09:40 仮想エッジアーキテクチャと帯域制御技術 ○三澤 明・中川雅弘・望月このみ・土屋英雄・服部恭太・片山 勝(NTT)
(54)
NS
09:40-10:00 時間予約型フロー収容サービスにおける負荷分散スケジューリング ○今井悟史(富士通研)・日下部雄三(富士通九州ネットワークテクノロジーズ)・片桐 徹(富士通研)
(55)
NS
10:00-10:20 次世代網における新たな名前アドレス解決法の提案 ○安川正祥(NTT)
3月3日(火) 午前  NS11 会場3 (会議棟B 2F 会議場B1-3)
座長: 木下 和彦 (徳島大)
09:00 - 10:20
(56)
NS
09:00-09:20 実空間情報連動型ネットワークシステムの提案およびユーザグループ生成方式の評価 ○嶋村昌義・永田 晃・石西 洋・中村勝一(ネットワーク応用技研)・藤 ひとみ・光石雅弥・野林大起・塚本和也・池永全志・尾家祐二(九工大)
(57)
NS
09:20-09:40 実空間グループコミュニケーション実現のための効率的な情報収集手法の提案 ○藤 ひとみ・塚本和也・尾家祐二(九工大)・石西 洋・中村勝一(ネットワーク応用技研)
(58)
NS
09:40-10:00 実空間グループコミュニケーションにおける情報配信のための経路制御手法 ○光石雅弥・野林大起・池永全志・尾家祐二(九工大)・中村勝一・石西 洋(ネットワーク応用技研)
(59)
NS
10:00-10:20 CEMSにおける多数端末の同時接続に対するMQTTプロトコルの拡張性の実験評価 ○北川貴大・樽谷優弥・長谷川 剛(阪大)・松田和浩(NTT-AT)・村田修一郎(アクタス)・松岡茂登(阪大)
3月3日(火) 午前  NS12 会場4 (会議棟B 1F 会議場B5)
座長: 菅原 真司 (千葉工大)
09:00 - 10:20
(60)
NS
09:00-09:20 マルチチャネル無線LANにおける上下フローの送信待ち時間を均等化するチャネル切替法 ○寺村 拓・谷川陽祐・戸出英樹(阪府大)
(61)
NS
09:20-09:40 過密な無線LAN環境におけるユーザ移動協力を用いた品質向上制御 ○堀内咲江(福井大)・三好一徳・村瀬 勉(NEC)・橘 拓至(福井大)
(62)
NS
09:40-10:00 OpenFlowを用いたマルチホップ無線ネットワークにおける制御トラヒック削減手法の検討 ○水山一輝・和田祐太郎(九工大)・田川真樹(奈良先端大)・妙中雄三(東大)・塚本和也(九工大)
(63)
NS
10:00-10:20 無線メッシュネットワークにおける頻繁なグループ変化を想定した巡回型マルチキャストルーティングプロトコルの評価 ○多田勇樹・高見一正(創価大)
3月3日(火) 午前  IN5 会場5 (会議棟B 1F 会議場B6)
座長: 阿多 信吾(大阪市立大)
09:00 - 10:20
(64)
IN
09:00-09:20 Method for Flow Reservation in Wireless Ad-hoc Network ○Takeshi Nakagawa・Hiroaki Higaki(Tokyo Denki Univ.)
(65)
IN
09:20-09:40 アドホック通信による走行ログ交換に基づく電動アシスト自転車制御 ○栗原和也・内田匡哉・桧垣博章(東京電機大)
(66)
IN
09:40-10:00 経路探索におけるクラスタ間干渉の低減という観点からのMANETのクラスタリング手法の比較 ○妹尾俊樹・作元雄輔(首都大東京)・高野知佐(広島市大)・会田雅樹(首都大東京)
(67)
IN
10:00-10:20 災害時の基地局消費電力削減に向けた協調通信の応用に関する一考察 ○金 瑞旭・浦田祐毅・小泉佑揮・長谷川 亨(阪大)
3月3日(火) 午前  IN6 会場6 (会議棟B 1F 会議場B7)
座長: Ved P Kafle(NICT)
09:00 - 10:20
(68)
IN
09:00-09:20 無線LAN環境におけるスループット向上を目指したFECに基づくTCP輻輳制御に対する冗長度決定方式 ○手嶋郁也・小畑博靖・石田賢治(広島市大)
(69)
IN
09:20-09:40 優先度付きFECを備えた順不同型UDPファイル伝送のためのトラヒック削減方式 ○清水倫人(慶大)・北村匡彦(NTT)・寺岡文男・金子晋丈(慶大)
(70)
IN
09:40-10:00 CSMA/CAにおけるバックオフ時間制御とTCP制御によるフローQoS保証方式 ○松本博樹・小畑博靖・石田賢治(広島市大)
(71)
IN
10:00-10:20 有限帯域環境下における高機能ノードでのパケット重複数決定法 ○寺島聡宏・山岡克式(東工大)
3月3日(火) 午前  NS13 会場1 (会議棟B 2F 会議場B1-1)
座長: 前田 英樹 (NTT)
10:30 - 11:30
(72)
NS
10:30-10:50 OpenFlowによる減災情報ネットワーク冗長化の評価実験 ○芳根 歩・水野 修(工学院大)
(73)
NS
10:50-11:10 トラフィック変動に追随する輻輳抑制省電力ネットワーク制御法 ○川田佑弥・巳波弘佳(関西学院大)
(74)
NS
11:10-11:30 発見的手法によるリンク負荷を考慮した仮想サービス資源配置法の検討 ○福野太洋・橘 拓至(福井大)
3月3日(火) 午前  NS14 会場2 (会議棟B 2F 会議場B1-2)
座長: 田中 聡 (NTTドコモ)
10:30 - 11:30
(75)
NS
10:30-10:50 スマートハウスにおける家電利用最適化システムの開発 ○見越大樹・添田浩基・大野琢睦・菱沼大暉・竹中豊文(日大)
(76)
NS
10:50-11:10 P2Pネットワークにおけるキャッシング手法がヒット率と負荷特性に与える影響 ○鈴木 遼・見越大樹・竹中豊文(日大)
(77)
NS
11:10-11:30 電力網内満足度を最大化する完全競争市場下での電力分散協調手法 ○遠藤光泰・浅見康介・沓澤 遼・山本草詩・高島研也(慶大)・田中 誠(政策研究大)・竹下秀敏・山中直明(慶大)
3月3日(火) 午前  NS15 会場3 (会議棟B 2F 会議場B1-3)
座長: 小頭 秀行 (KDDI研)
10:30 - 11:30
(78)
NS
10:30-10:50 実ネットワークを用いたCUBIC TCPのRTT公平性改善手法の評価 ○神津智樹・秋山友理愛・山口実靖(工学院大)
(79)
NS
10:50-11:10 モバイル網を介したインタネット通信の性能改善手法の検討 ○小口直樹(総研大/富士通研)・阿部俊二(総研大/NII)
(80)
NS
11:10-11:30 Cognitive VANETのための2階層共通制御チャネル選択手法 ○鶴 翔史・塚本和也・鶴 正人・尾家祐二(九工大)
3月3日(火) 午前  NS16 会場4 (会議棟B 1F 会議場B5)
座長: 長谷川 剛 (阪大)
10:30 - 11:50
(81)
NS
10:30-10:50 無線LANにおけるフェージング環境下での長期チャネル状態悪化に対処する送信スケジューリング ○吉岡 栞・谷川陽祐・戸出英樹(阪府大)
(82)
NS
10:50-11:10 ミリ波無線リンクの品質予測に基づく経路制御アルゴリズム 流田理一郎・○花野博司・山口 明(KDDI研)
(83)
NS
11:10-11:30 無線通信の影響を考慮したフロッキングアルゴリズムの特性評価 ○稲田浩平・四方博之(関西大)
(84)
NS
11:30-11:50 無線LANにおける同一ペイロードパケット削減による転送効率化方式 ○山口裕樹・野林大起・池永全志(九工大)
3月3日(火) 午前  IN7 会場5 (会議棟B 1F 会議場B6)
座長: 池田 大造(NTTドコモ)
10:30 - 11:50
(85)
IN
10:30-10:50 携帯網における協調アップロードを用いた群衆ソーシングのための報酬のモデル化 ○長谷川慶太(阪大)・杉山浩平(KDDI研)・小泉佑揮(阪大)・田上敦士(KDDI研)・長谷川 亨(阪大)
(86)
IN
10:50-11:10 BLEタグを用いた屋内位置測位における設置タグ数の影響評価 ○山口修平・荒井大輔・大岸智彦(KDDI研)
(87)
IN
11:10-11:30 無線LAN APを用いたセンサノードの測位に向けた電波減衰モデル構築実験 ○富重晃季・石田繁巳(九大)・田頭茂明(関西大)・福田 晃(九大)
(88)
IN
11:30-11:50 iBeaconを用いた移動方向判定システム 柳澤琢磨・○藤原明広(福井工大)
3月3日(火) 午前  IN8 会場6 (会議棟B 1F 会議場B7)
座長: 三好 一徳(NEC)
10:30 - 11:50
(89)
IN
10:30-10:50 MCMCに基づく自律分散制御における環境変動への適応法 ○横田将也・作元雄輔・会田雅樹(首都大東京)
(90)
IN
10:50-11:10 情報漏洩防止のための高速ログトレース方式 ○池田晃基・鈴木琢也・キェカルン ピッチャヤ(東海大)・濱田貴広・村田祐一(NTT)・村山純一(東海大)
(91)
IN
11:10-11:30 許容遅延内処理パケット数を最大化するWRR重み配分法 ○野田 翔・山岡克式(東工大)
(92)
IN
11:30-11:50 知識に基づく効果的な複数アクセス回線選択手法の評価 ○伊藤 仁・江戸麻人・和泉 諭・阿部 亨・菅沼拓夫(東北大)
3月3日(火) 午後  NS17 会場1 (会議棟B 2F 会議場B1-1)
座長: 古閑 宏幸 (北九州市大)
12:40 - 14:00
(93)
NS
12:40-13:00 クラウドを併用したPeer-to-Peerネットワークにおけるコンテンツ取得成功率の期待値を用いた情報共有手法 ○冨森将司(名工大)・菅原真司(千葉工大)・福嶋慶繁・石橋 豊(名工大)
(94)
NS
13:00-13:20 モデル予測制御を用いた配信サーバと経路の最適選択法 ○上山憲昭(阪大/NTT)・高橋洋介・石橋圭介・塩本公平(NTT)・大歳達也・大下裕一・村田正幸(阪大)
(95)
NS
13:20-13:40 非構造型P2Pネットワークにおける多様なコンテンツ共有のためのコンテンツ移動履歴とキャッシュルータを用いた効率的な情報探索方式 ○武田大生(名工大)・菅原真司(千葉工大)・福嶋慶繁・石橋 豊(名工大)
(96)
NS
13:40-14:00 インネットワーク誘導のためのコンテンツ人気度推定に基づくContentID/Cache Location情報管理に関する研究 ○鬼塚貴希・片岡尚美・高木由美・太田 能・玉置 久(神戸大)
3月3日(火) 午後  NS18 会場2 (会議棟B 2F 会議場B1-2)
座長: 福島 行信 (岡山大)
12:40 - 14:00
(97)
NS
12:40-13:00 サーバ負荷配置の最適化による空調効率の改善 ○千喜良和明・橋本英明・浦田穣司・増尾 剛(NTT)
(98)
NS
13:00-13:20 リンク故障時においてもサーバへの可到達性を保証し距離増大を抑制するサーバ配置法における多項式時間アルゴリズム ○前田奈緒・巳波弘佳(関西学院大)
(99)
NS
13:20-13:40 IoTサービス提供のためのサーバ数を削減するNW機能の提案 ○木村明寛・西山聡史・大坂 健・工藤伊知郎(NTT)
(100)
NS
13:40-14:00 数値流体力学シミュレーションによるデータセンタ内の温度予測のためのサーバモデルの提案 ○北田和将・樽谷優弥・長谷川 剛(阪大)・松田和浩(NTT-AT)・松岡茂登(阪大)
3月3日(火) 午後  NS19 会場3 (会議棟B 2F 会議場B1-3)
座長: 鎌村 星平 (NTT)
12:40 - 14:00
(101)
NS
12:40-13:00 プロバイダ間情報流通によるプライバシー保護情報推薦システムの構成法 ○嵐田真司・大山勝徳・西園敏弘(日大)
(102)
NS
13:00-13:20 オープンフロースイッチを用いた分散キーバリューストアのデータアクセス機能の実装 ○杉村浩由・大山勝徳・西園敏弘(日大)
(103)
NS
13:20-13:40 多粒度多階層光パスネットワーク資源管理システムの実装 ○竹房あつ子(産総研)・湊 賢治(NTT)・石井紀代・谷村勇輔(産総研)・坂井田規夫(NTT)・大久保克彦・清水敏行・工藤知宏(産総研)
(104)
NS
13:40-14:00 HaaS環境を用いたPCクラスタ型高精細映像オンデマンドクリッピングシステムの検討 ○君山博之・北村匡彦(NTT)・河野 隆(NTT-IT)・丸山 充(神奈川工科大)・藤井竜也(NTT)
3月3日(火) 午後  NS20 会場4 (会議棟B 1F 会議場B5)
座長: 安川 正祥 (NTT)
12:40 - 14:00
(105)
NS
12:40-13:00 無線LANのメディアアクセス制御方式SP-MACを用いたスループット保証制御 ○山本酉貴・濱本 亮・小畑博靖・高野知佐・石田賢治(広島市大)
(106)
NS
13:00-13:20 無線LAN環境におけるアクセスポイントを考慮したメディアアクセス制御方式SP-MAC ○安藤竜馬・濱本 亮・小畑博靖・高野知佐・石田賢治(広島市大)
(107)
NS
13:20-13:40 大規模無線メッシュネットワークのための動作アクセスポイント選択アルゴリズム ○藤田 翔・舩曵信生(岡山大)
(108)
NS
13:40-14:00 オンデマンド型無線センサーアクチュエーターネットワークの構築と実証実験による評価 ○阿部憲一・江連裕一郎(NEC通信システム)・長谷川晃朗(ATR)・池永全志(九工大)・四方博之(関西大)
3月3日(火) 午後  IN9 会場5 (会議棟B 1F 会議場B6)
座長: 大下 裕一(阪大)
12:40 - 14:00
(109)
IN
12:40-13:00 マルチレート無線LAN環境における結合振動子の同期現象に基づいたメディアアクセス制御方式の性能評価 ○濱本 亮・山本酉貴・小畑博靖・高野知佐・石田賢治(広島市大)
(110)
IN
13:00-13:20 WLANとZigBeeの共存に向けたAP-Assisted CTS-Blockingの評価 ○佐伯良光・石田繁巳(九大)・田頭茂明(関西大)・福田 晃(九大)
(111)
IN
13:20-13:40 コグニティブ無線環境における制御チャネル統合のための時分割方式の検討 ○鷹取 奨・川原憲治・塚本和也・尾家祐二(九工大)
(112)
IN
13:40-14:00 セッション維持を支援する公衆無線システム ~ 仮想専用線とWi-Fiによるプロトタイピング ~ ○西村俊和(立命館大)
3月3日(火) 午後  IN10 会場6 (会議棟B 1F 会議場B7)
座長: 水野 修(工学院大)
12:40 - 14:00
(113)
IN
12:40-13:00 Distributed Location-Based Broadcast Services for Gain of Mobile Users ○Hisashi Matsuura・Hiroaki Higaki(Tokyo Denki Univ)
(114)
IN
13:00-13:20 高レートコンテンツアップロード向け受信時重複排除機構の可能性 ○知念賢一(北陸先端大/NICT)・小西一暢(パナソニック)・菊地 聡(NICT/北陸先端大)・村本衛一(パナソニック)・篠田陽一(北陸先端大/NICT)
(115)
IN
13:20-13:40 コンテンツセントリックネットワークのための名前補完機能の設計と実装 ○前田 瞭・阿多信吾(阪市大)・北村 浩(NEC)
(116)
IN
13:40-14:00 バックボーン網帯域を考慮したミリ波無線アクセスゲートによるコンテンツ配信手法 ○目黒彩美(東工大)・横田健治・田上敦士(KDDI研)・山岡克式(東工大)
3月3日(火) 午後  NS21 会場1 (会議棟B 2F 会議場B1-1)
座長: 塚本 和也 (九工大)
14:10 - 15:30
(117)
NS
14:10-14:30 計測RTTを用いた確率的コンテンツ指向ルーチング手法 ○上尾祐太・平田孝志・山本 幹(関西大)
(118)
NS
14:30-14:50 高速なコンテンツ配信のための交通機関を活用したコンテンツオフロード方式 ○金井謙治・黒川沙代・木皿寛人・甲藤二郎(早大)
(119)
NS
14:50-15:10 車車間通信によるトラフィックオフロードにおける経路予測情報を用いたコンテンツ配送法 ○大槻駿介・巳波弘佳(関西学院大)
(120)
NS
15:10-15:30 アプリケーションレベルリンクアグリゲーションにおけるUDP通信を用いたデータ配信システム ○藤村和久・日高 瑛(工学院大)・淺谷耕一(南開大)・水野 修(工学院大)
3月3日(火) 午後  NS22 会場2 (会議棟B 2F 会議場B1-2)
座長: 上山 憲昭 (阪大/NTT)
14:10 - 15:30
(121)
NS
14:10-14:30 Analysis of Service Function Chaining for Carrier Grade Networks ○Lily Guo・Shunsuke Homma・Akihiro Kimura・Satoshi Nishiyama・Konomi Mochizuki・Takeshi Osaka(NTT)
(122)
NS
14:30-14:50 サービスチェイニングを考慮したポリシー制御機能の検討 ○森岡千晴・久保庭章子・福岡亜希・岡本 司(NTT)
(123)
NS
14:50-15:10 OpenFlowネットワークにおける経路情報切替処理の監視に関する一考察 ○吉田幸平(工学院大)・中尾彰宏(東大)・小口正人(お茶の水女子大)・後藤厚宏(情報セキュリティ大)・山本 周(東大)・山口実靖(工学院大)
(124)
NS
15:10-15:30 Efficient information sharing among distributed controllers of OpenFlow network with bi-connectivity ○Junichi Nagano・Norihiko Shinomiya(Soka Univ.)
3月3日(火) 午後  NS23 会場3 (会議棟B 2F 会議場B1-3)
座長: 谷川 陽祐 (阪府大)
14:10 - 15:30
(125)
NS
14:10-14:30 アプリケーション特化型QoS制御のための網内機械学習によるモバイルアプリケーション同定 ○岩井貴充・中尾彰宏(東大)
(126)
NS
14:30-14:50 M2M通信収容のための仮想モバイルコアネットワークアーキテクチャに関する一検討 ○長谷川 剛・村田正幸(阪大)
(127)
NS
14:50-15:10 データ送信期間が重複するモバイル端末間で代表端末を決定する通信負荷分散方式 ○鈴木孝明・岩井孝法・山野 悟(NEC)
(128)
NS
15:10-15:30 接続要求信号数の予測に基づく仮想モバイル網のリソース割当て手法 ○清水雅純・岩井孝法・山野 悟(NEC)
3月3日(火) 午後  NS24 会場4 (会議棟B 1F 会議場B5)
座長: 上田 清志 (日大)
14:10 - 15:30
(129)
NS
14:10-14:30 SBC仮想化に関する一考察 ○歌原 崇(NTT)
(130)
NS
14:30-14:50 API互換方法に関する一考察 ○松浦亮介・歌原 崇(NTT)
(131)
NS
14:50-15:10 フェリー支援型DTNにおけるクラスタ間の近傍性を考慮した訪問順序決定方式 ○泉 芳明(阪大)・笹部昌弘(奈良先端大)・滝根哲哉(阪大)
(132)
NS
15:10-15:30 大規模分散システムにおける進化ゲーム理論を用いた自己組織型資源割当方式 ○山際慎悟(阪大)・笹部昌弘(奈良先端大)・滝根哲哉(阪大)
3月3日(火) 午後  IN11 会場5 (会議棟B 1F 会議場B)
座長: 川原 憲治(九工大)
14:10 - 15:30
(133)
IN
14:10-14:30 フローネットワークにおけるフロースクリーニング制御方式 ○渡辺佑典・キェカルン ピッチャヤ(東海大)・濱田貴広・五十嵐弓将(NTT)・村山純一(東海大)
(134)
IN
14:30-14:50 圧縮センシングを用いた時空間階層化トラヒック観測手法 ○辻 喜宏・大下裕一・村田正幸(阪大)・山崎晃嗣・宮崎昭彦(NTT)
(135)
IN
14:50-15:10 遅延情報を用いたEnd-to-End可用帯域測定ツールの実装と評価 ○石田裕貴・花田真樹(東京情報大)・金光永煥(早大)・金 武完(東京情報大)
(136)
IN
15:10-15:30 Estimation of hostnames of HTTPS communication using DNS queries/responses ○Tatsuya Mori(Waseda Univ.)・Takeru Inoue・Akihiro Shimoda・Kazumichi Sato・Keisuke Ishibashi(NTT)・Shigeki Goto(Waseda Univ.)
3月3日(火) 午後  IN12 会場6 (会議棟B 1F 会議場B7)
座長: 荒井 大輔(KDDI研)
14:10 - 15:30
(137)
IN
14:10-14:30 A Distributed Virtual Data Center Network Architecture for the Future Internet ○Ali Kashif Bashir・Yuichi Ohsita・Masayuki Murata(Osaka Univ.)
(138)
IN
14:30-14:50 Fault tolerant mechanism of m-cloud, distributed privacy preserving statistical computation on cloud ○Ikuo Nakagawa(INTEC)・Masahiro Hiji(tohoku-u)・Yutaka Kikuchi・Masahiro Fukumoto(kochi-tech)・Shinji Shimojo(osaka-u)
(139)
IN
14:50-15:10 大規模ネットワークにおけるサービスファンクションチェイニング実現方式の評価 ○内藤憲吾・北田裕之・槇林康雄・高谷直樹・松林泰則・望月このみ・本間俊介(NTT)
(140)
IN
15:10-15:30 VPNソフトウェア処理のマルチスレッド化における高速なバッファリング手法 ○境 智史・姜 維・上水流由香(NTTコミュニケーションズ)
3月3日(火) 午後  NS25 会場1 (会議棟B 2F 会議場B1-1)
座長: 奥谷 武則 (NTT)
15:40 - 16:40
(141)
NS
15:40-16:00 コンテンツセントリックネットワークにおける帯域制御方式の実装 ○桑山智耶・大坐畠 智・加藤聰彦(電通大)
(142)
NS
16:00-16:20 コンテンツ指向型ネットワークにおける人気度変化に適応する選択的キャッシュ手法の性能評価 ○河野孝博(北九州市大)・嶋村昌義(ネットワーク応用技研)・古閑宏幸(北九州市大)
(143)
NS
16:20-16:40 コンテンツ指向ネットワークにおけるタグ共起性による探索特性評価 ○高崎尚人・小林亜樹(工学院大)
3月3日(火) 午後  NS26 会場2 (会議棟B 2F 会議場B1-2)
座長: 平田 孝志 (関西大)
15:40 - 16:40
(144)
NS
15:40-16:00 ユーザPCコンピューティングシステムのジョブスケジューリング法の実装と評価 ○青柳有輝・舩曵信生(岡山大)・福士 将(山口大)
(145)
NS
16:00-16:20 ルール探索性能とルール更新性能を両立するパケット分類手法の提案と評価 ○渡邊義和・飯星貴裕・狩野秀一(NEC)
(146)
NS
16:20-16:40 実ネットワークでの適用を指向したアプリケーションレベルリンクアグリゲーション方式の評価 ○日高 瑛・藤村和久(工学院大)・淺谷耕一(南開大)・水野 修(工学院大)
3月3日(火) 午後  NS27 会場3 (会議棟B 2F 会議場B1-3)
座長: 橘 拓至 (福井大)
15:40 - 16:40
(147)
NS
15:40-16:00 An Analysis Study on the Impact of Network Topology on the Performance of TDMA-based Multihop Wireless Networks ○Kai Koyama・Go Hasegawa・Morito Matsuoka(Osaka Univ.)
(148)
NS
16:00-16:20 モバイルセンサネットワークにおける最適停止規則を用いたモニタリング制御 ○渡部和馬(阪大)・笹部昌弘(奈良先端大)・滝根哲哉(阪大)
(149)
NS
16:20-16:40 超低遅延モバイルサービスにおける機能配備法の一検討 ○平井弘実・馬場宏基・松本 実・則武克誌(NTT)
3月3日(火) 午後  NS28 会場4 (会議棟B 1F 会議場B5)
座長: 小島 祐治 (富士通研)
15:40 - 16:40
(150)
NS
15:40-16:00 ナイーブベイズ分類器を利用したロードバランサ・システムの評価 ○小川泰文・中村宏之(NTT)
(151)
NS
16:00-16:20 Any-to-Any通信サービスの高効率な収容を実現するフローエントリ設定手法の提案 ○金子紘也・鈴木一哉(NEC)
(152)
NS
16:20-16:40 フロー間対等二元受付制御の閾値導入による多元トラヒック環境への適用 ○須加 拓(東工大)・宮田純子(神奈川大)・山岡克式(東工大)
3月3日(火) 午後  IN13 会場5 (会議棟B 1F 会議場B6)
座長: 濱田 貴広(NTT)
15:40 - 16:40
(153)
IN
15:40-16:00 蓄積搬送型エネルギー流通方式における劣通信環境を考慮した中継経路制御法 ○山村太樹・巳波弘佳(関西学院大)
(154)
IN
16:00-16:20 スマートグリッド環境下におけるPIAXを活用した電力の需給マッチング手法 ○浅見康介・遠藤光泰・沓澤 遼・山本草詩・高島研也・竹下秀俊・山中直明(慶大)
(155)
IN
16:20-16:40 マルチコントローラ環境における宅内機器制御方式の検討 ○高田佳典・高橋大佑・堀内栄一(三菱電機)
3月3日(火) 午後  IN14 会場6 (会議棟B 1F 会議場B7)
座長: 首藤 裕一(NTT)
15:40 - 17:00
(156)
IN
15:40-16:00 Design and Implementation of ID-Layer Multipath Forwarding in HIMALIS Architecture ○Ved P. Kafle・Yusuke Fukushima・Hiroaki Harai(NICT)
(157)
IN
16:00-16:20 CCN1.0環境における固定長エンドツーエンドフラグメンテーションの提案 ○植田一暁・横田健治・田上敦士(KDDI研)
(158)
IN
16:20-16:40 災害時におけるICNポテンシャルルーティングの最適化の検討 ○須永崇章・浅見 徹・川原圭博(東大)・杉山浩平・栗原 淳・田上敦士(KDDI研)・柳生智彦(NEC)・長谷川 亨(阪大)
(159)
IN
16:40-17:00 Identity-Based Aggregate Signatures Applied to NDN for Short Message Transfers ○Byambajav Namsraijav・Tohru Asami・Yoshihiro Kawahara(UTokyo)・Jun Kurihara・Kohei Sugiyama・Atsushi Tagami(KDDI R&D Labs.)・Tomohiko Yagyu(NEC)・Toru Hasegawa(Osaka Univ.)

講演時間
一般講演発表 15 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
NS ネットワークシステム研究会(NS)   [今後の予定はこちら]
問合先 NS研究会幹事及び幹事補佐:ns-cat
太田正純 (NTT)
TEL 0422-59-3396
柴田哲良 (NTT)
TEL 0422-59-3205 
お知らせ ◎最新情報は,NS研ホームページをご覧ください.
http://www.ieice.org/cs/ns/jpn/
◎プログラム確定後の発表キャンセルは原則できませんのでご注意下さい.
IN 情報ネットワーク研究会(IN)   [今後の予定はこちら]
問合先 IN研究会幹事及び幹事補佐
荒井 大輔 (KDDI研)
TEL 049-278-7818, FAX 049-278-7510
大下 裕一 (大阪大学)
TEL 06-6879-4542, FAX 06-6879-4544
E-:in_-n-2007 
お知らせ ◎情報ネットワーク研究会ホームページ
http://www.ieice.org/cs/in/jpn/
◎なお,原稿の締め切り日を過ぎますと技報への掲載ができなくなり,原稿無しでのご発表となります.プログラム確定後の発表キャンセルは原則できませんのでご注意下さい.


Last modified: 2015-02-17 18:14:48


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[NS研究会のスケジュールに戻る]   /   [IN研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会