お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のICD研究会 / 次のICD研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 

★集積回路研究会(ICD)
専門委員長 亀山 充隆  副委員長 中屋 雅夫
幹事 内山 邦男, 宮野 信治
幹事補佐 張山 昌論, 甲斐 康司

日時 2004年12月16日(木) 10:00~17:15
   2004年12月17日(金) 10:00~15:00

会場 広島大学 東広島キャンパス 学士会館 2階(〒731-8511 東広島市鏡山1-3-2.アクセスに関しては次のWEBをご覧下さい.http://www.hiroshima-u.ac.jp/category_view.php?folder_name=access&lang=ja)

議題 回路技術(一般、超高速・低電力・高機能を目指した新アーキテクチュア)

12月16日(木) 午前 (10:00~12:00)

(1) 10:00 - 10:30
D2G-SOIトランジスタを用いた低電力SoC向けSRAMセル
○山岡雅直・長田健一・伊藤清夫・土屋龍太・河原尊之(日立)

(2) 10:30 - 11:00
SDRAMモード制御技術の提案
○三浦誓士・鮎川一重(日立)

(3) 11:00 - 11:30
高並列プロセッサのためのバンク構成レジスタファイル
○碧山賢一・末吉徹也・上口 光(広島大)・前田 志(広島市大)・小出哲士・マタウシュ ハンス ユルゲン(広島大)・弘中哲夫(広島市大)

(4) 11:30 - 12:00
再構成可能コンテクストメモリを用いたマルチコンテクストFPGAのアーキテクチャ
○張山昌論・Wei Sheng CHONG・亀山充隆(東北大)

−−− 昼食 ( 60分 ) −−−

12月16日(木) 午後 (13:00~15:00)

(5) 13:00 - 14:00
[招待講演]DRAMアーキテクチャーの動向と将来展望 ~ システム要求に応えるDRAMアーキテクチャの変遷 ~
○安藤 学(エルピーダメモリ)

(6) 14:00 - 15:00
[招待講演]Inter/Intra-Chip Wireless Interconnection for VLSI using Integrated Antennas
○Takamaro Kikkawa(Hiroshima Univ.)

−−− 休憩 ( 15分 ) −−−

12月16日(木) 午後 (15:15~17:15)

(7) 15:15 - 15:45
高速シリアルリンクのためのアットスピード・セルフテストLSI
○佐々木 守(広島大)・石松賢治(熊本県工技センター)・金沢守道・神立信一(ルネサステクノロジ)・長畑博之(サンユー)

(8) 15:45 - 16:15
パルス変調方式に基づく列並列転送回路を利用したマルチチップ視覚システムの開発
○亀田成司・岩田 穆(広島大)

(9) 16:15 - 16:45
並列リコンフィギュラブル画像処理プロセッサを用いたロボットビジョンシステム
○杉村武昭・出口 淳・小西雄太・中谷好博・福島誉史・近野 敦・栗野浩之・内山 勝・小柳光正(東北大)

(10) 16:45 - 17:15
データマイニング専用プロセッサのアーキテクチャと回路設計
○金杉昭徳・大倉昌夫・松本光弘(東京電機大)

12月17日(金) 午前 (10:00~12:00)

(11) 10:00 - 10:30
1V動作Rail-to-Rail入力逐次比較AD変換器
○升井義博・赤木美穂・円林晃一郎・吉田 毅・佐々木 守・岩田 穆(広島大)

(12) 10:30 - 11:00
MOSFETの動作周波数限界を超えるCMOS周波数分周器
○山本 憲・藤島 実(東大)

(13) 11:00 - 11:30
0.13-μm CMOS、10-Gbps、16:1低電力マルチプレクサ (MUX)
○礒崎亮多・榎本忠儀(中大)

(14) 11:30 - 12:00
電源制御回路を付加した演算回路の低消費電力化
○板野伸次・田丸啓吉(岡山理科大)

−−− 昼食 ( 60分 ) −−−

12月17日(金) 午後 (13:00~15:00)

(15) 13:00 - 14:00
[招待講演]セルフタイム回路によるデータ駆動型プロセッサとその応用
○岩田 誠・寺田浩詔(高知工科大)

(16) 14:00 - 14:30
差動対電流モード多値回路と高速・高信頼算術演算VLSIシステムへの応用
○望月 明・北村 健・羽生貴弘(東北大)

(17) 14:30 - 15:00
Design and Evaluation of Fine-Grain Field Programmable VLSI Based on Multiple-Valued Source-Coupled Logic
○Haque Mohammad Munirul・Michitaka Kameyama(Tohoku Univ.)

一般講演(30):発表 20 分 + 質疑応答 10 分
招待講演(60):発表 50 分 + 質疑応答 10 分

◎16日研究会終了後,懇親会を予定していますので奮って御参加ください.会場は東広島キャンパス内を予定しております.また,17日の研究会終了後,広島大学ナノデバイス.システム研究センターの見学会を予定しております.


☆ICD研究会今後の予定 [ ]内発表申込締切日

2005年1月27日(木)~28日(金) 機械振興会館 [11月22日(月)] テーマ:LSIシステムの実装・モジュール化・インタフェース技術、テスト実装、一般
2005年3月10日(木)~11日(金) メルパルク沖縄 [1月14日(金)] テーマ:「システムオンシリコン設計技術ならびにこれを活用したVLSI」

【問合先】
張山昌論(東北大学)
TEL 022-217-7153, FAX 022-263-9401
E-mail: ecei


Last modified: 2004-11-04 23:13:37


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[ICD研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のICD研究会 / 次のICD研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会