電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のNS研究会 / 次のNS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 

★ネットワークシステム研究会(NS)
専門委員長 平松 淳 (NTT-AT)  副委員長 戸出 英樹 (阪府大)
幹事 橘 拓至 (福井大), 前田 英樹 (NTT)
幹事補佐 鎌村 星平 (NTT)

日時 2016年 1月21日(木) 09:15~19:05
   2016年 1月22日(金) 09:05~16:45

会場 博多バスターミナル 貸ホール9F第4ホール(福岡市博多区博多駅中央街2-1.JR博多駅(博多口)から徒歩1分.http://www.f-kc.jp/kashi_hall/hall_information.html)

議題 NWソフトウエア(ソフトウエアアーキテクチャ,ミドルウエア),NWアプリケーション,SOA/SDP,NGN/IMS/API,分散制御・ダイナミックルーチング,グリッド,NW及びシステム信頼性,NW及びシステム評価,一般

1月21日(木) 午前 NWS1 (09:15~11:45)

(1) 09:15 - 11:45
★第二種研究会 ネットワークソフトウェア(NWS)研究会

−−− 昼休み ( 50分 ) −−−

1月21日(木) 午後 NS1 (12:35~14:40)
座長: 橘 拓至 (福井大)

(2) 12:35 - 13:00
観光資源PRを目的としたワイヤレスネットワーク構築
○上野洋太郎・山内雪路(阪工大)

(3) 13:00 - 13:25
無線LANにおける上下方向通信の公平性を考慮したNAVの延長とCWの再設定による利己的端末の送信機会抑制方式
○笹川 隆・大坐畠 智・加藤聰彦(電通大)

(4) 13:25 - 13:50
The Declarative-Coordinated Model for Self-Optimization of Service Networks
○Marat Zhanikeev(Kyutech)

(5) 13:50 - 14:15
Software define WMNのパケットロス低減を実現するフロー集約手法
○妙中雄三(東大)・田川真樹(奈良先端大)・塚本和也(九工大)

(6) 14:15 - 14:40
DNSキャッシュ汚染対策の一方法とその実装
○湯藤大介・山内雪路(阪工大)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

1月21日(木) 午後 NS2 (14:50~16:55)
座長: 木下 和彦 (徳島大)

(7) 14:50 - 15:15
サービス収容度を用いた効率的な仮想ネットワークへのリソース割り当て手法の検討
○小林正裕・松村龍太郎・木村卓巳・土屋利明・則武克誌(NTT)

(8) 15:15 - 15:40
DTNにおける重要配信データのための優先制御方式
○高見文隆(京大)・朝香卓也(首都大東京)・新熊亮一(京大)

(9) 15:40 - 16:05
IoT/M2M時代に向けた移動固定ネットワーク要件/技術の検討
○松本 実・平井弘実・東條琢也・高谷直樹(NTT)

(10) 16:05 - 16:30
複数プレイヤに分散した管理情報を用いた大規模IoTサービスにおける装置信頼性把握手法
○渋谷惠美・長谷川輝之(KDDI研)・山口弘純(阪大)

(11) 16:30 - 16:55
生体情報を用いた心的圧迫状態推定方式
○長谷川靖恭・新津善弘(芝浦工大)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

1月21日(木) 午後 招待講演1 (17:05~17:45)

(12) 17:05 - 17:45
★第二種研究会 ネットワークソフトウェア(NWS)研究会

1月21日(木) 午後 招待講演2 (17:45~18:25)
座長: 平松 淳 (NTT-AT)

(13) 17:45 - 18:25
[招待講演]MAGONIA:サービスの早期創出や開発・運用コストの大幅な削減に向けた新たなサーバアーキテクチャ ~ NetroSphere構想実現に向けて ~
○四七秀貴(NTT)

1月21日(木) 午後 招待講演3 (18:25~19:05)
座長: 平松 淳 (NTT-AT)

(14) 18:25 - 19:05
[招待講演]NetroSphereを支えるオペレーション技術
○木村秀明(NTT)

1月22日(金) 午前 NWS2 (09:05~11:35)

(15) 09:05 - 11:35
★第二種研究会 ネットワークソフトウェア(NWS)研究会

−−− 昼休み ( 50分 ) −−−

1月22日(金) 午後 NS3 (12:25~14:30)
座長: 田中 聡 (NTTドコモ)

(16) 12:25 - 12:50
NFVにおけるNW機能の組み合わせを考慮したサーバリソース割当て方式の検討 ~ NetroSphere構想実現に向けて ~
○栗田弘之・中村宏之(NTT)

(17) 12:50 - 13:15
サービス連携機能によるAPIの高付加価値化に関する一考察 ~ NetroSphere構想実現に向けて ~
○鈴木 彩・原 大輔・高橋真由美(NTT)

(18) 13:15 - 13:40
仮想リソース消費を削減するNFVスケーラブルサービスチェイン方式の提案
○西島孝通・加納慎也(富士通研)

(19) 13:40 - 14:05
Webパフォーマンスの因果分析
○中野雄介・上山憲昭・塩本公平(NTT)・長谷川 剛・村田正幸(阪大)

(20) 14:05 - 14:30
汎用分散処理システムでの大規模分散システムシミュレーションの予備評価
○加藤裕也・杉野好宏・華井雅俊・首藤一幸(東工大)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

1月22日(金) 午後 NS4 (14:40~16:45)
座長: 水野 修 (工学院大)

(21) 14:40 - 15:05
[奨励講演]超低遅延ネットワークを実現するFrame Preemption方式の実証
○別所浩資・井上礼子・堀田善文・川手竜介(三菱電機)

(22) 15:05 - 15:30
Modeling and Evaluation of Low Latency Network Architecture Considering Computing Latency in Fog Servers
○Krittin Intharawijitr・Katsuyoshi Iida(Tokyo Tech)・Hiroyuki Koga(Univ. of Kitakyushu)

(23) 15:30 - 15:55
コンテンツ配置を考慮したコンテンツ指向トラヒックエンジニアリングの検討
○速水祐作・平田孝志・山本 幹(関西大)

(24) 15:55 - 16:20
柔軟な光パス運用を実現する光コアSDN動的リソース管理制御に関する検討
○中津川恵一・宮部正剛・山田亜紀子・山下真司・宗宮利夫(富士通)

(25) 16:20 - 16:45
OpenFlowによる複数経路マルチキャストを利用した一対多ファイル転送の分析と改良
○岩本健志・岡本洋平・鶴 正人(九工大)

一般講演:発表 18 分 + 質疑応答 7 分
招待講演:発表 35 分 + 質疑応答 5 分


☆NS研究会今後の予定 [ ]内発表申込締切日

3月3日(木)~4日(金) (予定) フェニックス・シーガイア・リゾート(宮崎) [1月14日(木)] テーマ:一般
4月21日(木)~22日(金) 和歌山大学 [2月12日(金)] テーマ:トラヒック,NW評価,性能,リソース管理・制御,トラヒックエンジニアリング,NW信頼性・レジリエンシ,一般

【問合先】
NS研究会幹事及び幹事補佐:ns-cat
鎌村星平 (NTT)
TEL 0422-59-3349
前田英樹 (NTT)
TEL 0422-59-4016

◎最新情報は,NS研ホームページをご覧ください.
http://www.ieice.org/cs/ns/jpn/
◎プログラム確定後の発表キャンセルは原則できませんのでご注意下さい.


Last modified: 2016-01-07 16:18:55


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[NS研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のNS研究会 / 次のNS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会