お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のDE研究会 / 次のDE研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 

本ワークショップは情報処理学会DBS研究会・日本データベース学会(DBSJ)との共催です。



データ工学研究会(DE) [schedule] [select]
専門委員長 佐藤 哲司
副委員長 岩井原 瑞穂, 白田 由香利
幹事 富井 尚志, 鎌原 淳三
幹事補佐 鬼塚 真

{INFOMESITEM}
日時 2005年 7月13日(水) 14:00 - 18:20
2005年 7月14日(木) 08:30 - 17:25
2005年 7月15日(金) 08:30 - 11:00
議題 夏のデータベースワークショップ 2005 
会場名 奥入瀬渓流グランドホテル 
住所 青森県十和田湖町奥入瀬渓流温泉
交通案内 JR八戸駅・三沢空港等からの送迎バスをご用意する予定です
http://www.oirase-keiryuu.jp/
会場世話人
連絡先
奥入瀬渓流グランドホテル
0176-74-1111
他の共催 ◆情報処理学会データベースシステム研究会、日本データベース学会共催
お知らせ ◎プログラム・発表の時間は変更になることがありますので、お出かけ前にワークショップウェブページ(http://hikendbs.eei.metro-u.ac.jp/dbws05/)をご確認ください。
◎DBS研担当:片山 薫(首都大学東京)

7月13日(水) 午後  文書検索
14:00 - 15:20
(1) 14:00-14:20 クラスタ粒度階層構造を用いたアウトライヤー文書の検出方法 ○青野雅樹(豊橋技科大)
(2) 14:20-14:40 ディレクトリ構造に着目した企業内文書向けランキング方式の検討 ○四ッ谷雅輝・松林忠孝・弥生隆明・野田十悟・吉田 豊(日立)
(3) 14:40-15:00 書籍の索引部を用いた検索空間生成方式における空間統合方式 ○中西崇文・岸本貞弥・櫻井鉄也・北川高嗣(筑波大)
(4) 15:00-15:20 ドキュメント上の単語分布に基づく検索空間の生成方式 ○本間秀典・中西崇文・北川高嗣(筑波大)
7月13日(水) 午後  Webログ
14:00 - 15:00
(5) 14:00-14:20 Blogスレッドの解析に基づく重要なbloggerの発見 ~ Blogスレッド形成におけるTrackbackの影響に関する考察 ~ ○中島伸介(奈良先端大)・舘村純一(NEC Lab. America)・原 良憲(NEC)・田中克己(京大/NICT)
(6) 14:20-14:40 Blogにおける書き手の興味を考慮した意見情報の提示手法 ○竹原幹人・大島裕明・田中克己(京大)
(7) 14:40-15:00 街Blogからの体験抽出とその空間的提示手法の提案 ○倉島 健・手塚太郎・田中克己(京大)
7月13日(水) 午後  空間データ
14:00 - 15:20
(8) 14:00-14:20 GBD木のための空間インデックス高速初期構築法の提案 ○根岸幸生・大沢 裕(埼玉大)
(9) 14:20-14:40 空間データベースシステムのための可視探索手法 ○能登谷淳一・杉本雄太・草苅良至・笠井雅夫(秋田県立大)
(10) 14:40-15:00 Extended Cell Splitting Algorithmの効果的な実装 ○田中美智子・金子邦彦・陸 応亮・村下純也・牧之内顕文(九大)
(11) 15:00-15:20 放射状の木の自動生成アルゴリズム ○草苅良至・新里善美・能登谷淳一・笠井雅夫(秋田県立大)
  15:20-15:30 休憩 ( 10分 )
7月13日(水) 午後  Web検索
15:30 - 16:50
(12) 15:30-15:50 Max Flow アルゴリズムによる Web ページのクラスタリング方法 ○大野成義(職能開発大/都立大)・渡辺 匡・片山 薫・石川 博(都立大)・太田 学(岡山大)
(13) 15:50-16:10 Webアーカイブのための質問キーワードの順序依存を考慮した時系列ページ検察 ○賀家智代・角谷和俊(兵庫県立大)
(14) 16:10-16:30 汎用アノテーションシステム(MAML System) を利用したWeb 検索結果のグラフ表示 ○滝本 湖(慶大)・伊藤一成(青学大)・斎藤博昭(慶大)
(15) 16:30-16:50 個人文書から抽出した語彙の意味関係に基づくWeb情報検索 ○大島裕明・小山 聡・田中克己(京大)
7月13日(水) 午後  Webシステム
15:30 - 16:50
(16) 15:30-15:50 Webリンク切れ自動修正のための公開実験システムの開発 ○飯田敏成・澤 菜津美・森嶋厚行・杉本重雄・北川博之(筑波大)
(17) 15:50-16:10 Webサービスを用いたワークフローにおける負荷分散手法 ○加藤英之・小林隆志・横田治夫(東工大)
(18) 16:10-16:30 XML を用いたデータベース集約型 Web 環境の提案 ○嵐 大亮・遠山元道(慶大)
(19) 16:30-16:50 ウェブによる個人化地図共有システムの提案 ○鎌原淳三(神戸大)・下條真司(阪大)
7月13日(水) 午後  映像DB・Web
15:30 - 16:50
(20) 15:30-15:50 3次元地図を用いた自動索引付き映像データベースシステム ~ 映像データの格納と検索法 ~ ○榎 美紀・増永良文(お茶の水女子大)
(21) 15:50-16:10 ニュースコンテンツ提示ロボットにおけるユーザ興味を考慮したコンテンツ選択手法 ○佐竹 聡・川島英之(慶大)・今井倫太(慶大/JST)
(22) 16:10-16:30 テキストストリームのオンライン・セグメンテーションとその応用 ○馬 強(NICT)・田中克己(NICT/京大)
(23) 16:30-16:50 小型ディスプレイ端末によるWebページ閲覧のための自動スクロール方式 ○前川卓也・原 隆浩・西尾章治郎(阪大)
  16:50-17:00 休憩 ( 10分 )
7月13日(水) 午後  クラスタリング
17:00 - 18:20
(24) 17:00-17:20 固有表現を用いたニュース記事分類手法の提案 ○戸田浩之(NTT/筑波大)・片岡良治(NTT)・北川博之(筑波大)
(25) 17:20-17:40 An Experimental Evaluation of a Novelty-based Incremental Document Clustering Method ○Sophoin Khy・Yoshiharu Ishikawa・Hiroyuki Kitagawa(Univ. of Tsukuba)
(26) 17:40-18:00 大域ウェブアクセスログを用いた検索語クラスタリング ○大塚真吾・喜連川 優(東大)
(27) 18:00-18:20 差異を意識したクラスタリングとその特徴量集約手法の検討 ○渡辺 匡(首都大東京)・大野成義(職能開発大)・太田 学(岡山大)・片山 薫・石川 博(首都大東京)
7月13日(水) 午後  P2P
17:00 - 18:20
(28) 17:00-17:20 An Effcient Content Location Algorithm for CDN based on Distributed Construction of Search Tree from Contents of Proximal Nodes ○Shambhu Shrestha・Aki Kobayashi・Katsunori Yamaoka・Yoshinori Sakai(Tokyo Inst. of Tech.)
(29) 17:20-17:40 応答転送状況に基づくP2Pネットワークトポロジ変更手法の改善 ○片山 肇・中野宏一・春本 要・西尾章治郎(阪大)
(30) 17:40-18:00 位置情報を用いたP2P型ネットワークの分散生成アルゴリズムの提案と評価 ○大西真晶・源元祐太・加藤宏章・上島紳一(関西大)
(31) 18:00-18:20 P2Pネットワークにおけるコンテンツ共有の文脈情報を用いた発見的検索手法の提案 ○羽多野一磨・大島裕明(京大)・是津耕司(NICT)・田中克己(京大)
7月13日(水) 午後  高性能システム
17:00 - 18:20
(32) 17:00-17:20 並列Btree構造における負荷分散処理の並行性制御への影響 ○吉原朋宏・渡邊明嗣・小林 大(東工大)・田口 亮・上原年博(NHK)・横田治夫(東工大)
(33) 17:20-17:40 ビットマップアクセスを利用した主記憶データベース処理 ○宮崎 純(奈良先端大/JST)
(34) 17:40-18:00 データベース更新差分を用いた範囲検索のIOコスト推定 ○星野 喬・合田和生・喜連川 優(東大)
(35) 18:00-18:20 結果集合の圧縮による応答時間の向上 ○川島英之(慶大)
7月14日(木) 午前  情報推薦
08:30 - 09:30
(1) 08:30-08:50 検索語の曖昧性を解消するキーワードの提示手法 ○若木裕美(東大)・正田備也・高須淳宏・安達 淳(NII)
(2) 08:50-09:10 OWLを用いた音楽嗜好データの表現と音楽情報推薦への応用 ○武内裕一・青野雅樹(豊橋技科大)
(3) 09:10-09:30 意味情報推奨による仮想オフィス環境への新規オブジェクト登録支援手法の評価 ○佐々木貴司・賀来健一・富井尚志(横浜国大)
7月14日(木) 午前  ストリームデータ1
08:30 - 09:30
(4) 08:30-08:50 移動軌跡ストリームデータのためのインクリメンタルなヒストグラムの管理手法 ○町田陽二・石川佳治・北川博之(筑波大)
(5) 08:50-09:10 時系列データベースとストリーム処理の統合のためのデータモデルの提案 ○山田真一・渡辺陽介・北川博之(筑波大)
(6) 09:10-09:30 半永続データのモデル化及び自己組織化管理の諸問題の考察 ○成 凱(九州産大)・岩井原瑞穂(京大)・牛島和夫(九州産大)
7月14日(木) 午前  データマイニング
08:30 - 09:30
(7) 08:30-08:50 多重比率規則抽出のためのデータ分析手法 ○濱本雅史・北川博之(筑波大)・Christos Faloutsos(Carnegie Mellon Univ.)
(8) 08:50-09:10 イベント発生時間間隔を考慮したシーケンシャルパターンマイニング ○平手勇宇・小松俊介・山名早人(早大)
(9) 09:10-09:30 Hmine-rev: Toward H-mine Parallelization on Mining Frequent Patterns in Large Databases ○Bowo Prasetyo(Univ. of Tokyo)・Iko Pramudiono(NTT)・Masaru Kitsuregawa(Univ. of Tokyo)
  09:30-09:40 休憩 ( 10分 )
7月14日(木) 午前  対話型検索
09:40 - 10:40
(10) 09:40-10:00 例示データに基づく選択的ウェブクローリング手法について ○張 建偉・石川佳治・黒川沙弓・北川博之(筑波大)
(11) 10:00-10:20 クエリ変形のモデル化および対話的クエリ精密化手法の提案 ○山野邊大嗣・遠山元道(慶大)
(12) 10:20-10:40 ズーミング・クロスメディアの情報検索への応用 ○荒木禎史(リコー)・宮森 恒・水口 充(NICT)・ゾラン ステイチ(リコー)・田中克己(NICT/京大)
7月14日(木) 午前  ストリームデータ2
09:40 - 10:40
(13) 09:40-10:00 インクリメンタルに更新可能なXPushマシン ○武川 肇(職能開発大)・片山 薫・石川 博(首都大東京/都立大)
(14) 10:00-10:20 負荷の傾向を考慮した共有ウィンドウ結合の適応的スケジューリング ○多田直剛・有次正義(群馬大)
(15) 10:20-10:40 センサデータベースシステムにおける効率的な周期的クエリ実行機構 ○川島英之(慶大)
7月14日(木) 午前  データマイニング・学習
09:40 - 10:40
(16) 09:40-10:00 RDFに対するハイブリッドWebマイニング ○中山浩太郎・原 隆浩・西尾章治郎(阪大)
(17) 10:00-10:20 共著関係に基づくグラフを用いた書誌情報における著者同定手法の提案と評価 ○鈴木康平(東大)・正田備也・高須淳宏・安達 淳(NII)
(18) 10:20-10:40 強化学習に基づく先見的かつ協調的な輸送システム ○向 直人・渡邉豊英(名大)
  10:40-10:50 休憩 ( 10分 )
7月14日(木) 午前  招待講演
10:50 - 11:50
(19) 10:50-11:50 データストリームにおける遅延相関の検出
7月14日(木) 午後  情報統合
13:00 - 14:00
(20) 13:00-13:20 異メディアコンテンツの差異情報に基づく対話文自動生成 ○灘本明代(NICT)・田中克己(京大)
(21) 13:20-13:40 ニュースの視点の抽出によるマルチメディアニュースアーカイブの利用 ○吉岡由智・湯本高行・田中克己(京大)
(22) 13:40-14:00 複数デバイスを用いたコンテンツ閲覧と操作 ○赤星祐平(京大)・木俵 豊(NICT)・田中克己(京大)
7月14日(木) 午後  分散問い合わせ学習
13:00 - 14:00
(23) 13:00-13:20 複数RDB上の分散データのXMLビューによる統合 ~ データグリッドエンジン「FADGE」 ~ ○金政泰彦・門岡良昌(富士通研)・石原康秀・瓦井健二(富士通)・宮澤君夫(富士通研)
(24) 13:20-13:40 RDB 分散問合せ処理へのサイト間アクセス制御の導入 ○品川徳秀(JST/筑波大)・北川博之(筑波大)
(25) 13:40-14:00 情報検索のための協調フィルタの分散配置 (講演なし) ○三橋孝平(法政大)・塩谷 勇(産業能率大)・三浦孝夫(法政大)
7月14日(木) 午後  画像DB
13:00 - 14:00
(26) 13:00-13:20 カラーモルフォロジー演算の画像領域分割への応用と比較 ○城戸英彰・牧之内顕文(九大)
(27) 13:20-13:40 画像検索を用いたモノクロ画像のカラリゼーション ○森田千晶・増永良文(お茶の水女子大)
(28) 13:40-14:00 図書目録カード画像の新検索システム ~ 扱いやすく柔軟なインタフェースへの移行 ~ ○喜田拓也(北大)・南 俊朗(九州情報大/九大)
  14:00-14:10 休憩 ( 10分 )
7月14日(木) 午後  個人コンテンツ管理
14:10 - 15:10
(29) 14:10-14:30 ライフログ検索における時間粒度を考慮した索引付け ○牛尼剛聡(九大)・渡邉豊英(名大)
(30) 14:30-14:50 複数デバイスで記録されたコンテンツの分類・同期システムの提案 ○石川憲一・森嶋厚行・杉本重雄(筑波大)
(31) 14:50-15:10 P2Pカメラネットワークによる利用者の行動と体験の共有 ○何 書勉(京大)・木俵 豊(NICT)・田中克己(京大)
7月14日(木) 午後  XML
14:10 - 15:10
(32) 14:10-14:30 拡張P-labelによるXMLデータに対する等価条件を含む問合せ処理の効率化の提案 ○根本 潤・遠山元道(慶大)
(33) 14:30-14:50 創発的XMLの提案 ○石川 博・片山 薫(首都大東京/都立大)・高橋俊介・長屋未来・布施貴義・横山昌平(都立大)
(34) 14:50-15:10 XMLデータの整形出力処理系PPXにおけるDTDの利用 ○金 哲・慎 祥揆・有澤達也・遠山元道(慶大)
7月14日(木) 午後  ストレージ1
14:10 - 15:10
(35) 14:10-14:30 Adaptive Overlapped Declustering: アクセス負荷分散と容量利用率向上のための複製管理戦略 ○渡邊明嗣・横田治夫(東工大)
(36) 14:30-14:50 アクセス頻度と容量分散を考慮した版管理用データ配置法の評価 (講演なし) ○中野真那・小林 大・渡邊明嗣(東工大)・上原年博・田口 亮(NHK)・横田治夫(東工大)
(37) 14:50-15:10 クラスタDBMSに適したインデックス構成法 ○伊藤大輔・清水 晃・馬場恒彦(日立)
  15:10-15:20 休憩 ( 10分 )
7月14日(木) 午後  メタデータ
15:20 - 16:00
(38) 15:20-15:40 異種領域ドキュメント群を対象にしたコンテキストの動的計量を伴う選択的情報配信機構の実現 ○高松耕太・倉林修一・佐々木史織・清木 康(慶大)
(39) 15:40-16:00 RFIDを用いたインテリジェント冷蔵庫システムの構想 ~ システム構成とデータベース設計 ~ ○金野紋子・増永良文(お茶の水女子大)
7月14日(木) 午後  地理データ応用
15:20 - 16:00
(40) 15:20-15:40 地理条件を伴うWebページ検索におけるランク手法の提案 ○大井 峻・遠山元道(慶大)
(41) 15:40-16:00 モバイル環境における実空間相応度に基づく情報ランキング手法の提案 ○服部 峻・湯本高行・田中克己(京大)
7月14日(木) 午後  ストレージ2
15:20 - 17:25
(42) 15:20-15:40 自律ディスクによる広域分散ストレージの静的な性能解析 ○藤原 勤・宮崎 純・植村俊亮(奈良先端大)
(43) 15:40-16:00 iSCSIネットワークストレージにおけるファイルアクセス性能に関する考察 ○山口実靖(東大)・小口正人(お茶の水女子大)・喜連川 優(東大)
(44) 16:00-16:20 複数台のiSCSI Initiatorを用いたストレージアクセス時におけるTCPフローの解析 ○豊田真智子(お茶の水女子大)・山口実靖(東大)・小口正人(お茶の水女子大)
  16:20-16:30 休憩 ( 10分 )
(45) 16:30-17:25 DBSJ総会
7月15日(金) 午前  eラーニング1
08:30 - 09:30
(1) 08:30-08:50 講義講演シーン検索における音声データの利用 ○岡本拓明・小林隆志(東工大)・直井 聡(富士通研/東工大)・横田治夫・古井貞煕(東工大)
(2) 08:50-09:10 物理的教室と複合した仮想教室環境の開発 ○成 凱・廣田豊彦・牛島和夫(九州産大)
(3) 09:10-09:30 ECAルールを活用したeラーニングシステムにおけるシーケンシング制御の改善 ○延原哲也(ベネッセ)・庄司成臣(岡山県立大)・劉 渤江(岡山理科大)・横田一正(岡山県立大)
7月15日(金) 午前  医療データ
08:30 - 09:50
(4) 08:30-08:50 精神医学分野データベースを対象とした抽象度依存計量空間と因果関係計量空間の実現方式 ○曽根由希子・吉田尚史・清木 康(慶大)
(5) 08:50-09:10 医用画像可視化ツールとPET画像DBを共用した読影支援手法 ○植田 賢・砂子一徳・富井尚志(横浜国大)
(6) 09:10-09:30 院内事故分析・防止基盤データベースの開発 ○安部智貴・牧之内顕文(九大)
(7) 09:30-09:50 専門外の患者を抱えた医師のための診断や治療方針の遠方の医師への相談システム ○後藤隆夫・高山 毅(岩手県立大)・石木幹人(岩手県立高田病院)・池田哲夫(岩手県立大)
7月15日(金) 午前  データ可視化
08:30 - 09:50
(8) 08:30-08:50 AIRSデータ可視化システムにおける多種データ重ね合わせ表示機能の開発 ○安川雅紀・谷口健司・小池俊雄・喜連川 優(東大)
(9) 08:50-09:10 地球水循環データアーカイブシステムとユーザインタフェースの構築 ○根本利弘・小池俊雄・喜連川 優(東大)
(10) 09:10-09:30 コミュニケーションロボットのためのセンサデータ可視化ソフトウェアRSVの設計と実装 ○中村 学・川島英之・佐竹 聡(慶大)・今井倫太(慶大/JST)
(11) 09:30-09:50 A Personal System for Web Multimedia Retrieval ○Noriyuki Fujimoto・Kenichi Hagihara(Osaka Univ.)
  09:50-10:00 休憩 ( 10分 )
7月15日(金) 午前  eラーニング2
10:00 - 10:40
(12) 10:00-10:20 教員データに対する多面的検索システム ○廣川佐千男・関 隆宏・安元裕司・山田泰寛(九大)
(13) 10:20-10:40 次世代コース管理システムのための利用者コンテキストに関する検討 ○上田真由美・梶田将司・間瀬健二(名大)
7月15日(金) 午前  社会システム
10:00 - 10:40
(14) 10:00-10:20 時空間GISによる準リアルタイム地図更新方式の提案 ○根岸幸生・鄭 泉・渡辺 新・大沢 裕(埼玉大)
(15) 10:20-10:40 行政のための簡易型時空間情報管理システムの構築 ○根岸幸生・渡辺 新・鄭 泉・大森洋平・大沢 裕(埼玉大)
7月15日(金) 午前  仮想空間
10:00 - 11:00
(16) 10:00-10:20 仮想世界データベースシステムにおけるマルチモーダル複合問合せ処理法 ○横川明子・増永良文(お茶の水女子大)
(17) 10:20-10:40 放送型サイバースペースにおけるアバタの移動特性を考慮した空間モデルデータのプリフェッチ方式 ○永石博憲・小川剛史・原 隆浩・西尾章治郎(阪大)
(18) 10:40-11:00 拡張現実感を用いた建物名重畳システムにおけるセンサ誤差の扱い ○隅田知代・増永良文(お茶の水女子大)

問合先と今後の予定
DE データ工学研究会(DE)   [今後の予定はこちら]
問合先 鎌原 淳三(神戸大学海事科学部)
TEL078-431-2609,FAX078-431-6365
E-:be-u,mmyy 
お知らせ ◎本研究会に関する最新の情報は,以下のURLをご覧ください
http://www.ieice.org/iss/de/jpn/


Last modified: 2010-10-12 19:28:26


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[DE研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のDE研究会 / 次のDE研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会